日本で一番早い!大雪山の絶景紅葉情報【2017年版】

大雪山の紅葉について特集します!日本でどこよりも一番早い紅葉と言われる北海道の大雪山紅葉は、壮大なスケールな色とりどりの絨毯が圧巻!例年大人気のスポットです。2017年の見ごろやアクセス情報を紹介します。


大雪山の紅葉の見ごろはいつ?

北海道の道北に1する大雪山は一つの山の名称ではなく、北海道の最高峰である旭岳、黒岳、赤岳等を含む山々の総称となっています。大雪山は全国でも人気の登山・観光スポットですが、日本一早い紅葉スポットとしても知られています。

大雪山の紅葉の見ごろは?

大雪山の紅葉
赤岳
9月初旬頃から紅葉が色づき始め、9月中旬~9月下旬に見頃を迎えます。紅葉する木の種類としては、ナナカマド、モミジ、ブドウ、カバノキ等が見られます。
旭岳
8月下旬頃から紅葉が色づき始め、9月中旬~10月初旬に見頃を迎えます。紅葉する木の種類としては、ウラジロナナカマド、チングルマ、ナナカマド等が見られます。
黒岳
9月初旬頃から紅葉が色づき始め、9月中旬~9月下旬に見頃を迎えます。紅葉する木の種類としては、ナナカマド、ウコンウツギ、ミネカエデ、ウラシマツツジ、ダケカンバ等が見られます。


代表的な3つのスポット

今回はアクセスしやすい上記の3つの箇所について紹介していきます。

日本一早い!銀泉台の絶景紅葉

銀泉台は、大雪山の中でも層雲峡側の紅葉の名所として知られており、大雪ダムから赤岳に向かって進む観光道路の終点場所で、赤岳へと向かう登山道の入口となっています。登山口から30分ほど進んだ先の第一花園の下には、斜面に広がる色とりどりの紅葉を望むことができます。
斜面に広がる赤、オレンジ、黄色の色とりどりの紅葉は、これから進む登山道をより楽しいものにしてくれること間違いなしです。

銀泉台へのアクセス

【東京から】

旭川空港-県道 68号線-県道37号線-県道140号線-県道849号線-国道39号線-国道273号線-県道1162号線(旭川空港より約2時間)

電車・バス

JR石北本線上川駅(道北バスで約30分)→層雲峡(シャトルバスで約25分)→レイクサイト(シャトルバスで約35分)→銀泉台バス停

道北バス
北海道かみかわ町 シャトルバス時刻表

タクシー

層雲峡(層雲峡観光ハイヤー)→銀泉台

層雲峡観光ハイヤー TEL:01658-5-3221

層雲峡観光ハイヤー

【名古屋から】

中部国際空港から旭川空港へ行き、旭川空港からは東京からのアクセスと同様のルートを進みます。

<駐車場情報>

住所:北海道上川郡上川町層雲峡銀泉台

台数:90台

料金:無料


マイカー規制に注意

道道銀泉台線は平成29年9月16日から9月24日はマイカー規制があります。大雪レイクサイトに臨時駐車場がありますので、駐車場に停めてそこからシャトルバスを利用しましょう。

マイカー規制詳細

旭岳のふもとで、紅葉の中をゆっくり散策!

旭岳の紅葉は尾根に始まり、徐々に山裾に色を鮮やかにしながら広がっていきます。旭岳の雄大かつ迫力のある山容と紅葉のコラボレーションは一度は見ておきたい絶景です。旭岳にはロープウェイがあるので、体力に自信のない方でも手軽に旭岳の紅葉を楽しむことができます。
ロープウェイの姿見駅には一周約1.7kmを1時間程でまわることができる散策コースがあり、いくつかの池と展望台があるので、旭岳の迫力ある景観や高山植物はもちろん、素晴らしい紅葉をゆっくりと堪能することができます。

旭岳ロープウェイ

普通運賃:大人(往復) トップシーズン2,900円、シーズン1,800円

運行予定表


旭岳ロープウェイへのアクセス

【東京から】

旭川空港-県道68号線-県道294号線-県道1160号線-県道213号線-県道1160号線(旭川空港より約50分)

電車・バス

旭川空港(いで湯号で約50分)→旭岳

タクシー

旭川空港(東光ハイヤー)→旭岳ロープウェイ

東光ハイヤー 連絡先:0120-280-224

東光ハイヤー

【名古屋から】

中部国際空港から旭川空港へ行き、旭川空港からは東京からのアクセスと同様のルートを進みます。

<駐車場情報>

住所:北海道上川郡東川町旭岳温泉

台数:150台

料金:500円

※紅葉シーズンは混雑するので早めの行動と計画を心がけましょう。


黒岳の紅葉は、リフトとロープウェイで楽しもう

黒岳の紅葉は山頂から山麓まで1ヶ月ほどかけて徐々に色づき、朱色や黄色の見事な色の重なり合いと緑とのコントラストが映え、素晴らしい絶景を作り出しています。体力に自信のない方でもロープウェイとリフトを乗り継げば、道中の紅葉と黒岳の景色を楽しみながら7合目まで簡単に行くことができちゃいます。
黒岳の斜面の鮮やかな緑に映える色とりどりの紅葉は、一度見たら忘れられないような素晴らしい景色を作り出しています。

黒岳ロープウェイ&リフト

普通運賃:大人(往復) ロープウェイ1,950円、リフト600円

営業時間

層雲峡へのアクセス

【東京から】

旭川空港-県道68号線-県道37号線-県道140号線-県道849号線-国道39号線(旭川空港より約1時間15分)

電車・バス

JR石北本線上川駅(道北バスで約30分)→層雲峡

道北バス

タクシー

旭川空港(東光ハイヤー)→層雲峡

東光ハイヤー TEL:0120-280-224

東光ハイヤー

【名古屋から】

中部国際空港から旭川空港へ行き、旭川空港からは東京からのアクセスと同様のルートを進みます。

<駐車場情報>

住所:北海道上川郡上川町層雲峡

台数:60台

料金:無料



日本の紅葉は大雪山から

大雪山の紅葉は日本で一番早い紅葉といわれており、大雪山の雄大かつ迫力ある自然と紅葉のコラボレーションは必見です。大雪山といってもいくつもの紅葉スポットがあり、それぞれの場所に置いて紅葉の色づき具合も異なるのでいくつか回ってみるのもおすすめです。どこよりもいち早く紅葉を楽しむなら大雪山へ足を運びましょう!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

大雪山のもみじを見る人
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!