富士山の山頂情報まとめ!せっかく登るならお鉢巡りもしてみない?

世界遺産に登録された日本一の山、富士山。山頂で御来光を見てすぐ下山する人がほとんどですが、時間と体力に余裕があれば山頂をぐるっと回る「お鉢巡り」もおすすめ。お鉢巡りのコースや山頂にある山小屋・神社の情報をまとめました。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

富士山の山頂は何県?意外と知らない豆知識

富士山の山頂でご来光を見る人
出典:PIXTA
富士山の裾野が山梨県と静岡県にまたがっていることはご存知の方も多いと思います。では、山頂は山梨県か静岡県のどちらなのか、ご存知でしょうか?

富士山の山頂は何県?

富士山の山頂
出典:PIXTA
実は富士山の山頂には県境がないのです。8合目から頂上までは、富士山本宮浅間大社「富士山頂浅間大社奥宮」の、広さ120万坪にもわたる境内となっていて、静岡県にも山梨県にも属さないのだそうです。地図上でも県境の境界線が記載されていないのですね。

河口湖とは15℃以上の差!富士山山頂の気温

富士山山頂と河口湖の気温差グラフ 最低気温と最高気温の表やグラフを見ていただくと、富士山山頂の気温は麓の河口湖と比べても15℃以上の差があることがわかります。真夏でも平均気温が5℃前後で、夜明け前はもっと冷え込み、0℃前後になることもあります。

<富士山山頂の最低気温と最高気温>
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温(平均)-15.4℃-14.7℃-10.9℃-5.7℃-0.8℃3.6℃7.5℃9.3℃6.1℃-0.1℃-6.4℃-12.2℃
最低気温(平均)-21.7℃-21.5℃-17.8℃-12.1℃-6.5℃-1.6℃2.4℃3.6℃0.4℃-5.8℃-12.2℃-18.3℃

富士山山頂の天気

富士山山頂の天気はこちらでCHECK!

富士山山頂の天気を調べる

富士山山頂のライブカメラ

富士山山頂の現在の様子がライブカメラで確認できます。

富士山山頂 御来光館のライブカメラを見る

せっかく富士山に登ったなら!お鉢巡りのコースと見どころ

富士山山頂の火口
出典:PIXTA
富士山の山頂をぐるりと一周することをお鉢巡りと言います。富士山火口の八つの峰をめぐるお八巡りが転じたという説や、富士山の火口を鉢に見立てたとする説などがあるそうです。山頂の神社を参拝したのち、火口をぐるりと囲んで点在する、久須志神社・虎岩・銀明水・富士山本宮浅間大社奥宮・雷岩・シャカの割れ石・金明水などを順に巡ります。

お鉢巡り コースと所要時間

富士山山頂のお鉢巡りのコース
出典:ヤマプラ
距離コースタイム
約2.4㎞約1時間50分
参考:ヤマプラ
 久須志神社→(6分)成就岳→(26分)銀明水→(5分)駒ヶ岳→(23分)剣ヶ峰→(37分)金明水→(10分)久須志神社

富士山山頂の見どころ

富士山山頂の剣ヶ峰に向かうコース
出典:PIXTA
やはり、富士山山頂の見どころと言えば、日本一の高さからのご来光や、お天気がよければ槍ヶ岳まで見晴らすことができる眺望だと思います。また、その雄大で迫力のある火口や、日本最高峰の剣が峰、神社をめぐるお鉢巡りも見どころのひとつです。

【富士山の火口】
富士山頂上の火口
出典:PIXTA
富士山の巨大な旧噴火口は深さ237.42m、直径780mにも及び、河口の底は大内院と呼ばれています。また、幽宮とも呼ばれ、富士浅間大社によって禁足地(足を踏み入れてはいけない聖域)とされているそうです。

【銀明水】
山頂なのに地下水が湧き出ており、富士山の霊水が湧き出ているとされています。鳥居が立っていて、柵で囲まれています。御殿場口からの頂上はここになります。

【剣ヶ峰】
富士山最高峰剣が峰
出典:PIXTA
日本最高峰になるのが剣ヶ峰の山頂です。砂礫の急斜面、「馬の背」を登り切った場所が日本最高地点、剣が峰の山頂となります。

【金明水】
久須志神社の西北の方向にある白山岳にあり、剣が峰からですと、一旦火口棚に降りて登り返すことになりますが、河口側から登ると「金明水」の碑を見ることができます。

お鉢巡りの注意点

富士山山頂のお鉢巡りをする人
出典:PIXTA
楽しいお鉢巡りですが、なんといっても、富士山の火口を歩くのですから、景色が素晴らしい分、滑落や転落の危険とも背中合わせなのです。決して無理してやってはいけません。体力や天候などの条件がそろったときだけにしておきましょう。

・疲れがすでにピークに達しているときはやらない
・夜間や霧の出ている場合はやらない
・風が強い時はやらない
・残雪がある場合や、雹や雪などで滑りやすくなっている場合はやらない

富士山山頂の神社にお参りしよう!

富士山の山頂にある鳥居
出典:PIXTA
平安末期頃から始まったとされる富士登山。富士山の御神徳を拝しながら登山することを登拝というのだそうです。登拝は、金剛杖を使い、「六根清浄」を唱えながら登って、頂上で奥宮を参拝後に、お鉢巡りをするのが習わしなのだそうです。

浅間大社奥宮

富士山山頂にある浅間神社奥宮
出典:PIXTA
浅間大神(木花之佐久夜毘売命)を主祭神とする奥宮は、富士宮口を登り詰めた山頂に鎮座しています。7~8月の開山期には、国家安泰、氏子・崇敬者・登拝者の安全の祈念、家内安全等の諸祈願、結婚式の奉仕、お札・お守りの授与、金剛杖・行衣等の御朱印の授与等を行っています。

久須志神社

富士山山頂の久須志神社
出典:PIXTA
久須志神社は、須走口、吉田口、河口湖口の登山道の頂上に鎮座しています。奥宮の末社で、大名牟遅命、少彦名命をお祀りし、別名、東北奥宮とも称されるそうです。神社の中では、お守りやお札の販売、御朱印を金剛杖に押してもらうこともできます。

超レア!山頂でしかいただけないお守り・御朱印

富士山山頂でいただけるお守り
撮影:nao
せっかく富士山に登ったのですから、そこでしかいただけないお守りや御朱印は是非いただきたい。富士山山頂にある浅間大社奥宮とその末社である久須志神社でしかいただけないお守りや御朱印、御朱印帳があります。7~8月の開山期にしか販売されていないので、正真正銘、超レアなお守りと御朱印です。

開扉期間・時間

期間:7/10朝~9/10朝 (御祈祷は7/12~8月下旬閉山祭前まで)
時間:日の出頃~午後4時頃 (気象条件や神社の都合により変更の場合あり)

富士山の山頂には山小屋や郵便局まで!

富士山山頂の山小屋
出典:PIXTA
富士山に登るからには、やっぱり山頂からのご来光、と思いますよね。山頂からのご来光を拝むには、山小屋で一泊するのがおススメです。富士山には五合目から頂上までいくつもの山小屋がありますが、こちらでは山頂にある山小屋をご紹介します。

富士山山頂にある山小屋

富士山山頂にある山小屋
出典:PIXTA
山頂には、吉田口/須走口登山道の山頂にある山口屋(本店、支店)、東京屋、扇屋、そして御殿場口登山道の山頂にある頂上富士館の4つの山小屋があります。そのうち宿泊を受け付けているのは、山口屋本店と扇屋、頂上富士館の三つです。

山口屋
山口屋は須走口、富士吉田口、河口湖口の頂上にある山小屋です。本店と支店があり、支店は食堂と売店のみですが、本店では宿泊することができます。収容人数は150人。宿泊する際には前もって空き状況を確認し、予約を入れるようにしてください。
山口屋(本店、支店)
営業期間7月中旬~8月下旬
営業時間4:00~16:00(支店:食堂、売店)
4:00~14:00(本店:食堂、売店)
本店は14:00以降、宿泊専門になります。
素泊まり6000円
1食付7000円
山口屋のHPを見る

扇屋
扇谷は須走口、富士吉田口、河口湖口の頂上にある山小屋です。宿泊も可能で、収容人数は80人です。宿泊する場合は前もって空き状況を確認し、予約を入れるようにしてください。
扇屋
 営業期間  7月1日~8月下旬
営業時間4:00~17:00
素泊まり6000円
1食付7000円
東京屋
東京屋は須走口、富士吉田口、河口湖口の頂上にある山小屋です。売店、食堂のみで、宿泊はできません。ラーメンやカレーライス、豚汁などの温かいメニューがあり、ご来光を待つ間の寒さをしのぎ、暖を取ることのできるありがたい山小屋です。
東京屋
 営業期間  7月初旬~8月末
営業時間売店、食堂のみ
素泊まり
1食付
頂上富士館
頂上富士館は富士宮口の山頂、一番標高の高いところにある山小屋です。収容人数は150人。宿泊の際には必ず電話かファックスで予約を入れるようにしてください。2食付きで7500円、土曜日は千円増しになるそうです。屋内に宿泊者専用のトイレがあります。
 頂上富士館
営業期間7月10日~9月8日
営業時間5:00~15:00(食堂、売店)

16:00~18:00(宿泊チェックイン)
素泊まり5500円
1食付6500円
頂上富士館のHPを見る

富士山山頂にある郵便局

富士山山頂にある郵便局
出典:PIXTA
2017年は7月10日から8月20日までの期間(6:00~14:00)、富士浅間神社奥宮で開設(2016年は銀明館での開設)されました。通常郵便物の引受や普通切手の販売のほか、風景印の押印、オリジナルフレーム切手「富士登山」やオリジナル商品の販売を行っています。
富士山頂郵便局
営業期間7月10日~8月20日(2017年)

富士山山頂のトイレの場所

富士山山頂のトイレ
出典:PIXTA
山頂にある公衆トイレは御殿場口/富士宮口側との吉田口/須走口側の二か所にあります。どちらも男女共用で料金は300円になります。

やっぱり山頂で、しっかり「富士山」を満喫したい!

富士山の山頂でご来光を見る人
出典:PIXTA
一生に一度は富士山に、いや、何度登ってもいい、何度でも挑戦して、いつか最高のご来光を拝みたい。そして、体力や天候等の条件が揃えば、壮大な富士山の火口を間近に眺めながらお鉢巡りをして、古来から富士山を崇め、登拝してきた人たちに思いを馳せてみる、というのも、ちょっといい感じですよね?

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

富士山の山頂からの眺め
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!

/*20180508*/