快適さは「レイヤリング」がすべて! 登山初心者なら知っておきたい服装のハナシ

これから登山を始める方は、装備を揃える際ただ闇雲に「これとこれとこれが必要!」と言われても、ピンときませんよね。しかし、この「レイヤリング」を知っておくとどんな目的で何が必要か、しっかりと理解することができますよ。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

覚えておこう!登山の服装には『着かた』がある

レイヤリング
出典:PIXTA
長時間歩き続ける登山において、服装はとっても重要です。登山用のウェアは、身に着けるものの1つ1つ、それぞれに最適な機能が備わっています。でも、「着かた」を間違えると、せっかくの機能も台無しに。
そこで覚えておきたいのが、「レイヤリング」という重ね着の考え方です。

登山の服装は、基本的に3層で考える

レイヤリング
撮影:nao
快適な登山をするためのレイヤリングは、

1層目:肌面の汗を吸って拡散するベースレイヤー
2層目:水蒸気となった汗を外へ逃がすミドルレイヤー
3層目:1層目から上がってきたムレを最後に外へ逃がすアウターレイヤー

の3層構造で考えるのが基本となります。

1層目:汗を吸ってくれる「ベースレイヤー」

モンベル ベースレイヤー
出典:Amazon
ベースレイヤーは一番下に着る肌着のようなもので、汗を素早く吸収して発散し、肌をドライに保つ役割をしています。素材に使われるのは吸湿性・速乾性に優れたポリエステルやウール、それらの混紡素材のベースレイヤーもあります。季節によって生地の厚さや、クールネック、ハイネックと使い分けましょう。

レイヤリング ベースレイヤー ベースレイヤーを1番下に肌に直接着ることによって、歩き続けて絶えず汗がでるようなときも、素早く汗を吸収拡散してくれるので、肌がべたつかず、汗冷えをしずらくなります。また防臭機能があるものも多く、何日も着続けるときに臭くなりにくいというメリットがあります。

2層目:幅広い役割を持つ「ミドルレイヤー」

ミドルレイヤー
出典:Amazon
ミドルレイヤーには行動中に着る「行動着」と休憩中や寒いときに着る「保温着」の2種類があります。どちらも保温を目的としていますが、汗を透過させる通気性・速乾性も大事です。

レイヤリング
出典:Amazon/Amazon
写真のような山シャツや薄手のフリースは着て登山する行動着です。ベースレイヤーで吸い上げた汗が2層目に渡されるため速乾性も必要で、かいた汗は気化するので通気性も大事です。

速乾性があるならいきなりミドルレイヤーを着てもいいんじゃないの?

ミドルレイヤー
出典:Amazon/Amazon
ミドルレイヤーは保温も重要な役割で、生地もベースレイヤーに比べて厚みがあるため、発汗量や湿気などの量によっては、追いつかずに濡れている箇所がすぐに冷えてしまいます。やはり一番下には吸水してくれるベースレイヤーが不可欠です。

レイヤリング
出典:Amazon/Amazon
写真のような化繊ジャケットやダウンジャケットは、断熱性を重視した保温着です。これは休憩中や気温が低いときの登山で着用します。ただ、寒い時期は保温着を着て行動する場面もあるので、汗を外に逃がす機能を持つものが好ましいです。

3層目:雨風をしのぐ「アウターレイヤー」

レイヤリング
出典:Amazon
アウターレイヤーは悪天候時の強風や雨、雪などから体を守るもので、一番外側に着用します。防水性・防風性のあるレインウェアや雪山用のジャケットがこれにあたります。ゴアテックス素材や各メーカーが開発した素材を使用しています。

アウターレイヤー アウターレイヤーは、外からくる雨や風を内側に通さない機能だけではなく、汗をかいたとき1層目、2層目から渡された蒸気を外に逃がす必要があるため、透湿性があることが重要です。

パンツやグローブも同じ考え方

レイヤリング
撮影:nao
パンツやグローブについても、この重ね着の考え方は同じです。パンツの場合は、
ベースレイヤー:タイツ
ミドルレイヤー:登山パンツ
アウターレイヤー:防水パンツ
の着かたになります。防水パンツは、雨風が強い時や雪があるシーンで履くことが多いです。晴れている時は、タイツ+パンツ、暑い時期はタイツ+ショートパンツや薄手の登山パンツ1枚の場合もあります。

レイヤリング グローブ
撮影:nao
グローブの場合は3枚重ねることはあまりなく、
ベースレイヤー:薄手のインナーグローブ
ミドルレイヤー:防風のグローブ
などで重ね履きし、雪や雨のシーンはミドルレイヤーの代わりに防水グローブをはめることが多いです。

鉄則!めんどくさがらない!!

レイヤリング
出典:PIXTA
こまめに脱ぎ着をするのが面倒だと思うかもしれませんが、山の天気や環境は変わりやすいので、この重ね着システムを臨機応変に変えて体温調節をすることこそが本当のレイヤリングです。暑くなってきたのにアウターを脱がないと汗の量が発散する量に追いつかず、体が濡れて気温が下がったり休憩したときに低体温症のリスクが上がります。また、寒いのに着るのを面倒でそのままにしておくことも、低体温症の原因になります。

基本に忠実に。上手なレイヤリングで快適登山!

レイヤリング
出典:PIXTA
レイヤリングは快適に登山をするために必要不可欠なもの。どんなときも面倒くさがらず我慢をしないことが大事です。風が強くなって、少しでも寒いなと思ったらアウターレイヤーで風を防ぐ、暑くて汗をたくさんかいてきたら脱ぐ、というようにこまめに脱ぎ着して快適な登山をしましょう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!