【2018】11月中旬まで見ごろ!紅葉が美しい九州の山7選

2018/11/16 更新

九州の山の中から紅葉が美しいスポットを厳選しました!ロープウェイで行ける気軽なところから縦走可能な本格的な山まで、おすすめの7スポットを紹介します。

【噴火警戒レベル1(2019/4/5 時点)】 新燃岳火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなり、噴火警戒レベルは2から1に引下げられました。活火山であることから、火口内及び西側斜面の割れ目付近では、火山灰の噴出や火山ガス等に注意してください。なお、これまでの噴火により登山道等が危険な状態となっている可能性があるため、引き続き地元自治体等が行う立入規制等に留意してください。 警戒事項に関しては、気象庁の発表をご確認ください。気象庁HP 新燃岳の活動状況はこちら
【噴火警戒レベル1(2019/4/19 時点)】 現在活発な噴気活動がみられている硫黄山の西側500mの噴気地帯から概ね100mの範囲、及び硫黄山火口内では、熱水・熱泥等が飛散する可能性がありますので注意してください。また、火山ガスにも注意が必要です。地元自治体等が行う立ち入り規制に従うとともに、火口周辺や噴気孔の近くには留まらないでください。警戒事項に関しては、気象庁の発表をご確認ください。気象庁HP 硫黄山の活動状況はこちら

11月中旬まで楽しめる!?九州の紅葉スポット

紅葉イメージ 九州の山は緯度的な位置や、標高が高くても2000m以下ということもあり、本州の山と比べて比較的遅くまで紅葉を楽しむことができます。今回は九州の中でも特に紅葉が有名な山を7スポットご紹介します!

福岡県・古処山

秋月城址の紅葉
出典:PIXTA(秋月城址の紅葉)
福岡県朝倉市と嘉麻市の境にある古処山(859m)は、古より山伏が集う霊山として知られ、秋になるとモミジが赤々と色づきます。秋には紅葉谷コースを歩くのがおすすめです。また、麓には県内の観光客にも人気の紅葉スポット、秋月城址があります。

※古処山は平成29年7月の水害の影響で登山道があれている箇所があります。気を付けて通行するようにしてください。

福岡県朝倉市・古処山の情報

福岡県・宝満山(竈門神社)

竈門神社 常に多くの登山者でにぎわう宝満山は、福岡県で最も人気のある山のひとつです。麓にある竈門神社は縁結びの神様としても有名で、下山後は美しい紅葉を観ながらお参りすることができます。中心市街からのアクセスがいいのもポイントです。


福岡県/大分県・英彦山

英彦山 古くから修験道として有名だった英彦山(1199m)は、日本三大修験山として、全国的に知られています。福岡県と大分県の県境に位置し、例年10月中旬から11月中旬にかけて頂上からモミジやカエデが色づきます。




大分県・九重山

九重 九重山は最高峰の中岳(1791)や久住山(1787m)等の火山群の総称で、九重連山とも呼ばれています。中岳は九州本土最高峰で、春はミヤマキリシマ、秋は紅葉と、様々な姿を見せてくれます。

坊ガツル
撮影:YAMA HACK編集部
九重の中心部にある広大な「坊ガツル」は、一面がススキに覆われ、こちらもまた絶景です。


大分県/宮崎県・祖母山

祖母山 大分県と宮崎県の境にある祖母山(1756m)は、日本百名山にも数えられており、10月中旬から11月中旬にかけてブナや栂の原生林が一斉に紅葉します。


長崎県・雲仙

雲仙ロープウェイ 長崎県にある雲仙は、日本で最初に国立公園に指定されたエリア。「雲仙」とは、平成新山(1483m)や普賢岳(1359.3m)、妙見岳(1333m)等の総称で、秋になると色とりどりの紅葉を観ることができます。妙見岳にはロープウェイが出ており、空中散歩しながら秋を満喫することができます。

宮崎県/鹿児島県・霧島山

大浪池
撮影:YAMA HACK編集部
宮崎県と鹿児島県の境界に位置する霧島山は、韓国岳(1700m)や新燃岳(1420.8m)、高千穂峰(1574m)などの火山群の総称です。韓国岳の麓にある大浪池は韓国岳や周辺の木々を鏡のように映し、特に紅葉の時期は美しい光景が広がります。

※霧島山は10月に発生した新燃岳の噴火の影響で立ち入り区域が制限されています。気象庁のサイトなどを参考にするようにしてください。

気象庁・火山活動の状況


山での紅葉狩りは、服装にも気を付けて!

紅葉登山をする女性
出典:PIXTA
秋になると山の中での気温も10度を下回り、市街地と比べると真冬のような気候になります。必ず十分な防寒対策をしていくようにしましょう!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!