【富士山登山・全6ルート】初心者から上級者まで。難易度/コースタイム/特徴を一挙紹介!

2021/05/13 更新

富士山登山はルート選びも難しい! 難易度&コースタイム別に6つのルートを紹介します。いちばん人気の吉田ルートはもちろん、登山口の標高が最も高い富士宮ルート、御殿場や須走など難易度の高い経験者向きのルートを紹介。またプリンスルートや、古来の吉田口登山道など、通向けのルートも網羅。登山口へのアクセス情報も掲載。

新型コロナ感染拡大により、2021年の富士山への登山にも変更点がある可能性があります。最新情報は富士山オフィシャルサイトをご覧ください。富士山オフィシャルサイト

アイキャッチ画像出典:PIXTA

日本一高い山、富士山に今年こそ登りたい!

富士山登山
出典:PIXTA
標高所在地最高気温
(7月-8月)
最低気温
(7月-8月)
3776m(剣ヶ峰)静岡県・山梨県9.3℃2.4℃
日本一の高い山、富士山。「今年こそは富士登山にチャレンジ!」と思っている人も多いでしょう。その富士山には、主に4つの登山ルートと、知る人ぞ知るルートが2つ、計6つのルートがありますが、一体、どのルートで登るのがいいのか、迷ってしまいますね……。

6つのルートを確認しましょう

富士山6ルート
出典:YAMAP(ルート制作:編集部)
6つのルートは、難易度や混み具合、そして、コースタイム、登山口などが違います。よく確認して、自身の経験値や体力を考慮して、最適なルートを選びましょう。

①吉田ルート

吉田ルート
出典:PIXTA
登山者が最も多く、シーズン中は混雑するルート。施設が充実しているので初心者に最もおすすめです。

②富士宮ルート

富士宮ルート
出典:PIXTA
吉田ルートに次ぎ、登山者が多いルートです。行程が最短で、施設が整備されているので、こちらも初心者でも安心のルート。

③須走ルート

須走ルート
出典:PIXTA
8合目で吉田ルートに合流するまでは、比較的登山者が少ないですが、樹林帯や砂走など、登山経験を要するルートです。

④御殿場ルート

御殿場ルート
出典:PIXTA
最も行程が長く、標高差が大きいことから、登山者が少なく、静かな富士山を楽しめます。登山経験が豊富な健脚者向きです。

⑤プリンスルート

プリンスルート
出典:PIXTA
富士宮5合目から、宝永火口を横切り、御殿場ルート6合目に合流するルート。大砂走も体験できますが、分岐が多いので初心者は経験者と同行するのが無難です。

⑥吉田口登山道

北口本宮冨士浅間神社
出典:PIXTA
1合目から登る古来の登山道。2泊する人が多いロングルートで、初心者には不向きです。

富士登山では地図は必須

富士登山するならば、地図は必ず携帯しましょう。コースタイムなどが見やすい登山地図がおすすめです。
ITEM
2021年度版 32 山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹山

富士登山する前は天気もチェック

富士登山する前は、必ず天気をチェックしましょう。
てんきとくらす|富士山

①吉田ルート|初めての富士登山におすすめ

吉田ルート
出典:PIXTA
【体力レベル】★★★☆☆
1泊2日
コースタイム:9時間9分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要
【往路】富士スバルライン五合目(45分)→六合目(70分)→七合目(75分)→八合目(80分)→本八合目(50分)→九合目(89分)→剣ヶ峰
【復路】剣ヶ峰(40分)→下山道標識(30分)→本八合目(55分)→緊急避難所(石室)(60分)→下山道出口(45分)→富士スバルライン五合目
 

■ルートの特徴
・登山口:富士スバルライン5合目
・登山者が最も多く、混雑する
・最もポピュラーなルート、初めての富士登山に最適
・7~8合目の山小屋泊が一般的

山梨県側にある吉田ルートは、アクセスがいい上に山小屋も多く、富士登山では最も人気があるルート。その反面、登山者が多くて山小屋はすし詰め状態など、混雑が常態化しています。特に8合目で、後述する須走ルートと合流後は混雑が増し、登山道が渋滞することもあります。

山小屋など施設が充実

吉田ルート
出典:PIXTA
富士登山の代表的なルートなので、山小屋が多く、救護所や売店、トイレなどの利便性がいいのが特徴。「初めての富士登山でちょっと不安」という人におすすめです。特に7~8合目に山小屋が集中しています。

②富士宮ルート|ちょっと急だけど最短ルート

富士宮ルート
出典:PIXTA
【体力レベル】★★★☆☆
1泊2日
コースタイム:8時間40分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要
【往路】富士宮口五合目(25分)→六合目(60分)→新七合目(50分)→元祖七合目(50分)→八合目(45分)→九合目(35分)→九合五勺(45分)→駒ヶ岳(24分)→剣ヶ峰
【復路】剣ヶ峰(48分)→九合五勺(25分)→九合目(30分)→八合目(35分)→元祖七合目(35分)→新七合目(40分)→六合目(15分)→富士宮口五合目

■ルートの特徴
・登山口:富士宮口5合目
・山小屋などがよく整備され、初心者におすすめ。それなりに混雑
・最短ルートだが、登山道が急で、岩場が多い
・ご来光を見るなら9合目の山小屋がおすすめ

静岡県側にある富士宮ルートは、山梨県側の吉田ルートに次ぐ、人気のルート。主要4ルートのうち、登山口の標高が最も高く、コースタイムが短いですが、全体的に急坂で、岩場が多いため、気を付けて歩く必要があります。

ご来光に便利。よく整備されたルート

富士宮ルート
出典:PIXTA
合目ごとに山小屋があり、救護所・トイレなど、よく整備されているので、初心者におすすめのルート。そのせいもあり、吉田ルートほどではないですが、こちらも混雑します。9合目の山小屋に宿泊すると山頂からのご来光に便利です。

③須走ルート|真夏におすすめ。樹林帯の登山道

須走ルート
出典:PIXTA
【体力レベル】★★★☆☆
1泊2日
コースタイム:9時間47分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要
【往路】須走口五合目(95分)→新六合目(40分)→本六合目(80分)→七合目(80分)→八合目(下江戸屋分岐)(25分)→本八合目(50分)→九合目(35分)→久須志神社(54分)→剣ヶ峰
【復路】剣ヶ峰(40分)→下山道標識(30分)→本八合目(15分)→八合目(下江戸屋分岐)(45分)→七合目(55分)→砂払い五合目(35分)→須走口五合目

■ルートの特徴
・登山口:須走口5合目
・登山者は比較的少なめ
・樹林帯や砂走など、ある程度経験が必要
・山小屋は本八合目の吉田ルート合流前は比較的空いている

富士山の東側から登る須走ルートは、吉田ルートに合流するまでは、比較的登山者が少ないルートです。標高2,700mの6合目付近まで樹林帯が広がっているので、真夏の日差しを避けたい人にはおすすめ。

砂走や樹林帯は要注意

須走ルート
出典:PIXTA
まっすぐに砂地を下山する「砂走」があり、勢いよく下ることができますが、勢いが付きすぎると転倒する危険があるので注意が必要。また、樹林帯は、濃霧や悪天候時は暗く、見通しが効かなくなるので、登山経験者向きのルートです。
本八合目から吉田ルートと合流しますが、8合目までの山小屋であれば比較的空いています。

④御殿場ルート|登山者がいちばん少ない最長ルート

御殿場ルート
出典:PIXTA
【体力レベル】★★★★☆
1泊2日
コースタイム:11時間50分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック: グレーディング表
ルート概要
【往路】御殿場口新五合目(90分)→新五合五勺(135分)→新六合目(110分)→七合目(20分)→砂走館(75分)→八合目(70分)→銀明水(39分)→剣ヶ峰
【復路】剣ヶ峰(23分)→銀明水(35分)→八合目(35分)→砂走館(10分)→七合目(20分)→走り(下り)六合(60分)→新五合五勺(45分)→御殿場口新五合目

■ルートの特徴
・登山口:御殿場口新5合目
・登山者が最も少ない
・利便性が低く、最長、最大標高差など健脚者向き 初心者には不向き
・大砂走が人気
・7合目まで山小屋が無い

富士山南東側より登る、富士登山ルートとしては、最も行程が長く、標高差が大きいルート。しかも、救護所がない、山小屋が少ない、トイレなどの施設が少ないなど、利便性が低いルートです。そのためか、登山者が最も少なく静かな富士登山が楽しめます。

ダイナミックな大砂走

御殿場ルート
下山ルートは、須走ルートよりも、ダイナミックな大砂走が特徴。ここを駆け降りるのを目的に、このルートを利用する人も多くいます。リピーターが多く、通好みとも言われる健脚者向けのルート。7合目まで山小屋がなく、数も少ないことも、初心者には不向きと言われてます。

 ⑤プリンスルート|富士宮ルートと御殿場ルートのいいとこどり

プリンスルート
出典:PIXTA
【体力レベル】★★★☆☆
1泊2日
コースタイム:8時間51分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック: グレーディング表
ルート概要
【往路】富士宮口五合目(25分)→六合目(20分)→宝永第一火口(60分)→馬の背(15分)→走り(下り)六合(71分)→七合目(20分)→砂走館(75分)→八合目(75分)→駒ヶ岳(24分)→剣ヶ峰
【復路】剣ヶ峰(18分)→駒ヶ岳(40分)→八合目(40分)→砂走館(10分)→七合目(20分)→走り(下り)六合(10分)→馬の背(25分)→宝永第一火口(20分)→六合目(15分)→富士宮口五合目

■ルートの概要
・宝永火口歩きと大砂走を体験できる
・比較的登山者が少ない
・迷いやすいので初心者は経験者と同行を

プリンスルートとは、富士宮口5合目から御殿場6合目へとつなげ、山頂に至る登山ルート。2008年8月に、当時の皇太子殿下(現在の天皇陛下)が初めて富士山に登頂された時に、このルートを登られたことから命名されました。富士宮ルートと御殿場ルートのいいとこ取りで、富士山の魅力を存分に味わえます。

宝永火口と大砂走を体験できる

プリンスルート
出典:PIXTA
1707年に大噴火した、大迫力の「宝永火口」内の歩行と、御殿場ルートの大砂走の2つを体験できる贅沢なルートでありながら、比較的登山者が少ない登山道です。分岐点が多く、迷いやすいため、初心者は経験者との同行することをおすすめします。

⑥吉田口登山道|ふもとから登る、古来の富士登山ルート

吉田口
撮影:筆者
【体力レベル】★★★★★
1泊2日~2泊3日
コースタイム:18時間5分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック: グレーディング表
ルート概要
【往路】北口本宮冨士浅間神社(155分)→馬返(20分)→一合目(40分)→二合目(30分)→三合目(45分)→四合五勺(91分)→下山道出口(60分)→七合目(75分)→八合目(80分)→本八合目(50分)→九合目(89分)→剣ヶ峰
【復路】剣ヶ峰(40分)→下山道標識(30分)→本八合目(55分)→緊急避難所(石室)(60分)→下山道出口(47分)→四合五勺(25分)→三合目(20分)→二合目(25分)→一合目(15分)→馬返(125分)→富士浅間神社

・登山口:北口本宮冨士浅間神社
・高山病になりくいルート
・行程が長いので2泊以上になる事が多く、初心者には不向き
・5合目まで自然や史跡が点在

吉田口ルートは、「どうせなら富士山を麓から登ろう!」という強者向けのルート。古来の富士講登山では、麓からの吉田口ルートを登っていました。スタートは、北口本宮冨士浅間神社からで、馬返しを通り、5合目からは吉田ルートに合流しますが、行程が長いので、5合目と8合目などで、2泊する人が多いルートです。

自然や史跡がいっぱい

吉田口ルート
出典:PIXTA
登山口から5合目まで、樹林帯を歩きます。豊富な自然の中に、いにしえの登山道らしく、小屋跡や神社跡などの史跡が点在し、一味違った富士登山を味わえます。
1合目から歩くので、気圧差による体への負担が少なく、高山病になりやすい人にはおすすめです。

富士登山ではぜひ歩きたい「お鉢巡り」

お鉢巡り
出典:PIXTA
富士山山頂をぐるりと一周することをお鉢巡りと言います。せっかく富士山に登頂したのなら、ぜひ体験してみたいですよね。1周約1時間30分、日本一高い天空の散歩道を、時間や体力の余裕があればまわってみましょう。

絶景!でも、悪天候時は危険

お鉢巡り
出典:PIXTA
天候が良ければ、360度ビューの大パノラマ。北アルプスまで望むことができます。その反面、悪天候時は強風が吹き、落雷もあり危険ですので、中止して下山するようにしましょう。

6ルートの登山口アクセス情報

富士山は日本一だけあって、登山口へのアクセスもしやすくなっています。ただし、人気の山だけにマイカー規制があるので、事前に規制期間などを確認した上で出かけましょう。

①吉田ルート|登山口:富士スバルライン5合目

【クルマの場合】
マイカー規制期間中は、麓の富士山パーキングに駐車後、シャトルバスで登山口へ向かいます。マイカー規制の詳細は、山梨県公式サイトをご覧ください。
山梨県公式サイト|富士山パーキングのご案内■マイカー規制期間外
中央自動車道「河口湖」IC→県道707号線、富士スバルライン経由、富士スバルライン5合目まで 約32分

■富士スバルライン5合目駐車場
台数:約330台、ほかにも路傍駐車場あり
トイレ:あり
料金:無料 ただし、富士スバルライン通行料2,100円(往復)

■マイカー規制期間中
中央自動車道「河口湖」ICすぐ近く、富士山パーキングまで 約2分
シャトルバス乗り換えで富士スバルライン5合目ヘ約45分

■富士山パーキング
台数:1400台
トイレ:あり
料金:1台1回につき1,000円
シャトルバス:大人往復2,000円(12歳未満は半額)

【公共交通機関の場合】
富士急行線「河口湖」駅・「富士山」駅→富士急行バス「富士スバルライン五合目方面行」で富士スバルライン5合目まで約1時間


富士急行バス

②富士宮ルート/⑤プリンスルート|登山口:富士宮口5合目

【クルマの場合】
マイカー規制期間中は、麓の水ヶ塚駐車場に駐車後、シャトルバスで登山口へ向かいます。マイカー規制の詳細は、下記の静岡県公式サイトをご覧ください。
静岡県公式サイト|富士山マイカー規制■マイカー規制期間外
・東名高速「御殿場」IC→「富士山スカイライン」(無料)経由で富士宮口五合目 約1時間2分
・新東名高速「新富士」IC→「富士山スカイライン」(無料)経由で富士宮口五合目 約1時間6分

■富士宮口5合目駐車場
台数:350台
トイレ:あり
料金:無料

■マイカー規制期間中
・東名高速「御殿場」IC→県道23号経由で水ヶ塚駐車場 約28分
・新東名高速「新富士」IC→県道24号経由で水ヶ塚駐車場 約36分
シャトルバス乗り換えで富士宮口5合目ヘ約40分

■水ヶ塚駐車場
台数:300台
トイレ:あり
料金:1台1回につき1,000円
シャトルバス:大人往復2,000円(12歳未満は半額)

【公共交通機関の場合】
・JR東海道新幹線「新富士」駅・東海道線「富士駅」→富士急行バス「富士宮口五合目方面行」で須走口五合目まで約2時間
・JR身延線「富士宮」駅→富士急行バス「富士宮口五合目方面行」で須走口五合目まで約1時間30分

富士急行バス

③須走ルート|登山口:須走口5合目

【クルマの場合】
マイカー規制期間中は、麓の須走多目的広場に駐車後、シャトルバスで登山口へ向かいます。マイカー規制の詳細は、下記の静岡県公式サイトをご覧ください。
静岡県公式サイト|富士山マイカー規制■マイカー規制期間外
東富士五湖道路「須走」IC→ふじあざみライン(無料)経由、須走口5合目まで 約24分

■須走口5合目駐車場(第1~第3 ※第1は身障者専用)
台数:約200台、ほかにも路傍駐車場あり
トイレ:あり
料金:200円(チップ制)

■マイカー規制期間中
東富士五湖道路「須走」ICすぐ近く 須走多目的広場まで約4分
須走口シャトルバス乗り換えで須走口5合目ヘ約45分

■須走多目的広場
台数:200台
トイレ:あり
料金:1台1回につき1,000円
シャトルバス:大人往復1,800円(12歳未満は半額)

【公共交通機関の場合】
・JR御殿場線「御殿場」駅→富士急行バス「須走口五合目方面行」で須走口五合目まで約1時間
・小田急線「新松田」駅→富士急行バス「須走口五合目方面行」で須走口五合目まで約1時間30分


富士急行バス

④御殿場ルート|登山口:御殿場口新5合目

【クルマの場合】
※マイカー規制はありません。
東名高速「御殿場」IC→「富士山スカイライン」(無料)経由で御殿場口新5合目へ 約24分

■御殿場口新5合目駐車場
台数:約500台
トイレ:あり
料金:無料

【公共交通機関の場合】
・JR御殿場線「御殿場」駅→富士急行バス「水ヶ塚公園・ぐりんぱ行」で御殿場口新五合目まで約55分


富士急行バス

⑥吉田口登山道|登山口:北口本宮冨士浅間神社

【クルマの場合】
中央自動車道「河口湖」IC→国道139号経由で「北口本宮冨士浅間神社」へ 約6分

■北口本宮冨士浅間神社駐車場
台数:約160台
トイレ:あり
料金:無料
※駐車する場合は、富士山登山することを神社に前もって伝えて、指示に従いましょう。

【公共交通機関の場合】
・富士急行「富士山」駅→富士急行バス「忍野八海経由御殿場駅行」で「浅間神社前」バス停まで約6分

富士急行バス
【北口本宮冨士浅間神社】
住所: 山梨県富士吉田市上吉田5558番地
電話:0555-22-0221

北口本宮冨士浅間神社

富士登山で立ち寄りたいスポット&グルメ

富士山は古くから信仰の対象となっている山。せっかくならばその歴史を感じる神社を参拝してみるのもおすすめです。またご当地グルメの「吉田うどん」も下山後にぜひ食べてみてくださいね。

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社
出典:PIXTA
富士山をご神体とする神社で、全国の浅間神社の総本社。古代からの富士山信仰の中心で、富士山山頂には、奥宮が鎮座しています。富士山の標高3360mから上は、この神社の所有地であることは、意外と知られていません。登山前、登山後、時間があれば参拝しましょう。
住所:静岡県富士宮市宮町1-1
電話:0544-27-2002
駐車料金:1時間200円


富士山本宮浅間大社

吉田のうどん

吉田のうどん
出典:PIXTA
吉田口登山道の1合目、富士吉田市が誇る郷土料理。コシがあり太めの麺が特徴で、日本一固いとも言われるほどです。キャベツや馬肉がトッピングされているのが一般的ですが、お店ごとに少々アレンジされていますので、食べ比べてみてもいいですね。
【公式】富士吉田市観光ガイド

自分に合ったルートで楽しい富士登山を

御来光
出典:PIXTA
富士山の登山ルートには、初心者向きから上級者向けまでさまざまなルートがあります。どのルートでも、苦労して登った先にある富士山のご来光は、きっとあなたの心に響くはずです。自分にあった富士登山ルートで、ぜひ挑戦してみて下さい!
※この記事内の情報は特記がない限り公開初出時のものとなります。登山道の状況や交通アクセス、駐車場ならびに関連施設などの情報に関しては、最新情報をご確認のうえお出かけください。

こちらの記事もどうぞ

紹介されたアイテム

2021年度版 32 山と高原地図 富士…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!