長野の山|日本が誇る山岳県!ハイキングから本格登山まで楽しめるコース特集

2018/06/14 更新

長野は日本が誇る山岳県。なんと8割が山地だそう。そんな長野にはハイキング気分で気軽に楽しめる山から、登山上級者向けの難しい山まであり、自分のレベルに合わせて登山が楽しめます。観光気分で自然を楽しみたい人は高低差が少ない山がおすすめ。高原の中のハイキングを楽しみましょう。長野にある北・南・中央アルプスと八ヶ岳は登山者に人気の山々が勢揃い。その中でも人気の山をまとめました。何度行っても楽しめる、長野の山を満喫しよう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA(霧ヶ峰)

県の8割が山!?長野には魅力的な山がいっぱい

長野県の山、乗鞍岳
出典:PIXTA(乗鞍岳)
長野県が「山岳県」と呼ばれていることを知っていますか?その名の通り、山地がなんと8割も占めているんです。長野県には、日本の3つのアルプスと八ヶ岳山脈があります。上級者向けの山のイメージがあるかもしれませんが、その中には観光気分で登れる山もたくさん。ここでは、長野県のハイキングにおすすめの山と、3つのアルプスと八ヶ岳のうち、入門におすすめの山をご紹介します!

信州 山のグレーディングを活用しよう

山のグレーディングとは、登山コースを体力度と技術度でランク付けした指標のことです。自分のレベルに合わせた登山をするために、ぜひ活用しましょう。この記事では、「信州 山のグレーディング」をもとに

難易度★:登山の装備が必要
難易度★★:登山経験が必要・地図読み能力があることが望ましい
難易度★★★:地図読み能力、ハシゴ・くさり場などを通過できる身体能力が必要

の基準で登山コースの難易度を示しています。
信州 山のグレーディングを見る

ハイキングにおすすめの山(北横岳・霧ヶ峰・美ヶ原)

長野県の山、霧ヶ峰
出典:PIXTA
まずは往復3時間以内で標高差も少ない、ハイキングにおすすめの山をご紹介します。子供から初心者の方まで楽しく歩くことができるコースです。

北横岳

長野県の山、北横岳
出典:PIXTA
北横岳は長野県の茅野市と佐久穂町にまたがる北八ヶ岳エリアにあります。ロープウェイで山頂駅まで上がれば、1時間ほど歩くだけで北横岳の山頂に立て、子供からお年寄りまで幅広く人気。見どころがたくさんあるので、楽しみながら歩くことができます。

【おすすめ登山コース】
長野県の山、北横岳
出典:PIXTA
ロープウェイ山頂駅を降りたら、はじめはゴツゴツとした岩の坪庭を散策。やがて静かなシラビソの林をジグザグに登る登山道に変わります。途中には坪庭が見渡せる場所も。北横岳ヒュッテから、やや急坂になるのでゆっくり登りましょう。山頂は、南八ヶ岳の展望が良い南峰と、蓼科が間近に見える北峰があるのでどちらも訪れてみましょう。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
3.6km約2時間30分約243m
参考:ヤマプラ
ロープウェイ山頂駅→七ツ池→北横岳山頂

【登山口】
北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅

【アクセス】
車の場合:
中央自動車道 諏訪IC-国道152号-国道299号-県道192号-北八ヶ岳ロープウェイ
北八ヶ岳ロープウェイ駐車場
約600台駐車可能・無料

電車・バスの場合:JR茅野駅-アルピコ交通バス 北八ヶ岳ロープウェイ行き乗車-終点で下車
アルピコ交通バス北八ヶ岳ロープウェイ線の時刻表はこちら

【リンク】

北八ヶ岳ロープウェイ HPを見る

美ヶ原

長野県の山、美ヶ原
出典:PIXTA
美ヶ原は、長野県の松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる高原です。北アルプスの展望台として知られる日本百名山で、眺めは抜群。整備された歩きやすいハイキングコースがあるので、登山靴ではなく歩きやすいスニーカーでも大丈夫です。

【おすすめ登山コース】
長野県の山、美ヶ原
出典:PIXTA
スタートとなる山本小屋周辺からすでに北アルプスや浅間山などが見える絶景コース。途中の牧場で、名物のソフトクリームを食べながら、季節の花々を楽しみましょう。最後の登りは岩がガラガラしているので転倒に注意して。山頂では、北アルプスのパノラマや眼下の町並みまで見渡すことができます。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
8.1km約2時間50分約66m
参考:ヤマプラ
山本小屋→王ヶ頭→王ヶ鼻(山頂)

【登山口】
山本小屋

【アクセス】
車の場合:
中央自動車道 岡谷IC-国道20号-国道142号-県道178号-美ヶ原高原
美ヶ原台上駐車場
約800台駐車可能・無料

電車・バスの場合:JR茅野駅-アルピコ交通バス 美ヶ原高原美術館行き乗車-山本小屋で下車
※バスの運行は夏の間のみで、本数に限りがあります。
アルピコ交通バス美ヶ原高原美術館行きの時刻表はこちら

【リンク】

美ヶ原観光連盟 HPを見る

霧ヶ峰

 長野県の山、霧ヶ峰
出典:PIXTA
霧ヶ峰は、美ヶ原の南側にある明るい草原。長野県の茅野市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町、小県郡長和町にまたがっています。山頂まで車山スキー場のリフトで一気に上がって周辺散策を楽しみましょう。山頂からは360℃の大パノラマ。登山道ではニッコウキスゲやレンゲツツジなどたくさんの高山植物を見ることができます。

【おすすめ登山コース】
 長野県の山、霧ヶ峰
出典:PIXTA
まずはリフトで一気に山頂へ。丸いドームの気象レーダーが山頂の目印。北アルプスや南アルプス、八ヶ岳などの大パノラマが広がっています。沢渡へ下り、国の天然記念物でもある車山湿原へ。6月からレンゲツツジやコバイケイソウなどの花が次々に咲いていきます。最後は長い階段を登ってリフトがある山頂へ戻りましょう。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
5.7km約2時間約276m
車山山頂→車山湿原

【登山口】
車山

【アクセス】
車の場合:
中央自動車道 諏訪IC-国道152号-ビーナスライン-車山高原駐車場
車山高原駐車場
約1500台駐車可能・無料

電車・バスの場合:JR茅野駅-アルピコ交通バス 白樺湖・車山高原・霧ヶ峰線乗車-車山高原で下車
アルピコ交通バス車山高原線の時刻表はこちら

【リンク】

車山高原スカイパーク HPを見る

中央アルプス 木曽駒ヶ岳

長野県の山、木曽駒ヶ岳
出典:PIXTA
中央アルプスの入門には、木曽駒ヶ岳がおすすめ。木曽駒ヶ岳は、長野県の木曽谷と伊那谷にまたがる南北の山脈、中央アルプスの最高峰です。日本一の高低差があるロープウェイで一気に2600mまで上がれば、山頂まで日帰り登山が可能。山頂一帯はハイマツの緑と花崗岩砂の白のコントラストが美しく、たくさんの高山植物を見ることができるコースです。

おすすめ登山コース

長野県の山、木曽駒ヶ岳
出典:PIXTA
ロープウェイの千畳敷駅からスタート。いきなり雄大な千畳敷カールの絶景が目に飛び込んできます。稜線に出るまでは急坂が続くので、転倒や落石に注意しながら頑張りましょう。乗越浄土に着くと一気に視界が開け、ゆるやかに登りながら中岳へ。いったん下って、岩がごろごろした登山道を登ると山頂です。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
3.5km約3時間40分約316m★★
参考:ヤマプラ
千畳敷→中岳→木曽駒ヶ岳山頂

【登山口】
千畳敷

【アクセス】
※マイカー規制のため菅の台バスセンターでバスに乗り換えてアクセスします。
車の場合:中央自動車道 駒ヶ根IC-菅の台バスセンター-路線バス 駒ヶ岳ロープウェイ線に乗り換え-しらび平駅で下車
菅の台バスセンター大駐車場
約350台駐車可能・600円/回

電車・バスの場合:JR飯田線駒ヶ根駅-路線バス 駒ヶ岳ロープウェイ線に乗り換え-しらび平駅で下車
駒ヶ岳ロープウェイ線の時刻表はこちら

【リンク】

中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ HPを見る

▼中央アルプスについてもっと詳しく調べる

北アルプス 乗鞍岳・燕岳

長野県の山、乗鞍岳 北アルプスは、長野県の北東と、富山・岐阜・新潟にまたがる飛騨山脈の山々です。上高地から見えるような険しい山を想像すると上級者向けのイメージがありますが、中にはアクセスが良く、初級者でも登ることができる山があるんです。

乗鞍岳

長野県の山、乗鞍岳
出典:PIXTA
乗鞍岳は、北アルプスの南端、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる23の山々の総称です。山頂に近い畳平まで自動車道路があるため、日帰り登山が可能。山頂一帯は、火口湖やハイマツ帯、高山植物、残雪などがあり、彩り豊かな自然に触れることができます。

【おすすめ登山コース】
長野県の山、乗鞍岳
出典:PIXTA
畳平駐車場からは、見晴らしの良い平たんな道を肩ノ小屋まで歩きます。肩ノ小屋からは岩がごろごろした急坂が続くので、休憩しながら登っていきましょう。途中で美しい火口湖が眼下に見えてきたら、山頂まであと一息です。山頂からの展望は、遮るものがない大パノラマが広がっています。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
6.1km約2時間40分約321m★★
参考:ヤマプラ
畳平→剣ヶ峰(山頂)

【登山口】
畳平

【アクセス】
※マイカー規制のため乗鞍観光センターでバスに乗り換えてアクセスします。
車の場合:中央自動車道 松本IC-国道158号-乗鞍観光センター-乗鞍岳山頂(畳平)シャトルバスに乗り換え-畳平
乗鞍観光センター駐車場
約200台駐車可能・無料

電車・バスの場合:JR松本駅-新島々駅-アルピコ交通バス 乗鞍高原線乗車-乗鞍観光センターで乗鞍岳山頂(畳平)シャトルバスに乗り換え-畳平
乗鞍岳山頂(畳平)シャトルバスの時刻表はこちら

【リンク】

のりくら高原観光案内所 HPを見る

燕岳

長野県の山、燕岳
出典:PIXTA
燕岳は飛騨山脈の主稜線の東側に並行する常念山脈の北部にあり、山体の全てが長野県に属しています。難所がないため、初級者でも登れる北アルプス入門の山として人気があり、表銀座コースの始発点にもなっているため、いつでも登山者でにぎわっています。

【おすすめ登山コース】
長野県の山、燕岳
出典:PIXTA
燕岳登山口から、北アルプス三大急登と呼ばれる合戦尾根を登ります。途中の合戦小屋は夏はスイカを食べれることで有名。しばらく歩くと視界が開けて燕岳の姿も見えてきます。燕山荘まで来ると、槍ヶ岳など北アルプスの山々の大パノラマ。高山植物の女王コマクサも美しく、登山者を癒やしてくれます。燕山荘で1泊して、2日目に山頂を目指す1泊2日がおすすめです。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
9.2km約8時間約1287m★★
参考:ヤマプラ
中房温泉→燕岳

【登山口】
中房温泉

【アクセス】
車の場合:
長野自動車道 安曇野IC-県道25号-県道327号-安曇野市営駐車場
安曇野市営駐車場(全3箇所)
約120台駐車可能・無料

電車・バスの場合:JR大糸線 穂高駅-定期バスまたはタクシーに乗車-中房温泉で下車定期バスの時刻表はこちら

【リンク】

燕山荘 HPを見る

▼北アルプスについてもっと詳しく調べる

南アルプス 甲斐駒ヶ岳

長野県の山、甲斐駒ケ岳 南アルプス入門には、甲斐駒ヶ岳がおすすめ。甲斐駒ヶ岳は、長野県伊那市と山梨県北杜市にまたがる山で、南アルプス赤石山脈の北端に位置しています。遠くからでも目を引く、白い花崗岩のピラミッド型の山容で、山頂付近は大きな岩を登るような箇所もあります。

おすすめ登山コース

長野県の山、甲斐駒ケ岳
撮影:nao(甲斐駒ケ岳山頂)
北沢峠の登山口から、スタートは樹林帯の急登です。双児山から展望が開け始め、ハイマツの斜面を登りきると駒津峰。六方石の大岩の先の分岐は、巻道コースへ。だんだん白い花崗岩と砂礫の斜面になれば山頂はもう少し。山頂には大きな祠があり、360℃の展望が広がっています。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
6.7km約7時間10分約928m★★★
参考:ヤマプラ
北沢峠→駒津峰→甲斐駒ヶ岳山頂

【登山口】
北沢峠

【アクセス】
※マイカー規制のため仙流荘前駐車場でバスに乗り換えてアクセスします。
車の場合:中央自動車道 伊那IC-国道361号-国道152号-仙流荘前駐車場-南アルプス林道バス-北沢峠
仙流荘前駐車場
約350台駐車可能・無料

電車・バスの場合:JR茅野駅-南アルプスジオライナーに乗車-仙流荘で南アルプス林道バスに乗り換え-北沢峠
南アルプス林道バスの時刻表はこちら
南アルプスジオライナーの時刻表はこちら

【リンク】

伊那市観光協会 HPを見る

▼南アルプスについてもっと詳しく調べる

八ヶ岳 蓼科山

長野県の山、蓼科山
出典:PIXTA
八ヶ岳の入門には、蓼科山が人気です。八ヶ岳は長野県の西側と山梨県にまたがる南北30kmの大火山群。蓼科山はその北端に位置する、円錐形の美しい山です。まるで独立峰のような山容で、山頂は360℃の大展望。学校登山でもよく登られている山で、七合目登山口からはコースタイムも短く、登山道はよく整備されているので、初級者にもおすすめです。

おすすめ登山コース

長野県の山、蓼科山
出典:PIXTA(蓼科山山頂)
登山口の鳥居をくぐったら、まずは笹の樹林帯歩き。苔がきれいな馬返しから、石が増えてきて急な登りが続きます。休憩にちょうど良い蓼科山荘を過ぎたら、大きな岩のある登山道になり、やがて木がなくなり展望が開けます。山頂は岩がゴロゴロしていますが、なんとも広大!八ヶ岳はもちろん北アルプスまで見渡せる展望を楽しみましょう。
距離(往復)コースタイム(往復)標高差難易度
4.5km約3時間45分約623m★★
参考:ヤマプラ
七合目登山口→馬返し→将軍平→蓼科山山頂

【登山口】
七合目登山口

【アクセス】
車の場合:
中央自動車道 諏訪IC-ビーナスライン-七合目登山口
蓼科山七合目駐車場
約100台駐車可能・無料

電車・バスの場合:JR茅野駅-アルピコ交通バス 白樺湖・車山高原・霧ヶ峰線乗車-東白樺湖バス停下車、たてしなスマイル交通シラカバ線に乗り換え-蓼科牧場バス停下車、白樺高原国際スキー場ゴンドラリフト乗車-御泉水自然公園駅下車-徒歩で登山口へ
アルピコ交通バス 白樺湖・車山高原・霧ヶ峰線の時刻表はこちら
たてしなスマイル交通の時刻表はこちら

【リンク】

信州白樺高原 HPを見る

▼八ヶ岳についてもっと詳しく調べる

長野の山に登ろう!

長野の山
撮影:nao(甲斐駒ケ岳)
長野県の人気の山をご紹介しましたが、どの山も登っている間の景色も素晴らしく、山頂からの眺めも良い山ばかり。景色を見ながらの登山なので、同じ道を往復するコースでも満足度は十分!ぜひ家族や友達を誘って登ってみてください。

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

長野県の山、霧ヶ峰
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!