大宰府の霊峰・宝満山の登山情報。アクセス・ルートを紹介!

全国的にも有名な福岡県の太宰府天満宮。その裏にそびえる「宝満山」は、古来より修験道としてしられ、多くの登山者を受け入れてきました。現在でも毎日数多くの登山者が登る福岡県屈指の人気の山です。今回は宝満山のアクセスとおすすめのコースを紹介します。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

宝満山はどんな山?

宝満山
標高山頂所在地山系最高気温(6月‐8月)最低気温(6月‐8月)
約829m福岡県太宰府市北谷筑紫山地26.5℃13.3℃
福岡県筑紫野市と太宰府市にまたがる標高869mの山で、別名を御笠山(みかさやま)、竈門山(かまどやま)とも言われています。稜線沿いの仏頂山や三郡山へと至る道はハイキングコースとしても人気となっています。また、様々な登山道がありますが、太宰府天満宮も近いことから太宰府天満宮からの登山者も多いです。

山頂からは太宰府から玄界灘に続く景色を一望

宝満山からの景色
出典:PIXTA
山頂の眺望は抜群で、西から脊振山地の山々、博多湾、玄界灘、三郡連山を遠望することができます。山頂には大きな岩がいくつもあり、腰をかけて休憩することもできます。

おすすめルートを紹介

竈門神社
出典:竈門神社
宝満山への一番人気のコースは竈神社からの道です。修験道として使われていた道で、傾斜や多くの階段がありますが、水場があり、見どころも多いため多くの登山者とすれ違います。このほかにも、様々な方向からアプローチすることが可能ですが、今回はそのなかから比較的登山者が多い3つのコースをご紹介します。

竈門神社から宝満山を目指す正面登山道

宝満山正面コース
出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約5km約4時間約661m日帰り★★
竈門神社(40分)→林道終点(60分)→中宮跡(30分)→宝満山山頂(30分)→中宮跡(30分)→林道終点(50分)→竈門神社
百段ガンギ
出典:PIXTA
一般的な日帰り登山のボリュームですが、山頂まではひたすら登りが続くため、登りは疲れ、下りで膝を壊さないように気を付けましょう。特にコース中盤の「百段ガンギ」は規則的な長い階段が続きます。ここを登りきると比較的緩やかな道に出るので、ゆっくり呼吸を整えて登るようにしましょう。中宮跡から先は尾根づたいを登るのが一般的ですが、左右に2つの道が存在し、どちらからも山頂を目指すことができます。
【女道】
中宮跡を過ぎてすぐの8合目から右に曲がり、山腹を巻いてキャンプセンターに通じる道です。キャンプセンターから山頂までは5分ほどで。「稚児落し」といわれる岩場からクサリを登るか右に巻いて山頂にたどり着くことができます。
【羅漢道】
8合目から石段を登ったところで左に曲がる道です。こちらは山頂を左から巻いて「稚児落し」の付け根に出るコースでほかのコースよりも30分以上長くかかるため、登山者は極端に少なくなり、静かな山道になります。明治時代の廃仏毀釈の名残で、首の落ちた羅漢像が道中に安置されています。

昭和の森から宝満山を目指す

昭和の森コース
出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約3.3km約3時間50分約567m日帰り★★
昭和の森キャンプ場(60分)→うさぎ道分岐(75分)→宝満山山頂(55分)→うさぎ道分岐(50分)→昭和の森キャンプ場
宇佐美昭和の森
出典:google map
こちらは昭和の森キャンプ場から30分ほど林道を歩いたのち、山道を進むルートです。竈門神社からのコースと比べて極端に人が減るためとても静かな山歩きを楽しむことができます。北側からのアクセスの場合、山頂直下に「稚児落し」という大きな岩があるので、そのすぐ左側のクサリ場を登るか、岩の基部を右に巻いて突端から登れば山頂に到着です。
難所ヶ滝
撮影:YAMA HACK編集部
また、こちらのルートは途中の「うさぎ道への分岐」でまっすぐ進むと「難所ヶ滝」に出ることもできます。難所ヶ滝は冬季に結氷することでも有名で、冬には滝を目当てにアイゼンを装着した登山者が数多く訪れます。

若杉山から三群山経由で宝満山を目指す縦走コース

若杉三郡縦走
出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約17.2km約9時間35分約890m日帰り★★★
笹栗駅(30分)→若杉山登山口(90分)→若杉山山頂(30分)→ショウケ越(50分)→鬼岩谷(30分)→砥石山(145分)→三郡山(15分)→頭巾山(50分)→宝満山山頂(30分)→中宮跡(50分)→林道終点(30分)→竈門神社
篠栗駅
出典:PIXTA
こちらのコースは福岡県屈指の大縦走ルート。JR篠栗駅から公道を歩いて若杉山を目指し、砥石山、三郡山などを経て宝満山を目指します。
若杉楽園 若杉山山頂までは本格的な山道はなく、舗装された急な道が続きます。非常に疲れるので、途中の若杉楽園で十分に水分補給しておくようにしましょう。
ショウケ越~鬼岩谷
出典:ヤマプラ
若杉山からは一気に県道60号と交差するショウケ越まで下り、鬼岩谷までに急登を登ります。鬼岩谷の登りがこの縦走コースの中で一番きつい箇所。登り切ればあとは比較的なだらかな縦走ルートが続きます。
三郡山登山
出典:よかなび
鬼岩谷の先は砥石山、眺望の良い前砥石を経て三郡山まで長い山道が続きます。三郡山は航空監視レーダーが特徴的な山頂で、博多湾まで眺望が抜群です。頭巾山方面に下り山頂を左側から巻いて眺望のない仏頂山を経ると、宝満山まではもう目と鼻の先。あとは正面登山道をくだって竈門神社につけばゴールです。

登山口までのアクセス・駐車場情報

ここでは紹介したルートの登山口アクセスについてご紹介します。

車の場合

【竈門神社】
九州自動車道 太宰府ICから約8km、九州自動車道 筑紫野ICから約7km、または都市高速道路2号線 水城ICから約6kmで到着します。竃門神社下の周辺駐車場は第一駐車場、第二駐車場があり、台数は100台、料金は1日400円となっています。
住所:福岡県太宰府市内山883

【昭和の森】
九州自動車道 太宰府ICから約10km、または九州自動車道 須恵スマートICから約6kmで到着します。昭和の森駐車場は料金は無料で、駐車台数は200台以上となっています。
住所:福岡県糟屋郡宇美町宇美正楽3-3

電車+バスの場合

【竈門神社の場合】
時間:約40分
料金:500円
行程:西鉄福岡(天神)駅-(天神大牟田線)-西鉄二日市駅-(太宰府線)-太宰府-(まほろば号)-竈門神社
天神を出発した場合、西鉄天神大牟田線で太宰府まで移動後、駅前から出発するコミュニティバス「まほろば号」で竈門神社のある終点内山バス停まで約10分ほどで到着です。

【昭和の森キャンプ場の場合】
時間:約1時間10分
料金:470円
行程:JR博多駅-(篠栗線)-JR長者原駅-(香椎線)-JR宇美駅-(西鉄バス)-障子岳バス停-(徒歩)-昭和の森キャンプ場
JR博多駅から出発した場合、宇美駅まで移動し、西鉄バスで「障子岳」下車後約30分ほど歩けば昭和の森キャンプ場に到着します。障子岳までのバスは1時間1本以下なので、事前に必ずチェックしておくようにしましょう。
西鉄くらしネット(西鉄バス時刻表検索)
【JR篠栗駅の場合】
時間:約15分
料金:280円
行程:JR博多駅-(篠栗線)-JR篠栗駅
JR篠栗駅はJR博多駅からのアクセスが容易です。篠栗駅から宝満山までの縦走をする場合、非常に時間がかかるため、早朝の出発をするようにしましょう。

周辺情報

竈門神社方面へ下山した場合、麓にはたくさんの観光スポットやパワースポットが点在します。おすすめの立ち寄りスポットをご紹介します。

竈門神社

maturi_10
住所:福岡県太宰府市内山883
電話:092-922-4106
駐車場:あり
竃門神社は古くから縁結びの神として信仰され、境内も自然が豊かで春には桜を、秋には紅葉を楽しむことができ、四季折々の風景を楽しむことができる人気のスポットです。神前結婚式等ができるだけでなく、七夕まつりや七夕コンサート等、様々なイベントも開催されています。

太宰府天満宮

太宰府天満宮
出典:PIXTA
住所:福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
電話:092-922-8225
駐車場:近隣有料駐車場あり
天神さまをお祀りする全国約12,000社の総本宮と称えられ、「学問・至誠・厄除けの神様」として全国的にも有名な観光スポットです。太宰府天満宮の参道には様々なお店が軒を連ね、中でも人気なのが名物の梅が枝餅で、購入して参道を食べ歩きするのもおすすめです。

九州国立博物館

tatemono_01
住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
電話:092-918-2807
駐車場:無料の第一駐車場、第二駐車場があります。
九州国立博物館はその外観が特徴的で、展示内容も旧石器時代から近世末期までの日本の文化の形成についてを中心に展示されています。また、「夜の博物館たんけん隊」等の面白いイベントもいくつも開催されています。「東九州神楽人の祭展」等の九州にまつわる公演等もあります。

観光地と併せて楽しむ宝満山

宝満山
撮影:YAMA HACK編集部
宝満山は観光スポットである太宰府天満宮からもほど近くにあるという事もあり、地元の方にはもちろん、観光客にも人気のある登山スポットです。気軽に登ることができるコースもあるので、初心者の方でも安心して楽しく頂上まで登山を楽しむ事ができます。

Enjoy Hōmansan climbing along with the tourist destination!

宝満山登山を観光地と一緒に楽しもう!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

宝満山山頂
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!