シルバーウィークの登山はどこに行く? 秋を感じる人気の山&穴場はココだ!

2018/09/10 更新

もうすぐシルバーウィーク。夏休みも終わり、仕事に疲れたころに訪れる2週連続での3連休は嬉しいですよね。だんだんと過ごしやすい気候になってくる9月は、まさに行楽シーズン。この時季だからこそ味わえる、美しい景色も多いものです。そこで今回は、秋の訪れを感じられる山をピックアップ。昨年の紅葉状況もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。「どこかへ出掛けたいけど、渋滞や混雑が…」と足踏みしていてはもったいないですよ。


アイキャッチ画像出典:PIXTA(尾瀬の紅葉)

シルバーウィーク目前! 秋景の山が呼んでいる!?

SW
出典:PIXTA
晩夏を迎え、過ごしやすい気候の日も増えてきました。みなさんの次の楽しみは、もうすぐ訪れるシルバーウィークでしょうか。

シルバーウィークは、3連休が2回ある!

出典:PIXTA
2018年のシルバーウィークは、9月15日(土)~17日(月)と22日(土)~24日(月)の2回3連休があります。もしかしたら、間の平日にお休みを取る方もいるかもしれません。いずれにせよ、山へ行く絶好のチャンス!

どこに行っても混んでるんじゃない!? 天気も…

40405987
出典:PIXTA
ただ、ゴールデンウィーク同様に、公共交通機関や登山口までの道路、登山道も混雑していることが予想されます。ロープウェイがある山なんかは特に、乗るまでに何時間も待つことになる場合も。

ちなみに昨年2017年のシルバーウィークは、台風の影響で多くの山で悪天候となってしまいました。今年は晴れることを願うばかりです。

それでも山に行くべき“ワケ”がある!

35148202
出典:PIXTA
悪天候の場合は登山を断念せざるを得ませんが、秋の行楽シーズンですので、晴れていればこそ混雑はどうしたって免れません。でも、この時期だからこそ楽しめる山の表情があるのも事実。そう、シルバーウィークは『山の紅葉』が始まる時季でもあるんです。

そこで今回は、紅葉登山が楽しめる、おすすめスポットを厳選してご紹介。見頃のピークはまだ先のスポットが多いですが、その分人が少なく、ゆっくりと静かな山歩きを楽しめるかも。昨年のシルバーウィークの紅葉状況も必見! せっかくの連休、秋の訪れを感じに山へ出掛けてみませんか?

【北海道】 日本一早い紅葉の名所へ!

北海道は日本でどこよりも早く紅葉が訪れるエリア。せっかくの連休だけに少し足を延ばして、誰よりも早く紅葉を楽しんでみるのもおすすめですよ!

※2018年9月6日に発生した地震による余震や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の余震活動や降雨の状況に十分注意してください。

【1】黒岳(1,984m)

紅葉
出典:PIXTA(紅葉)
黒岳は、大雪山の一角を成す山。名前の由来は、山頂まで色鮮やかなグリーンが広がる大雪山系の中でも珍しい光景からきています。お花畑が広がる黒岳は、層雲峡からロープウェイ等で7合目までアクセスができるので、軽い山登りを楽しみたい初心者にもおすすめの山です。

<SWは?> ロープウェイで気軽に or 縦走で北の絶景を満喫
ヤマレコ:shu-hiker(2017年9月16日~17日)
提供:ヤマレコ/shu-hiker(2017年9月16日~17日)(黒岳から北鎮岳への縦走路の紅葉)
夏にはかわいい花々が咲き誇り、秋には燃えるような紅葉が山一面に広がる黒岳。9月のシルバーウィーク時期は、深紅に染まったナナカマドやウラシマツツジが見頃です。そのため多くの登山者が集まり混雑は必至ですが、一見の価値あり。天候によってはガスに包まれますが、それもまた幻想的な風景です。

シルバーウィークの黒岳 山行記録/shu-hikerさん

▼黒岳をもっと詳しく

【2】トムラウシ山(2,141m)

トムラウシ山と紅葉。9月
出典:PIXTA(トムラウシ山と紅葉。9月)
大雪山国立公園のほぼ中央にそびえるトムラウシ山。秘密基地のような雄大な山容と美しい花々の景色から「大雪の奥座敷」と呼ばれています。トムラウシ山は、十勝岳や旭岳の縦走コースが主流となっていますが、短縮コースもあるため、体力に自信のない方は宿泊で行くのがおすすめです。

<SWは?> 紅葉のグラデーションが美しい大雪の奥座敷へ
ヤマレコ:yah(2017年9月16日~17日) 快晴のシルバーウィークには美しい紅葉が楽しめるトムラウシ山。「カムイ天上」から徐々にオレンジの景色が広がりはじめ、コマドリ沢分岐からは本格的に秋色へと染まっていきます。

特にトムラウシ公園から望む紅葉は見事で、青空の中に紅葉が美しく映える圧巻の景色。あちこちからナキウサギの声が聞こえるなど、情緒豊かな空間が広がっています。

シルバーウィークのトムラウシ山 山行記録/yahさん

▼トムラウシ山をもっと詳しく

北海道の山の紅葉情報をチェック!


【東北・新潟】 紅葉、始まってます!

東北の各県や新潟県の山深い地域では、シルバーウィークから紅葉を楽しむことができる場所も。秋の訪れを感じる草紅葉など、ゆっくりと時間が流れていることを感じられるでしょう。

【1】三ツ石山(1,466m)

紅葉の三ツ石山
出典:PIXTA(紅葉の三ツ石山)
岩手県八幡平にある三ツ石山は、岩手県内でも有数の紅葉スポットとして親しまれている山。どこから見ても3つの峰に見える山頂からその名が付けられました。縦走から日帰りまで体力合わせたコース選びができます。

<SWは?> 岩手県内でも屈指の紅葉スポットを堪能
ヤマレコ:danyama (2017年9月16日~17日) 9月半ばになるとナナカマドやミネカエデが色鮮やかに染まり、2017年のシルバーウィークにはすでに紅葉が始まっていました。岩手で最も早く色づくといわれる三ツ石山に近づくにつれて、どんどん紅葉が深まっていきます。

真っ赤に染まった葉と緑の向こうには、岩手山が見えるなど山頂からの展望も抜群!ジャマするものが何もない、秋の壮大な景色が広がります。

シルバーウィークの三ツ石山 山行記録/danyama さん

▼三ツ石山の近くの山をみる

【2】飯豊山(2,105m)

秋の加治川ダムと飯豊連峰
出典:PIXTA(秋の加治川ダムと飯豊連峰)
飯豊山は、山形県・新潟県・福島県にまたがる名峰ですが、山頂は福島県にあるというユニークな山。夏でも雪渓が残る奥深いエリアにあり、なだらかな山容と美しい高山植物から多くの登山者を魅了しています。体力と技術を要するため、宿泊が必須となる日本百名山の一つです。

<SWは?>優美な山容と高山植物で魅了する飯豊連峰の一角へ
ヤマレコ:chappybabo (2017年9月23日~24日) 昨年の様子からすると、9月後半の3連休には飯豊山も紅葉シーズンを迎えるといえそうです。標高1,800m付近からはきれいな紅葉が楽しめて、切合小屋の周囲も赤や黄色へと染まっていきます。山頂からは晴れていれば飯豊連峰の最高峰「大日岳」が望めるなど、飯豊山の自然美を存分に満喫できる素晴らしい眺望です。

シルバーウィークの飯豊山 山行記録/chappybaboさん

▼飯豊山をもっと詳しく

【3】火打山(2,462m)

天狗の庭のナナカマドの紅葉と火打山
出典:PIXTA(天狗の庭のナナカマドの紅葉と火打山)
新潟県妙高市に位置する火打山は、日本百名山の一つ。積雪の多い自然豊かな山域は、多様な高山植物や「天狗の庭」などの湿原が広がるため、見どころも豊富です。火打山は、貴重なライチョウの生息場所としても知られています。

登山口近くにキャンプ場があるので前泊も可能。コースは一部、体力を要する箇所もありますが、基本的に整備された道なので、登山初心者でも登りやすいと人気です。

<SWは?>多彩な高山植物と湿原が織りなす自然美にうっとり
ヤマレコ/kent0426jp (2017年9月16日~17日) 火打山は毎年9月後半に紅葉のピークを迎える山。連休一発目のシルバーウィーク時期は、湿原の草紅葉がメインで、ナナカマドがほんのり色づいています。夏の深緑と秋の訪れを感じさせる草紅葉が交わる景色は、絵になる美しさ。リンドウやカラマツソウなど高山植物を楽しみながら、移りゆく四季を楽しめます。

シルバーウィークの火打山 山行記録/kent0426jp さん

▼火打山をもっと詳しく

▼火打山の近くの山をみる

【関東】 ほんのり秋色、紅葉を先取り!

関東の紅葉はまだまだ先と思うかもしれませんが、ほんのりと秋色に染まる光景は見応えがあります。ご紹介するおすすめスポットで、いち早く紅葉を楽しみましょう!

【1】尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原のナナカマドの紅葉と至仏山
出典:PIXTA(尾瀬ヶ原のナナカマドの紅葉と至仏山)
連休シーズンはとても人気のある尾瀬ヶ原。2007年に尾瀬国立公園に認定されたエリアは、群馬・栃木・新潟・福島の4県にまたがる日本有数の景勝地です。木道のコースは歩きやすく、秋になると湿原は黄金色に輝きます。

尾瀬ヶ原のコースはハイキング程度なので、体力や時間に余裕のある方は、至仏山に登ってみるのもおすすめです。

<SWは?>四季折々の美しさに心奪われる、金色の草紅葉が見もの
ヤマレコ:SM100C (2017年9月24日) 9月の連休になると、ゆっくりと紅葉が始まる尾瀬ヶ原。高層湿原が少しずつ色を変えて赤や黄色に染まっていく光景は心が和みます。秋らしい景色の中に、エゾリンドウなど高山植物がアクセントを加えているところは見どころの一つ。至仏山の葉も色づきはじめ、秋の訪れを教えてくれています。

シルバーウィークの山行記録/SM100Cさん

▼尾瀬のハイキングコースをみる

▼至仏山をもっと詳しく

【2】谷川岳(1,977m)

天神平駅から見た谷川岳、西黒尾根
出典:PIXTA(天神平駅から見た谷川岳、西黒尾根 )
谷川岳は、群馬県と新潟県の県境に位置する山。都心からのアクセスもいいので、多くの登山者から人気があります。日本百名山の一つである谷川岳は、切り立った岩壁から「日本三大岩場」にも認定されています。

天神峠までリフトとロープウェイで移動することが可能。初級者から上級者まで楽しめる山といえます。

<SWは?>険峻な地形に広がる紅葉の男前な姿に惚れ惚れ
ヤマレコ:naiyasei (2017年9月24日~25日)
2017年のシルバーウィーク後半は、谷川岳も見事な紅葉を披露しています。方角によって色づき方が異なり、新潟側の方がきれいに染まっているので、登山の際はぜひチェックしてみるとよいでしょう。朝日が当たると美しく輝く紅葉と山肌は必見です!

シルバーウィークの谷川岳 山行記録/naiyaseiさん

▼谷川岳をもっと詳しく

【北アルプス】 一足早い、紅葉狩りへ!

シルバーウィークの北アルプスは、紅葉の見頃にはまだ早いですが、人気スポットや名山が数多く存在する山域。赤や黄色に染まりはじめた秋めく山を、一足早く満喫してみませんか?

【1】涸沢カール(2,291m)

涸沢の紅葉
出典:PIXTA(涸沢の紅葉)
涸沢カールは、槍・穂高連峰に囲まれた椀状のくぼ地。標高2,300mにある全国屈指の谷に憧れるクライマーも少なくありません。

秋には山一面に紅葉が広がる絶景スポットですが、上高地から片道6時間かかるため、登山にはスタミナが要求されます。登山上級者であれば、ついでに北穂や奥穂にアタックするのもおすすめです。

<SWは?>憧れる登山者多数!大自然の絶景に思わず息を飲む
ヤマレコ:tama_factory (2017年9月23日~25日) 紅葉シーズンには、無数の登山者のテントで彩られる涸沢キャンプ場。2017年9月の連休は、まだ紅葉には早かったようですが、ヒュッテ周辺ではナナカマドが赤く色づいていました。

シルバーウィーク時期の涸沢カールは、紅葉の見頃には早熟といえますが、到達したときの喜びや圧倒的スケール感を考えると、行って損はない人気スポット。紅葉ピーク時の混雑を避けたい人には調度良いかもしれません。

シルバーウィークの涸沢 山行記録/tama_factory さん

▼涸沢カールについてもっと詳しく

【2】唐松岳(2,696m )

唐松岳の紅葉
出典:PIXTA(唐松岳の紅葉)
北アルプスの北側に位置する唐松岳。白馬村からゴンドラ等を使って標高1,830mまで上がれるので、手軽に北アルプスの絶景を楽しむことができます。山頂は、剱岳や立山など名だたる山岳を望むことができる抜群の展望スポット。

初・中級者向きのコースに加え、五竜岳や後立山への縦走など上級者向きの高難度コースもあるため、自身のレベルにあった登山が可能です。

<SWは?>人気の八方池も秋らしい表情に
ヤマレコ:poppochan (2017年9月24日~25日) 昨年のシルバーウィークには、湿原が草紅葉を始めるなど色づきを見せていた唐松岳。赤く染まったダケカンバやカライトソウが、緑に映える美しいグラデーションを見せてくれます。

登山道中に咲くミヤマリンドウなどの愛らしい花々や、八方池から望む紅葉も見もの。フォトスポットとしてもおすすめです。

シルバーウィークの唐松岳 山行記録/poppochanさん

▼唐松岳をもっと詳しく

【3】野口五郎岳(2,924m)

ヤマレコ:pepepe(真砂岳と野口五郎岳) 飛騨山脈の真ん中あたりにある野口五郎岳。名前の由来は、山がある長野県の集落「野口」と大きな石が散乱しているという意味の「ゴーロ」を合わせたことからきています。

裏銀座の縦走コースの一つとして登る方が多い野口五郎岳は、急登やトラバースもあるため、中・上級者向きの山といえます。

<SWは?>空と山、池と紅葉のコラボレーションが魅力
ヤマレコ:pepepe (2017年9月24日~25日)
9月の連休になると赤やオレンジの色に染まる裏銀座。2017年は野口五郎岳こそあまり紅葉していませんが、コース中からは色鮮やかな紅葉を望むことができました。特に吾郎池はカラフルな色に染まっているので、野口五郎岳に行く際は、ぜひ見てもらいたい絶景スポットです。

シルバーウィークの山行記録/pepepeさん

▼野口五郎岳を通る裏銀座縦走コースを見る

【4】立山(3,015m)

立山 紅葉
出典:PIXTA(立山 紅葉)
立山は日本百名山の一つで、最高峰・大汝山を含む山の総称。古来から山岳信仰の地とされており、富士山、白山と並び、日本三大霊山の一つに指定されています。

富山県にある立山は、山頂直下の室堂駅まで立山黒部アルペンルートを使ってアクセス。ファミリーから中級者まで、幅広い登山者に人気の山です。

<SWは?>黄葉の絨毯に癒される
ヤマレコ/sun_can4on (2017年9月16日~17日) 9月の連休に立山を訪れると、ちょうど紅葉をはじめた高山植物に出会うことができます。綿毛のチングルマは赤く染まり、イワイチョウは黄色に染まる秋らしい光景にうっとり。

御前沢には氷河と認められた雪渓があり、山頂には歴史深い神社があるなど、霊峰らしい厳かな山の景観も見どころの一つです。

シルバーウィークの立山 山行記録/sun_can4onさん

▼立山についてもっと詳しく

紅葉登山におすすめの山が、まだまだいっぱい!


9月の連休は、紅葉登山で秋の訪れを感じて!

紅葉登山を楽しむ人
出典:PIXTA(火打山・妙高山)
人気のスポットや名山が大変混雑するシルバーウィーク。登山に行くかどうか迷う方もいるかもしれませんが、この時季にしか見られない景色があります。各エリアで少しずつ紅葉がはじまっているので、連休はぜひ山に行って秋の訪れを感じてみてくださいね!

▼登山の前に天気を確認!

▼標高に合わせたウエア選びを!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

紅葉の尾瀬
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
松崎 清央

Webライター・自然体験指導者。新潟在住。市役所を退職後、アウトドア専門学校に入学し、登山、キャンプ、カヤック、自然ガイド、農業などを経験。自然を仕事にする生き方を選ぶ。【得意分野】子ども体験活動の企画・運営、青少年教育・野外教育、人前で話すこと。現在フリーランス。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!