雲取山登山おすすめルート紹介 

雲取山は、東京にいながら日本百名山を味わうことができ、2017mの雲取山山頂からは富士山の展望を眺めることができます。雲取山への登山は、三条の湯コース、鴨沢コースなどいくつかありますが、今回は雲取山への最短コースを紹介。雲取山荘に1泊して鴨沢へ下る登山ルートをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:flickr/Guilhem Vellut

雲取山とは?

雲取山出典:ウィキメディア・コモンズ
雲取山は、東京、埼玉、山梨県の境界にある標高2017mの山で、東京都の最高峰にして唯一東京にある日本百名山です。奥多摩の人里離れた場所に位置しているため、日帰り登山だとかなり健脚向きの山となりますので、山頂頂下にある雲取山荘に宿泊して登るのが一般的です。雲取山山頂では、展望が開け富士山や南アルプスの山々が望める快適な登山が味わえます。

雲取山への最短コース(三峯神社から雲取山荘に宿泊して鴨沢に下るコース)

雲取山の山頂出典:flickr/Guilhem Vellut
雲取山への登山コースは、三条の湯ルート、鴨沢ルート、日原ルートなどいくつかありますが、今回は最短ルートの埼玉県秩父市にある三峯神社から入山して東京都奥多摩湖側の鴨沢へ下るコースを紹介します。雲取山荘に1泊するので、雲取山山頂から見られる夕日やご来光を拝めるのも宿泊した人ならでは!2日間の雲取山登山を満喫してみてはいかがでしょう?
【コース概要】

●コースタイム合計=1日目:5時間15分、2日目:4時間25分
●コースタイム詳細
1日目=三峯神社(0.40)→妙法ヶ岳分岐(0.40)→炭焼平(0.50)→霧藻ヶ峰休憩所(0.15)→お清平(1.00)→前白岩山(0.20)→白岩小屋跡(0.30)→白岩山(0.30)→大ダワ(0.30)→雲取山荘
2日目=雲取山荘(0.30)→雲取山(0.20)→小雲取山(0.20)→雲取奥多摩小屋(0.30)→ブナ坂(0.15)→七ツ石山(0.25)→七ツ石小屋(0.30)→堂所(1.15)→小袖乗越(0.20)鴨沢
●登山適期=4月~12月(※1月~2月は積雪あり)
●地図奥多摩奥秩父・雲取山/ヤマケイオンライン
山と高原地図23奥多摩/昭文社  山と高原地図25奥多摩奥秩父/昭文社



 

【お役立ち情報リンク】
●アクセス情報
入山口=三峯神社へのアクセス情報はこちら(三峯神社)
(※三峰口駅からタクシー利用の場合はこちら(丸通タクシー株式会社 三峰口営業所)
下山口=鴨沢バス停から奥多摩駅へのバス時刻表はこちら(時刻表・京王バス 西東京バス)
●雲取山の天気情報こちら(てんきとくらす・雲取山)
●宿泊地雲取山荘
●下山後の温泉情報もえぎの湯(奥多摩駅から徒歩10分)
●登山道情報こちら

【コース案内】
●三峯神社

荘厳な三峯神社から入山。パワースポットとしても知られる三峯神社。登山前に参拝してもいいでしょう。
三峯神社出典:flickr/Инариский
三峰お散歩コース出典:埼玉県
雲取山への登山道は、バス停を降り駐車場を通って三峰ビジターセンター横から始まります。
●鳥居をくぐり登山道へ
鳥居
出典:時計専門店GMT
●霧藻ヶ峰休憩所
秩父宮レリーフ出典:ウィキメディア・コモンズ
霧藻ヶ峰休憩所手前にある秩父宮レリーフ。

霧藻ヶ峰休憩所出典:霧藻ヶ峰休憩所/雲取山荘
霧藻ヶ峰休憩所。土日、祝日に小屋番が滞在しています。

●白岩山
白岩山出典:ウィキメディア・コモンズ
現在閉鎖している白岩小屋を過ぎると樹林の中に白岩山山頂があります。

●雲取山荘
1日目の宿泊地の雲取山荘。ここから30分登ると雲取山山頂。山頂からの夕日や朝日が拝めるのも宿泊者ならではなのでぜひ写真におさめよう!
雲取山荘出典:雲取山荘
平成11(1999)年に新築され、室内も清潔感があり木のぬくもりたっぷりの雲取山荘。

雲取山荘のこたつ出典:雲取山荘
基本的には
相部屋だか、空いていれば個室利用も可能。寒い季節にはコタツもあります。

【参考】山と高原地図 雲取山・両神山 2015 



●雲取山山頂
雲取山山頂出典:flickr/Guilhem Vellut
雲取山山頂からは富士山をはじめ南アルプスの山々も見渡せます。

●雲取山山頂から石尾根を下る
雲取山頂から石尾根へ下る道出典:flickr/Guilhem Vellut
雲取山山頂から七ツ石山方面へと下る尾根。見通しがよく気持ちのよい下山路。

●七ツ石山山頂
七ツ石山山頂出典:flickr/Guilhem Vellut
七ツ石山山頂からも展望が良く休憩スポット。

●七ツ石小屋
七ツ石小屋ホームページ出典:七ツ石小屋ホームページ
宿泊や休憩ができる七ツ石小屋。

●七ツ石山から鴨沢へ下る登山路
鴨沢への路出典:flickr/Guilhem Vellut
樹林帯の長いトレイルを下ります。

●鴨沢
鴨沢バス停へ出典:flickr/Guilhem Vellut
鴨沢バス停から奥多摩駅へ向かう。バスは本数が少ないので時刻表を確認しておきましょう。



●奥多摩駅
奥多摩駅出典:ウィキメディア・コモンズ
レトロな雰囲気が漂うJR青梅線奥多摩駅。

●もえぎの湯

もえぎの湯出典:スーパー銭湯全国検索
奥多摩駅から徒歩10分のところに温泉施設(もえぎの湯)があるので汗を流し疲れを癒すのもありですね!

東京奥多摩にある百名山、雲取山へ!

雲取山出典:flickr/Hajime NAKANO
雲取山は、奥多摩の奥まったところに位置しているため山頂に行くまでの行動時間が長く体力が必要です。しかし、特に危険箇所はなく初心者でも経験者と同行して登ることができます。大変な分だけに山頂に到達した達成感は計り知れなく、山頂からの富士山展望や南アルプスの雄大な景色は息を呑むほど美しいです。そして雲取山荘で飲む一杯も普段とは格段に違っておいしいのは言うまでもありませんね!ぜひ雲取山へ登山にでかけてみてはいかがでしょう。

Let’s climb 100 Famous Japanese Mountains !

東京の百名山を登ろう!

【登山時の注意点】
・行動時間が長いので、ヘッドランプは必携。秋から冬は日没が早く夕方5時には暗くなるので早めの行動を!
・装備もしっかりとした登山装備で。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

雲取山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!