富士山のご来光

【初めての富士登山 2022】「服装と持ち物」を必要順リストでチェックして安全登山!

2022/11/28 更新

富士山が初めての本格登山デビュー。そんな人のために必要な「服装と持ち物」をリストにまとめました。必須アイテムから、初心者でもより快適に過ごせるアイテムまで、3つのカテゴリーに分けています。またレンタル情報もあるので、一気に装備を買い揃えなくてもOK。今年はぜひとも挑戦してみてくださいね。

目次

新型コロナ感染拡大により、2022年の富士山への登山にも変更点がある可能性があります。最新情報は富士山オフィシャルサイトをご覧ください。
富士山オフィシャルサイト
アイキャッチ画像出典:PIXTA

初めての富士登山。何を着て、何を持っていけばいい?

富士山
出典:PIXTA

日本の最高峰、富士山。登山初心者をはじめ、毎年多くの人が登っている山ですが、日本一の高さを誇る山。
しっかりとした服装・装備を備えることで、より安心かつ快適に登ることができます。

この記事では富士登山に必要なアイテムリストとともに、装備の役割を解説をしていきます。記事内の装備は、一般的な登山シーズン(7月1日の山開き〜9月上旬)を想定。
必須装備あると便利な装備役に立つ時がある装備の3つのカテゴリーに分けていますので、参考にしてみてください。

【富士山の装備リスト】

 

※それぞれをクリックすると見たい場所にすぐ飛べます

▼イラスト付きで分かりやすい!富士登山のための服装&持ち物については、こちらも要チェック!
富士山LP バナー

※画像をクリックすると記事を表示できます

【これは必須!】必ず用意したい服装と装備

富士登山 持ち物

撮影:YAMAHACK編集部

これは用意しておきたい、という装備をピックアップ。
より詳しく解説したページへのリンクもあるので、そちらも参考にしてみてください。

服装

レイヤリングの種類
撮影・作成:橋爪勇士
登山の服装は、レイヤリングという、いわゆる重ね着が基本。標高や天候、気温や体温の変化に合わせて、ウェアによって体温調節をします。
富士山は標高が高いため、山頂付近では夏でも5℃近くになることも。そのため、様々な気温に対応できるよう、服装は準備しましょう。
▼レイヤリングについての詳しい内容は、こちらをチェック!

■ベースレイヤー(アンダーウェア)
登山中は汗をかきながらの登山となるので、乾きやすい素材のものがおすすめ。登山用の速乾性に優れたアンダーシャツも販売されています。

ザ・ノース・フェイス ショートスリーブ ア ドロップスクエアロゴティー

素材ECO-Dyed Recycled Polyester(ポリエステル100%)
サイズS、M、L、XL
重量約260g(Lサイズ)


■長袖の羽織もの(シャツ・ウィンドブレーカーなど)
夏とはいえ、山頂付近はかなり寒くなります。日差し対策、防寒対策からも長袖での行動がおすすめです。

Foxfire CシールドサーフェスチェックOCシャツ

素材トランスウェット®コカゲシールド(ポリエステル100%)
サイズS ・M ・L ・XL
重量200g


■パンツ
日焼け対策、ケガ対策にロングパンツがおすすめ。ストレッチ性・速乾性に優れたものを選びましょう。

ザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツ

素材ナイロン、ポリウレタン
サイズS、M、L、XL、XXLS~XXL
重量380g


■靴下
防寒・靴ずれ・汗対策のため、中厚手のしっかりしたものを選びましょう。くるぶしソックスはNG。

スマートウール PhDアウトドアミディアムクルー

素材ウール63%、ナイロン35%、ポリウレタン2%
クッションミディアムフルクッション


■防寒具
夏とはいえ、山頂付近は天候次第で氷点下になることもあります。フリースやダウンなどの防寒具は必ず用意しておきましょう。

ザ・ノース・フェイス サンダージャケット

素材<表地>PERTEX Quantum(ナイロン100%)<中わた>HYBRID CLEANDOWN 光電子 PRO(ダウン54%、ポリエステル40%、フェザー6%)<裏地>PERTEX Quantum ECO(ナイロン100%) 仕様:ファスナー付ハンドウォーマーポケット/左胸内ポケットパッカブル仕様
サイズS、M、L、XL、XXL
重量約275g(Lサイズ)


■雨具(レインウェア)
山の天気はとても変わりやすいので、天気が良くても必ず雨具を持参しましょう。上下の分かれた防水透湿性素材(ゴアテックスなど)を使用したものが、蒸れにくく快適です。ウインドブレーカーとしての役割も。

メンズ

ザ・ノース・フェイス クラウドジャケット

素材50D GORE-TEX Paclite ECO(2.5層)(表側:ポリエステル100%、裏側:ePTFE)
サイズS~XXL
重量約360g(Lサイズ)

ザ・ノース・フェイス クラウドパンツ

素材50D GORE-TEX Paclite ECO(2.5層)(表側:ポリエステル100%、裏側:ePTFE)
サイズS、M、L、XL、XXL
重量約255g(Lサイズ)


■帽子
日除けになるキャップやハットをはじめ、朝夕は冷え込むので、耳まで被るニット帽も便利です。

カリマー ベンチレーション クラシック ST

素材<表地>Nylon 100% <裏地>Polyester mesh(Polyester 100%)※Camoのみsupplex®を使用
サイズM-L
重量90g


■手袋
標高が高くなるにつれて、指先が冷えてきます。防寒対策をはじめ、岩などに手をついた時の保護にも役立つため、必ず持って行きましょう。
濡れるとさらに冷えるため、雨にぬれても平気な素材が安心。


■着替え
雨天で濡れたときなどのことを考え、下着の替えを用意しておきましょう(必要であれば下山後の着替えも)。

登山靴(トレッキングシューズ)

富士山吉田口 登山道
撮影:YAMAHACK編集部(吉田口ルート 登山道一例)

富士山の登山道は、砂利道や岩場も多く、街で履くスニーカーは向いていません。いわゆるトレッキングシューズ(軽登山靴)が登山初心者でも歩きやすく、おすすめです。さらに足首まであるミドル・ハイカットのものを選べば、足首の保護にもなります。

往復で約12時間程度歩くため、靴はとても重要な装備のひとつ。足に合っていないものを履くと、痛くて歩けくなる可能性もあります。必ず登山専門店などで相談しながら選び、試し履きをしましょう。

キャラバン トレッキングシューズ C 1_02S

重量:約590g(26.0㎝片足)
ワイズ:3E
カラー/サイズ:
グレー/24.5-29.0・30.0㎝
レッド /22.5-26.0㎝
ブラウン/22.5-29.0・30.0㎝
ネイビー/22.5-29.0・30.0㎝

ザック(バックパック・リュックサック)

ザック
出典:PIXTA

防寒具や着替えがあることを考えると、30L程度の大きさがおすすめ。登山靴同様、ザックの背負い心地も人それぞれなので、必ず登山用品店などで実際に背負ってから選びましょう。登山初心者は、ヒップベルトのしっかりしているザックの方がおすすめです。

ドイター ACT LITE 32+5

重量:1480g
容量:32+5L
カラー:全3色
サイズ(高さ×幅×奥行):70×27×22㎝

ヘッドランプ(ヘッドライト)

ヘッドランプ
出典:PIXTA

行動時間が遅れ日が暮れてしまうと、闇夜となってしまうので必ず用意しておきましょう。また、ご来光を臨む場合も必須です。予備電池も忘れずに。

ペツル ティキナ

重量:81g
照射力:250ルーメン
電源:単4アルカリ電池3本(付属)、リチャージャブルバッテリー『コア』(別売)

サングラス

かなり日差しが強い富士山。目を守るためにも、サングラスは必須です。

オークリー フラックドラフト アジアンフィット


地図・アプリ・ガイドブック

「山と高原地図」などの地図・ガイドブックには、登山コースに関する詳細な情報をはじめ、周辺の公共機関の情報、温泉などの情報も掲載されています。いざという時のためにも、荷物の中に入れておきましょう。

山と高原地図 富士山

出版:昭文社

飲料水、行動食・食事

行動食

撮影:YAMAHACK編集部

高山病対策のためにも、水分はこまめに摂取しましょう。少し割高ですが、山小屋でも飲料水は購入できます。荷物をできるだけ軽くするため、足りない分は山小屋で購入するのもおすすめです。
また、登山ではかなりのカロリーを消費するので、カロリー・糖分が高い行動食を持参しましょう。

医薬品類

■日焼け止め
富士山は標高が高く、紫外線がとても強烈。曇っていても日焼け止めは必ず使用しましょう。汗を多くかくので、スポーツ用がおすすめです。

アネッサ パーフェクトUV マイルドミルクN



■ファーストエイドキット・常備薬
富士登山装備で必要なファーストエイドキット

出典:Amazon

風邪薬、鎮痛剤、解熱剤、整腸剤など。さらに、転んで怪我をしたときなどのために、絆創膏や包帯などを常備薬とともに用意しておきましょう。

その他の小物類

■ティッシュペーパー・トイレットペーパー
富士登山装備で必要なトイレットペーパー

撮影:Maiko.W

鼻をかんだり汚れたものを拭いたり、トイレに持参したり。ジップ付き袋に入れておくと、雨が降っても安心。


■ビニール袋

出典:amazon

富士山をはじめ、山ではごみはすべて自分で持ち帰ります。必ず持参しましょう。ジップ付き袋であれば、雨が降った際でも安心。
ゴミ用だけではなく、濡らしたくないものをあらかじめジップ付き袋に入れてから、ザックの中に収納するのもおすすめです。


■タオル・てぬぐい
汗拭きとしてはもちろん、首に巻けば日焼け防止にも。乾きやすい手ぬぐいやドライタオルがおすすめ。

clef てぬぐい


■小銭■
富士山 小銭

撮影:YAMAHACK編集部

富士山のトイレは基本すべて有料(100~300円程度)。小銭(100円玉)を多めに用意しておきましょう。

【あると便利】登山小物をプラスして快適登山

必須まではいきませんが、あるとさらに快適な登山になるであろう装備を紹介します。
■サポートタイツ
足への負担を軽減してくれる、膝、腰、股関節などをサポートしてくるタイツです。

CW-X ジェネレーターモデル ロングボトム サポートタイツ メンズ

素材:本体:ポリエステル70%、ポリウレタン30%、あて布:ナイロン80%、ポリウレタン20%
カラー:全5色
サイズ:S~LB


■スパッツ(ゲイター)
富士山は砂利道が多く、靴の中に入ってくることが。スパッツで足首を覆うことで、雨や砂利などが靴の中に入ってくるのを防ぐことができます。特に下山時にあると便利なアイテムです。

キャラバン スパッツミドル

素材:70DNナイロン/エアリファインRライト
カラー:全4色
サイズ:フリー(高さ約34cm)/収納時(12×8×5.5cm)


■トレッキングポール
歩行のバランスを保ってくれるトレッキングポールは、足腰への負担を軽減させる役割を担います。種類も様々なので、価格や使用する頻度を鑑みて選びましょう。

ブラックダイヤモンド トレイル

重量:510g(1ペア)
サイズ:63.5~140cm(収納時63.5cm)


■ザックカバー
ザックやザックの中身を雨から守ってくれるカバー。山の天気は変わりやすいので、あると安心です。ザックに最初からついているモデルもあるので、チェックしてみましょう。

カリマー レインカバー 25-40

素材:NY Taffeta (Nylon 100%)
重量:90g
カラー:全3色

【あれば役に立つ】初めての小屋泊や登山なら持っていたい

富士山 吉田口 鳥居荘
撮影:YAMAHACK編集部

登山中には使いませんが、小屋泊の時やご来光を待つあいだなどに、あると役立つものたちを紹介してきます。
どれも必須アイテムではありませんので、重量などと相談しながら準備しましょう。

小屋泊で役立つ装備

富士山 山小屋

撮影:YAMAHACK編集部

初めての小屋泊という方も少なくないのではないでしょうか。通常の旅行などと山小屋では少し勝手が違います。
ここではあると便利なアイテムを紹介していきます。

■ダウンパンツ、ダウン靴下など
「山小屋は暖かい」というイメージがあるかもしれませんが、意外と寒いことが。登山中の服装で防寒着は持って行くので上はカバーできますが、意外と盲点なのがパンツ。小さくなるダウンパンツやダウン靴下があると、山小屋でも暖かく快適に過ごすことができます。

ネイチャーハイク ダウンパンツ



■ボディシート、化粧落としシート、歯磨きシートなど
富士山の小屋では入浴ができないため、ボディーシートがあると汗をかいた体もさっぱり。化粧落としシートは日焼け止めを塗り直す際にも使えます。山では歯磨き粉やせっけん類を流すことができないので、ふき取りタイプがおすすめ。他にもドライシャンプーや飲みこめる歯磨きジェルも便利です。
丸ごと持って行くのではなく、使う分だけジップ付き袋に入れて持って行きましょう(液漏れだけ注意!)

シーブリーズ ボディーシート せっけんの香り

内容量:30枚

オーラルピース クリーン&モイスチュア ミニパック ミント


■アイマスク・耳栓
相部屋となることも多い山小屋。眠りが浅い人はあると重宝します。

MOLDEX 耳栓 お試し8種エコパック ケース付

内容量:8ペア、専用ケース1個


■防水スタッフバッグ
ご来光を見る人は朝の1時くらいから準備が始まります。スタッフバックで荷物を分類していれば、荷物を整理するときに、ビニール袋のようにガサガサと大きな音が出にくいため、作業しやすくなります。

イスカ 防水スタッフバッグ


その他役に立つときがある装備

■エマージェンシーシート、お尻の下に敷くシート
エマージェンシーシートは緊急用の保温シートですが、ご来光待ちなどで役立ちます。同様に、断熱性の高いシートがあると、お尻を冷やさずに過ごすことができます。

SOL ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用


サーマレスト Zシートソル


■テーピングテープ
靴擦れしそうな時に用いたり、靴底が剥がれてしまったときの応急処置用としても使えます。布ガムテープでも代用できます。

ピップ キネシオロジー しっかり粘着 伸縮フィットテーピング 腰・ひざ・太もも用

なるべく費用を抑えるなら、レンタルという手も!

装備をレンタルする

なるべく費用を抑えて、富士登山を楽しみたい。そんな人におすすめなのが、登山装備のレンタルです。細かな消耗品は自分で購入するいつようがありますが、ウェアやザックなど登山用品の大半はレンタルが可能です。
宅配便での受取・返却はもちろん、富士山近辺で直接やり取りできるショップも。迷っている方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
アウトドアギアレンタル そらのした

しっかり備えて富士山に登ろう!

富士山 9合目からの雲海
撮影:YAMAHACK編集部

旅行会社によるツアーも組まれているほどメジャーな富士登山。しっかり備えて安全に登山を楽しみましょう。
頂上に辿り着いた時の達成感は、きっと病み付きになるはずです!

富士山の登山ルートをチェック

登山初心者のための富士山服装・持ち物はこちら

富士山LP バナー