おむつが臭わない袋とカレーメシ

【検証】おむつ専用ゴミ袋vsカレー臭。ベビー衛生用品が登山で役立つって本当?

登山からの持ち帰りゴミには「おむつ用ゴミ袋」が万能だというウワサを聞きつけ実験してみました。実は使える赤ちゃん用衛生用品の実力をチェック。さらには登山で使えるベビー用品のアイデアも大集合。身近なアイテムでもっと快適な登山を楽しめる知恵をご紹介します。

目次

アイキャッチ画像撮影:筆者

赤ちゃんの「おむつ用ゴミ袋」の消臭力がすごいらしい

赤ちゃん用品

出典:PIXTA

「あーあ、昼ごはんのカレーの臭いがザックに残っちゃった……」
登山から帰宅後での荷解き。ザックに残ってしまった臭いにうなだれたことはありませんか?
持ち帰りゴミの臭いは登山者にとって身近な問題。密閉したはずなのに、なぜか臭いが漏れ出すのでしょうか。

そんな中、耳にしたのは「おむつ袋の消臭力がものすごい」というウワサ。使い終わった赤ちゃんのおむつを入れるための袋で、消臭効果が凄まじいのだそうです。もしその話が本当だったら、登山のゴミ臭問題も解決するかもしれません!

今回は「おむつが臭わない袋」がどこまで消臭してくれるのかを実験してみました。普通のポリ袋と比べて効果があるのか、臭いを消してくれるのか検証した結果、これがこれが…驚きの結果となりまして……!

【実験】おむつ袋vsカレー臭

おむつが臭わない袋とカレーメシ

撮影:筆者

さあ始まりました、おむつ袋vsカレー臭
今回、密閉するのはみんな大好き日清食品の「カレーメシ」です。
カレーメシ

撮影:筆者

お湯を注ぐだけで高クオリティのカレーが食べられると人気のフリーズドライ飯。ラーメンのように残液が出ないのが便利ですが、容器に染み付くカレーの臭いは一級品です。赤ちゃんのう◯こが臭わないならば、見た目も似ているカレーだってきっと臭わないはず、というセレクトです。

対する袋は3種類を準備しました。
一般的なビニール袋、おむつが臭わない袋、おむつ用消臭ポリ袋

撮影:筆者

①一般的なビニール袋
②クリロン化成「おむつが臭わない袋」
③ダイソー「おむつ用消臭ポリ袋」

おむつ用袋各種

撮影:筆者

注目していただきたいのは、②クリロン化成「おむつが臭わない袋」と、③ダイソー「おむつ用消臭ポリ袋」の2つです。

クリロン化成「おむつが臭わない袋」

おむつが臭わない袋

撮影:筆者

クリロン化成のおむつ袋には高機能素材の「BOS(ボス)」が使用されています。
BOSは医療向けとして開発された素材で、驚異的な消臭力・防臭力を持っているのだそうです。
おむつが臭わない袋の中身

撮影:筆者

今回用意したのは、新生児のおむつが1つ入るSSサイズです。他にもS、M、ロングサイズが展開されています。中身が見えづらいピンク色の袋なのもうれしいですね。

ダイソー「おむつ用消臭ポリ袋」

100円ショップ・ダイソーでもおむつ用の袋を発見しました。50枚入って100円とは。これで臭いを消すことができるのなら素晴らしいコストパフォーマンスです。
おむつ用消臭ポリ袋

撮影:筆者
裏面には「ポリエチレン、消臭剤」との表記がありました。クリロン化成のおむつ袋とは異なり、素材自体は一般的なポリ袋と同じようです。
おむつ用消臭ポリ袋の中身
撮影:筆者

サイズも3展開で、今回はいちばん小さい袋をチョイスしました。クリロン化成の袋と同様に半透明タイプなので、中身も見えづらいです。

カレーメシを袋に入れて……実験開始!

袋にカレーメシを入れていく

撮影:筆者

それでは、3種類の袋にカレーメシをひと匙ずつ入れていきます。
3種の袋にカレーメシを入れました

撮影:筆者(残ったカレーメシは筆者がおいしくいただきました)

こちらでセット完了。左から①一般的なビニール袋②おむつが臭わない袋③ダイソーおむつ用ポリ袋です。
まずは封をした直後の臭いを嗅いでみたところ……

①一般的なビニール袋②おむつが臭わない袋
③ダイソー 消臭袋
やんわり臭う無臭無臭

この時点で①普通のポリ袋からはやんわりとカレーの臭いが漂ってきます。一方、②おむつが臭わない袋、③ダイソーおむつ用ポリ袋の両者はほぼ無臭。これは期待できるのではないでしょうか……!

1 / 2ページ