日焼け止めと帽子

日焼け止め全身用&顔用おすすめ16選!敏感肌向けの人気商品は?

日焼け止めと一言で言っても、色んなものがありますよね。紫外線には1年中気をつけたいところですが、肌タイプや使うシーンによって、使うべき日焼け止めが違ってきます。全身用・顔用に分けておすすめの日焼け止めをまとめました。敏感肌の方は、肌に優しい日焼け止めを使うのがおすすめです。「気を付けていたけど日焼けしちゃった!」そんな時の対処法もご紹介。自分の肌タイプに合った日焼け止めを見つけて、美白をキープしていきましょう。

目次

アイキャッチ出典:Facebook/資生堂 Shiseido Co., Ltd.

SPFとPAって何だろう?日焼け止めの基礎知識

アネッサの日焼け止め

日焼け止めに必ず書いてある「SPF」と「PA」。実はよくわからない、なんて方も多いのでは?とにかく数値が高いものがいい!というわけではないので、きちんと理解して自分に合った日焼け止めを使うことが大事です。

「SPF」とは?

日焼けで赤くなってしまった肌

出典:PIXTA

肌の炎症やしみ、そばかすの生成に影響する紫外線「UVB」。そのUVBを防止する効果を表すのが「SPF」です。SPFはその後に書かれている数字が大きいほど効果が高く、50以上は全て「SPF50+」と表示されます。

「PA」とは?

日焼けでたるんでしまったほほ

出典:PIXTA

UVBと共に、紫外線には肌の黒化、しわやたるみを促進する「UVA」という波長もあります。そのUVAを防止する効果を表すのが「PA」。PAはその後の「+」の数が多いほど効果が高いことを表示しています。

シーンに合わせて使う日焼け止めを変えよう

日焼け止めを塗る女性

出典:PIXTA

日焼け止めと言ってもその強さは様々ありますが、使うシーンによって使い分けることがおすすめです。

SPF10~20・PA+~++:散歩や買い物等の日常生活向け
SPF20~30・PA++~+++:野外での軽い運動やレジャー向け
SPF40~50+・PA+++~++++:炎天下でのレジャーやリゾート地でのマリンスポーツ向け

と言われています。

もしかして間違ってるかも!?日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを塗っている腕

効果の高い日焼け止めを買ったとしても、塗り方のポイントを知らずに使っていたらもったいない!日焼け止めの効果を最大限に生かす、日焼け防止効果が高い塗り方のポイントです。

■早めの対策を心がけること
1年を通して紫外線は肌にダメージを与えています 引用:日本化粧品工業連合会HP
■たっぷりと十分な量をムラなく肌に塗ること
量が少なすぎたりムラがあると、効果が十分に発揮されないことがあります 引用:日本化粧品工業連合会HP
■2~3時間おきを目安に塗りなおすこと
時間がたつと成分が分解され、効果が低下します 引用:日本化粧品工業連合会HP
■外出直前ではなく、外出の少し前に塗ること
日焼け止めは30分程度たってから効果を発揮しはじめます 引用:wikipedia サンスクリーン剤

タイプ別の特徴・こんな時に使おう

日焼け止めを塗っている手

日焼け止めには様々なタイプがあり、どの種類を使うか悩むことも多いと思います。日焼け止めのタイプ別にメリット・デメリット、どんなシーンに使うのがいいのかをまとめました。

クリーム

日焼け止めクリーム

出典:PIXTA

一番多いタイプがクリームタイプです。しっかり塗れて落ちにくいことがメリット。保湿力も高いので、化粧下地として使ったり乾燥肌の方にもいいでしょう。ただ、油分が多いため、肌荒れやにきびには要注意です。肌荒れしないように、クレンジング剤を使ってしっかり落としてください。

落ちにくいクリームタイプは、スポーツなど汗をかくとき、紫外線の強い夏に使うのがおすすめ。ウォータープルーフタイプを選べば、海や汗をかくときでも安心です。

スプレー

日焼け止めスプレー

出典:Amazon

スプレータイプは、手で塗らないので手を汚すことなく使えて便利です。液状のものがつけられない髪にも使えます。ただ、周囲に飛び散るので、使う場所に気をつけること、ムラなく吹き付けられるように注意することが必要です。スプレーは年間通して使うことができますが、手で塗りにくい背中、髪、足元などに使うのがおすすめです。

パウダー

日焼け止めパウダー

出典:Amazon

パウダータイプはメイクの最後に肌に乗せてあげましょう。塗る日焼け止めではできない、化粧直しとして日焼け止めを使う、ということもできます。落としやすいので、クリームなど重たい感じが苦手な方や、敏感肌の人におすすめです。逆に落ちやすいことがデメリットでもあるので、汗をあまりかかない季節に使用し、こまめに塗りなおしてください。

パウダーの日焼け止めだけでは効果が弱いので、ミルクやジェルなどの塗るタイプと併用して使うのがおすすめです。

ジェル

日焼け止めジェル

出典:Amazon

ジェルタイプは塗った後サラッとしているので、クリームなどのベタベタ感が苦手な方におすすめです。透明ですので、日焼け止め特有の白浮き感もありません。ただ、刺激の強い成分を使っているものが多いため、敏感肌の方は気をつけたほうがいいでしょう。

それほど効果が高いタイプではないので、紫外線が弱い季節に使うのがいいでしょう。ジェルだけでは不安な方は、パウダータイプと併用するのもおすすめです。

ローション

日焼け止めローション

出典:PIXTA

ローションタイプは一番肌に優しいので、敏感肌の方におすすめです。化粧水のように手軽に使えます。ただ、落ちやすく、防止効果も低いことが多いため、屋外スポーツをする時などは避けたほうがいいでしょう。ローションタイプも紫外線の弱い時期に使うことがおすすめです。

【普通肌向け】おすすめ8選(全身用・顔用)

日焼け止めの人気商品を全身用、顔用に分けてご紹介します。

【全身用】コーセー サンカット パーフェクトUVジェル(スーパーウォータープルーフ)

UVカット指数が高く、UVA・UVBを長時間ブロックしてくれます。汗、水、皮脂に落ちにくいウォータープルーフ仕様。ジェルなので肌馴染みがよく、べたつきも気になりません。乾燥や肌荒れを防ぐこともでき、化粧下地としても使えます。ジェルタイプのほかにスプレータイプもあります。

コーセー サンカット パーフェクト UVジェル

SPF50+/PA++++
内容量:100g

【全身用】花王 ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

UVカット指数が高く、UVA・UVBを長時間ブロックしてくれます。汗、水、皮脂に落ちにくいウォータープルーフ仕様。ジェルなので肌馴染みがよく、べたつきも気になりません。乾燥や肌荒れを防ぐこともでき、化粧下地としても使えます。ジェルタイプのほかにスプレータイプもあります。

花王 ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

SPF50+/PA++++
内容量:50g

【全身用】資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク(スーパーウォータープルーフ)

紫外線をブロックする膜、うるおいを保つ美肌成分入りの膜、汗や水に触れるとパワーアップする膜、せっけんで落としやすい膜にこだわった商品。サラサラした使用感で、1本で全身に使えます。他にジェルタイプ、スプレータイプもあります。

資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

SPF50+/PA++++
内容量:60ml

【全身用】花王 ニベアサン プロテクトウォータージェル

SPF50なのに、化粧水感覚で素肌に優しい使い心地の商品。化粧下地としても使用できます。ヒアルロン酸と天然植物エキスの潤い成分配合。石鹸やボディソープで落とせます。ジェルタイプのほかにクリームやミルクタイプもあります。

花王 ニベアサン ウォータージェル SPF50

SPF50/PA+++
内容量:80g

【顔用】コスメデコルテ サンシェルター マルチ プロテクション

紫外線だけでなく、微粒子もブロックし肌を守ります。水系保湿成分配合で、乾燥肌に潤いを与え、みずみずしい肌を保ってくれます。さわやかなフレッシュハーバルグリーンの香り。

コスメデコルテ サンシェルター マルチ プロテクション

SPF50+/PA++++
内容量:60g

【顔用】アクセーヌ スーパーサンシールドEX

軽やかに伸びて潤いの持続する日焼け止めベースクリーム。紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプ。色素が直接肌に触れないパーフェクトヴェール技術を使っています。透明感のあるナチュラルな肌に。日焼け止めベース乳液や化粧下地もあります。

アクセーヌ スーパーサンシールドEX

SPF50+・PA++++
内容量:22g

【顔用】ディオール カプチュール トータル ドリームスキン クッション

スキンケア発想から生まれた、美しい素肌色にしてくれるパウダー。過剰な皮脂をキャッチしてくれ、肌老化を促進させる紫外線から保護してくれます。植物由来の成分が使うたびにキメを整えてくれます。

ディオール カプチュール ドリームスキン モイスト クッション 

SPF50/PA+++
内容量:15g

【顔用】セザンヌ UV ウルトラフィットベース N

つけているだけでスキンケア効果、肌色補正、毛穴の凹凸を補正してくれる下地。無香料、無鉱物油、紫外線吸収剤不使用。7種の潤い成分配合でなめらかに肌に密着します。ライトブルー・ライトピーチ・ライトベージュの三色。

セザンヌ UV ウルトラフィットベース N

SPF36/PA++
内容量:30g

【敏感肌向け】おすすめ8選(全身用・顔用)

「敏感肌だから、強い日焼け止めは心配・・・」という方のために、敏感肌の方向けおすすめを全身用、顔用に分けてご紹介します。

【全身用】ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

紫外線を防ぎながら、エーデルワイスなどの植物エキスの保湿成分が乾燥ダメージを受けた肌に浸透し、キメを整えます。日本限定商品。すっと伸びるテクスチャ、柑橘系の香り。赤ちゃんから使えます。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト 50mL

SPF38/PA++
内容量:50ml

【全身用】花王 ニベアサン プロテクトウォーターミルク マイルド SPF50+

ヒアルロン酸配合で潤いを保ちながら、敏感肌を紫外線からしっかり守ってくれます。肌に負担のないミルクタイプ。紫外線吸収剤無配合、アルコールフリー 、無効量、無着色。アレルギーテスト済みです。

花王 ニベアサン プロテクトウォーターミルク マイルド SPF50+

SPF50+/PA+++
内容量:30ml

【全身用】ユースキンS UVミルク

紫外線を防止する効果と肌への優しさの両立を考えた低刺激処方の敏感肌用日焼け止め。うるおい成分のしその葉エキスが配合されており、お肌に潤いを与えてくれます。お子様にも使えます。紫外線吸収剤配合、アルコールフリー、無香料、無着色、弱酸性。

ユースキンS UVミルク

SPF25/PA++
内容量:40g

【全身用】花王 ビオレ UV キッズ ピュアミルク

ミネラルバリアで紫外線吸収剤ゼロ処方なので、お子様や敏感肌に使えます。汗や水に強く、外遊びでも強力な紫外線からお肌を守ってくれます。シアバター配合で保湿も安心。肌になじみやすく白くなりません。

花王 ビオレ UV キッズ ピュアミルク

SPF50+/PA++++
内容量:70ml

【顔用】ランコム UV エクスペール BB

独自のUVフィルターが紫外線から肌を守ってくれるだけでなく、エーデルワイスという整肌成分が大気中の汚れからも守ってくれます。明るくツヤのある仕上がりに。UV エクスペールシリーズには、BBのほかCCクリームやファンデーションもあります。

エランコム UV エクスペール BB

SPF50+/PA++++
30ml

【顔用】アクセーヌ マイルドサンシールド

ヒアルロン酸Naなどの成分が保湿UVカット膜を形成します。潤いを与えながら紫外線をカットしてくれる日焼け止め保湿化粧下地。紫外線吸収剤無配合、アルコールフリー、無香料、低刺激性で敏感肌にも安心です。

アクセーヌ マイルドサンシールド

SPF28/PA++
内容量:22g

【顔用】花王 キュレル UVクリーム

紫外線をカットし肌ダメージを防ぎつつ、セラミドケアで肌荒れしにくい肌に保ってくれます。潤浸保湿セラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナ

ロエキス配合で、乾燥性敏感肌をしっかり守ってくれます。白残りせず、肌への負担感のないつけ心地。敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み。

花王 キュレル UVクリーム SPF30

SPF30/PA++
内容量:30g

【顔用】ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL

シミやしわの原因を作り出すと言われている「ロングUVA」をしっかりブロックしてくれる日焼け止め。敏感肌のために作られており、無香料、パラペンフリー、アレルギーテスト済み。とろけるような使用感で肌なじみもしっとり。

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL

SPF50/PA++++
30ml

日焼け後のアフターケア

日焼けした女性の後姿

「気をつけていたけど日焼けしてしまった!」という方はアフターケアがとっても重要。

■まずは冷やしましょう!
日焼けはやけどの一種です。ですので、まずは冷やすことが大切。冷たいシャワーを浴びたり、保冷剤などでしっかり冷やしてください。
■保湿をしっかりしましょう
冷やした後は保湿です。紫外線に当たった肌は、大変乾燥しているので、化粧水やクリームなどでしっかり保湿をしましょう。
■お水を沢山飲みましょう
乾燥には外側からだけでなく内側からもケアしてあげることが大事。水を飲むほど、肌の水分量も上がってきますので、お茶やコーヒーではなくお水をしっかり飲むように心がけてください。
■美白化粧品を使いましょう
肌がシミの原因となるメラニンを生成する前に、美白ケアをしてあげましょう。成分によって効果も違いますので、自分に合ったものを使ってみてください。

▼専門家に聞いたアフターケアもチェック!

日焼け止めを用途シーン・肌タイプで使い分けよう!

帽子をかぶって寝ている女性

自分に合った日焼け止めでしっかり対策をして、紫外線に負けない肌でいたいですね!

▼他の人はどんな日焼け止めを使っているのでしょうか…?みんなの愛用品を覗いてみましょう

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ