九州で日帰り登山するならどこ?人気のコースをエリア別にご紹介!

2018/07/11 更新

九州で人気の登山コースをまとめました。4つのエリアに分けて、日帰りで登れるコースです。ミヤマキリシマや紅葉、草原や氷爆など、四季折々の見どころも満載。何度訪れても楽しめる山ばかりです。初心者から上級者まで満足できる登山コースをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA(開聞岳と池田湖)

標高では計れない九州の山の魅力

九重連山
出典:PIXTA(九重連山)
九州には2000mを超える高山は存在しませんが、温暖な気候から豊かな植生を持ち、深い樹林に覆われた山々があります。その一方で火山地帯の多い地域でもあるため、噴火口や溶岩ドームなどが荒々しい山や、広い裾野を持つ雄大な山もあります。標高は本州の山に譲りますが、それに負けない個性が九州の山々にはあるんです。

紹介する九州の山


九州を4つのエリアに分けて、それぞれのエリアで人気の山をご紹介します。初心者でも登れる難易度の低い山から、ある程度経験を積んでからチャレンジしたい山まで様々。季節によっては美しい花や紅葉を楽しめる山も多いのも魅力的です。屋久島など離島にも人気の山はありますが、今回は本土で人気の登山コースを集めました。

1.福智山
2.英彦山
3.宝満山
4.久住山※
5.三俣山※
6.平治岳
7.祖母山
8.由布岳※
9.烏帽子岳※
10.杵島岳※
11.高千穂峰※
12.開聞岳※

※印のついている山は活火山です。登る前に現在の状況を必ず確認しましょう。
気象庁HP 九州の活火山

福岡エリアの山

福岡エリアには手軽に日帰りで登れる山がたくさん。登山口までアクセスしやすいことも人気の理由の一つです。比較的整備されており、初心者でも挑戦しやすい山をご紹介します。

福智山

福智山山頂 福智山(ふくちやま)は、福岡県福智町にある山。町名の由来にもなっており、地元で昔から愛されている山です。標高901mとそれほど高くはありませんが、登山コースのバリエーションが豊かなことと、頂上からの眺めが素晴らしいことから初心者から上級者まで多くの登山客が訪れます。

【おすすめ登山コース】
福智山山頂からの眺め
提供:YAHOO!ブログ/北Q発!探検日記☆(山頂からの眺め)
数ある登山コースのうち初心者向けの「上野越コース」をご紹介します。清流が美しい上野峡(あがのきょう)から上野越を経て、見通しの良い稜線を辿り頂上を目指します。頂上からは360度の大展望。玄界灘、周防灘などの北九州の海や、名峰英彦山などの山々を望むことができます。
距離コースタイム難易度
5.9km約2時間20分★★
参考:ヤマプラ
上野登山口→上野越→福智山→上野越→上野登山口

【登山口】
上野登山口

【リンク】
福智町観光案内 福智山のページを見る

英彦山

英彦山
出典:PIXTA(英彦山)
英彦山(ひこさん)は福岡県と大分県の県境にある標高1199mの山です。日本三大修験道の霊場であり、山域には多くの修験道にまつわる建物や史跡が点在しています。シャクナゲや紅葉、氷瀑など、四季折々で違った表情を見せてくれるのも魅力の一つです。

【おすすめ登山コース】
英彦山の参道
出典:PIXTA(英彦山の参道)
登山者のみならず多くの参詣者が訪れる英彦山。麓の国道からスロープカーと呼ばれる傾斜型のモノレールが運行していますが、徒歩で登っても時間はそれほどかかりません。英彦山神社の下宮(奉幣殿)から上宮のある中岳を目指すコースが「表参道コース」と呼ばれ、数あるコースの中でも一番人気です。
距離コースタイム難易度
5.8km約2時間40分★★
参考:ヤマプラ
別所駐車場→奉幣殿→中岳→奉幣殿→別所駐車場

【登山口】
別所駐車場

【リンク】

英彦山花園スロープカー HPを見る

添田町観光ナビ 英彦山のページを見る

宝満山

宝満山山頂
撮影:YAMA HACK編集部(宝満山山頂)
宝満山(ほうまんざん)は、福岡県の筑紫野市と太宰府市に跨る829mの山です。英彦山と同じく修験道の霊峰で、無数の史跡が残っています。宝満山の名前の由来は、この山に鎮座する宝満大菩薩が由来。また近隣の太宰府天満宮との関連も深く、さまざまな信仰が織り成す歴史を感じさせます。

【おすすめ登山コース】
宝満山山頂からの眺め
出典:PIXTA(宝満山の山頂からの眺め)
宝満山を祀る竈門神社から出発して、最短距離で登頂するコースです。麓から頂上まで3kmに満たない距離ですが、700m近い標高差があります。特にコース中盤にある「百段ガンギ」と呼ばれる、先が見えないほど長い階段が一番の頑張りどころ。登頂のご褒美には、山頂からの素晴らしい眺めが待っています。太宰府市街から博多市街まで広がる平野と、遠くは博多湾まで見渡せる眺望が、疲れを癒やしてくれることでしょう。
距離コースタイム難易度
5km約4時間★★
参考:ヤマプラ
竈門神社→中宮跡→宝満山→中宮跡→竈門神社

【登山口】
竈門神社

【リンク】

福岡県観光情報公式サイト 宝満山のページを見る

宝満宮竈門神社 HPを見る

大分エリアの山

九重連山や祖母連山、由布岳など九州の名峰が揃い踏みの大分県。美しい草原や、ミヤマキリシマが山の斜面を埋め尽くす景観は圧巻です。その中でも特に人気の山をご紹介。

久住山

久住山
出典:PIXTA(久住山)
標高1787mの久住山(くじゅうさん)は九重連山の主峰に位置付けられている山。山頂部はピラミッド状に鋭く突き出た溶岩ドームで、その豪快な山容は標高2000m未満の山とは思えないほどの迫力があります。

【おすすめ登山コース】
久住山のミヤマキリシマ
出典:PIXTA(久住山のミヤマキリシマ)
やまなみハイウェイの最高地点1340mの牧ノ戸峠からスタートして、約2時間で久住山の山頂へ。ファミリーや初心者にもお勧めのコースです。山頂付近には九州の高山に自生するツツジの仲間、ミヤマキリシマの群生地があり、開花シーズンにはピンク色の絨毯が山の斜面に広がります。
距離コースタイム難易度
8.9km約4時間15分★★
参考:ヤマプラ
牧ノ戸峠→沓掛山→久住山→沓掛山→牧ノ戸峠

【登山口】
牧ノ戸峠

【リンク】

大分県観光情報公式サイト 久住高原のページを見る

三俣山

三俣山
出典:PIXTA(三俣山)
大分県九重連山の一座に数えられる三俣山(みまたやま)は、先に紹介した久住山の北に隣接しています。麓から見ると3つの峰からなり、ちょうど漢字の「山」のような姿が印象的。実は4つの頂上で構成されており、最高地点は本峰の1748m。山頂からの眺望は九重連山の中でも特に素晴らしく、坊ガツルと呼ばれる湿原から阿蘇山や由布岳など九州の名峰を望むことができます。

【おすすめ登山コース】
三俣山西峰山頂
出典:PIXTA(三俣山西峰)
長者原から出発して、広々とした裾野でゆっくり高度を上げながら登っていくコース。三俣山のピークの一つ西峰と本峰を目指しましょう。6月にはミヤマキリシマ、秋には紅葉が美しく、季節によって様々な表情を見せてくれます。
距離コースタイム難易度
9.6km約5時間5分★★★
参考:ヤマプラ
くじゅう登山口→諏蛾守越→三俣山→諏蛾守越→くじゅう登山口

【登山口】
くじゅう登山口

平治岳

平治岳とミヤマキリシマ
出典:PIXTA(平治岳のミヤマキリシマ)
平治岳(ひいじだけ)は、九重山や三俣山と同じ九重連山を構成する一座です。標高は1643m、緑に覆われた穏やかな雰囲気をもつ山容が特徴。ミヤマキリシマの群生地としては、九重連山随一といわれており、シーズンには山体全体がピンク色の花に彩られます。

【おすすめ登山コース】
出典:PIXTA(平治岳から見る坊がつる、くじゅう連山)
ややアクセスの悪い平治岳ですが、吉部登山口から鳴子川に沿って進むコースは、比較的アップダウンが少なくおすすめ。2時間ほど歩くと樹林帯から一気に開け、湿原へ。坊ガツルからは平治岳の斜面を登っていきます。ミヤマキリシマの季節はピンク色の絨毯の中を歩ける素晴らしいコースですが、混雑することも多いので余裕を持った計画を。
距離コースタイム難易度
12.7km約6時間20分★★★
参考:ヤマプラ
吉部登山口→大戸越→平治岳→大戸越→吉部登山口

【登山口】
吉部登山口

祖母山

祖母山
出典:PIXTA(新緑の祖母山系)
祖母山(そぼさん)は大分、熊本、宮崎の3県に接する標高1756mの山です。周囲を囲む広大な森林には特別天然記念物のニホンカモシカが生息。山体には切り立った岩峰や断崖が多く荒々しい景観を作り出しています。日本百名山に選定された九州を代表する名峰です。

【おすすめ登山コース】
祖母山山頂からの眺め
出典:PIXTA(祖母山からの眺め)
北谷登山口から出発、約5時間の周回コースで祖母山を登ります。前半は千間平や国観峠といった広い稜線を進み山頂へ。石祠が祀られた山頂からの眺望は期待通りの素晴らしさで、阿蘇や九重連山といった人気の山々を堪能することができます。風穴を経由する下山道は、鎖場やハシゴなどが所々あり、最後まで登山者を飽きさせません。
距離コースタイム難易度
7.2km約5時間10分★★★
参考:ヤマプラ
北谷登山口→茶屋場→国観峠→祖母山→風穴→北谷登山口

【登山口】
北谷登山口

【リンク】


高千穂町観光協会 祖母山のページを見る

由布岳

由布岳
出典:PIXTA(由布岳)
大分県の温泉地湯布院、その後背に2つのピークが特徴的な由布岳(ゆふだけ)があります。標高は1583m、円錐型の美しい山容から豊後富士の別名がついており、深田久弥が日本百名山に選定しなかったことを後悔したという逸話も。湯布院市街からのアクセスも良く、2時間強で山頂まで登れるため、大分県では九重連山に次ぐ人気の山です。

【おすすめ登山コース】
由布岳山頂からの眺め
出典:PIXTA(湯布院 由布岳登山 山頂から)
日帰りには、由布岳の南側の登山口からスタートする正面登山口コースがおすすめです。裾野に広がるカエデやミズナラの樹林帯をゆるやかに登り、合野越の分岐を過ぎると急な山腹をジグザグに登り進みます。やがて東西2つの頂上の中間地点にあるマタエに到着、そこから西峰そして東峰と順番に踏破しましょう。東西どちらの頂上も素晴らしい眺望が広がっています。
距離コースタイム難易度
7km約4時間30分★★★
参考:ヤマプラ
正面登山口→マタエ→由布岳西峰→東峰→マタエ→正面登山口

【登山口】
正面登山口

【リンク】
大分県由布市 由布岳のページを見る

熊本エリアの山

熊本エリアを代表するのはなんと言っても阿蘇山。ほぼ一列に並ぶ根子岳、高岳、中岳、杵島岳、烏帽子岳の五峰を阿蘇五岳(あそごがく)といいます。熊本地震により登山規制がかかっていましたが、2018年6月、一部区間の規制が解除されました。登山道によっては崩落や亀裂がある場所もありますので、現地の状況を確認した上、危険箇所に注意して登りましょう。

阿蘇火山火口規制情報

烏帽子岳

烏帽子岳
出典:PIXTA(烏帽子岳)
阿蘇五岳の中でも比較的難易度の低いコースで、ファミリー登山にもおすすめの烏帽子岳(えぼしだけ)。山頂からの展望が素晴らしく、別名「国見山」とも呼ばれています。

【おすすめ登山コース】
烏帽子岳登山口
出典:PIXTA(烏帽子岳登山口)
現在通行できるのは「烏帽子岳東回りルート」のみ。火山博物館前から東側のルートを通って山頂付近まで。反対側の西回りルートはまだ規制がかかっていますので、下山は来た道を戻りましょう。往復2時間弱のコースです。
距離コースタイム難易度
3.3km約1時間45分★★
参考:ヤマプラ
火山博物館前→烏帽子岳→火山博物館前

【登山口】
火山博物館前

杵島岳

杵島岳
出典:PIXTA(杵島岳)
烏帽子岳のすぐ北側にあるのが杵島岳(きしまだけ)。烏帽子岳に比べるとやや傾斜のある登山道ですが、子供でも登れる難易度の低いコースです。登山口からわずか30分ほどで山頂へ。山頂には遠く有明海まで望める大展望が待っています。

【おすすめ登山コース】
杵島岳から見る阿蘇山火口
出典:PIXTA(杵島岳から見える阿蘇山)
火山博物館の裏手にある登山口からスタート。山頂までは長い階段が続きますが、頑張って登りましょう。山頂からは迫力の阿蘇山が間近に、そして草千里ヶ浜の草原も美しく望めます。帰りは来た道を戻ってゴールです。
距離コースタイム難易度
1.9km約1時間
参考:ヤマプラ
杵島岳登山口→杵島岳分岐→杵島岳→杵島岳分岐→杵島岳登山口

【登山口】
杵島岳登山口

【リンク】

熊本県HP 阿蘇山登山情報を見る

宮崎・鹿児島エリアの山

九州南部の宮崎・鹿児島エリアにも九州を代表する名峰が。特に人気の霧島連山は、噴火のため入山規制がかかっている箇所もありますので、現在の状況を確認した上で登りましょう。

気象庁 火山活動の状況

高千穂峰

高千穂峰と御鉢
出典:PIXTA(高千穂峰と御鉢)
宮崎県と鹿児島県の県境に連なる霧島山、その南東に端に位置するのが高千穂峰(たかちほのみね)です。霧島山の中では韓国岳に次ぐ高峰で標高は1574m。天孫降臨神話の地として伝わっており、山頂にはそれを示す神宝(天逆鉾)が奉られています。霧島連山では、新燃岳が噴火のため入山規制になっていますが、現在(2018年6月)のところ高千穂峰の入山規制はありません。登山の際には気象庁のホームページなどで火山警戒レベルなどの情報を確認してください。

【おすすめ登山コース】
天の逆鉾
出典:PIXTA(高千穂峰の山頂に刺さる「天の逆鉾」)
高千穂河原から出発し、御鉢と呼ばれる巨大噴火口を経由し、高千穂峰の山頂へ至る人気コースです。見どころは御鉢の縁を歩く「馬の背越え」。火口の巨大なクレーターを間近から見下ろしてみましょう。山頂からは全方位に遮るものがない大展望が広がっています。
距離コースタイム難易度
5.5km約3時間40分★★
高千穂河原→御鉢→高千穂峰→御鉢→高千穂河原

【登山口】
高千穂河原

【リンク】

高原町観光協会 HPを見る

気象庁HP 九州地方の火山情報

開聞岳

開聞岳
出典:PIXTA(開聞岳と池田湖)
鹿児島県の薩摩半島、その先端に開聞岳(かいもんだけ)があります。標高は924m、均整の取れた美しい山容から薩摩富士の異名があるのも納得。山頂はまさに海に突き出た展望台といった風情で、霧島や屋久島など鹿児島の名峰群を遠望できます。

【おすすめ登山コース】
開聞岳山頂
出典:PIXTA(開聞岳山頂)
登山道は1本のみで、ゆるやかな螺旋を描きながら山頂へと至ります。二合目登山口から出発して頂上までは3時間弱の道のり。登山道はほとんど樹林に覆われており、季節折々の花々を楽しむことができます。9合目から岩場が目立ち始め、梯子もありますが、注意して登れば危険はありません。
距離コースタイム難易度
5.9km約4時間30分★★
参考:ヤマプラ
2合目登山口→5合目→開聞岳→5合目→2合目登山口
【登山口】
2合目登山口

【リンク】

いぶすき観光ネット 開聞岳登山情報を見る

魅力が尽きない九州の山々

出典:PIXTA(九重)
山によっても、季節によっても様々な顔を見せてくれる九州の山々。何度訪れても新たな魅力を発見できることでしょう。迫力ある火山火口、ミヤマキリシマが広がる斜面、清々しい草原を堪能しに、ぜひ一度訪れてみてください。

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

開聞岳
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
kei noda
kei noda

広告ライター/ハイキングとロードバイクそして居酒屋が好きなミドルエイジです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!