【動画付き】タープの張り方|基本とアレンジの種類を徹底解説!

タープは張り方のコツを覚えてしまえば、場所や好みに合わせて自由自在に張ることができます。一人でも張れるように、動画を交えて、種類別、シーン別にタープの張り方を解説します!タープを張るときの注意点やアレンジ術も紹介。


張りたいのはヘキサタープ?レクタ(スクエア)タープ?

タープを張ったサイト タープには、ヘキサタープとレクタタープ、大きく分けて2種類のタイプがあります。それぞれどういった特徴や違いがあるのでしょう?ヘキサタープとレクタタープの特徴をまとめました。

ヘキサタープは自由に形が変えられる

スノーピークのヘキサタープ ヘキサタープとは、六角形の一枚布のタープのことを言います。天候やシチュエーションに合わせて自由に形を変えられること、風通しが良く開放感が味わえることが特徴です。メーカーによって様々な形状のヘキサタープが販売されています。

レクタ(スクエア)タープは広い空間が作れる

スノーピークのレクタタープ レクタタープは、シンプルな長方形の一枚布のタープのことを言います。長方形なので大きな空間が作れ、ポールも多く安定感が良いので大人数での利用に人気のタイプです。使用人数に合わせて大小様々な大きさのレクタタープが販売されています。

タープを張る前にチェック!気を付けたい3つのポイント

タープを張るのは野外。アウトドアならではの注意点がありますので、考慮した上で張りましょう。ポイントを知ったうえでタープを張れば、さらに快適に過ごせます!

①風向きを見極めよう!

風になびく旗 いくらしっかりと張ったとしても、強風にあおられればタープが崩壊する危険があります。風の影響を受けにくい場所を選び、風を逃がせるようなレイアウトでタープを張りましょう。風上にタープの頂点を、その対角線上に風下が来るようレイアウトすると風が通り抜けます。周りに他の方のサイトがあれば、向きを真似するのも良いでしょう。

②太陽との向きを見極めよう!

太陽の画像 タープは一般的に日よけに使われますが、向きを間違えてしまうと日差しを遮ってくれません。太陽は東から西へ移動するので、その向きを見て陰ができるようにタープをレイアウトしましょう。

③ペグが打ちやすく、安定しやすい場所を選ぼう!

タープがある草原 タープを張るときはなるべく平坦で、石などでごつごつしていない場所、水はけのいい場所を選んでタープを張りましょう。ペグが固定しやすく、タープも安定します。また、川の近くや中洲などは、川が増水して流される危険があるので避けてください。

ヘキサタープとレクタ(スクエア)タープの張り方(動画付き)

ヘキサタープとレクタタープの張り方をまとめました。慣れてしまえば少ない人数でも素早く設営できます!動画も参考にマスターしましょう!

ヘキサタープの張り方

タープを地面に広げます。日差しや風向きなどを考慮して配置しましょう。配置が決まったら風で飛ばされないよう1ヶ所ペグで止めておきます。
ヘキサタープを地面に広げている ポールとロープを図のように配置します。あらかじめポールを立てる位置、ペグを打つ位置まで考えて配置しておくと後々スムーズです。
ヘキサタープを広げた図 ポールにかかるロープのペグを打ち、ロープをかけます。ペグの角度はおよそ45度で打ち込んでおくとロープを張ったときに安定します。このときはまだロープにたるみをもたせておいてください。
ポールをゆっくりと立て、ポールが自立するようロープの長さを調整します。反対側のポールも同様に自立させます。このときポールの下部を少し内側に傾けて立てるとより安定した状態になります。
img_tent_step3_5 ロープの長さを調整して、タープがピンと張った状態になるようにします。
img_tent_step4_1 ロープの長さが決まったら、ペグを深く打ち込んで固定します。残った4隅のロープも張ってタープに張りを持たせたら完了です!

ヘキサタープの張り方 動画解説

写真ではイメージがわかない、という人は動画でマスターしましょう!

レクタ(スクエア)タープの張り方

キャンパルジャパンのレクタタープ 流れはヘキサタープの張り方と一緒です。レクサタープはメインポールを2本、サブポールを4本使って張っていきます。
メインポールとサブポールがあるところだけヘクサと違うので、メインポールを立ててから、サブポールを立てるようにしましょう。

レクサ(スクエア)タープの張り方 動画解説

ポールやロープの位置、雨天時の張り方など、動画でより詳しく解説されています!

タープを張るのに慣れたらアレンジ術をマスターしよう!

使用する人数や天気、場所などで張り方を変えていつでも快適に過ごせるのがタープのいいところ。そんなタープの張り方のアレンジ術をご紹介します!

テントと連結したい!

テントと連結したタープ 単体でも便利ですが、テントと連結してもタープは力を発揮します。タープのサイドをテントの入り口に被せ、ポールを立てれば簡単に連結できます。雨が降っても濡れずにテントとタープを行き来できます。

小川張りをしたい!

小川張りをしたタープとテント 小川張りとは、キャンパルジャパンのシステムタープについているセッティングテープを利用して、タープのポールの内側にテントを入れ込んでしまう張り方です。雨に濡れずに移動できるのはもちろん、スペースが限られている時でも広く居住空間を作ることができます。タープを張ってから、テントの入り口がタープにかぶるようにテントを設置し、最後にセッティングテープの長さを調整してタープとテントの距離を調整します。

木と連結したい!

森林などでタープを張る場合、スペースがせまく木にロープを結んで設置することがあります。テンションをかけても大丈夫な木かどうか気をつけて、木肌を痛めないようにタオルなどを巻いて設置してください。木にロープを結ぶときの方法を覚えて挑戦してみましょう!

・ロープを木にまわして、先端をロープの上で交差させます。
・交差させたところを押えながらもう一度巻きつけます。
・巻きつけたら先端を元のロープの下に通します。
・両端を引っ張って完成です!

車と連結したい!

カーサイドタープの画像 車中泊のときに便利な車との連結。カーサイドタープという簡単に車と連結できるタープが各メーカーから購入できます。テント泊でもテント設営後車は使わない、という時にも居住空間を広げられるので便利です!

ソロキャンプでタープを張りたい!

慣れるまでは複数人数で行うのがスムーズですが、慣れてコツを掴めば、1人でも張ることができます。片方ずつポールを立てて、少しずつロープを調整して張りを持たせるのがポイントです。
慣れれば数分で設営することができますよ!

ヘキサタープはアレンジ方法がたくさん!

スノーピークのヘキサタープ ヘキサタープはその六角形を上手く利用すれば様々なアレンジ方法があります。シーンに合わせてチャレンジしてみてはいかがでしょう?

・高低差を出すスタイル(入り口は高く、居住空間は低くして開放感を出す)
・ひさしを作るスタイル(ポールを一本追加してひさしを作ります)
・1コーナーを立ち上げる(これだけで視界がかなり広がります)
・片方をふさいで雨風をしのぐスタイル(雨風だけでなく、プライベートも確保できます)

おすすめタープ17選

各メーカーから様々なシーンに対応するタープが販売されています。ここではメーカー別におすすめタープを選んでみました!

コールマン

コールマン XPヘキサタープ S
クロスポールを広げるだけで高さ調節が可能なヘキサタープです。簡単に設営できるのでタープになれていない方にもおすすめです。
ITEM
コールマン XPヘキサタープ S
使用サイズ:約420×420×230cm
重量:約5.9kg
耐水圧:約1,500mm

コールマン XPヘキサタープ MDX
こちらもメインポールがクロスタイプで、広げるだけで高さが調節できます。サイドポールも装備されているので、様々な形に設営することができます。
ITEM
コールマン XPヘキサタープ MDX
使用サイズ:約460×435×230cm
重量:約7.6kg
耐水圧:約1,500mm

コールマン ウエザーマスター ヘキサタープⅡ
カラーPUコーティング加工がされており、日差しをしっかり遮ってくれるヘキサタープです。ポールはアルミ素材で、持ち運びも軽量です。
コールマン ウエザーマスター ヘキサタープⅡ
ITEM
コールマン ウエザーマスター ヘキサタープⅡ
使用サイズ:470x420×240cm
重量:5.7kg
耐水圧:3,000mm
今春ロ○スさんの格安なタープを購入。しかし、5月で既に日差しが辛い状況。
嫁からもレベルアップを迫られた次第です。
そこで定評のあるSPさんの「HDタープ シールド・ヘキサ」に目をつけ、素人ながら
仕様を確認して”これなら”と言う矢先でした。ちょっとしたきっかけで、当時新商品
のこの商品の存在を知り、「同じ様な仕様で若干安い」「まだ持ってる人が少ない!」
・・と言うことで結局この商品に決めました。
7月の梅雨明けの猛暑の中使用しましたが、嫁も好評で、購入して良かったと思います。

【良い点】
 ・日差しがかなり和らぐ(段ち・・嫁談)
  また雨にも強そうだ
 ・ポールが軽くてしっかりしている
出典:Amazon

コールマン スクエアタープDX
大型のスクエアタープです。スクエアなのでアレンジしやすく、広い空間を確保できます。
ITEM
コールマン スクエアタープDX
使用サイズ:約550×400×250cm
重量:約15.5kg
耐水圧:約1,500mm

スノーピーク

スノーピーク アメニティタープヘキサLセット
ポールとペグがセットになっており、初心者におすすめのモデルです。各コーナーに三角力布が縫い込まれており強度はバツグン。曲線の美しいシルエットです。
ITEM
スノーピーク アメニティタープヘキサLセット
サイズ:570×500cm(タープ本体)、240・280cm(ポール)
重量:7kg
耐水圧:約1,800mm

スノーピーク HDタープシールドヘキサ(M)プロセット
風に強く、日差しをブロックするシールド加工もされているヘキサタープです。設営も簡単。シルエットの美しさも人気です。
ITEM
スノーピーク HDタープシールドヘキサ(M)プロセット
サイズ:475×420cm(タープ本体)、240・280cm(ポール)
重量:約9.5kg
耐水圧:約3,000mm

スノーピーク HDタープシールドレクタ(M)プロセット
レイアウトが自由にできるレクタタープです。日陰を有効に作れ、生地を通して進入してくる光を軽減するので、タープ下は涼しく快適です。
ITEM
スノーピーク HDタープシールドレクタ(M)プロセット
サイズ:415×340cm(タープ本体)、170・240cm(ポール)
重量:約11.8kg
耐水圧:約3,000mm

スノーピーク ポンタ
使いやすいレクタシリーズを一回り小型にしたモデルです。外遊び用や、ひさし作り、非常時のシェルターなど幅広く使用できます。※ポールは別売りです。
ITEM
スノーピーク ポンタ
サイズ:235×200cm
重量:約570g
耐水圧:約1,800mm

ロゴス

ロゴス neos ドームFITヘキサ


耐風性に優れたタープです。タープのすそがアーチ状になっているのでテントとフィットしやすく、広いひざしを作ることができます。収納時はコンパクトに。
ITEM
ロゴス neos ドームFITヘキサ
使用サイズ:約440×430×230cm
重量:約4kg
耐水圧:約2,000mm

ロゴス ナバホ Tepee ブリッジヘキサ
ロゴスのTepeeテントを2つまで連結することができます。ポールの長さを変えることで高さの調節ができ、非対称な形なので張り方次第で様々なスペースをつくることができます。
ITEM
ロゴス ナバホ Tepee ブリッジヘキサ
使用サイズ:約570/330×435×230/172.5/115cm(3段階の高さ調節)
重量:約4.3kg
耐水圧:約1,600mm

ロゴス プレミアム ヘキサタープ-N
ハイレベルな耐水圧性と撥水性をもったヘキサタープです。ポールは軽量で丈夫なジェラルミン。防水バックも付いています。
ITEM
ロゴス プレミアム ヘキサタープ-N
使用サイズ:約440×430×230cm
重量:約3.9kg
耐水圧:約3,000mm

ロゴス neos ドームFITレクタ
居住性に優れたレクタタープです。すそがアーチ状になっていてテントとフィットしやすくなっています。コーナーは全て補強されており、耐久性も考慮されています。
ITEM
ロゴス neos ドームFITレクタ
使用サイズ:約500×360×230cm
重量:約7kg
耐水圧:約2,000mm

ロゴス neosカーサイドオーニング
ワンボックス、ミニバンに連結できるカーサイドタープです。吸盤で車体に連結でき、連結後も3方向から出入りが可能です。
ITEM
ロゴス neosカーサイドオーニング
使用サイズ:約320×250×190cm
重量:約4.9kg
耐水圧:約2,000mm

キャンパルジャパン

キャンパルジャパン フィールドタープ ヘキサST
ファミリーでもゆったり使えるサイズのヘキサタープです。立てやすく、レイアウトもしやすいモデルです。UVカット加工済み。
ITEM
キャンパルジャパン フィールドタープ ヘキサST
サイズ:570×500cm(本体)
重量:約5.5kg
耐水圧:約1,500mm

キャンパルジャパン システムタープ ヘキサDX
セッティングテープが付いており、小川張りができるモデルです。遮光コーティングがされており、テントの入り口に広く涼しいひさしが作れます。
ITEM
キャンパルジャパン システムタープ ヘキサDX
サイズ:570×480cm(本体)
重量:約5.5kg
耐水圧:約1,500mm

キャンパルジャパン フィールドタープ レクタDX
生地の厚さと遮光コーティングで日差しを二重にカットしてくれるレクサタープです。テントとの接続もしやすいデザインになっています。
ITEM
キャンパルジャパン フィールドタープ レクタDX
サイズ:570×420cm(本体)
重量:約13kg
耐水圧:約1,500mm

キャンパルジャパン カーサイドタープ AL
ワンボックスやステーションワゴンに取り付け可能なカーサイドタープです。吸盤で固定するので車体を傷つけません。トランクに常備しておけば、いつでも簡単に設置して使えます。
ITEM
キャンパルジャパン カーサイドタープ AL
サイズ:250(ボトム)×250(幅)×170(トップ)cm
重量:-
耐水圧:-

タープを張ってアウトドアをもっと快適に!

スノーピークのヘキサタープ 最初はシンプルな張り方で、慣れてきたら自分の好みに合わせて張り方をアレンジしてみましょう。タープの形、ポールの長さや本数を変えれば、タープの可能性は無限大です!日よけにも、雨風よけにもなるタープを張って、アウトドアにあなただけの快適なリビングを作ってくださいね!

Make your own living at outside by a tarp!
タープでアウトドアにリビングを作ろう!

紹介されたアイテム

コールマン ウエザーマスター ヘキサタープⅡ

コールマン ウエザーマスター ヘキサタープⅡ

¥30,240 税込

編集部おすすめ記事


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    スノーピークのタープを張ったサイト
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    hiromasa
    hiromasa

    神奈川生まれ、神奈川育ち、神奈川在住の駆け出しライター、hiromasaです。フィッシング、アウトドア、兎に角自然が大好きなプチメタボ!今年は「山」と真剣に向き合って行きたいです。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

    OFFICIAL SNS

     

    LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

    登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!