摩耶山|海も町も夜景も!絶景を楽しむ登山ルート紹介

2019/06/24 更新

港町神戸の背にそびえる摩耶山。山頂近くにある掬星台からは、神戸や大阪のビル群、海や島々、遠くには奈良や和歌山方面の山並みまでも望むことができます。夜には日本三大夜景の1つ『1000万ドルの夜景』も。まやビューラインで気軽に上がれることから、山の上とは思えぬさまざまなイベントも開かれており、観光客や登山者も気軽に参加できます。町に近いからこその絶景と、ここでしか味わえない山の楽しみ方を、ぜひ!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

摩耶山(まやさん)どんな山?

Facebook/摩耶山ポータルサイト mayasan.jp
標高所在地体力レベル難易度レベル
702m兵庫県神戸市★★★~★★
凡例はこちらをクリック:グレーディング表(上記グレードは記事内で紹介しているコースに限ります)
緑豊かな六甲山系の中央に位置する『摩耶山』。登山だけでなく、山上にたくさんの遊べる施設があり、レジャー要素の強い山であるのが大きな特徴。
年間を通じて様々なイベントが開かれ、登山者や地元の人々から観光客まで、人々の交流の場となっています。

町からも近く、手軽に行ける山

Facebook/摩耶山ポータルサイト mayasan.jp
実際の山頂は少し西側ですが、一般的には展望広場「掬星台」が山頂として認識されています。その展望台までは、麓よりケーブルカーとロープウェイでつながっている他、近くまで車であがることも可能。山頂まで気軽に行けることも人気の理由です。

誰でも参加できるイベントがいっぱい

Facebook/摩耶山ポータルサイト mayasan.jp
展望広場「掬星台」では、1回から参加できる教室や交流会、リュックサックマーケットなど様々なイベントが開催されています。
山だけど、町の公園のような、そんな独特な雰囲気が摩耶山の魅力です。
摩耶山を楽しむポータルサイト mayasan.jp

摩耶山と言ったらこれ!1000万ドルの夜景

摩耶山 夜景
出典:PIXTA
摩耶山の名前は知らなくとも、日本三大夜景の1つ、神戸の「1000万ドルの夜景」はご存じの方も多いのではないでしょうか?有名な神戸の夜景は「掬星台」から見ることができます。『掬星(きくせい)』とは、「手で星をすくう」と言う意味。麓が明るくなった今では、星はあまり見ることはできませんが、町の灯りはすくえそうな気分になりますよ!

安全・快適に夜景を見るには

寒い
出典:PIXTA
夜景を見る場合でも、安全のため、明るい時間に到着するように登りましょう。また、日没からグッと冷えて来ますので、夏でも防寒着は必須です。
土日祝日は下山のロープウェイに長く並ぶこともあるので要注意。夜景は名残惜しいですが、早めに乗り場へ行きましょう。

摩耶山の登山適期は?

摩耶山
撮影:akko_y
一年を通して楽しめますが、冬は積雪や凍結があるので、軽アイゼンやチェーンスパイクを携行するようにしましょう。
また、夏場は日陰があまりないルートもあるので、水分を十分に用意し、熱中症対策も万全に。
天気も必ずチェック

登山の前にチェックして!

ヤマレコ/amenouwo
提供:ヤマレコ/amenouwo
登山道は基本的によく整備されてはいますが、2018年の豪雨被害により、崩落してしまった場所や、整備工事などで通行止めや迂回ルートを設けてある場合もあります。
神戸市のホームページに登山道に関する情報が掲載されいるので、必ず事前にチェックしておきましょう。
神戸市HP 六甲山情報

急登が苦手な方も大丈夫!渓谷をゆったり歩くコース

摩耶山MAP
提供:YAMAP
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コース距離:約9km
コースタイム:約4時間
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★☆☆☆☆
・歩きやすい靴と動きやすい服装が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
「トゥエンティクロス」と呼ばれる渓谷の道を歩くルート。明治初期、20回ほど川を渡りながら登ることから、摩耶山の登山道を拓いた外国人たちが名付けたと言われています。急登を避けて、ぐるりと大回りで掬星台を目指します。下山はまやビューラインで楽々と。登山初心者の方、急登が苦手な方、膝が弱い方にもおススメのコースです。

コース詳細

ヤマレコ/ossy_kobe
提供:ヤマレコ/ossy_kobe
スタートは新神戸駅。JRの駅の1階、東側の扉より外へ。案内に従って布引の滝、市が原方面へ進みます。
登山口
撮影:akko_y
駅を出て坂を上り、橋を渡れば登山口です。ここからしばらく階段が多く続きます。川沿いの、木陰もある歩きやすい道ですが、からだが慣れるまでは少しゆっくり歩きましょう。
布引の滝
撮影:akko_y
しばらくすると布引の滝が。実は「布引の滝」は4つの滝の総称です。これは一番上流にある「雄滝」。ほかに「夫婦滝」「鼓滝」「雌滝」がありますが、登山道からは少し見えにくいこともあり、一番大きなこの滝を「布引の滝」と呼んでいます。
布引五本松ダム
撮影:akko_y
おんたき茶屋を過ぎ、突き当り分岐を左へ進むと、布引五本松ダムが現れます。日本最初の重力式コンクリートダムで、近代化遺産「布引水源地水道施設」の一部として国の重要文化財に指定されているほか、厚生労働省の「近代水道百選」にも選ばれています。
ヤマレコ/yokochan
提供:ヤマレコ/yokochan
ダムの先には布引貯水池。ここは神戸市の水道の水源になっています。
ヤマレコ/ossy_kobe
提供:ヤマレコ/ossy_kobe
貯水池を過ぎてしばらく進むと、紅葉茶屋が。運が良ければ看板犬のクロちゃんが出迎えてくれますよ。
ヤマレコ/kobechuo
提供:ヤマレコ/kobechuo
桜茶屋でを過ぎると山頂まで、お手洗い、自動販売機などありません。飲み物の量など、再度しっかりチェックして先へ進みましょう。
ヤマレコ/kickey
提供:ヤマレコ/kickey
稲妻坂、天狗道への分岐。直進して「トゥエンティクロス」方面へ。次に紹介するルートではここを右へ入ります。
ヤマレコ/39ISA
提供:ヤマレコ/39ISA
トゥエンティクロスのはじまりです。橋や渡渉など、川を渡りながら渓谷の道を進みます。
雨の翌日など、川の水量が多い時は危険ですので危ないと思ったら引き返すようにしましょう。
ヤマレコyokochan
提供:ヤマレコ/yokochan
小さくてかわいい河童橋を渡り、川沿いの道を進みます。
ヤマレコ
提供:ヤマレコ/yokochan
途中にはダムも。水辺の道は夏でも涼を感じられます。
ヤマレコ/yokochan
提供:ヤマレコ/yokochan
川の向こうに森林植物園、東門が現れます。東門を左手に見ながら、まっすぐ進みましょう。
ヤマレコ/maruyo123
提供:ヤマレコ/maruyo123
桜谷分岐に到着。川沿いの道はここで終了。この分岐を徳川道方面へ。
ヤマレコ/shinji50
提供:ヤマレコ/shinji50
江戸時代末期、参勤交代の大名と外国人のトラブルを避けるため、西国街道の迂回路として造られた徳川道。道幅もしっかりあり、歩きやすい森の中の道です。
ヤマレコ/masaeda
提供:ヤマレコ/masaeda
穂高湖との分岐まで来たら、右へ。奥摩耶ドライブウェイに出て、舗装された緩やかな道を歩いて掬星台へ向かいましょう。
掬星台
撮影:akko_y
掬星台の展望広場からは素晴らしい眺めが楽しめます。まやビューラインを使えばサクッと下山もできますよ!

急登あり!「六甲全山縦走路」体験コース

摩耶山MAP
提供:YAMAP
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コース距離:約8km
コースタイム:約4時間30分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
毎年秋に開催される「六甲全山縦走大会」。西は須磨から東は宝塚まで、六甲全山を1日で歩き通す過酷な大会です。ほんの一部ですが、そのコースへ合流し、掬星台を目指すルート。
「稲妻坂」や「ゴロゴロ坂」と呼ばれる天狗道など、急登や岩場があるコースですが、よく整備されているので歩きやすいのが特徴。六甲全山縦走の気分を味わってみたい人におすすめです。

コース詳細

ヤマレコ/masaeda
提供:ヤマレコ/masaeda
途中までは先ほどのコースと同じです。「トゥエンティクロス」方面へ直進した分岐を「稲妻坂、天狗道方面」へ向かいます。
稲妻坂は岩の多い、ちょっと急な上り。しっかり整備されていますが、ところどころ崩れそうになっているところもあるので足元注意で進みましょう。
ヤマレコ
提供:ヤマレコ/kickey
稲妻坂を上りきると、少し広くなった学校林道分岐に出ます。ここを左手に進み、天狗道へ。
天狗道の最後は、「ゴロゴロ坂」と呼ばれる急な上りですが、しっかり整備された階段状の、歩きやすい道です。
ヤマレコ/ossy_kobe
提供:ヤマレコ/ossy_kobe
ゴロゴロ坂を上りきり、NHKの中継局を通過すると掬星台へ到着!
ヤマレコ/mayasanpo
提供:ヤマレコ/mayasanpo
下山はまやビューラインに沿って通る上野道で、ケーブル下駅へ。歩いやすい道で、途中、景色がきれいに見える場所もありますよ。

立ち寄りたい周辺施設情報

登山でも観光でも楽しめる、山頂、および近隣の立ち寄りスポットをご紹介します。掬星台には宿泊施設があり、優雅に夜景を楽しむこともできますよ!

もっと夜景を楽しみたい!|オテルド摩耶

オテルド摩耶 掬星台の少し北側にあるオーベルジュ。素敵なリゾートホテルのようですが、国民宿舎なので比較的気軽に利用できます。宿泊者のみ利用可能な夜景が見られるジェットバスもあり。日帰り入浴や、美味しいイタリアンを味わえるレストランのみの利用もOK。汗を流してさっぱりしてから、ステキな夜景とディナーを楽しむこともできます。

住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-8
TEL:078-862-2882
日帰り入浴:大人540円、小人270円(午後12時~午後8時まで)
レストラン:ドレスコードなし、ランチ1,782円~、ディナー4,514円~、アラカルトあり

オテルド摩耶

夜景を見ながらBBQ|摩耶ビューテラス702

摩耶ビューテラス702
撮影:akko_y
まやビューライン「星の駅」2階にあるカフェ。食事だけではなく、図書コーナーや摩耶山グッズの販売などもあり。また、テラスでは絶景を見ながらのBBQも楽しめます。

住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
TEL:078-806-3051
営業時間:11:00~17:00(金土日祝および夏期7/20~8/31は20:30まで、冬期11/1~3/19は金土日祝19:30まで)
定休日:火曜日
料金:BBQ 1人前2,000円~(要予約)、カレーライス 700円、ハンバーグ 800円、など(軽食は予約不要)

摩耶ビューテラス702

ここからの眺めもおススメ!|摩耶山天上寺

天上寺
撮影:akko_y
弘法大師空海が唐より持ち帰った摩耶夫人尊像をこちらへ奉安したことから、「摩耶山」の名がついたと言われています。こちらの境内からの眺めもとても良いのでおススメです。安産祈願で有名なお寺ですが、難病・がん封じでも知られています。こちらで頂いた手ぬぐいを枕に敷くとご利益があるとか。

住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-12
TEL:078-861-2684
拝観時間:9:00~17:00

摩耶山天上寺

絶品スペアリブで打ち上げ|再度山荘

再度山荘
撮影:akko_y
摩耶山の西にある再度山、国定公園内に建つ山小屋風レストラン。炭火焼のスペアリブが絶品です!他に、ピザなども。上りと同じルートを下山し、市ケ原(桜茶屋前)から西へ行くと、再度山の大龍寺へ出ます。そこから大師道を下山する途中にあります。往復がちょっと大変な場合は、まやビューラインで掬星台へ行き、こちらへ下りて来ると良いでしょう。人気店のため、予約必須です!

住所:神戸市中央区神戸港地方字再度谷63
TEL:078-341-2251
営業時間:11:30~14:00(LO) 14:30閉店
定休日:月曜日、火曜日
料金:炭焼きスペアリブランチセット 1,800円、炭焼きスペアリブコース 5,000円、他

再度山荘

アクセス・駐車場情報

ご紹介したコースの出発点となる新神戸駅近くの駐車場情報と、下山ポイントとなる摩耶ケーブル下駅から鉄道駅までのアクセスをご紹介します。

まやビューライン

まやビューライン
撮影:akko_y
ケーブルとロープウェイを乗り継いで、麓から掬星台までを結ぶ「まやビューライン」。摩耶ケーブル下駅と鉄道の駅との間は、市バスや坂バスを利用すると便利です。出発点となる新神戸駅周辺には駐車場もありますので、車でのアクセスも便利。まやビューラインで下山した場合は、急行バスで新神戸まで、約15分で戻ってくることができますよ。
※摩耶ケーブル下駅に駐車場はありませんので、ご注意ください。

【運行時間】
季節別ダイヤケーブル線
摩耶ケーブル駅~虹の駅
ロープウェー
虹の駅~星の駅
始発終発(星の駅行最終)始発終発
春秋3/20〜7/19
9/1〜10/31
月水木10:0017:40(17:20)10:1017:30
金土日祝10:0021:00(20:40)10:1020:50
7/20〜8/31全日10:0021:00(20:40)10:1020:50
11/1〜3/19月水木10:0017:40(17:20)10:1017:30
金土日祝10:0020:00(19:40)10:1019:50
【料金】
ケーブル線
摩耶ケーブル駅~虹の駅
ロープウェー
虹の駅~星の駅
全区間
摩耶ケーブル駅~虹の駅~星の駅
片道大人440円440円880円
小人220円220円440円
往復大人770円770円1,540円
小人390円390円770円
まやビューライン

市バス・坂バス

摩耶山Facebook/ポータルサイト mayasan.jp 摩耶ケーブル下駅にとまるバスは、市バス18系統(三ノ宮駅、新神戸駅、JR六甲道駅、阪急六甲駅に停車)、六甲摩耶急行バス(三ノ宮駅、新神戸駅に停車)、坂バス(阪急王子公園駅、JR摩耶駅、JR灘駅に停車)です。

神戸市営バス系統一覧坂バス

P.ZONE 掬星台駐車場(天上寺前駐車場)


掬星台まで徒歩10分。24時間入出庫可。日没近くには並ぶこともあるので、夜景を見る場合はなるべく早めに入庫しましょう。

駐車台数:85台
料金:500円/1回

タイムズJR新神戸駅前自動車整理場(第4)


新神戸駅まで徒歩1分、24時間入出庫可能です。満車の場合は駅から徒歩2分、タイムズJR新神戸駅前自動車整理場(第1)を利用しましょう。

駐車台数:13台
駐車料金:400円/60分、以降100円/20分。最大3000円
タイムズJR新神戸駅前自動車整理場(第4)

「神戸っ子の憩いの場」摩耶山で、まっとおで!

摩耶山
出典:PIXTA
町から近く、地元の人からも愛される摩耶山。すぐそこにビル群が見え、港が見え、空港も見える。そんな景色は他の山ではあまり味わえないような気がします。新幹線を利用すれば、関東からの日帰り登山もできますよ。ここでしか味わえない、素敵な神戸の景色を見に来ませんか。
※「まっとおで」とは、神戸弁で「待ってるよ」の意味。

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山してください。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに! ・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんでください。

関連記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

摩耶山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
akko_y

兵庫県在住。ある日ふとテレビに映ったヒマラヤへ行きたくなり、山活をスタート。気付けば登山の魅力にどっぷりはまっておりました。ただいま登山ガイド修行中。まだまだ修行が足りませんが、皆さんと一緒に楽しみながら成長していければ幸いです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!