天狗岳|八ヶ岳登山の入門編!初級者向け日帰り&1泊2日のルートを写真で紹介

2021/04/08 更新

八ヶ岳連峰の中でも、登山初級者の入門の山と言われる「天狗岳」。特に難所もないため、初級者も安心して登山できます。一方では他の峰々の縦走登山にも利用されベテランにも人気です。そんな天狗岳の見どころや初心者向け登山コース、アクセス、登山口の温泉情報をご紹介します。

コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。 山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

天狗岳は八ヶ岳連峰の入門に最適!

天狗岳
出典:PIXTA
標高所在地最高気温
(6月-8月)
最低気温
(6月-8月)
2646m(東天狗)長野県茅野市15.7℃8.3℃
参考:ヤマレコ
天狗岳は北八ヶ岳に位置し、八ヶ岳連峰の入門の山として最適な山。東天狗岳(標高2,646m)と西天狗岳(標高2,645.8m)の東西二峰からなり、東天狗岳すぐ北にある岩峰が、「天狗の鼻」のように見えることからその名前が付いたと言われています。

八ヶ岳とは山塊の総称

 八ヶ岳連峰・赤岳から見る硫黄岳・天狗岳と蓼科山
出典:PIXTA
八ヶ岳は、長野県と山梨県にまたがっている山塊の総称で、最高峰は、標高2,899mの赤岳。岩峰が連なりアルペン的な南八ヶ岳と、原生林が生い茂りなだらかな山容が特徴の北八ヶ岳とに分けられます。
関東エリアや中部エリアからのアクセスもよく、また、日本百名山でもあることから、年間を通して人気のエリアです。

初級者のステップアップの山として人気

冬の天狗岳
出典:PIXTA(冬の天狗岳)
天狗岳を含む、八ヶ岳は山小屋が多く、連泊登山や縦走もでき、初級者からベテランまで楽しめ、全体的に危険箇所が少ないのも魅力。雪山登山を八ヶ岳から始める人も多く、1年を通じてステップアップの山として賑わっています。

地図は必ず携帯

登山で地図は常識。必ず携帯しましょう。こちらがおすすめです。

ITEM
山と高原地図 33八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰

天気もチェック

登山前にはかならず現地の天気をチェックしましょう。

てんきとくらす|天狗岳

これは押さえたい!天狗岳の見どころ

天狗岳には多くの見どころがありますが、そのうちのおすすめをいくつか紹介します。

偽ピーク?な「天狗の鼻(天狗岩)」

天狗の鼻
出典:PIXTA
東天狗岳山頂の約120m北にある岩峰。その名の通り、天狗の鼻のようにそびえていることから、天狗岳の象徴のような存在。山頂よりも山頂らしい、いわゆる”ニセピーク”。間違えて山頂と思い登ってしまう登山者もいるので注意。

マイナスイオンたっぷりの「苔の森」

苔の森
出典:PIXTA
天狗岳が位置する北八ヶ岳山麓は、緑豊かな深い森の中。コメツガやシラビソなどの樹木の下、苔に覆われた岩が幻想的で、まるで、スタジオジブリの映画『もののけ姫』の世界に入ったような錯覚を覚えます。天狗岳登山道の最初はこのような苔の森の中、マイナスイオンを浴びながら歩きましょう。

東天狗岳からの大展望!

東天狗岳山頂からの展望 東天狗岳からは、中央アルプス、南アルプスを遠望でき、特に、赤岳や硫黄岳の連なりが八ヶ岳の雄大さを感じさせ圧巻です。
次からは、初心者向け登山コースを2つ。まだまだ、たくさんの見どころがありますが、こちらでも紹介します。

【日帰り】唐沢鉱泉~天狗岳~黒百合平周遊コース

西天狗岳と東天狗岳
出典:PIXTA(西天狗岳と東天狗岳)

合計距離: 8.11 km
最高点の標高: 2598 m
最低点の標高: 1885 m
累積標高(上り): 1049 m
累積標高(下り): -1049 m
【体力レベル】★★★☆☆
日帰り
コースタイム:5時間45分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要(周遊)
唐沢鉱泉(60分)→第1展望台(60分)→西天狗岳(20分)→東天狗岳(65分)→中山峠(5分)→黒百合平(85分)→唐沢鉱泉
天狗岳西側の代表的な登山口「唐沢鉱泉」から、西天狗岳、東天狗岳を登頂し、黒百合平を経由する周遊コース。天狗岳登山では、最も一般的な登山コースです。

登山口「唐沢鉱泉」から出発

唐沢鉱泉登山口 唐沢鉱泉から出発。こちらを右へ進めば西天狗岳へ。左は黒百合平側なので、今回は下山ルートになります。

最高の眺望|第1展望台

第一展望台
登山口からは、しばらく深い苔の森の中を歩きます。1時間ほどすると周りが開け、第1展望台へ。ずっと展望が無い中を歩き、展望台へ立つと、ちょっと感動モノです。

まずは西天狗岳へ登頂

西天狗から東天狗岳を見る
出典:PIXTA(西天狗から東天狗岳を見る)
ひとつ目の山頂「西天狗岳」。中央アルプスをはじめ、遠くにアルプスの山々が望めます。進む方向に「天狗の鼻」と「東天狗岳」が間近に見えます。

最高峰東天狗岳へ

東天狗岳山頂
出典:PIXTA
天狗岳最高点「東天狗岳」山頂に到着!登ってきた西天狗とともに、遠くに同じ八ヶ岳の硫黄岳や横岳、アルプスの山々が遠くに望めます。間近には天狗の鼻、その向こうには稲子岳の南壁と、迫力がある姿を見せてくれます。

黒百合平でちょっと一息

黒百合ヒュッテ
出典:PIXTA
東天狗岳から中山峠を経由し、黒百合平へ。その名の通り、6月下旬から7月初旬にはクロユリのお花畑が見られます。山小屋の「黒百合ヒュッテ」があり、宿泊はもちろん、ランチや喫茶営業も行っているので、休憩に利用できます。

黒百合ヒュッテ|公式サイト

北八ヶ岳の森の中、唐沢鉱泉へ下山

北八ヶ岳の森の中 黒百合平から下山。しばらくすると、渋の湯分岐を過ぎ、樹林帯へ入り、再び北八ヶ岳の苔の森へ。そのまま進むと唐沢鉱泉へ到着。天狗岳周遊登山の終わりです。

【山小屋泊】稲子湯~黒百合ヒュッテ(泊)~東天狗岳~根石岳

中山峠付近から天狗岳方面を見る
出典:PIXTA(中山峠付近から天狗岳方面を見る)
合計距離: 16.75 km
最高点の標高: 2587 m
最低点の標高: 1503 m
累積標高(上り): 2124 m
累積標高(下り): -2124 m
【体力レベル】★★★☆☆
1泊2日
コースタイム:10時間50分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
ルート概要(1泊)
【1日目】稲子湯(150分)→みどり池(90分)→中山峠(5分)→黒百合ヒュッテ(泊) 【2日目】黒百合ヒュッテ(5分)→中山峠(110分)→東天狗岳(15分)→根石岳(20分)→箕冠山(35分)→夏沢峠(40分)→本沢温泉(100分)→みどり池(90分)→稲子湯
天狗岳東側の代表的な登山口「稲子湯」から、黒百合ヒュッテへ宿泊。翌日は、東天狗岳、根石岳(ねいしだけ 標高2,603 m)、箕冠山(みかぶりやま 標高2,580m)のミニ縦走を楽しみ、本沢温泉から稲子湯へ下山します。

登山口「稲子湯」から出発

稲子湯 登山口である「稲子湯」を出発。しばらくは森の中。10分程度歩いた場所にも「みどり池駐車場」があり、そちらに駐車することも可能。どちらも登山口として利用されています。
しばらくは、北八ヶ岳の森の中を、みどり池を目指します。

幻想的な森に囲まれたみどり池

みどり池
出典:PIXTA
北八ヶ岳の森を登っていくと、みどり池に到着します。しらびそ小屋がたたずむこの池は、リスや野鳥が遊ぶ原生林の森の中にあり、静かでのどかな風景を楽しめます。

中山峠から黒百合平へ向かう

中山峠
出典:PIXTA
中山峠へ到着。天狗岳は左方向ですが、宿泊のため、一旦、黒百合平方向に進みます。八ヶ岳登山ではよく使う、十字路の分岐点。進む方向を間違えないように、よく確認しましょう。

黒百合ヒュッテで宿泊

黒百合ヒュッテ
出典:PIXTA
唐沢鉱泉コースで休憩場所として紹介した「黒百合ヒュッテ」に宿泊。天候が良ければ、夜は降るような満天の星に感動するかも。

雄大な八ヶ岳を楽しむ|東天狗岳~根石岳~箕冠山縦走

天狗岳根石岳縦走
出典:PIXTA(根石岳から天狗岳)
翌朝、黒百合ヒュッテを出発。中山峠から東天狗岳へ。絶景を楽しんだ後は、根石岳、箕冠山へ縦走。気持ちのいい尾根を歩き、約1時間程度、雄大な八ヶ岳のミニ縦走を楽しみましょう。

日本最高所野天風呂「本沢温泉 雲上の湯」

本沢温泉
出典:PIXTA
夏沢峠を経由し、下山路をたどります。約1時間程度で、日本最高所野天風呂「雲上の湯」がある「本沢温泉」に。かなりワイルドな温泉ですが、開放感抜群!勇気があれば入っていきましょう。入浴料1000円です。

本沢温泉|公式サイト

 

本沢温泉を後にし、稲後湯登山口へ下山します。

黒百合ヒュッテ情報

黒百合ヒュッテ
出典:PIXTA
今回の宿泊場所「黒百合ヒュッテ」は、黒百合平にたたずむ山小屋。ランチ、喫茶営業もしており、天狗岳を含む八ヶ岳登山の拠点として人気です。ピアノやジャズなどのイベントを多数開催しており、それを目当てに訪れる人も多数います。
電話:090-2533-0620(小屋直通電話)、0266-72-3613(事務所)
料金:(1泊2食付き)8,800円〜、(素泊まり)5,500円〜、(テント場)1,000円+1張につき500円
営業期間:通年営業

黒百合ヒュッテ|公式サイト

天狗岳へのアクセス

今回紹介した2つの登山口へのアクセスはこちら。

唐沢鉱泉登山口

 

【クルマの場合】
中央自動車道「諏訪南」ICーエコーラインー三井の森別荘地ー唐沢鉱泉登山口


■唐沢鉱泉 天狗岳登山口駐車場
駐車台数:
約30台
料金:
無料
トイレ:あり

【公共交通機関の場合】
JR中央本線「茅野」駅ータクシーにて約55分(約7,700円) ※バス等はありません。

稲子湯登山口

【クルマの場合】
中央自動車道「長坂」ICー国道141号ー松原湖ー稲子湯登山口


■稲子湯駐車場
駐車台数:
約20台
料金:
300円/1日
トイレ:あり
■みどり池駐車場
駐車台数:
10台前後
料金:
無料
トイレ:
なし

【公共交通機関の場合】
JR小海線「小渕沢」駅ー小海町営バス松原湖線「小海駅前」バス停より乗車ー「稲子湯」バス停下車、または「みどり池入り口」バス停下車
※冬季はみどり池入口・稲子湯までのバスの運行はありません。詳細は、公式サイトで。

小海町|公式サイト

下山後は温泉!

今回紹介した登山口には、どちらも日帰り入浴可能な温泉があります。また温泉では宿泊もできますので、遠方の場合は、前泊すると便利です。

唐沢鉱泉

唐沢鉱泉
出典:PIXTA(唐沢鉱泉)
武田信玄の隠し湯とも言われる、由緒ある温泉宿。泉質は日本でも珍しい二酸化炭素冷鉱泉。通常は無色透明なお湯ですが、年に数回だけ乳白色に変わることがあり、当たった時は何かいいことがあるかも!?
住所:長野県茅野市豊平4733-1
電話: 0266-76-2525
料金:大人700円、子供400円
入浴時間:10:00~15:30(受付15:00)

唐沢鉱泉|公式サイト

稲子湯旅館

稲子湯旅館
出典:PIXTA
開湯100年を超える湯治場の稲子湯温泉。山小屋の雰囲気がする一軒宿で、泉質は二酸化炭素硫黄冷鉱泉。シンプルな内湯の温泉です。
住所:長野県南佐久郡小海町大字稲子1343
電話: 0267-93-2262
料金:大人650円、小人300円
入浴時間:9:00~15:00 不定休


稲子湯旅館|公式サイト

天狗岳登山は、魅力ある八ヶ岳へ始めの一歩

八ヶ岳連峰
出典:PIXTA
八ヶ岳は、難易度の低いコースから高いコースまでバリエーションが多く、自分のレベルに合った登山が楽しめます。展望もよく、山小屋も点在しているので快適な山旅が味わえますよ。天狗岳登山は、魅力ある八ヶ岳へ始めの一歩、ぜひ挑戦してみてください。
登山前のしっかりとした準備と心構えを忘れずに、安心・安全な登山を楽しんでくださいね。

 
※この記事内の情報は特記がない限り公開初出時のものとなります。登山道の状況や交通アクセス、駐車場ならびに関連施設などの情報に関しては、最新情報をご確認のうえお出かけください。

こちらの記事もどうぞ

紹介されたアイテム

山と高原地図 33八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!