北アルプス 人気の山ランキング!一番人気はどこの山?

北アルプスは、登山者に最も愛されている山岳エリアです。その中でも、最も人気のある山は一体どこでしょうか?北アルプスの人気の山ランキングを1位から15位までご紹介します。北アルプスに挑戦をしようと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。


アイキャッチ画像出典:上高地/facebook

まずは北アルプスの魅力をご紹介!

北アルプスが、長年愛され続ける理由とは一体何でしょうか?北アルプスの3つの魅力をご紹介します!

1.ダイナミックな岩峰群
北アルプス 穂高岳
出典:ウィキメディア・コモンズ(穂高連峰)
岩壁を擁する3,000m級の山々が連なり、そのダイナミックさに圧倒されます!

2.山岳リゾートの代表”上高地”の存在
北アルプス 上高地
出典:上高地/facebook(上高地河童橋)
上高地は、長野県松本市にある標高約1,500メートルの山岳リゾート・景勝地です。河童橋から見る穂高連峰の景色はすばらしく、車でのアクセス(シーズン中はマイカー規制あり)も可能なため、観光客も多く訪れます。

3.日本百名山が15座
北アルプス 槍ヶ岳夜明け
出典:ウィキメディア・コモンズ(槍ヶ岳)
北アルプスには、15座の百名山と11座のニ百名山があり、名山がそろっています。
(15座の百名山=槍ヶ岳、穂高岳、常念岳、焼岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、白馬岳、鷲羽岳、水晶岳(黒岳)、剱岳、立山、薬師岳、野口五郎岳、笠ヶ岳、乗鞍岳)

では、北アルプスの中で、登山者に最も人気のある山はどこでしょうか?1位から15位までランキング形式でご紹介します!


北アルプス人気の山ランキング!

北アルプスで人気の山を1位~15位までご紹介します。主な登山ルートと縦走コースも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1位.穂高岳
北アルプス 穂高岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
穂高岳は、奥穂高岳、前穂高岳、北穂高岳、西穂高岳の総称で、迫力ある大岩壁に圧倒されます。大キレットという最難関ルートもあり、目標とする登山者も多いです。
【主な登山ルート】
・上高地~横尾~涸沢~ザイテングラード~白出のコル~奥穂高岳
・上高地~岳沢小屋~重太郎新道~前穂高岳~吊尾根~奥穂高岳
・上高地~横尾~涸沢~北穂高岳
・新穂高温泉~新穂高ロープウェイ~西穂山荘~西穂独標~西穂高岳
【登山難易度】
上級者向け

2位.槍ヶ岳
北アルプス 槍ヶ岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
天を突くような槍ヶ岳は、北アルプスでもシンボル的存在。槍の穂先の山容が美しい事から常に人気の山です。
【主な登山ルート】
・上高地~横尾~槍沢~槍ヶ岳
【登山難易度】
中・上級者向け

3位.剱岳
北アルプス 剱岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
剱岳の急峻な岩の登山ルートは、高度感もあり一般登山道としては屈指の難関ルートですが、雄々しい姿や達成感を味わえることから目標とする人が多い山です。
【主な登山ルート】
・室堂~別山乗越~剱沢小屋~一服剣~前剱~剣岳
・馬場島~早月尾根~剱岳
【登山難易度】
上級者向け

4位.白馬岳
北アルプス 白馬岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
高山植物が美しいことと、夏でも大雪渓が残っていることで有名。白馬岳頂上直下には、日本最大級の白馬山荘があり、ゆっくり宿泊することができます。
【主な登山ルート】
・猿倉~大雪渓~白馬岳
・栂池~白馬大池~小蓮華山~白馬岳
【登山難易度】
中・上級者向け

5位.燕岳(つばくろだけ)
北アルプス 燕岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
花崗岩の造形美とコマクサが美しいのが特徴です。人気の山小屋、燕山荘があるのと、表銀座縦走コースのスタート地点でもあるので登山者に人気の山です。
【主な登山ルート】
・中房温泉~合戦尾根~燕山荘~燕岳
・表銀座縦走コース(中房温泉~燕岳~大天井岳~西岳~東鎌尾根~槍ヶ岳)
【登山難易度】
中級者向け

6位.立山
北アルプス 立山

出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
雄山、大汝山、富士ノ折立を総称して立山と言います。立山黒部アルペンルートで、標高2,450mの室堂まで行くことができ、3,000m峰のダイナミックな山容を味わえます。
【主な登山ルート】
・室堂~一ノ越~雄山~大汝山~富士ノ折立~雷鳥平~室堂
【登山難易度】
中級者向き(雄山のみだと初級向き)

7位.黒部五郎岳
北アルプス 黒部五郎岳
出典:ウィキメディア
【魅力ポイント】
黒部五郎岳にある氷河地形のカールと巨岩、高山植物が織りなす景観が美しい山です。奥まった場所に位置しているため、山頂までが遠いですが、槍・穂高連峰の景色をとても美しく見ることができます。
【おすすめ登山ルート】
・縦走コース(折立~太郎平小屋~雲ノ平~三俣山荘~黒部五郎小舎~黒部五郎岳~北ノ俣岳~神岡新道~寺地山~飛岡新道~飛岡)
【登山難易度】
中・上級者向き

8位.鹿島槍ヶ岳
北アルプス 鹿島槍ヶ岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
猫の耳のような双耳峰の山で、どっしりとした山容が特徴。剱岳・立山連峰の展望もすばらしく高山植物も美しい山です。
【主な登山ルート】
・扇沢~柏原新道~種池山荘~爺ヶ岳~冷池山荘~鹿島槍ヶ岳
【登山難易度】
中・上級者向き

9位.唐松岳
北アルプス 唐松岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
ゴンドラやリフトを乗り継いで、3時間30分ほど登ると山頂に着くため、北アルプス入門ルートとしても人気の山です。山頂から見られる、北アルプスの眺望もすばらしく、登山者が多く訪れます。
【主な登山ルート】
・八方池山荘~八方池~八方尾根~唐松岳頂上山荘~唐松岳
【登山難易度】
中級者向き

10位.鷲羽岳
北アルプス 鷲羽岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
鷲が羽ばたくようにダイナミックな山容の鷲羽岳。北アルプスの奥に位置しているため、到達するのに数日かかります。また、鷲羽岳は、裏銀座縦走コースの途中にある山のため、縦走で訪れる登山者も多いです。
【主な登山ルート】
・裏銀座縦走コース(高瀬ダム~烏帽子岳~野口五郎岳~鷲羽岳~双六岳~西鎌尾根~槍ヶ岳)
【登山難易度】
中・上級者向き 



11位.笠ヶ岳
北アルプス 笠ヶ岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
魅力ポイント】
笠ヶ岳は、山頂部分が突起していて、遠くから見ると目立つ山です。山頂までの道のりは長く大変ですが、高山植物も美しいことから人気のある山です。入山・下山口に温泉があるのもポイントです。
【主な登山ルート】
・新穂高温泉~笠新道~笠ヶ岳~雷鳥岩~中尾高原口
【登山難易度】
中級者向き

12位.薬師岳
北アルプス 薬師岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
薬師岳山頂は、遮るものがなく360度の大展望が広がります。薬師岳単体でもいいですが、槍・穂高方面へ縦走する登山者も多いです。薬師岳はその名の通り、立山とともに山岳信仰の対象で、山頂には祠があります。

【主な登山ルート】
・折立~太郎山~薬師岳

【登山難易度】
中級者向き

13位.常念岳
北アルプス 常念岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
ピラミダルな山容が美しく、山頂からは、槍・穂高連峰の絶景が間近に聳えることから人気の山です。単体の登山から燕岳~蝶ヶ岳の縦走登山まで幅広く楽しめます。

【主な登山ルート】
・ヒエ平~常念小屋~常念岳
・燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳~上高地
【登山難易度】
中級者向き

14位.蝶ヶ岳
北アルプス 蝶ヶ岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
なだらかな山頂からは、ダイナミックな槍・穂高連峰の景色を間近に堪能できます。また、南アルプスや富士山を遠くに見ることができ、絶好の展望台となっています。
【主な登山ルート】
・三股~蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶ヶ岳
・燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳~上高地
【登山難易度】
中級者向き

15位.水晶岳(黒岳)
北アルプス 水晶岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
山頂は切り立った岩峰で、飛騨山脈の大部分を見渡すことができます。北アルプスの主稜線から外れ、奥まった場所にあるため、登山者は少なく静かな登山が楽しめます。
【主な登山ルート】
・黒部ダム~平ノ渡場(たいらのわたしば)~読売新道~赤牛岳~水晶岳
【登山難易度】
中・上級者向き

16位.双六岳
北アルプス 双六岳
出典:ウィキメディア・コモンズ
【魅力ポイント】
双六岳はゆるやかな山体で、山頂からは槍ヶ岳の天を刺すような迫力ある景色が楽しめます。裏銀座、西銀座縦走コースで通る山のため登山者で賑わいます。
【主な登山ルート】
・新穂高温泉~わさび平小屋~小池新道~鏡平山荘~双六岳
【登山難易度】
中級者向き

※人気の山をもっと知りたい方は→『山と溪谷』2016年1月号
※参考地図:ヤマケイオンラインヤマプラ(無料会員登録をすると登山地図を閲覧できます)

自分なりの北アルプスを楽しもう!

北アルプス 夕焼け
出典:燕山荘グループ
北アルプスには、魅力的な山がたくさんありますね。しっかりとした登山装備と登山経験を積んで、ぜひ挑戦してみて下さい!

Let’s see popular Mountains in North Alps !!

北アルプスの人気の山を見てみよう!

 

【登山時の注意点】
・北アルプスは本格的な山岳エリアですので、しっかりとした登山装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。
【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

あなたにオススメ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

北アルプス 人気ランキング
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」