【山のグレーディング】1つ上のレベルに挑戦したい! ステップアップのためにやるべきことは?(2ページ目)

山岳ガイドに聞いた! ステップアップのためにやるべき3つのこと

登りたい山と登れる山は違うとよく言いますが、次の難易度へステップアップするために必要なことは何なのでしょうか。山岳ガイドに教えてもらった“まずやるべき3つのこと”をご紹介します。

【1】とにかく地図を見て登山する!

地図とコンパス

出典:PIXTA

難易度B以上の山では必要となる『地図読み能力』。“地図を見て自分の位置を知ることができ、目的地へのルートを識別できる能力”ですが、実は自信がないという人も多いよう。確実に身につけるには実践が一番! 登山道が整備されており、要所要所に案内標識がある山も多いですが、地図を見て登る習慣をつけることが『地図読み能力』アップの近道です。

分岐や休憩地点で地図とコンパスを使って、自分の現在地、次の目的地、尾根や谷、ピーク、鞍部などの周辺の地形を確認してみましょう。

【2】自分のレベルの山をいっぱい登ってみる!

立山

出典:PIXTA

各難易度には複数の山が記載されています。同じ難易度の山でも、岩場やハシゴ、雪渓があったり、アップダウンがきつかったりと特徴は様々。同じレベルBの人でも、難易度Bの山を20座登った人と1座しか登っていない人では、実質のレベルには差があるはずです。まずは自分のレベルに該当する山にたくさん登って、色々な状況の登山道を経験してみることが◎。

「岩場が怖いな」「急登だとだいぶペースが落ちるな」といった自分の苦手なことも見えてきます。目指している山で必要な技術において、今の自分に足りていないところがあれば、それを1つずつ強化していきましょう。

【3】行ってみたい山の近くの山に登ってみる!

仙ノ倉山

出典:PIXTA

自分のレベルで登れる山の中で、挑戦したいと思っている山の近くの山に登ってみることもレベルアップへの一歩。途中までのアプローチが同じだったりするので、現時点での自分の実力を確認するのに丁度良いのです。

その際にチェックしておきたいのが、1日でどのくらいの時間・距離を歩くことができたかということ。「ここまで○時間歩いてもまだ元気だから、1日で△時間くらい行動できそうだ」や「半日でこれ以上歩くのは体力的に厳しそうだな」といったことを確認し、山行計画の指標にしてみましょう。

【重要】1つ上のレベルの山に挑戦するときは!

山岳ガイドと登山者

出典:PIXTA

次のレベルの山に挑戦する際に大切なのは、自分たちだけで行こうとしないこと。必ずその山に登ったことがある人や上級者と一緒に行くようにしましょう。ガイドをお願いしたり、登山ガイドツアーに参加するのも◎。登り方のコツや休憩のペース、山や登山道にまつわる話も聞けたりするので勉強になることが多いですよ。

できることからブラッシュアップ!

剱岳

出典:PIXTA

登山者なら誰しもいつかは登ってみたい憧れの山があるのではないでしょうか。目標とする山に挑戦するため、そして安全に登山を楽しむためにも技術のブラッシュアップは欠かせません。実践を重ねることで、技術や自信がついてくるもの。まずはご紹介した3つのことから始めてみてください。

【教えてくれた人】
熊田 光治(社団法人日本山岳ガイド協会認定国際ガイド/フランス国家認定アルパインガイド)

Kumada Climbing school

2 / 2ページ