最初に選ぶべきザック(リュック)ってどれ?各メーカーおすすめの登山初心者モデルを紹介

2022/06/16 更新

今年こそ登山を始めたい!という人にとって最初の悩みが装備選び。必要な荷物をすべて背負って歩くため、ザック(リュック)のセレクトは登山にとって特に重要です。とはいえ登山用品店に並ぶザックの数々から自分に合ったモデルを選ぶのは難しいもの。そこで今回は登山デビューにオススメのエントリーモデルを、各ブランドの担当者に教えてもらいました。

制作者

山岳ライター・登山ガイド

鷲尾 太輔

登山の総合プロダクション・Allein Adler代表。登山ガイド・登山教室講師・山岳ライターなど山の「何でも屋」です。登山歴は30年以上、ガイド歴は10年以上。得意分野は読図(等高線フェチ)、チカラを入れているのは安全啓蒙(事故防止・ファーストエイド)。山と人をつなぐ架け橋をめざして活動しています。 公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅠ 総合旅行業務取扱管理者

鷲尾 太輔のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

初めてのザック、何をどんな基準で選べばいいの?

初めてのザック、何をどんな基準で選べばいい?
撮影:washio daisuke(初めてのザック、何をどんな基準で選べばいい?)
今年こそ登山を始めたい!そんな人にとって最初の関門が装備選びではないでしょうか。特にザック・登山靴・雨具は「登山の三種の神器」と呼ばれ、真っ先に揃える必要があるアイテムです。

中でも必要な荷物を全て背負って歩くスポーツである登山では、それらを収納するザックのセレクトがかなり重要。目的や体格に合わないモデルだと、装備が収納できなかったり、身体にフィットせず重さを感じてしまい疲労の原因にも。

登山用品店の壁面いっぱいに所狭しと並ぶ様々なザック、どんな基準で選んだら良いのでしょうか。

セレクトの基準は目標の登山スタイルと収納しやすさ

様々な大きさのザック
撮影:washio daisuke(様々な大きさのザック)
登山用ザックには様々な大きさ(ℓで表記される容量)があります。これは様々な登山スタイルにマッチするよう、各メーカーがラインナップしているため。大きく分けて…
*日帰り登山
*山小屋泊での宿泊登山
*テント泊での宿泊登山
があり、それぞれザックに収納する必要な装備の量が異なってきます。

加えて初心者のザック選びで重要なのが、収納しやすさ。装備を出し入れしているだけでひと苦労しているようでは、十分に登山を楽しむことすらできません。

今回のセレクト基準は…夏の山小屋泊での宿泊登山が目標!

今回の目標は…夏の山小屋泊!
撮影:washio daisuke(今回の目標は…夏の山小屋泊!)
登山1年目の初心者に多いのが、次のようなステップアップのストーリー。

・春から初夏は、近郊の低山で日帰り登山をしながらトレーニングする
・夏は、初心者に人気の富士山・燕岳・唐松岳・立山雄山などに山小屋泊でチャレンジする

この場合、日帰り用・山小屋宿泊用の2種類のザックを薦められることもありますが、他にもたくさんの装備を揃えなければいけない懐具合を考えるとなるべくひとつで済ませたいもの。

そこで今回は、各メーカー担当者に上記のストーリーに寄り添いつつ、初心者にとって使いやすいオススメのザックはありませんか!?と直撃。それぞれのメーカー担当者イチオシのアイテムを紹介してもらいました。

*以下、メーカーのアルファベット順に掲載

Deuter|FUTURA32

Deuter・FUTURA32
提供:イワタニ・プリムス株式会社(Deuter・FUTURA32)
ドイツ発祥で様々なバックパックを展開するDeuter(ドイター)。FUTURA(フューチュラ)シリーズは同社のハイキング用ザックの代表モデルです。
ドイター・フューチュラ32
・容量:32ℓ
・重量:1440g

担当者からのオススメポイント

Deuter・FUTURAの使用イメージ
提供:イワタニ・プリムス株式会社(Deuter・FUTURAの使用イメージ)
背面メッシュのモデルである「フューチュラ32」。背中の通気性をよくすることで汗の量を減らすことで熱中症予防につながります。また、背中のムレによる不快感を軽減し快適に長時間歩くことができるベストセラーモデルです。

各ブランドから背面メッシュのタイプは販売されていますが、世界で初めて背面メッシュの特許をとったドイターならではのこだわりがつまっています。

ドイター・フューチュラ32|公式サイト

GREGORY|Zulu35&Jade33

メンズモデルのGREGORY・Zulu35
提供:サムソナイト・ジャパン株式会社(メンズモデルのGREGORY・Zulu35)
アメリカ発祥のバックパックブランド、GREGORY(グレゴリー)。男性用モデルのZulu(ズール)・女性用モデルのJade(ジェイド)は流線型のシェイプが特徴の軽量なザックです。
グレゴリー・ズール35&ジェイド33
・容量:35ℓ(ズール35)・33ℓ(ジェイド33)
・重量:1310g(ズール35)・1230g(ジェイド33)

担当者からのオススメポイント

ウィメンズモデルのGREGORY・Jade33
提供:サムソナイト・ジャパン株式会社(ウィメンズモデルのGREGORY・Jade33)
天気の変わりやすいシーズンに、レインウウェアや防寒着など必要な装備を入れても十分な余裕がある容量がおすすめ。グレゴリーの独自技術を駆使した「フリー・フロート・フレックスパネル」は、自然な動きに追従し、足を上げるのに合わせてヒップ・ベルトが旋回して動き、腰回りにスムーズにフィットします。

新素材と補強材を追加して耐久性を向上させるとともに、荷物の出し入れを楽にしました。専用設計のレインカバー付きや大きめのヒップベルト・ポケットなど収納面も充実しています。

グレゴリー・ズール35|公式サイト





グレゴリー・ジェイド33|公式サイト

karrimor|ridge 40

karrimor・ridge 40
提供:カリマーインターナショナル株式会社(karrimor・ridge 40)
イギリス発祥で「carry more=もっと運べる」が語源のkarrimor(カリマー)。ridge(リッジ)シリーズは1999年の発表以来、開発・改良を重ねながら販売されているロングセラーモデルです。
カリマー・リッジ40
・容量:40ℓ
・重量:1650g(Medium)

担当者からのオススメポイント

吸湿発汗性に優れたエアメッシュ素材を使用した背面
提供:カリマーインターナショナル株式会社(吸湿発汗性に優れたエアメッシュ素材を使用した背面)
日本で正規販売されているカリマーブランドのザックは、全て日本人開発者によってショルダーハーネスやヒップベルトの形状や太さに至るまで、日本人の体格を考慮し設計・開発されています。

背面にあるマチ付きポケットにもアイテムを収納でき、収納に慣れていない初心者にも使いやすいモデル。背中に触れる背面にも、吸湿発汗性に優れたエアメッシュ素材を使用しています。

カリマー・リッジ40|公式サイト

MAMMUT|Lithium 30

MAMMUT・Lithium 30
提供:マムート・スポーツグループジャパン株式会社(MAMMUT・Lithium 30)
スイス発祥でロゴマークの通りドイツ語で「マンモス」を意味するMAMMUT(マムート)。Lithium(リチウム)は、ストレッチ性に優れた大きな収納部やジッパー付のサイドポケットも魅力のモデルです。
マムート・リチウム30
・容量:30ℓ
・重量:930g

担当者からのオススメポイント

MAMMUT・Lithium 30の背面
提供:マムート・スポーツグループジャパン株式会社(MAMMUT・Lithium 30の背面)
2022年春夏にフルモデルチェンジする「Lithium 30」。日帰り~1、2泊程度の山小屋泊に最適なサイズのこのモデルは、前作に比べて素材を100%リサイクル素材に変更し、フッ素フリー撥水剤を使用した環境に優しいエコなバックパック。

ウェストベルトも取り外しが可能になるなど、幅広い用途に使いやすいモデルとなりました。

マムート・リチウム30|公式ページ

Millet|SAAS FEE 30+5

Millet・SAAS FEE 30+5
提供:ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン株式会社(Millet・SAAS FEE 30+5)
フランス発祥のアウトドアブランド・Millet(ミレー)。人類初の8000m峰登頂となった1950年のアンナプルナ初登頂の際にも、ミレーのザックが使用されていました。
ミレー・サースフェー30+5
・容量:30+5ℓ
・重量:1500g

担当者からのオススメポイント

多彩なカラーバリエーション
提供:ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン株式会社(多彩なカラーバリエーション)
サースフェーシリーズは、背中に吸い付くような重心設計と背中が蒸れないドライテクノロジーが魅力。ハイキングから縦走登山まで使っていただけるミレー定番のザックです。

これから登山を始める初心者の方でも、安心の設計。日帰り登山から1泊〜2泊程度の小屋泊登山にぴったりの30ℓサイズです。

ミレー・サースフェー30+5|公式ページ

THE NORTH FACE|Ouranos35

THE NORTH FACE・Ouranos35
提供:株式会社ゴールドウイン(THE NORTH FACE・Ouranos35)
アメリカ発祥のアウトドアブランド・THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)。ウェアやシューズなど多彩なアイテムを展開していますが、リーズナブルで使いやすいザックも初心者に人気です。
ザ・ノース・フェイス・ウラノス35
・容量:35ℓ
・重量:1315g(Mサイズ)

担当者からのオススメポイント

取り外し可能な雨蓋
提供:株式会社ゴールドウイン(取り外し可能な雨蓋)
背面がメッシュパネルで通気性が良く、フィット感も強いので非常に背負いやすいモデル。自立するデザインと、レインカバーが最初から付属しているところも使いやすいポイントです。

雨蓋も外せるので、日帰りなどの短い距離であれば容量を減らして使うこともできるので、このザックひとつで使い回しが効きますよ。
ITEM
ザ・ノース・フェイス ウラノス35

ザ ノース フェイス・ウラノス35|公式ページ

OSPREY|Stratos36&Sirrus36

メンズモデルのOSPREY・Stratos36
提供:株式会社ロストアロー(メンズモデルのOSPREY・Stratos36)
アメリカ発祥のバックパックメーカー・OSPREY(オスプレー)。男性用・女性用それぞれのモデルを展開し、ベルトの形状だけでなくシェイプや長さも男女それぞれにフィットするようデザインされています。
オスプレー・ストラトス36&シラス36
・容量:36ℓ
・重量:1490g(ストラトス36)・1440〜1450g(シラス36)

担当者からのオススメポイント

ウィメンズモデルのOSPREY・Sirrus36
提供:株式会社ロストアロー(ウィメンズモデルのOSPREY・Sirrus36)
ストラトス/シラスは背中とバックパックの間にいわゆるベンチレーション構造を採用。風が抜けやすく、背中がとても涼しく快適なバックパックです。

よりフォット感を向上させるための背面長調整機能もシンプルに改良されておりプラスチックパーツを引っかけるだけ、初心者でも簡単に自分にぴったりの背負い心地に調整可能です。
オスプレー・ストラトス36|公式ページ
オスプレー・シラス36|公式ページ

登山中ずっと背中に密着しているザック、背負い心地は必ずチェック!

背負い心地もチェックしましょう
撮影:washio daisuke(背負い心地もチェックしましょう)
今回は各メーカー担当者から、初心者でも使いやすいザックをセレクトしてもらいました。どれも各ブランドを代表するイチオシのザックばかり。

最後にザック選びでチェックして欲しいのが背負い心地です。ザックが背中に接する部分の厚み・固さ・材質などによって背中の感触は異なりますが、どの感触が「心地よい」と感じるかは人によって千差万別。ぜひ実物を店頭で背負ってみて、自分の背中で感触を確かめるようにしましょう。

自分にぴったりのザックで、快適で軽快に登山のステップアップを楽しんでください。

関連記事


    こちらもチェック!

    登山初心者 持ち物

    紹介されたアイテム

    ドイター フューチュラ32
    グレゴリー ズール35
    グレゴリー ジェイド33
    カリマー リッジ40
    マムート リチウム30
    ミレー サースフェー30+5
    ザ・ノース・フェイス ウラノス35

    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    店に並ぶたくさんのザック
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」