ボルダリングとクライミングって何が違うの?スタイルの特徴を詳しく解説

2020/01/23 更新

似ているようで実は違う?「ボルダリング」と「クライミング」最近どっちの言葉もよく耳にする、でも正直違いが分からない・・・なんて方も多いのではないでしょうか。少しややこしいクライミングのカテゴリーを分かりやすく解説します!東京2020オリンピックでも「スポーツクライミング」が正式種目として採用され、ますます盛り上がりを見せるこのタイミングに、是非チェックしてみてください。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

「ボルダリング」とか「クライミング」とか、何がどう違うの?

ボルダリング
出典:PIXTA
最近よく耳にする「ボルダリング」というスポーツ。気になって調べてみると「ボルダリングジム」「クライミングジム」どちらも出てきます。
何が違うの?どっちに行けばいいの?なんて疑問に思った方も多いのではないでしょうか?

実は意味が広い「クライミング」




出典:PIXTA
『クライミング(climbing)』の直訳は「登ること」を意味します。その対象が岩の場合は「ロッククライミング」、氷壁なら「アイスクライミング」、木を登る「ツリークライミング」、沢を登る「シャワークライミング」など、実は広い範囲で使われているんです。
今回は「自然の岩」や、それを模した「人工の石(ホールド)」を登る『ロッククライミング』について詳しく解説していきます!

名前の違いはスタイルの違い

フリークライミング の分布
作成:YAMA HACK編集部
ロッククライミングの中でも、道具を使わず自分の手足だけを使って壁を登るスタイルを「フリークライミング」と呼びます。ここでの“フリー”とは「自由」を指す意味ではなく、「ハンズフリー」のような『使わない』という意味。シューズやチョーク(滑り止め)、安全確保のための道具は使いますが、前進することには道具を使用しないスタイルを総称しているので、『ボルダリング』もフリークライミングの1つなんです。

少しややこしいですが、「ボルダリングとクライミングは違うもの」というわけではありません
ボルダリング専門のジムであっても「○○クライミングジム」という呼び方があるのはこのような理由です。

ロープ有無は大きな違い



出典:PIXTA
「ボルダリング」と「ルートクライミング」には大きな違いがあります。
どちらも自分の手足だけで登るフリークライミングのスタイルですが、それぞれ特徴があるので見ていきましょう!

気軽に始めたい人におすすめ!ボルダリング

ボルダリングをしている人の画像(室内)
出典:PIXTA
フリークライミングの中でも、最も手軽に始められるのがボルダリング。5m以下の壁を決められたホールドを使って登りきるシンプルなスタイルです。語源は「Boulder(ボルダー)」=「巨石を登ること」からきています。ここ数年でボルダリングジムも急増し、人気のスポーツです。「クライミングをやってみたい」という方は、まずはボルダリングから挑戦してみましょう!

ロープ:使用しない
高さ:3~5m
最低人数:1人


非日常を味わいたい人におすすめ!ルートクライミング

リードクライミング
出典:PIXTA
ルートクライミングは高さ10m以上壁を登るので、安全確保のためにロープを使用します。登る人を「クライマー」、安全を確保する人を「ビレイヤー」と呼び、2人1組で行うのが基本的なスタイル。ボルダリングに比べると壁があるジムの数も少なく、用意しなければいけない道具も増えるので、始めるハードルはやや高めです。

【トップロープ】
ルートの一番上(トップ)に先にロープをかけておき、吊り下げられた様な状態で登ります。すぐにロープにぶら下がることができるので、リードクライミングに比べると危険が少なく、難易度が低いです。ルートクライミングを始めたい人はまずこのトップロープで練習をしましょう。

【リード】
トップロープとの大きな違いは、クライマー自身が支点にロープをかけながら登る点です。トップロープクライミングに比べると難易度が格段に上がり、フォール(落下)した際の距離も大きくなるので、トップロープクライミングをしっかりマスターした人がトライできるスタイルです。

ロープ:使用する
高さ:10m~20m(ルートによって異なる)
最低人数:2人


東京オリンピックは3種複合

スピードクライミング
出典:PIXTA
2020年東京オリンピックでは、「スポーツクライミング」が正式種目として初めて採用され、日本人選手のメダル獲が期待されています。
先ほど紹介した「ボルダリング」「リード」に加え、速さを競う「スピード」の3種目をこなし、その合計得点を競うルール。
この「スピード」は特別な施設でなければできないので、なかなか体験することは難しいものですが、15mの壁を10秒以下で登ってしまうトップ選手たちの迫力は素晴らしいので観戦するのがおすすです!


ボルダリングジムに行ってみよう!

ボルダリング クライミングジムで達成感
出典:PIXTA
はじめてジムに行くときには少々不安があるかもしれませんが、必ずスタッフさんがレクチャーしてくれるので大丈夫です。まずはボルダリングジムに行って“クライマー”デビューしちゃいましょう!

関連記事


この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ボルダリング
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部 生井
YAMA HACK編集部 生井

YAMA HACK編集部。大学時代に山岳部に所属し、縦走からクライミングまでオールラウンドに活動。トレイルラン・ボルダリング・沢登りなど、山を軸とした様々なアクティビティの魅力を発信してきます。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!