白駒池|苔と紅葉が美しい北八ヶ岳の森!登山コース・アクセスまとめ

白駒池は標高2000m以上にある湖では最も大きく、苔と紅葉が美しいことで有名です。初心者にぴったりの登山コースとアクセスや駐車場情報をまとめました。少し足を延ばすだけで池周辺では見られない八ヶ岳の山々の絶景や、美しい苔の森を堪能できますよ!


北八ヶ岳の苔の森、白駒池

白駒池と山荘の画像
標高所在地最高気温(6月‐8月)最低気温(6月‐8月)
約2115m長野県南佐久郡佐久穂町・小海町20.3℃6.1℃
参考:ヤマレコ
白駒池は北八ヶ岳のふもと八千穂高原にある池で、標高2,000m以上の高地にある湖では日本で一番の大きさです。透明度が5.8mと高く、美しい白駒池を見たいと多くの人々が訪れる人気のスポットとなっています。アクセスしやすいのも人気の理由の一つでもあります。

白駒池周辺の苔の森
白駒池周辺は日本の3大原生林のひとつに数えられている原生林があり、コメツガ、トウヒ、シラビソ、ダケカンバなどが生い茂ります。樹齢数百年の木々に覆われ、昼間でも薄暗くとても神秘的な森が広がっています。白駒池周辺は木道が整備されており、観光の方にも森の中を歩きやすくされています。

白駒池の天気

白駒池周辺は遊歩道があり、歩きやすくはなっていますが、雨が降ると滑りやすくなります。特に周辺の高見石などまで足を延ばす場合は必ず天気を調べてから出かけましょう。

てんきとくらすで白駒池の天気を調べる

白駒池周辺おすすめ登山コース3選【初心者向け】

白駒池周辺の高見石の風景画像
白駒池周辺には初心者でも楽しめる標高差が少なく周回できるコースがいくつかあります。時間と体力に合わせて選びましょう。

①高見石から白駒池へ お気軽登山コース

白駒池~高見石登山コースの画像
距離コースタイム標高差日程難易度
約4.6km約2時間約166m日帰り
白駒池駐車場を出発し、苔を眺めながら遊歩道を歩きます。途中の分岐で高見石小屋方面へ。ゆるやかに登っていく途中も美しい苔の生えた景色を堪能できます。高見石小屋から裏手を登ると高見石に到着。高見石からは北アルプス・中央アルプス、そしてこれから向かう白駒池を望むことができます。

高見石から見た白駒池
景色を堪能したら、高見石を白駒池方面に下っていきます。白駒池の付近はぐるりと遊歩道があるので、そこを回って白駒池と苔の作り出す景色を堪能。白駒池を一周したら駐車場に戻ってゴールです。

②麦草峠~丸山~高見石~白駒池 苔の森堪能登山コース

麦草峠から白駒池登山コースの画像
距離コースタイム標高差日程難易度
約5.2km約2時間半約146m日帰り
麦草峠を出発して、丸山の森の中を登っていきます。森の中は苔が美しく、道中は様々な種類の苔を見ることができます。幻想的な森の雰囲気を楽しみながら歩きましょう。

麦草峠からの登山コースで見られる苔の森の画像
丸山山頂はあまり開けていないので、そのまま高見石小屋へ下り、景色を堪能しましょう。高見石小屋からは①のコースと同じルートで白駒池に下り、ぐるりと池の周りを歩いて、麦草峠に戻ってゴールです。

③白駒池~にゅう~中山周遊 登山コース

白駒池からにゅうへの登山コース画像
距離コースタイム標高差日程難易度
約7.7km約4時間40分約402m日帰り★★
白駒池駐車場を出発して最初の十字路を左に曲がり、白駒池の周りを半周ほど回ります。もののけの森、にゅうの森は苔の美しさを楽しんで。何度か分岐がありますが「にゅう」の方向へ進めば迷うことはありません。山頂までは少し急な登りなので、無理せず進みます。にゅう山頂からは天狗岳や硫黄岳、蓼科山など八ヶ岳の山々が望め、景色は最高です!

にゅうからの蓼科山の眺め
そこからさらに中山方面へ登っていきます。標高2496mの中山山頂から少し行くと中山展望台という開けた場所があり、眺めを堪能するのはもちろん休憩にもピッタリ。中山展望台を出た後は高見石小屋、そして白駒池へと下り、白駒池駐車場へ戻ってゴールです。

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 2017

登山に行く前にコースを地図でしっかりチェックしていきましょう。
山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 2017
ITEM
山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 2017

白駒池周辺は苔の宝庫!

白駒池周辺の苔の森の画像
白駒池周辺は国内でも有数の苔の森で、日本蘚苔類学会により「日本の貴重なコケの森」に選定されています。

白駒池周辺で何種類の苔が見られるの?

白駒池で見られる苔の画像
白駒池周辺では485種類もの苔が確認されています。一面の苔の絨毯を眺めながら森歩きをするのもいいですし、虫めがねで葉の形などを細かく見ていくのも楽しいです。形だけではなく、感触や苔が生えている木の種類の違いにも注目してみましょう。ただし、苔や木を傷つけないように登山道を外れないように注意しましょう。

白駒池 苔の見頃はいつ?

苔が見られる白駒池の遊歩道の画像
苔は一年中あるものですが、雪に覆われると見ることはできないので、6月から11月初旬に見に行きましょう。しっとりとした梅雨の時期や雨の日、雨のあとは苔がイキイキときれいに見えます。

苔の観察会に参加すれば、もっと苔の世界が近くなる!

毎年初夏~秋にかけて、「苔の観察会」が開催されています。2時間ほどの会と、1泊2日の充実体験コース、どちらも予約制ですので、気になる方は事前に調べて参加しましょう!

苔の観察会 詳細はこちら

秋は紅葉が美しい白駒池

白駒池の紅葉の画像
常緑の針葉樹が多い森ですが、白駒池の周りには黄色く染まるダケカンバや赤く染まるサラサドウダンが多く、ナナカマドやカエデなども紅葉します。青空と燃えるような紅葉の鮮やかな対比や紅葉が湖に映る景色を見ることができます。紅葉の見頃は年によって違いますが10月上旬から中旬くらいが多いようです。

白駒池の紅葉 撮影おすすめスポット

白駒池の紅葉撮影スポット画像
①白駒荘前
白駒池を撮影する定番スポットで、多くのカメラマンが三脚を立てて撮影しています。白駒山荘前は池を手前にして朝焼けや日の出を撮影するのに適しており、桟橋付近は池全体を見渡すことができる良い場所です。

②青苔荘付近
青苔山荘付近では白駒池と池に映る紅葉の写真を撮るのにおすすめの場所です。太陽の当たり方で時間を変えて撮影するといいでしょう。少し突き出た「にゅう」を背後に撮影することもできます。

白駒池の紅葉 現在の状況はFacebookをチェック!

青苔荘のFacebookで、紅葉の状況がこまめに更新されています。

青苔荘 Facebookはこちら

白駒池 登山口へのアクセス・駐車場情報

白駒池はよく整備されて走りやすいメルヘン街道の終点にある白駒池駐車場から徒歩15分ほどで、マイカーの他電車、バスでアクセスすることがきでます。

車でのアクセス・駐車場情報

【白駒池駐車場・麦草峠へのアクセス】
・中央自動車道 須玉IC-国道141号-国道299号(メルヘン街道)-白駒池駐車場-麦草峠(須玉ICから約1時間15分)
・中央自動車道 諏訪IC-ビーナスライン-国道299号(メルヘン街道)-麦草峠-白駒池駐車場(諏訪ICより約1時間)
・上信越自動車道 佐久IC-国道141号-国道299号(メルヘン街道)-白駒池駐車場-麦草峠(諏訪ICより約1時間)

【駐車場情報】
・白駒池駐車場
駐車可能台数:150台(大型バス駐車可)
料金:500円(普通車)
トイレ:あり

・麦草峠駐車場
駐車可能台数:30台
料金:無料
トイレ:あり

※ハイシーズンは朝の時点で満車になることもあります。また、混雑緩和のため交通規制がかかる場合もありますのでご了承ください。

電車・バスでのアクセス

・東京駅から北陸新幹線 佐久平駅にて下車-千曲バス白駒線 白駒の池・麦草峠方面行乗車-白駒池入口または麦草峠下車(佐久平駅より約1時間50分)
・新宿駅からJR中央線 小淵沢駅にてJR小海線に乗り換えー八千穂駅にて下車-千曲バス白駒線 白駒の池・麦草峠方面行乗車-白駒池入口または麦草峠下車(八千穂駅より約1時間10分)
・新宿駅からJR中央線 茅野駅にて下車-アルピコ交通バス麦草峠線乗車-麦草峠または白駒の池下車(茅野駅から約1時間20分)

千曲バス 詳細はこちら

アルピコ交通 詳細はこちら

神秘的な白駒池周辺をトレッキング!

白駒池の画像
白駒池周辺の森に足を一歩踏み入れるとそれは神秘的な空間が広がっています。すぐそこに道路があるとは思えないほど深い森に包まれます。池まではよく整備されているのでどなたでも歩きやすく、気軽に自然を楽しむには最適です。天気の良い日はもちろん、曇りの日には曇りの日の良さがあり、天気を問わずに楽しむことができます。ぜひお出かけください!

Let’s go out to the beautiful moss forest “Shirakomaike“!

美しい苔の森”白駒池“に出かけよう!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

紹介されたアイテム

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 2017

山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 2017

¥1,080 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

白駒池の画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!