【全10問】あなたはいくつ知っている?一問一答、富士山クイズ!(2ページ目)

山中湖と富士山

出典:PIXTA

初めての登山は分からないことだらけで不安ですよね。しかも日本一の高さを誇る富士山ともなるとなおさらです。富士山に登る前に、みんなが心配していることを、1つずつ確認していきましょう。

①【スケジュール】どんな日程で行ったらいいの?

カレンダー

出典:PIXTA

安全で快適に登るためには、日帰りなどの無理な登山計画は禁物です。はじめて登る方は最低でも1泊2日、ゆっくりとしたペースでしたら2泊3日の予定を組んでください。また、初めての方はガイド付きのツアーで行くとペース配分や休憩のタイミングも適切に設けてくれるので安心です。

②【ルート】どんなルートで登ればいいの?

地図とルーペ

出典:PIXTA

富士登山のルートは4つあり、それぞれ「吉田ルート」、「富士宮ルート」、「須走ルート」、「御殿場ルート」と呼ばれています。中でも「吉田ルート」は、山小屋も多く初心者でも安心なおすすめのルートです。初心者でも登りやすいルートではありますが、最初はやはり、ペース配分や休憩のタイミングなども適切に設けてくれるガイド付きのツアーで行くのが、勉強にもなりますし、なにより安心ですよね。

富士山のルートの詳細はこちらをチェック

③【服装】どんな格好で富士登山したらいいの?

富士登山者

出典:PIXTA

富士山頂で日の出を待つ場合、真夏でも氷点下になることがあります。また、五合目との気温差も大きく、夜間では気温差が13度にもなりますので、フリースやダウンジャケットなどの十分な防寒着、上下に分かれた雨具、ヘッドランプ、地図は必携です。速乾性の肌着や日よけのための帽子、防寒用の帽子もあると安心ですね。

登山の服装の基本についてはこちらをチェック

④【持ち物】富士登山に必要な持ち物って?

富士登山での持ち物

出典:PIXTA

必要な持ち物としては、ヘッドライト、水(1~2L)、行動食、お金、地図やコンパス、日焼け止め、タオル、雨用のザックカバー、ファーストエイドキット、携帯電話、ごみ持ち帰り用のポリ袋などが挙げられます。登山靴はハイカットでそこの厚いものが良いでしょう。寒さ対策として、保温のきく水筒やカイロなども重宝します。ストックは下山時の膝への負担の軽減や、転倒防止にも役立ちます。

登山の持ち物についてはこちらをチェック


⑤【体力】体力ないけど大丈夫?

準備運動

出典:PIXTA

富士山が初めての登山という方も多いようですが、3,000mを超える富士山は決して容易な山ではなく、登りきるには相応の体力が必要です。日頃から軽い筋トレやウォーキングなどの有酸素運動などで体調を整え、体力をつけ、身近な山でハイキングやトレッキングをして、山歩きにも慣れておくのが◎です。

登山の体力づくりについてはこちらをチェック

⑥【高山病】高山病にならないか心配…

富士登山中に酸素を吸引する男性

出典:PIXTA

標高の高い山に登った時に、低酸素が原因で起こる頭痛や吐き気などの症状を高山病と言います。高山病を予防するためには、睡眠をしっかりとっておく、ペースを押さえて登る、深い呼吸を心掛ける等が挙げられます。登山中に吐き気や頭痛を感じたら、それ以上は登らず、腰を下ろして水分を取りつつ、深呼吸をしながらストレッチをするなどして、酸素をたっぷり取り込んでください。持ち運べるコンパクトな酸素スプレーや酸素タブレットも活用するのもありです。

高山病の予防と対策の詳細はこちらをチェック

酸素スプレーの詳細はこちらをチェック

⑦【天気】雨予報だったらどうしよう…

天気予報

出典:PIXTA

富士山は標高3,000mを超える独立峰であるため、麓や五合目、山頂では気温も天気も全く違います。天候の急変や雷の発生も多いため、登山の前には必ず気象情報を確認し、状況によっては行動を控えたり、延期することを検討しましょう。自分で判断できない場合には、山小屋で確認したり、他の登山者の情報も参考にしてください。

登山の雨対策についてはこちらをチェック

⑧【トイレ】行きたくなったらどうしよう…

富士山のトイレ

出典:PIXTA

富士山の各ルートには公衆トイレと山小屋のトイレがあり、そちらを利用することができます。しかし、登山ルートによってはトイレが少ないので、どこにトイレがあるのか、事前にしっかり確認しておくことが必要です。山のトイレは環境配慮型のトイレが多く、維持管理に費用が掛かりますので、利用協力金としてチップ(小銭)の用意をしておくのを忘れないように。また、場所によって処理方法が異なりますので、それぞれのトイレの利用ルールを守るようにしてください。

⑨【山小屋】山小屋泊ってどんな感じなの?

富士山の山小屋

出典:PIXTA

山小屋は基本、必要最低限の設備しかなく、男女相部屋の雑魚寝になります。夜間、雑音が気になる方は耳栓を持参されるとよいかもしれません。また、夕食や簡単な朝食を頼むことができますが、お風呂はありません。食料や飲料水は販売されていますが、運搬に費用がかかるため、お値段は高めになっています。また、シーズン中の土日などは非常に込み合うことが予想され、予約がない場合には、悪天候時の雨宿りすらできないこともあるので、前もって宿泊予約をしていくことをおすすめします。

山小屋についてはこちらをチェック

⑩【お鉢巡り】山頂についたら終わりじゃない!?

富士山お鉢巡り

出典:PIXTA

山頂にある信仰の遺跡群や、剣が峰など8つの峰があり、それらを巡って山頂の噴火口の周りを一周することをお鉢巡りと言います。富士山の火口付近を間近に見られ、周囲の景色を楽しみながら巡るお鉢巡りはとても楽しいものですが、距離にして2.4キロ、時間にして1.5時間を要します。登頂した時点で、体力や時間に余裕があり、天候にも恵まれているときだけにしておきましょう。

お鉢巡りについてはこちらをチェック

富士山への疑問は解消されましたか?

疑問が解消された女性

出典:PIXTA

安心・安全に富士登山を楽しむためには、事前の準備がかかせません。しっかりと富士登山について知ることで、不安要素も解消されるはず。初めての登山が富士山だった!という方も多いので、周りの経験者に話を聞くのも良いですね!

忘れちゃいけない山の掟! 『マナー』『登山届』『山岳保険』

2 / 3ページ