登山で出たゆで汁ってどうすればいいの?パスタのゆで汁を活用しよう

山ごはんを作って、山で食事を楽しむ登山者が増えています。ただ、調理で出たパスタの茹で汁などを、そのまま捨てている人を見かけることもあります。自然を楽しむ登山において、自然環境に負担を与えることはできるだけ避けなければいけません。今回は、調理で出たパスタの茹で汁の活用方法や処理の仕方についてみてきます。環境に優しい登山者を目指すため、参考にしてみてください。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

山に茹で汁捨ててませんか?

パスタ 茹で汁
出典:PIXTA
最近は、山ごはんにこだわる登山者も多く、パスタやラーメンなどを食べている人も多く見かけます。しかし残念ながら、麺を茹でた汁をそのまま捨てている人もいるんです。

調理で出た茹で汁は絶対に捨ててはいけない

パスタ茹で汁 禁止
出典:PIXTA
ご存知の方も多いと思いますが、麺類を茹でた後のお湯を山に捨てるのはマナー違反。麺類の茹で汁は普通の水やお湯と違い、炭水化物や塩分を含んでいます。インスタントラーメンの残り汁の場合は、それらに加えて油分まで。安易に捨てれば、環境への負荷になってしまいます。

美しい山の自然を保護するために、茹で汁や残り汁は絶対に山に捨てないでください!

また、においによって野生の動物をおびき寄せる可能性も考えられます。「餌を与えられた」と勘違いして人を恐れなくなると、危害を加える元となる危険性があるので、絶対にやめましょう。

茹で汁は活用するか、持って帰るかの2択

パスタ茹で汁 選択肢
出典:PIXTA(画像編集:YAMA HACK編集部)
調理で出た茹で汁は調理用として活用するか、持ち帰って処理することが一般的です。
それでは、それぞれの方法に関してみていきましょう。

茹で汁の3つの活用術

登山では多くの体力を消耗するため、水分や栄養は貴重です。残さず摂取して、エネルギーにしてしまうのもオススメ。ソースやスープにすれば、山ごはんをボリュームアップさせられます。

①ソースにして食べてしまう

茹で汁 パスタソース
出典:PIXTA
あらかじめ少なめのお湯でパスタを茹でて、茹で汁にパスタソースを入れて味付けをすれば、ソースとゆで汁が乳化します。パスタとソースがしっかりと絡み合い、贅沢な味わいに。また、多めのお湯で茹でで味付けをし、スープパスタを作ることも可能です。

②スープにしてもう1品プラス

茹で汁 スープ
出典:PIXTA
茹で汁を活用してスープを作れば、山ごはんに一品プラスすることができます。茹で汁にとろみがあるため、ポタージュ系のスープがオススメです。茹で汁を無駄なく活用して、ごはんを贅沢にできるなんて、まさに一石二鳥。

③少しハードルは高いけど…。コーヒーにして飲む

コーヒー
出典:PIXTA
風味やのどごしにクセが出ますが、茹で汁でコーヒーや紅茶を作って飲むという方法もあります。どんな味になるかは試してからのお楽しみですが、食事とドリンクのセットメニューが完成するためお得感満載です。

茹でるだけ!超簡単にスープパスタを作ろう

茹で汁活用 レシピ
撮影:YAMA HACK編集部
料理に活用できるとはいうものの、手間がかかると中々実行できないのが人の性。今回、実際に茹で汁を活用してスープパスタを作ってみました。自然を守りつつ、美味しい山ごはんをいただきましょう。

■用意するもの
▼食料
パスタ:袋に入れて、一緒に塩も入れておくと便利
スープの素:茹で汁がとろっとするため、今回はポタージュ系をチョイス
ウインナー:トッピングはお好みでOK
▼調理道具
ガスバーナー:パスタとウインナーを茹でるため
コッヘル:深めのタイプがオススメ

①パスタを茹でる

茹で汁活用 レシピ
撮影:YAMA HACK編集部
まずはお湯を沸騰させ、沸騰後パスタを入れていきます。
五徳の上に乗せたままだと鍋が不安定で不安な人は、一度火から降ろしてパスタを投入しましょう。
茹で汁活用 レシピ
撮影:YAMA HACK編集部
途中で火を止めてみました。
短時間でも、茹で汁が白く濁っています。

②ウインナーを投入

茹で汁活用 レシピ
撮影:YAMA HACK編集部
ウインナーを投入。
パスタの茹で時間から逆算して、ウインナーの投入のベストなタイミングを計りましょう。

③スープの素を入れる

茹で汁活用 レシピ
撮影:YAMA HACK編集部
パスタが茹で上がり、ウインナーにも火が通ったらスープの素をいれます。そして、クルクルと回せば徐々にとろみが出てきます。

④完成

茹で汁活用 レシピ
撮影:YAMA HACK編集部
見た目は色が少なく寂しく感じますが、味には大満足!
茹で汁は少しとろみがあるので、パスタとスープが良く絡み、しっかりとした味でした。この日は36℃くらいでたくさん汗をかいていたので、塩気のあるパスタがとても美味しかったです。
しかも、火にかけて茹でるだけなので誰でも簡単にできるところが良いですね。

後片付けも抜かりなく

パスタの茹で汁 汚れふきとり
撮影:YAMA HACK編集部
茹で汁を使いきったから完璧…ではなく、後片付けまで含めての山ごはん。調理の際に鍋などをすすいだ水も捨てないようにすることが重要です。汚れはティッシュなどでサッと拭き取り、家についてからしっかり洗いましょう。山ごはんを考える際には、後片付けまでをイメージしておきましょう。


茹で汁を自宅に持って帰る方法

茹で汁
撮影:YAMA HACK編集部
調理で出た茹で汁を活用しない場合は、自宅に持って帰って捨てましょう。ここでは2つの方法を紹介します。

①ペットボトルに入れて持ち帰る

茹で汁 移す
撮影:YAMA HACK編集部
誰でも簡単にできるのが、蓋がついたペットボトルやボトル缶などに茹で汁を入れて持ち帰る方法。持って帰った後は、家で処理をします。帰りの荷物が少々増えてしまいますが、特別なものを買い足す必要もないので、すぐに実践可能。

ホット用のペットボトルがあればそれがオススメ。もしなければ、冷ましてからペットボトルに移し替えましょう。

②茹で汁を固める

茹で汁 固める
出典:PIXTA(画像で固めているのは油です)
高吸水性樹脂で水分を固めて持ち帰るという便利な方法も。大量の水分を吸収してジェル状になる吸収性ポリマーを使えば、液漏れの心配もなく持ち帰ることが可能。手持ちの物を活用するなら、ティッシュなどに水分を含ませて袋に入れて持ち帰るというのも手です。

▼高吸水性ポリマー
高吸収性ポリマーは、おむつや女性用品、緊急用トイレなどに使われている素材。一度固めてしまうとある程度の圧力をかけても水漏れしないので、ザックの中に入れて持ち帰っても安心です。


環境に配慮した“真の登山者”を目指そう!

パスタ 登山
出典:PIXTA
山の上で食べるパスタやラーメンは、普段の何倍も美味しく感じるもの。しかし、山での調理は登山者のモラルが試される場面でもあります。山を愛する私たち登山者が、環境を害してしまっては本末転倒。美しい自然を守っていけるよう、正しい後片付けの方法や無駄のない調理方法を身につけておくことが大切です。環境に配慮して、登山者を目指しましょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

山パスタ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
kimi
kimi

雪国生まれでウィンタースポーツを楽しんでいるうちに山の魅力、自然の魅力に引き込まれ、最近では登山やキャンプも楽しむようになりました。自然の壮大さ、美しさにどっぷりハマって、外遊びを極めていこうと思っております。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!