防水バックパックおすすめ11モデル!防水と完全防水はどう違う?

2020/02/03 更新

急な雨、荷物を濡らしたくない!そんなときに防水バックパックがあると安心。普段自転車に乗る人も、通勤やアウトドアでガシガシ使いたい人にもおすすめの防水リュックをまとめました。「防水と完全防水はどう違う?」「開口部のタイプによってメリット・デメリットはある?」機能性の違いを知って、自分に合った容量・デザインを選びましょう。絶対に濡らしたくない人は、スタッフバッグとの併用も◎。さぁ、最強の相棒はどれだ!?


アイキャッチ画像出典:Amazon

防水と完全防水の違いって?

自転車に乗っていたら急に雨が降ってきた!海辺や川辺で遊んでいたらいつの間にか荷物が濡れていた!なんていうことはありませんか?こんなアウトドアシーンには、防水バックパックがおすすめなんです。

防水と完全防水の違いって?

出典:Amazon
【防水】水を通さない生地を使用、もしくは加工がされている。
【完全防水】防水の生地を使用しており、縫い目やジッパーにも防水処理が施されている。

防水のバックパックは通常の雨では浸水しないような設計になっており、普段使いに適しています。一方、完全防水のバックパックは水に強い生地を使い、さらに縫い目にも防水処理が施されているので、海や川でのスポーツのようなシーンでガシガシ使うのにぴったりです。

開口部は2タイプ!

防水バックパックのロールトップタイプとジッパータイプ
出典:Amazon/Amazon(左:ロールトップタイプ、右:ジッパータイプ)
防水バックパックの開口部は、主にロールトップタイプとジッパータイプの2つに分けることができます。ロールトップタイプは上蓋をまるめて留め、ジッパータイプはジッパーによって開閉します。

容量は使うシーンに合わせて

防水バックパックの容量の違い
出典:Amazon/楽天市場/wanna do(左22L/右30L)
【20L前後】通勤・通学にちょうど良いサイズ
【30L以上】荷物が多い人、アウトドア用に使う人におすすめのサイズ

20L前後の防水バックパックは、通勤や通学に使っても違和感がなく使いやすいサイズ。30L以上になると、見た目も大きくアウトドア要素が濃くなるので、荷物が多い人やアウトドアで使う人におすすめです。

⇒続いて、おすすめの防水バックパックをご紹介!

ロールトップタイプの特徴とおすすめモデル

防水バックパックを背負っている人
出典:Amazon
ロールトップタイプの一番の特徴は、開口部を巻いて閉めること。口を内側に折り込んでしまうので、開口部から雨が侵入する恐れがありません。開口部の巻く量を調節することで、荷物の大きさに合わせて大きくしたり小さくできるのも便利です。

ロールトップタイプのメリット&デメリット

防水バックパックのロールトップタイプ
出典:Amazon
【メリット】
・入り口からの雨の侵入がない
・巻き加減で容量が調整できる

【デメリット】
・開け閉めに手間がかかる
・縦長のモデルが多く、底に入れた荷物が取り出しづらい

容量20L前後のおすすめモデル

クローム アーバン EX ロールトップ(18L・完全防水)
クロームの中でも最上位クラスの完全防水を誇るバックパック。外ポケットがロールトップ部分にあることで、携帯電話などの小物を容易に取り出すことができて、普段使いにも便利。シンプルなデザインで、あらゆる身長と体格に対応できるので女子にもおすすめです。
ITEM
クローム アーバン EX ロールトップ
サイズ:幅25×高さ56×マチ15cm
重量:-
素材:ナイロン
カラー:全2色

クローム バラージカーゴ(22L・完全防水)
背面にある厚手テープのカーゴネットにヘルメットを収納することができる、サイクリストにもおすすめの防水バックパック。水抜き穴のある両脇のポケットにはペットボトルを収納可能。個性的な見た目はおしゃれのポイントにもなります。
ITEM
クローム バラージカーゴ
サイズ:幅29×高さ53×マチ14cm
重量:-
素材:ナイロン
カラー:全4色

色々と迷った末に決めました。カッコ良く、丈夫そうで確実な作り。その分、ゴツくて重さもありますが、何年でも使えそうに思えます。価格もお安く買えました。大変満足しています。楽しいサイクリングに末長く愛用したいと思います。


オルトリーブ パックマンプロ2(25L・完全防水)
ハイドレーション対応、ヘルメットホルダー付属の防水バックパック。通気性を確保した背負いやすい快適なパッドと、外側には小物用のポケットがあるので、普段使いにもおすすめ。カラーが豊富なのも魅力です。
ITEM
オルトリーブ パックマンプロ2
サイズ:幅28×高さ47×マチ15cm
重量:1020g
素材:-
カラー:全6色

さすが!完全防水ということでいっさい水は内部に侵入しませんねw雨でも通勤する方にはおすすめです!


容量30L以上のおすすめモデル

クローム ヤルタ 2.0(30L・防水)
クロームで人気のシリーズ、ヤルタが、アウトドアでよりガシガシ使える耐摩耗性・耐引裂性に優れた防水バックパックに進化。メイン以外にファスナーでアクセスできるPC用のスリーブがあるのは、荷物が多い人の普段使いにも便利。
ITEM
クローム ヤルタ 2.0
サイズ:幅34×高さ53×マチ19cm
重量:-
素材:ナイロン
カラー:全3色

オルトリーブ メッセンジャーバッグ(39L・完全防水)
プロのメッセンジャーにも愛用者の多い防水バックパック。背面は硬い素材で、A3の書類を折らずに持ち運べます。大容量で物をどんどん入れても、ショルダーパッドがしっかりしているので背負いやすいのも大きな特徴。
ITEM
オルトリーブ メッセンジャーバッグ
サイズ:幅×39高さ50×マチ15.5cm
重量:1300g
素材:-
カラー:全6色

⇒次は、ジッパータイプのおすすめ防水バックパックをご紹介!

ジッパータイプの特徴とおすすめモデル

出典:Amazon
ジッパータイプの防水バックパックに使われているジッパーは、止水ジッパーが使われています。止水ジッパーは両サイドのテープがぴたっと合わさることで防水されるのですが、さらに水の浸入を防ぐために、その上から雨蓋をかぶせるタイプもあります。

ジッパータイプのメリット&デメリット

防水バックパックのジッパータイプ
出典:Amazon
【メリット】
・荷物が取り出しやすい

【デメリット】
・長時間雨に打たれ続けると浸水してしまうこともある
・開け閉めにより、ジッパー部分が劣化しやすい

容量20L前後のおすすめモデル

ベルーフ フィールダー13(13L・防水)
背中からはみ出ないコンパクトなサイズのバックパック。内側はストレッチ性のあるポケットや、ハイドレーションを固定できるストラップがあり、アウトドアにもデイリーユースとしても使いやすい機能をそなえています。荷物が少ない方や、ちょっとそこまで出かけるのに気軽に使えるサイズです。
ITEM
ベルーフ フィールダー13
サイズ:幅26×高さ50×マチ15cm
重量:350g
素材:X-PAC ナイロン
カラー:ブラック

グレゴリー ピアポント(20L・防水)
メランジ織TPUコーティングのカスタムリップ素材を、表裏使うことで表情を持たせた防水バックパック。大きなカバーフラップがあることで、ジッパータイプですが中身を濡らしません。背負い心地の良さに定評のあるグレゴリーなので、トレッキングはもちろん、PCを収納できるスリーブがあるのでビジネスユースも可能です。
ITEM
グレゴリー ピアポント 20
サイズ:幅33×高51×マチ17cm
重量:1150g
素材:ポリエステル
カラー:全3色

アークテリクス アロー22(22L・防水)
アウトドアの機能性を備え、トラベル、タウンユース用に作られた防水バックパック。お洒落な人に注目されているアークテリクスのロングセラーアイテムは、見た目のかっこよさに加えて、荷物を入れた時の重心など計算された背負い心地の良さで人気です。
ITEM
アークテリクス アロー22
サイズ:幅35.5×高さ53.5×マチ16.5cm
重量:1100g
素材:ナイロン
カラー:全3色

バイク通勤で使用するため購入。見た目はすっきりとしているのに、荷物はたくさん入ります。雨の日も安心で毎日使ってます。お安く購入できてよかったです。


ヘリーハンセン タクティシャン WP バックパック(25L・完全防水)
セーリング仕様の高い防水機能を持つバックパック。シンプルでミニマルなデザインはタウンユースにも向いています。背面パッドは背負い心地が良く、リフレクトプリントで夜間の視認性もあるので、自転車の通勤・通学にも。
ITEM
ヘリーハンセン ロールマップバッグ
サイズ:幅28×高さ42×マチ18
重量:–
素材:ポリエステルオックスPVCコーティング
カラー:ディープネイビー、ブラック

容量30L以上のおすすめモデル

ノースフェイス BCヒューズボックス2(30L・防水)
ノースフェイスの人気ロングセラーの防水バックパック。型崩れしにくいボックス型で、大きく開く開口から中に荷物をどんどん詰められる手軽さが嬉しい設計。荷物をたくさん入れても背負いやすい、実用的な普段使いのバックパックです。カラーが豊富で好きなカラーを選ぶことができます。
ITEM
ノースフェイス BCヒューズボックス2
サイズ:幅33×高さ46×マチ15cm
重量:1010g
素材:ポリエステル
カラー:全12色

この商品は前から探しておりまして、なかなかお店まで見に行く時間がなく、色も揃ってたことでここで購入しました。ノースフェイスのカバンは頑丈で雨にも強くいつも愛用しています。いつもはショルダーバッグだパソコンなど入れられないことで今回は探していたカバンを買うことが出来ました!!!収納箇所もいっぱいでおおすめします!!!!


クローム フォートナイト(40L・防水)
1週間ほどの旅行にも対応する大容量バックパック。多機能で、大きく開くメインポケットや、寝袋やダウンジャケットなどを挟んで圧縮できるコンプレッションフラップなど、毎日のパッキングを楽にしてくれるバックパックです。
ITEM
クローム フォートナイト
サイズ:幅33×高さ52×マチ18cm
重量:1600g
素材:ナイロン
カラー:全4色


⇒これも見逃せない!あると便利な防水スタッフサック

スタッフバッグとの併用でさらに安心!

スタッフサック
出典:Amazon
スタッフバッグは、荷物を小分けにして入れることができる袋のこと。防水のスタッフバックも多く出ているので、絶対に濡らしたくない荷物があるときは、防水バックパックと併用すればさらに安心です。

シートゥサミットウルトラSIL ナノ ドライサック 2L

超軽量・コンパクトで耐水圧1,200mmの耐水性に優れたスタッフバッグ。完全シームテープ処理に、湿気の浸入を防止するつくりで、絶対に濡らしたくない衣類や小物を入れるのに最適です。
ITEM
シートゥサミットウルトラSIL ナノ ドライサック 2L
サイズ:底面(15×9.5)×高さ28.5cm
重量:16g
素材:ウルトラシルナノ(15Dシリコン/PUナイロンファブリック)
カラー:3色

イスカ スタッフバッグキット(4枚セット)

ナイロン生地に防水コーティングを施したスタッフバッグ。スタッフバッグ初心者でも使いやすい巾着タイプで、4サイズセットなので衣類、ギア、小物類を分けて入れることができます。サイズごとにカラーが違うので、バックの中でも見つけやすい。
ITEM
イスカ スタッフバッグキット(4枚セット)
サイズ: 21×7×43.5cm、22×6×38cm、17×5×31.5cm、19×29cm
重量(平均):110g
素材:ナイロン生地に防水コーティング
カラー:4色セット

しっかりした生地でハリがあるので使いやすいです。
価格と機能のバランスがよい。


グラナイトギア エアジップディティーフルセット

防水生地の30Dシルナイロンコーデュラに止水ジッパーのスタッフサック。ジッパータイプは素早い収納ができて便利です。一番大きなサイズは衣類に適した2.4L、小さなサイズは鍵やスマートフォンなどに適した0.6L。使い勝手の良い4個入り。
ITEM
グラナイトギア エアジップディティーフルセット
サイズ:7×7×14cm、8×8×17cm、9×9×21cm、10×10×24cm
重量:14g、16g、19g、21g
素材:30Dシルナイロンコーデュラ
カラー:4色セット

軽量かつしっかりしてるので、バッグインバッグとして使います。色も違うので管理しやすい。



▼スタッフバッグをもっと探したい方はこちら

防水バックパックで出かけよう!

出典:Amazon
雨の日でも雪の日でも、どんな天気でも気にならないのが防水バックパックの良さ。シンプルなものが多く、アウトドアだけではなく通勤や通学に使いやすいモデルがたくさん出ています。ぜひ用途に合わせて選んでみてください!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


紹介されたアイテム

クローム アーバン EX ロールトップ
サイトを見る
クローム バラージカーゴ
サイトを見る
オルトリーブ パックマンプロ2
サイトを見る
クローム ヤルタ 2.0
サイトを見る
オルトリーブ メッセンジャーバッグ
サイトを見る
ベルーフ フィールダー13
サイトを見る
グレゴリー ピアポント 20
サイトを見る
アークテリクス アロー22
サイトを見る
ヘリーハンセン ロールマップバッグ
サイトを見る
ノースフェイス BCヒューズボックス2
サイトを見る
クローム フォートナイト
サイトを見る
シートゥサミットウルトラSIL ナノ ド…
サイトを見る
イスカ スタッフバッグキット(4枚セット…
サイトを見る
グラナイトギア エアジップディティーフル…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!