登山入門|ステップ④:レベルにあった山選び!初心者が山を探す時のポイントは?

2018/10/25 更新

登山するにあたって大事な山選び。初心者向けの山ってどんな山か知っていますか?登山では「山の難易度」と「自分の登山レベルを知る」という事がとっても大事!どんな視点で山を調べたらいいのか、山のレベルってどうやったらわかるのか、初心者には難しい事がたくさん。今回は実際に山を選ぶ時に大事なポイントを紹介します。新人編集者による体験記事・第5弾!


撮影:YAMAHACK編集部(出典:PIXTA)

どうせ登るなら…「カッコいい山」に登りたいよね!

撮影:YAMAHACK編集部
Sさん:「お、山行くの?」

編J:「まあね!道具も揃ったし、いよいよ本格的な登山デビューだよ。デビュー戦は自分で登る山決めようかなって。」

Sさん:「いいねいいね!ちなみに、どの山行こうと思ってるの?」

編J:「まだ山詳しくなくて…。この間TVで見た山がすっごいカッコよかったんだよね。ごつごつしてて尖ってて、男前って感じ!名前なんだったかな…?」

Sさん:「TV…ごつごつ…尖っている山…。もしかして…。汗」

 

 

 

 

撮影:YAMAHACK編集部(出典:PIXTA)
Sさん:「もしかして、ここ…?」

編J:「!!!ここかも!カッコいい~素敵!!!!」

Sさん:「Jさん…。(絶句)」

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

撮影:YAMAHACK編集部
Yさん:「待って!怖い怖い怖い!Jさん、その考えで山行ったら死んじゃうよ。」

編J:「え?死?!」

Yさん:「登ってみたい!とか憧れの山を持つのは大事。でも、Jさんは登山始めたてのいわゆる”登山初心者”。Jさんがかっこいいといったこの山は”登山上級者”向けの山。

今の自分に合った山を探さないと、滑落・体力不足や装備不足による遭難…など、最悪の場合”死”の可能性もあるよ!」
撮影:YAMAHACK編集部(出典:イラストAC)
編J:「うぅぅぅぅぅぅ…。でもどうやって山を探したらいいのか…わからないんだもん…。」

Yさん:「そうだったね。では今回は登山にとって大事な”山選び”について、勉強しよう!」

「山の難易度」「自分の登山レベル」をまずは把握!

”気になっていた山”に「槍ヶ岳」を選んだ編Jさん。いつも通り、元山岳部のYさんに怒られてしまいました。今回はJさんにあった山選びの方法を教えてもらいましょう。

▼いつも通り…?Yさんに怒られてしまった、過去の失態を見たい方はコチラ

撮影:YAMAHACK編集部(出典:イラストAC)
Yさん:山選びをするにあたってまず大事なのが、「自分の登山レベル」「山の難易度」をしっかり把握すること。把握した上で、自分に合った山を選ぶのか、少し難しそうな山に挑戦するのか、を決めていくんだ。
難易度の高い山は、距離が長かったり危険個所があったりと、登山技術や体力、さらにそれに伴う装備が必要なんだよね。

山の難易度を知るときの一つの指標として、「山のグレーディング」というのがあるよ。

山の難易度・山のグレーディング

グレーディングとは…?
日本国内では、山やルートごとに難易度を示す「グレーディング」(難易度評価)が広がっている。これを参考にして、難度が高い山は装備などをより入念に準備したり、初心者は避けたりして、事故防止に繋がる効果が期待されている。2014年に長野県が公表し、2017年夏時点では7県の600以上のコースについてグレーディングが公表されている。引用:Wikipedia

長野県 信州山のグレーディングを参考に作成。撮影:YAMAHACK編集部(出典:イラストAC)
Yさん:体力度・技術的難易度からランク付されており、山のレベルを知る事が出来る表だね。同じ山でも、登山口・登山コースによって難易度が異なるので、ルートの難易度から登る山を決める事もできるんだ。

現在山のグレーディングを公開しているのは、都道府県では長野県・山梨県・静岡県・新潟県・岐阜県・栃木県・群馬県の7県。他にも大雪山や石鎚山系、百名山のグレーディングなどがあるよ。
自分の気になった山の難易度を知るためには有効的なので、まずはこの表を確認しよう!

▼YAMAHACKでグレーディングをチェックしてみよう

技術的難易度と体力レベル

撮影:YAMAHACK編集部(出典:イラストAC)
編J:技術的難易度は何となくイメージがつくんだけど、体力レベルって日帰りの場合でも1~3もあるんだね。昔スポーツやってたから体力ある方だと思ってるんだけど、自己判断でいいの?

Yさん:たしかに。”体力レベル”って言われても、まだ登山をあまりやっていない人には少し難しいかもしれないね。その場合は「コースタイム」を参考にしてみるいいよ。
撮影:YAMAHACK編集部
Yさん:初心者・体力に自信のない人は「基本のコースタイムとされている時間よりも、約1.5~2倍歩く時間がかかる」と言われているよ。
登山では日が暮れる前には必ず下山して欲しいんだけど、下山予定時間も2時間くらい余裕を持つといいと言われているので、登山初心者の人は遅くても15時までには下山する計画がたてられる山を選んでみよう!

編J:15時…。まだ全然明るいね!そんなに早く下山しなきゃいけないんだね。

夜の山道
出典:PIXTA
Yさん:山には街灯がないので、日が暮れたとたんに真っ暗になってしまうんだ。日が暮れる前に下山するのは登山の基本だから、覚えておいてね。

編J:たしかに真っ暗!コース時間ってどこでわかるの?

Yさん:ガイドブックや山のアプリなどで調べる事が出来るよ。実際に「ヤマプラ」というのを使って見てみようか。

試しにコース時間を調べてみよう!

筑波山マップ
出典:ヤマプラ
Yさん:茨城県にある、日本百名山の一つ「筑波山」。初心者向けの山、と言われている山だよ。神社入口からスタートとして、ロープウェイは使わず、登りは迎場コース・下りは白雲橋コースを使うと仮定しよう。

コースの距離は9.1km、コース時間は5時間55分。1.5倍時間がかかるとすると、約8時間半。
15時に下山したいので、逆算すると6時半。そこに休憩時間を含めると、遅くても6時には登り始めないと厳しい計算になるね。

編J:え!初心者向けの山なのにそんなに歩くの!?

撮影:YAMAHACK編集部(出典:イラストAC)
Yさん:これはあくまでも一例。実際はそんなに時間かからないかもしれないけど、初心者はそのくらい余裕を持って山選び・計画を立てた方がいいってことだね。
なので例えば最初はロープウェイリフトがある山を選んで、「登りは歩き・下りはロープウェイを使う」など体力・時間に余裕を持って”登山を楽しむ”ことが大事だよ。

編J:うん、わかった!でもグレーディングがない県はどうしたらいいの?

Yさん:ガイドブックやネットで検索すると、「難易度」や「初級者・中級者…」といった表記があるので、まずはその山を検索してみるといいかもね。

”楽しみ”がありそうな山を探す

Yさん:初心者が山を選ぶ時は、「登る」事以外にも何か楽しみがある山だと、さらに「楽しかった~!」って感じられると思うよ。

編J:登る事以外…。そもそも山に詳しくないから、登る事以外にどんな楽しみ方があるかわからないよ!

Yさん:そうだね…登山の楽しみ方は人それぞれ何だけど、こんな楽しみ方もあるよ、という例を紹介するね。

その山ならではの壮大な景色を楽しむ

景色結合
出典:PIXTA(左上から時計回りに、日向山、恵山、石割山、千畳敷)
山頂からの景色や登山道の美しさ、山容のカッコよさや季節ごとの景色など、山でしか見ることの出来ない絶景は数知れず。どんな景色が見たいか、というのも山を選ぶ理由の一つになるね。

色とりどりの”花”を楽しむ

花
出典:PIXTA(左上から時計回りに、キンコウカ、ハクサンコザクラ、エゾムラサキ、チングルマ)
山では数多くの花・植物を見る事ができるよ。季節ごとに咲いている花も変わるので、同じ山でも毎回違う景色を見せてくれるよ。中には”固有種”と言われる、その山にしか咲かない花もあるので、図鑑を片手に花鑑賞を楽しむのもいいかもね。

そこでしか食べられない”絶品グルメ”を楽しむ

山グルメ
上段/撮影:YAMAHACK編集部、下段/出典:PIXTA(左上:小仏城山のかき氷、右上:鍋割山の鍋焼きうどん、左下:小仏城山のなめこ汁、右下:高尾山の三福団子)
初心者向けの山には、登山口・山頂周辺に茶屋や休憩所が設置されている事が多いんだ。頑張って登った後の絶品料理は格別!全ての山にあるわけではないので、食べたい料理目当てに山を決めるのも一つだね。

”温泉”も一緒に楽しむ

栗駒山周辺にある須川温泉
出典:PIXTA(栗駒山周辺、須川温泉)
登山口周辺に温泉施設がある山も多いのが登山の嬉しいところ。疲れた身体に染みわたる温泉、最高だよね!入ってみたい温泉から山を探すのもアリかも?!

【まとめ】初心者の山選び手順

Yさん:山の楽しみ方・選び方は人それぞれだけど、「山には危険も潜んでいる」という事をわかった上で登る山を決めていこうね。決して無理はせずに登山を楽しもう。最後に山選び手順の例を簡単にまとめるね。

①行きたい・行ける山を探す

まずは行きたい山、もしくは自分の行けそうな山を探します。初心者向けの山まとめなどを参考にするのも◎

・ガイドブックを見てみる
・ネットで検索してみる
・TVで見た山が気になる

▼初心者におすすめの山を探そう!


②山の難易度をチェック

①で興味を持った山がどのくらいの難易度なのか、調べてみよう!

・ガイドブックを見てみる
・「山のグレーディング表」を見てみる
・webでコースを検索してみる

③コース時間を調べてみる

コース時間を調べ、15時までに下山できるか逆算してみよう!

・ガイドブックを見てみる
・webでコースを検索してみる

④車?それとも電車・バス?交通機関をチェック

山によっては登山口が遠く、アクセスが困難な山も。特に初心者はアクセスが良く、登山口までの道がわかりやすい山を選ぶのがおすすめ。車の場合は駐車場、公共交通機関の場合は時間・本数なども要チェック!

ポイント:最初はできるだけ人気の山を選ぼう!

撮影:PIXTA
登山初心者は最初は人気のある山を選ぶのがおすすめ!

・登山道が整備されている
・公共交通機関が整備されている
・周辺施設が充実している
・人が多いので、道迷いのリスクが減らせる

自分のレベルの山をゆっくり楽しんで!いつかはあの山へ…

撮影:YAMAHACK編集部
登山の第一歩、山選び。登ってみたい山を探すのももちろん大事ですが、「果たして自分は登れるのか?」と疑問を問いかけるのが最初は重要です。”登山を楽しむ”ために、まずは自分のレベル・山のレベルを知りましょう!

次回、編Jがついに山デビュー!

▼今日教えてもらった事を活かして実際に山を探してみた!

▼初心者におすすめの山を探そう!

初心者向けの記事は他にもたくさん!事前準備をしっかりしよう


編集者Jさんの体験記事を最初から見たい!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

山の選び方って知ってる?
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!