暑い日にはワンタッチタープが大活躍!設置が簡単なおすすめモデルをまとめて紹介

2019/06/05 更新

ワンタッチタープのまとめ。コールマンやドッペルギャンガーなど、キャンプメーカーのおしゃれなワンタッチタープテントを紹介!運動会やバーベキューでも使える簡単設営アイテムは、アルミポールのものや軽量なものまで様々ですよ!


アイキャッチ画像出典:楽天市場/Labbing store

ワンタッチタープテントが手軽で便利!

ワンタッチタープ 子供でも設営できるぐらい簡単なワンタッチタープ。キャンプから運動会まで、日陰をつくるのに最適なアイテムです。サイズも大きいものまであるので、大勢で使いたい時にも使えます。

ワンタッチタープにオプションで蚊帳やサイドシードも

別売りでメッシュスクリーンやサイドシードがつけられるワンタッチタープもあります。行く場所によってはつけたほうがいいかもしれないので検討してみましょう。

ワンタッチタープと言えば『コールマン』がおしゃれ

コールマン イージーキャノピーST

アウトドアといえばコールマン。コンパクトで簡単設営が可能なキャノピーです。強度を保つフレーム構造で風にも強く、開放感も抜群です。

ITEM
コールマン タープ イージーキャノピーST
サイズ:使用時/約220×220×227hcm、収納時/約直径20×115cm
重量:約8.4kg

タープを揃えようと思っていた折、少々風の強い日に河原にバーベキュー出掛けたら、ヘキサタープの設営にえらく手間取っているグループがあるのを見て、初心者の我々にはとても手におえなさそうだと怖気づいてこちらの四足タープにしました

。これなら設営も簡単で、キャンプの他、デイキャンプや子ども達のサッカーチーム試合などでも活躍していますが、いわゆるワンタッチタープとは違い、骨組みは組み立て式です。また、脚は4本あるため、当然ながら結構重量があります。初心者にはおすすめです。


コールマン イージーキャノピーレクタ/450

大人数の使用に便利な大型タイプです。組立式なので設営が簡単、かつ風に強く壊れにくい構造になっています。高さも2段階で調整つできるので、使用頻度が高くなりそう。

ITEM
コールマン タープ イージーキャノピーレクタ/450
サイズ:約450×300×220/240cm
重量:20kg

組み立ても簡単でよかったです。
値段からしても良い買い物でした。




コールマン以外にもたくさん!おすすめの人気ワンタッチタープ

ドッペルギャンガー ワンタッチリビングタープ

3mx3mのスペースにサイドパネルでプライベート感も演出できる、ワンタッチタープです。サイドパネルをキャノピーの形で展開することも可能で、アウトドアリビングの夢が膨らみます。

ITEM
ドッペルギャンガー ワンタッチリビングタープ
サイズ:W3030×D3030×H1800/2450/2550/2650mm
重量:14.5kg

他に持っている道具がコールマンで、色を変えたくて購入しました。
ヘキサなどに比べると設置は楽チンです。晴れの日に使いましたが問題なく影を作れました。使用したのが、五月の半なので夏でも問題ないかは分かりませんが、大きいしサイドも付いてるのである程度は凌げそうです。
少し、重いのが難点です。
夏に使用しました。日差しを遮るには十分です。大きめのサイズなので、組み立てるには人数がいる方が良いですが数分で設置可能です。


ロゴス ストライプ Qセットタープ 270

組み立てが簡単で、ロゴスストライプのデザインは人目を引いて目立つこと間違いなしです。脚の長さはプッシュボタン式で楽々調整可能です。

ITEM
ロゴス ストライプ Qセットタープ 270
サイズ:<span class="a-list-item">幅270×奥行270×高さ230/215/151cm</span>
重量:11kg

ロゴス Qセットタープ・ストロングPRO 270

突風時にテントが煽られないように内部の空気を外に逃すベンチレーション機能のVENT TOPシステム付きです。

ITEM
ロゴス Qセットタープ・ストロングPRO 270
サイズ:幅270×奥行270×高さ240/220/156cm
重量:

同サイズのターフなら、もっと安いのがあったのですが、組み立てのし易さと、そこそこの重量バイクレースで使うので、風対策として、それなりの重さと風抜けがあった方が良い。レース活動は、妻と二人で行っているので、組み立て片付けは、簡単な方が良い。
ロゴスと言うブランドを信じてシュラフを使ってみて、とても良かったので購入しました。宣伝文句の通り、組み立ても簡単ですし、一人でも出来そうな感じです。重さはそこそこありますから、女性一人での運搬は厳しいと思います。ターフの色に賛否両論だと思いますが、好みは別として、目立っていて、場所を探すにはもってこいでした ^-^v
屋根部分の生地が被さっていて、


キャプテンスタッグ スーパーライトタープ ワイド 245

アウトドアでのレジャーはもちろん、イベントごとやフリーマーケットなどにも使えるサイズ感です。高さを調整して使うのもおすすめです。

ITEM
キャプテンスタッグ スーパーライトタープ ワイド 245
サイズ:約245×245×H215cm
重量:5.5kg

キャプテンスタッグ クイックシェード

組立簡単なワンタッチタープです。使いやすく十分な大きさの250×250cmで、約3.8畳のスペースを確保できます。

ITEM
キャプテンスタッグ クイックシェード 250
サイズ:約250×250×高さ257 / 248 / 239cm
重量:15.5kg

タープの骨組みはまだ使えるので、屋根とサイドを覆うスクリーンを購入するつもりで、「スクリーンパネル」をポチリましたが、屋根部分がついていないことが購入後判明。しかたないので、この製品を購入しました。が、しばらく後、さすがに耐用年数がきたのか、骨組みの一部が破損しました。最初は、無用の買い物かと思いましたが、ちょうどよく出番が来て、結果的に大満足。スクリーンをつけて、春から秋まで庭に常設しておく我が家では、愛用の一品です。


ノースイーグル ワンタッチキャノピー

特殊フレーム構造で簡単設営可能です。キャンプだけではなくスポーツ観戦のサンシェードとしても利用できるのでファミリーでの利用にもおすすめです。

ITEM
ノースイーグル ワンタッチキャノピー250
サイズ:約250×250×215/245cm
重量:9.6kg

安くて軽くて、個人使いとしては充分です!
販売元のホームページでも確認しましたが、パーツの販売があるのはスゴいですね!!!



FIELDOOR タープテント メッシュルーフ棚

タープ内の荷物をタープテント上部のデッドスペースにおけるメッシュの棚が付いたモデル。椅子や机に置いていた細かい荷物がすっきりするので、タープ内を広々と使えますよ!

ITEM
フィールドア タープテント メッシュルーフ棚
サイズ:130cm×130cm
重量:210g

ちょっと荷物を置いておくのに便利。
FIELDOORのタープテントは、アタッチメントが豊富で大変満足しています。


キングキャンプ ワンタッチタープテント

お手軽サイズのワンタッチタープです。200x200cmのスペースは3〜4人で最適なスペースです。

ITEM
キングキャンプ ワンタッチタープテント
サイズ:200cm x 200cm x 200cm

バンドック イージーセットタープ200

3段階で高さが調整できるワンタッチタープです。収納サイズもコンパクトになるためファミリーでの利用に最適です。

ITEM
バンドック イージーセットタープ200
サイズ:W200×L200×H177/207/237cm
重量:9.7kg

実際にとても組み立てしやすくて驚きました。大人3人で使うにちょうど良い大きさだと思います。


モンタナ 軽量アルミワイドタープテント2.5m

軽くて錆びにくいアルミ素材のワンタッチタープです。広げるだけなので、あっという間に設営できます。

ITEM
モンタナ 軽量アルミワイドタープテント2.5m
サイズ:約W250×D250×H240/247.5/255cm
重量:7.5kg

アイリスプラザ タープテント ワンタッチ 2.5×2.5M

高さは3段階に調整が可能なので、様々なキャンプスタイルに対応できます。大人二人ですぐに立てられる手軽さが魅力です。

ITEM
アイリスプラザ タープテント ワンタッチ 2.5×2.5M
サイズ:<span class="item_desc">幅約250×奥行約250×高さ約165/241/250</span>
重量:10.5kg

サウスフィールド ワンタッチテント ワンアクション型タープ スチールモデル

スチール製のフレームで頑丈にできているので、風にも強くガイロープを張ればより一層強度を保ちます。

ITEM
サウスフィールド ワンタッチテント ワンアクション型タープ スチールモデル
サイズ:約200×200×220 / 230cm
重量:13.3kg

ワンタッチタープで楽チンリビングを

ワンタッチタープ アウトドアの快適さはリビングにあると言っても過言ではありません。ワンタッチで簡単に設営できるからこそ楽しいことに全力投球できますよね。あなたのスタイルに合わせたリビングを作ってみましょう。


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ワンタッチタープ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuredure-camp
tsuredure-camp

日々、アウトドアなことを妄想している埼玉在住のサラリーマン。キャンプから派生していろんなアクティビティにチャレンジしつつ、山とカヤックにズッポリ嵌ってしまって早10年以上。皆さんに役立つ情報を発信していきます!!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!