登山水筒25選!タイプ別におすすめをご紹介!

登山水筒のおすすめを25選紹介しています。タイプ別に紹介しているので自分のアウトドアスタイルにあう登山水筒を見つけよう。チューブがいい?ナルゲンがいい?特徴もあわせて紹介しているので、比較してお気に入りの1つを見つけてアウトドアに出かけよう


アイキャッチ画像出典:facebook/Nalgen

水筒は登山の必携アイテム

登山水筒(Klean Kanteen)
出典:Klean Kanteen
登山をする時に、バテや脱水を避けるため、水分補給は必要不可欠!しかし、山では水を確保できる場所が限られているので、水筒の携帯は欠かせません。

では、実際にどれくらいの水分量が必要となるか皆さんご存知でしょうか?以下の計算式を使えば登山中の脱水量がわかるそうです。

脱水量(g)=5(g)×体重(kg※荷重も含む)×行動時間(h)

例えば、体重70kgの人が15kgの荷物を持って5時間登山した場合
脱水量(g)=5(g)×85×5=2125(g)

なんと、2?強の水分が体から失われる計算になります!登山は思っている以上に水分を消費するようです。しかし2?ペットボトル1本を持ち歩くのはなにより飲む時に不便ですし、ザックの重心もずれて疲労や転倒の危険性も増してしまいます。
そんな問題を解決するために、今回は小分けして水を持ち歩ける登山用水筒の準備をおすすめします!

水筒の選び方

登山用水筒 登山に持っていく水筒は、大きく分けて4種類あります。

①折りたためるボトル

使い終わった後は折りたたんで、空いたスペースにお土産を入れたりと下山後まで機能的。ほかのタイプのボトルほどではありませんが、見た目以上に強度は十分、とにかく軽量なことも魅力です。万が一の時のための予備として持っておくのもおすすめです。
ITEM
Platypus SOFT BOTTLE 1.0L
折りたためるタイプの水筒を全部まとめてプラティパスと呼ぶ人もいるくらい、登山者にとってメジャーな水筒。

以前は2リットルのを使っていましたが、破損してしまい、1リットルを2つにしました。  2リットルは案外大きくかさばるので、こちらの方が使い勝手は全然いいです。


②プラスチックボトル

プラスチックボトルの魅力は、丈夫さと軽量さを兼ね備えている点。時にはナッツなどを入れて行動食用のケースとして持ち歩くこともできます。
ITEM
nalgene 広口1.0L Tritan スプリンググリーン 91314
ナルゲン1.5L Tritan。目盛りが付いているので料理の時に便利!

登山には1ℓサイズは大きく感じましたが、使い易かった。 登山だけでなく、普段のスポーツの水分補給で活躍しそう。


③アルミ・ステンレスボトル

登山用のアルミ・ステンレスボトルは、見た目に反した軽量さと丈夫さが魅力。保温力が高いモデルが多く、麓で熱湯を入れて山頂でアツアツのコーヒーを楽しむなんてことも可能です。
ITEM
サーモス 山専用 ステンレスボトル
グローブをしていても開けやすい蓋と、ザックから取り出しやすい底のゴムは、登山者にも使いやすいように工夫されている。

早朝に沸かしたお湯で正午くらいに標高1000mの山で使用しました。熱々のカップ麺が食べられて幸せでした。身体は温もるし冬の登山には必須アイテムでしょう。


④ハイドレーションタイプ

トレイルランニングで使用されるハイドレーションですが、登山で長く歩く時にも、いちいちザックを下ろさずこまめに水分を補給できるので便利です。
ITEM
Walantブルー 2.0L

中身の確認もしやすく洗うのも簡単で使いやすいです。ロック機能やキャップまでついていて安心して使えます。


折りたためるタイプの登山水筒

エバニュー ウォーター キャリー900ml

キャップは抗菌加工が施され雑菌の繁殖を抑制してくれる。容量のバリエーションが多く、価格も安い!折りたたみ用のキャップストラップが付いている。
ITEM
エバニュー ウォーター キャリー900ml
●容量:900ml
●質量:29g
●耐熱温度:-2090℃
●サイズ:幅15cm×高さ28cm
●本体素材:ナイロン、低臭ポリエチレン三層構造
キャップ素材:ポリプロピレン抗菌加工
口栓素材:ポリエチレン抗菌加工

早速今日のハイキングに使わせてもらいました。 水を入れたらふくらんで重い! でも水を使い終わればぺちゃんこに。 かさ張らなくて良いです。


Platypus(プラティパス) plus 1.0L

水漏れしにくいプッシュプルキャップ(カチっと引き上げてロックを解除し水を出すキャップ)が付いていたり、カラビナを取り付けられるフックが付いていたり、高機能な水筒です!
ITEM
Platypus plus 1.0L
水漏れしにくいプッシュプルキャップ(カチっと引き上げてロックを解除し水を出すキャップ)が付いていたり、カラビナを取り付けられるフックが付いていたり、高機能

軽量かつ、水の残量にあわせてサイズダウンできますので、最強の水筒と言って差し支えないと思います。 中を洗うことができないので、入れるのは水だけにしておいたほうが無難です。


モンベル フレックスウォーターパック1.5L

使用しない時は、丸めて小さく折りたたむことができ、携行に便利なソフトタイプのボトルです。破裂強度が高く破れにくい素材を使用し、抗菌剤を練り込むことで、優れた抗菌効果を備えています。
ITEM
モンベル フレックスウォーターパック1.5L
●容量:1.5L
●素材:
本体:TPU(サーモプラスチック ポリウレタン)
キャップ:ポリプロピレン
●重量】71g
●サイズ】33.5×15.5cm
●耐熱温度】(本体)80℃/(ふた)120℃ 
●耐冷温度】(本体)-40℃/(ふた)-20℃ 

ナルゲン フォールディングカンティーン 1.5L

折りたたみ式のためコンパクトになり、使用時には自立するナルジェ社の自信作です。
ITEM
ナルゲン フォールディングカンティーン 1.5L
折りたたみ式のためコンパクトになり、使用時には自立するナルジェ社の自信作です。

これはプラティパスより、クチが広くて、注ぎやすく乾きやすいです!おススメ☆


ナルゲン フォールディングカンティーン 3.0L

テント場でいちいち水を注ぎに行かなくてもいいような大容量サイズ。テント泊で活躍するアイテム。使い終わったらコンパクトにたためるのでかさばらない。
ITEM
ナルゲン フォールディングカンティーン 3.0L
テント場でいちいち水を注ぎに行かなくてもいいような大容量サイズ。テント泊で活躍するアイテム。使い終わったらコンパクトにたためるのでかさばらない。

重さにも耐えられていい感じです。 持ち手付きで持ちやすい!!!


折りたためる水筒、どのように洗うのでしょうか?こちらも合わせてチェック!

プラスチックボトルタイプの登山水筒

ナルゲン OTFボトル

飲み口が細いので飲みやすくスタイリッシュ。キャップは広口なので洗いやすい。
ITEM
ナルゲン OTFボトル
●容量:約710ml(満水容量)
●重量:約130g
●材質:本体/飽和ポリエステル樹脂、キャップ/ポリプロピレン
●耐熱温度:本体/100℃、キャップ/120℃
●耐冷温度:本体/-20℃、キャップ/0℃

サイズ,形も使いやすく,ふたもワンタッチで空くので便利です。


ナルゲン オアシス

ナルゲンのオアシス Tritan。部屋のインテリアにもなりそうなデザイン性の高い形状。
ITEM
ナルゲン オアシス
●容量:1リットル
●重量:132g
●原料樹脂
本体:飽和ポリエステル樹脂/キャップ:ポリプロピレン
●耐熱温度
本体:100℃/キャップ:120℃
●耐冷温度
本体:-20℃/キャップ:0℃

モンベル ボトル クリアボトル1.0L

軽くてスリムなデザインのため、ザックのサイドポケットに入れてもじゃまにならない。プラスチックの臭いも少なく快適に水分補給ができる。
ITEM
モンベル ボトル クリアボトル1.0L
●素材:(本体)飽和ポリエステル (キャップ)ポリプロピレン
●重量:130g
カラー:5色
●サイズ】φ8×25cm
●耐熱温度:ふた 100度 / 本体 90度
●耐冷温度:ふた 0度 / 本体 0度

丈夫です。 水を満タンにしたまま落下させてしまいましたが、本体が割れる気配もありません。 安心して携行出来ます。


キャメルバック チュート 0.75L

飲み口が細く開けやすいため飲みやすいボトル。キャップは半回転で開けることができ、飲み口部分は口当たりが滑らか。
ITEM
キャメルバック チュート 0.75L
容量:750ml

大きすぎず、小さすぎず、そこそこの大容量で満足です。色も気に入りました。


キャメルバック エディボトル0.75L

ボトルを逆さまにしなくても飲み口を噛みながら吸うことで、水が出てくるのですぐに水が飲める。
ITEM
キャメルバック エディボトル0.75L
●ボトル容量:0.75L
●重量:167g
●サイズ:径7×25cm

山歩きとゴルフと両方に使っている。 下を向いたまま飲めるというのはかなり便利で、噛まないとでないので持ち歩きも便利。



ステンレス・アルミ製の登山水筒

シグ クラシックボトル0.3L

保温効力の高まる真空2重構造を採用。サーモシグ本体に含まれる”ジルコニウム”が、真空層にわずかに残った酸素や湿気と結合することで容器内の熱や冷気を外に逃がさない真空の効果を高めます。
ITEM
シグ クラシックボトル0.3L
●容量:0.3L
●重量:240g
●材質:[本体]18/8ステンレス、[キャップ]ポリプロピレン

飲むときは口の周りが素材丸出しではないかとか、傾けると思いっきり中身がでてきてむせないかとか、いろいろチェックしましたが、これが一番気に入りました。夏も冬も一年中使えます。


SIGG ニューアクティブトップ シグニフィカント 0.6L

1908年に創設されたスイスブランドのSIGG。アルミ製造で定評があるSIGGのアルミボトルは、保温保冷ではないが軽量かつ頑丈でアウトドアシーンに最適。
ITEM
SIGG ニューアクティブトップ シグニフィカント 0.6L
●容量:0.6リットル
●素材:アルミ製

ラーケン クラシック シルバー 1.0L PL-33

1912年にスペインで生まれたアルミボトルメーカーのラーケン。軽量なのに丈夫なうえスタイリッシュで人気。※保温保冷ではありません。
ITEM
ラーケン クラシック シルバー 1.0L PL-33
●容量:1L
●重量:約 163G
●サイズ:直径 8.0X25.7CM

基本はクーラーやポータブル冷蔵庫に入れて使用します。アルミ単体ですから、冷えるのは早いですよ。 山などに徒歩で持ち込むときは、水分補給用に保冷を犠牲にしてザックに入れていきます。 その際でも液漏れはまず無いので、カメラやGPSなどの精密機械と一緒に入れても心配ありません。 他の製品だったらそんなことは出来ないでしょうね!


ラーケン フツーラ・サーモ 0.75L

ラーケンの保温保冷タイプのボトル。細口で飲みやすいデザインになっている。
ITEM
ラーケン フツーラ・サーモ 0.75L
●容量:0.75L
●重量:約314g
●サイズ:φ7.2×26.7cm 750ml

朝の6時頃に熱々のコーヒーを注ぎ込みます。 14時頃に飲んでも、まだ入れ立てみたいに熱いです。16時頃、ようやく「熱い」から「温かい」くらいに。18時頃、まだ温かいです。素晴らしい。あまりにも良い仕事をするので、昼食の際にはしばらく蓋を開けて冷ましてから飲んでいるくらいです。


CAPTAIN STAGアルミボトル600 ブルー M-5416

軽量かつ持ち運びやすいカラビナ付きのボトル。※保温保冷ではありません。
ITEM
CAPTAIN STAGアルミボトル600 ブルー M-5416
●サイズ(約):外径73×高さ215mm
●内容量(約):0.6L
●材質:本体:アルミニウム(アクリル樹脂塗装)、内面:エポキシ樹脂塗装コーティング、ふた栓:ポリプロピレン
●耐熱温度:120℃
●耐冷温度:-20℃

水素水を飲み始めたので密封性の高いボトルを探していましたが此方の商品は密封性が高いのに段が抜群に安く とても良い買い物が出来ました。


Klean Kanteenボトルリフレクト 18oz

2004年にアメリカで持続可能ボトルを生み出したクリーンカンティーン。蓋にバンブー素材を使用するなどおしゃれなデザインも好評。
ITEM
Klean Kanteenボトルリフレクト 18oz
●重量:215g
●容量:532ml
●素材:本体材質:18/8ステンレス、キャップ材質:18/8ステンレス、バンブー(竹)
●サイズ:H23.5cm×7φcm

スタイル、大きさ等好み通りで、使い勝手もよく、大変満足しています。


Klean Kanteenボトルワイドインスレート 20oz

クリーンカーティンの保温保冷タイプ。
ITEM
Klean Kanteenボトルワイドインスレート 20oz
容量:592ml
重量:337g
サイズ:22.5cm×7.5cm
素材:本体材質:18/8ステンレス

保温力が良く、しかも取り出し口が大きく氷を入れるときに便利です。 シンプルの作りなので、清掃も簡単で大変気に入っています。



ハイドレーションタイプの水筒

ハイドレーション 2Lタイプ

ホースにはONとOFFのコックが付いている。
ITEM
ハイドレーション 2Lタイプ
●サイズ:(約)縦36.5cm×横17.5cm×厚さ3cm
●重さ:約180g
●容量:約2L
●耐熱温度:-20℃から50℃対応(高温の飲み物には対応不可)

長距離のジョギング、自転車、そしてトレイルランニングに最適です。大会でも大活躍しました。


オスプレー レザヴォア 2L

アメリカでハイドレーションシステム業界をリードする、Hydrapak社と共同開発されたアウトドアアクティビティーのための高性能ウォーターパックです。
ITEM
オスプレー レザヴォア 2L
●容量:2リットル
●外寸:縦35x横15x奥6.5cm
●重量:0.3㎏

Platypusホーサー 1.0L

少ない力で容易に吸水できる。最後の水まで吸い上げられると好評。
ITEM
Platypusホーサー 1.0L
●容量:1.0L
●サイズ:15×28cm

歩きながら、快適に水やスポーツドリンクを飲めて、大変使いやすいです。


ガイガーリグ ハイドレーションエンジン ハンドポンプ付 2L

口を付けずに水を飲むことができるため、他の人やペットとでも水を共有できる。
ITEM
ガイガーリグ ハイドレーションエンジン ハンドポンプ付 2L
●容量:2L
●サイズ:32×18.5cm


    お気に入りの水筒で楽しい登山を!

    登山水筒(Klean Kanteen) 登山では水分補給が必要不可欠!小分けに持つと取り出しやすいので便利です。ぜひお気に入りの水筒を見つけて登山を楽しんでくださいね!

    Let’s find a favorite water bottle
    お気に入りの水筒を見つけよう!


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    登山で使える水筒で水を飲む
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    YAMA HACK編集部
    YAMA HACK編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

    OFFICIAL SNS

     

    LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

    登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!