初級者でも挑戦できる! 『縦走入門』におすすめの日帰り&1泊コース(2ページ目)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。
山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。

入門にぴったり!日帰り可能な縦走コース

縦走 初心者

出典:PIXTA

複数の山を目指すとなると、ただでさえコースタイムが長くなるので、体力は持つだろうかと心配な人もいるかもしれません。「泊まりの日程で荷物が増えるのはできれば避けたい。」そんな時、まず挑戦しやすいのが日帰り可能な縦走コース。気軽なコースから健脚向けのコースまで、3つご紹介します。

赤城山最高峰を目指す代表的なコース!

赤城山 縦走

出典:PIXTA

赤城山は複数の火山からなり、裾野がなだらかで美しい群馬を代表する山です。おすすめは、最高峰の黒檜山(1,828m)と駒ケ岳(1,685m)を縦走するコース。時間は短いですが、急登や展望があり稜線歩きを楽しむことができます。

合計距離: 5.42 km
最高点の標高: 1805 m
最低点の標高: 1345 m
累積標高(上り): 784 m
累積標高(下り): -784 m
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:3時間55分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表


駒ヶ岳登山口(おのこ駐車場)(20分)→黒檜山登山口(95分)→黒檜山(10分)展望地(10分)→黒檜山(10分)→黒檜大神石碑(45分)→駒ヶ岳(45分)→駒ヶ岳登山口(おのこ駐車場)

赤城山 縦走

出典:PIXTA

【コースのおすすめポイント】
このコースでは、ブナ・ミズナラの樹林帯や大きな岩のある急登、展望台からは谷川岳や奥日光連山の展望が広がり、登山の楽しみを満喫できます。縦走ならではの稜線は、赤城大沼を見る絶好のポイント。季節ごとに表情を変える湖と山々が織りなす気持ちの良い眺めが広がります。

下山したら大沼のほとりにある赤城神社に立ち寄るのもおすすめ。大沼ではボートに乗ったり、ワカサギ釣りも楽しめます。

▼赤城山には他にもコースがいっぱい!

体力に合わせて山を選べる奥高尾縦走コース!

奥高尾 縦走

出典:PIXTA

奥高尾とは、高尾山から西の陣馬山へ続くエリアのこと。都心からも近くアクセスが良いため、手軽に縦走できることで人気です。高尾山周辺の山々を縦走するコースは、一番標高の高い陣馬山(857m)から登って徐々に高度を下げていき、景信山(727m)、城山(670m)を経由して高尾山(599m)を目指します。

合計距離: 17.42 km
最高点の標高: 841 m
最低点の標高: 196 m
累積標高(上り): 1862 m
累積標高(下り): -2021 m

【体力レベル】★★★☆☆
日帰り
コースタイム:6時間30分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

陣馬高原下(80分)→陣馬山(30分)→奈良子峠(10分)→明王峠(10分)→底沢峠(80分)→景信山(30分)→小仏峠(25分)→城山(60分)→高尾山(大見晴台)(40分)→琵琶滝(15分)→妙音橋(10分)→高尾山口駅

奥高尾 縦走

出典:PIXTA

【コースのおすすめポイント】
距離の長いコースですが、陣馬山へ一度登ってしまえば、縦走路はアップダウンが比較的少ないため、長い山歩きを経験するのに最適。山頂からはもちろん、木々の間から見える富士山も見事です。小屋で食事をとれるので荷物を軽くして出かけることも可能。

体力に自信がない人は、陣馬山~景信山や景信山~高尾山と、山を区切って自分にあったコースに挑戦することができるのもポイントです。

▼登る山を詳しく見てみよう!

歩き応えたっぷりの健脚向け表丹沢コース!

表丹沢 縦走

出典:PIXTA

丹沢の代表的な山、塔ノ岳(1,491m)と鍋割山(1,273m)を縦走するコースです。大倉バス停から、まずは林道歩きで二俣へ。徐々に高度を上げていき、鍋割山からは稜線歩きで塔ノ岳に向かいます。塔ノ岳からは大倉尾根を下って大倉バス停に戻ります。

合計距離: 19.07 km
最高点の標高: 1466 m
最低点の標高: 290 m
累積標高(上り): 2934 m
累積標高(下り): -2934 m
【体力レベル】★★★☆☆
日帰り
コースタイム:7時間15分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

大倉(85分)→二俣(45分)→後沢乗越(80分)→鍋割山(35分)→二俣分岐(25分)→金冷シ(25分)→塔ノ岳(15分)→金冷シ(35分)→天神尾根分岐(15分)→小草平(50分)→雑事場ノ平(25分)→大倉

表丹沢 縦走

出典:PIXTA

【コースのおすすめポイント】
この縦走コースの最大の魅力は、鍋割山から塔ノ岳の稜線歩き。ブナの木が立ち並ぶ気持ちの良い尾根を歩くことができます。さらに、鍋割山も塔ノ岳も山頂からの眺めが抜群! 富士山や相模湾を一望できます。

鍋焼きうどん

撮影:YAMA HACK編集部

鍋割山についた時点で、体力的にこれ以上歩くのは無理そうだと思ったら、塔ノ岳に行かずに下山するも良し。万一そうなっても、山頂名物の鍋焼きうどんはしっかり堪能できるので、山行の満足度は高いはず!

▼登る山を詳しく見てみよう!


続いて、北アルプスのおすすめ縦走コースをご紹介します!

2 / 3ページ