【地獄ッ…!】標高差がとんでもない日本百名山ランキングベスト5

「同じくらいの標高なのに、あの山は特別しんどかったな…?」そんな経験はありませんか? それはずばり、“標高差”の違いによる感覚が大きく関係しています。登山口と山頂の標高差が大きければ大きいほど、重力にさからって自分で登っていかなければいけないのでしんどいのは何となくイメージできますよね。今回は、日本百名山の中でもとてつもない標高差の山をランキングで紹介します!また、標高差についての豆知識もあわせて参考にしてみてくださいね。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

標高が高ければ高いほど、大変なの?

頂上を目指す人々
出典:PIXTA
登山をする時、一般的には登山口から山へ入って登山道を登り、山頂を目指しますよね。自分の体重+荷物を低いところから高いところへ自分の足で運ぶわけですから、この登山口と山頂の標高の差が大きければ大きいほど辛くしんどいと言えます。 今回紹介するのは、日本百名山の中でも特にこの標高差の大きい山です。

『標高』のイメージ

白馬乗鞍岳山頂
出典:PIXTA
例えば、標高2,000m級の山と3,000m級の山、どちらに登ろうか迷った時なんとなく「3,000m級の方がしんどそう」と思いませんか? 確かに数字だけ見るとそうなんですが、単純にそれぞれの登山口が

・2,000m級の山:登山口の標高が500m
・3,000m級の山:登山口の標高が2,500m

だったとしたら、標高差が1,500mもある2,000m級の山のほうが大変であることは何となく想像できるかと思います。そう、どこに登山口があるかも重要。比較的高いところから登り始められる山も、日本にはたくさんあるんです。


大変さがイマイチピンとこない…

初心者山登り
出典:PIXTA
じゃあどれくらいになると「標高差が大きい」と言えるのでしょうか? 一般的な目安として、標高差が1,200mを超えてくると上級者向きの山600m以下であれば比較的初心者でも登りやすいとされます。その中間である600〜1,200mの標高差は中級者向けですが、幅が広いため「比較的易しい中級者向け」「ちょっとしんどい中級者向け」など、細かく分けることが出来そうです。

目安は大よそ上記の通りですが、数字で見てもイマイチピンと来ないかもしれません。そんな時はみなさんが登ったことのある身近な山の登山口と山頂の標高差を調べてみるのも面白いですよ。これまでに自分が経験した登山のしんどさを振り返ってみると、「どれくらいの標高差ならしんどくないか」「これくらいの標高差が限界かな」といった自分の感覚がつかめることでしょう。

注意!標高差だけで難易度は測れません

ただし、この『山頂標高-登山口標高』の標高差には1つ落とし穴があります。上記で紹介した『標高差と自分の体力の感覚』は100%正しいものとは言えません。 それは、“登り返し”の数字を含んでいないからです。

累積標高
作成:YAMA HACK編集部
登山にはもう1つ、『累積標高』という考え方があります。累積標高とは、登山中に登ったすべての距離を足し合わせたもの。登山口を出発してから山頂に到達するまでずっと登りしかない、ということはあまりないですよね? 普通は途中に下りの部分もあって、アップダウンを繰り返して山頂に到達することになります。

たとえば、標高200mの山に登るとして、アップダウンがゼロであれば、累積標高は標高と同じで200mです。ですが、100m登った後に30m下って山頂に到達した場合には、登り返しの30mが距離にプラスされるので、登りの総距離は230mとなります。

そのためコースによってアップダウンが激しいと、同じ標高の山でもしんどさが異なるという現象が起きるのです。

標高差がとんでもない日本百名山ベスト5!

累積標高は1つの山でも、登山コースの状況により細かく変動します。今回は、わかりやすく 単純に登山口⇔山頂の標高差が大きい日本百名山トップ5を、ランキング形式で紹介します!

第5位:悪沢岳(椹島から) 標高差/2,020m

悪沢岳から富士山
出典:PIXTA
雄大な南アルプスに佇む悪沢岳(東岳)は、実はこの頂と前岳、中岳の3つをあわせて「荒川岳」や「荒川三山」と呼ばれています。中でもこの悪沢岳(東岳)が百名山で、日本では6番目に高い山。椹島から入り、途中の千枚岳でご来光を見てから悪沢岳ピークへ向かう行程が人気です。悪沢岳から赤石岳へ縦走するコースも人気ですが、ザレた急傾斜が続くので慎重に。


第4位:聖岳(便ヶ島から) 標高差/2,044m

聖岳
出典:PIXTA
南アルプスの聖岳は、3,000m級の山の中で最も南に位置しています。迫力のある山容でありながら、優美さも感じられる点が魅力。聖岳は西沢渡を超えると一気に標高が上がり、山頂付近はガレ場地帯となっています。下りは急坂なので特に注意しましょう!


第3位:槍ヶ岳(新穂高温泉から) 標高差/2,091m

槍ヶ岳山頂付近の登山道
出典:PIXTA
「槍」の名称で親しまれ、天を貫きそうな岩峰が多くの登山者を魅了して止まない槍ヶ岳。西鎌尾根や表銀座コースへの要所ともなっている山です。登山道は藤木レリーフから急登に入り、槍ヶ岳山荘から山頂へは、鉄ハシゴを通過する急な岩壁となっています。


第2位:甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根) 標高差/2,190m

甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根
出典:PIXTA
標高2,970mの甲斐駒ケ岳は、日本各地の駒ケ岳の中で一番標高が高い山。南アルプスの北側に位置していて、険しい稜線の形が印象的です。紅葉シーズンに人気の黒戸尾根は、屈指の急登エリアとしても有名で、5合目以降はスリル感あふれる鎖場やハシゴが登場します。




第1位:剱岳(早月尾根) 標高差/2,296m

剱岳早月尾根
出典:PIXTA
豊富なバリエーションと難所の多さから、国内ハイレベルの危険度とされる剣岳。トップクライマーですら命を落とすこともある山です。標高1,000m付近からは特に登りがきつく、早月小屋以降は鎖場が連続します。剱岳といえば別山尾根にある『カニのタテバイ・ヨコバイ』の難所が有名ですが、こちらの早月尾根にあるのは『カニのハサミ』。ダイナミックな岩峰に続く鎖場をどんどん登っていくコースです。


幻の1位!?日本一の山はやはり別格だった

富士山登山ルート3776ロゴ
出典:富士市
実は別格の堂々1位の山があります。それはまさしく富士山!「富士山登山ルート3776」は富士市公認の登山ルートで、海抜0地点から山頂までの総距離42kmを、富士の魅力たっぷりに3泊4日で走破するというものです。

富士山登山ルート3776のようす
出典:富士市
3年間富士市が主催で続いたイベント「富士山登山ルート3776」ですが、過去の開催で多くの登山者や観光客に十分魅力を伝えられたとして、2018年はひとまず中止。ですが、今後も民間のイベントなどでルートは依然生き続けるようなので、日本一の標高差を体験したいという方は、ぜひ最新情報をチェックしてみましょう!

富士山登山ルート3776 -富士市

初心者向けでも超しんどい!? 標高差を楽しむ登山もオススメ!

登山者山頂へ
出典:PIXTA
登山のしんどさは、同じ3,000m級の山でも標高差やアップダウンによって変化するものです。たしかに標高が高い山は、登攀技術や体力が必要とされるので「キツい山」といえますが、それだけで山のしんどさをはかることは出来ないのです。「初心者向け」といわれる山ですら、標高差によってはあなどれませんよ!コースのアップダウンを加味すれば、行く山の選択肢はグッと広がるかも!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
松崎 清央

Webライター・自然体験指導者。新潟在住。市役所を退職後、アウトドア専門学校に入学し、登山、キャンプ、カヤック、自然ガイド、農業などを経験。自然を仕事にする生き方を選ぶ。【得意分野】子ども体験活動の企画・運営、青少年教育・野外教育、人前で話すこと。現在フリーランス。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!