軽くて強い防水シェル『クライムライトジャケット』を深堀り!初めてのレインウェアにもおすすめ

2020/09/03 更新

軽さとすぐれた耐久性をもつ素材「GORE- TEXマイクログリッドバッカー」を採用した、ザ・ノース・フェイスの人気レインウェア『クライムライトジャケット』。無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインでありながら、雨や風からしっかりと体を守ってくれます。山でも街でも大活躍間違いなしの一着を詳しく紹介!悪天候の登山での実力もレビューします。


登山中、レインウェアを着るのは雨の日だけ?

雨の日登山 天候が変わりやすい山では、晴れていても必携なのがレインウェア。必要となるのは雨天時だけではなく、行動時の風よけや寒さ対策のために羽織る場面も多くあります。

そのため山で着用するレインウェアは「防水性」だけでなく、「透湿性・防風性・軽量性・耐久性」なども求められます。

すべてを備えた“タフ”なレインウェアなら『クライムライトジャケット』

クライムライトジャケット物
出典:THE NORTH FACE(左/Men’s、右/Women’s
薄手の素材ながら、雨からも風からもしっかりと体を守る<ザ・ノース・フェイス>クライムライトジャケット。素材の性能を最大限に活かすためのミニマルデザインと立体裁断により、すぐれた運動性を実現した軽量レインウェアです。

シンプルなデザインは、タウン用としても使いやすい一着。カラーも山で目立つ明るい色から、街でも着やすい落ち着いた色まで展開されており、シーンに合わせた色選びができます。

強く、軽量性にすぐれたGORE-TEXマイクログリッドバッカーを採用

GORE-TEXロゴ見せ
撮影:筆者(襟元内側のタグ。ループ付き)
防水透湿性にすぐれたGORE-TEXの中でも、高いレベルで耐久性と軽量性を両立する“マイクログリッドバッカーテクノロジー”を採用。ゴワゴワせず、しなやかで適度にハリがある素材感です。

フィルム状のGORE-TEXメンブレンを、軽量で撥水性の高いナイロン素材の表地と、極細繊維を織り上げた裏地で挟み込んでいます。

裏地見せ
撮影:筆者(肌触りのよい裏地)
サラサラとした肌触りですべりの良い裏地は、汗をかいてもペタペタと肌にはりつきにくく快適!

幅広く使える軽量&コンパクトさ

クライムライトジャケット収納
撮影:筆者
270g(メンズLサイズ)と非常に軽量で、コンパクトにたためる収納性の高さも魅力。登山やフェス、旅行にもかさばらず持ち運べます。雨風に強いのでサイクリングにも◎!

【徹底レビュー】 悪天候の山で着てみました

クライムライトジャケット着用前
撮影:筆者
クライムライトジャケットの性能を、女三瓶山(標高957m)、往復約2時間の山行でチェックしてみました。ご覧の通りの悪天候…360度、ガスって何も見えません。

ボトムスにはジャケットと同素材を使った、クライムライトジップパンツを着用しての検証です。
【着用テスト時データ】
時期:8月上旬
天候:くもり時々雨、山頂手前からガスっている状態
気温:22℃
風速:樹林帯では5m/sほど、山頂付近は時折10m/sほどの強風
早速、優れていると感じた特長を5つ紹介します。

【1】ムダのないスリムなシルエット、でもレイヤリングしやすい!

クライムライトジャケット着用横
撮影:筆者
身長152cm、ジャケット・パンツ共にWomen’s Mサイズを着用。腕は長め、身頃はムダのないスリムなシルエットですが、中間着を重ね着しても余裕があるサイズ感です。

クライムライトジャケットサイド見せ
撮影:筆者
前はすっきりと動きやすい短め丈。後ろにかけて長めの丈になっているので、かがんだ際にも背中が出ず安心。

【2】高い撥水性&防水性で雨の日も安心!

クライムライトジャケット撥水
撮影:筆者(左/水が弾かれる様子、右/圧がかかった部分)
強い雨の中でもしっかり水を弾く高い撥水性!水滴がコロコロと表面を転がっていきます。バックパックの肩部分など、圧がかかりやすい箇所は黒っぽくなることがありますが(右画像参照)GORE-TEXメンブレンのおかげで中には浸み込みません。

低めの気温で風もある天候で、登山中はじんわりと汗をかく状態でしたが、ウェア内のムレは特に気になりませんでした。風が吹きつける悪天候の山頂では、すぐれた防風性を実感!

【3】雨の中でも視界は良好!フィット感の高いフード

クライムライトジャケットフード
撮影:筆者(左/頭周り調整用の後頭部のドローコード、右/首元ドローコードで、顔周りの黄色〇部分のフィット感を調節)
頭の丸みにフィットするフードは、ヘルメットの上からもかぶれるサイズ感。頭部の動きを妨げないデザインで、悪天候の中でも視界を保つ構造です。

後頭部のドローコードで頭周りを、首元のドローコードで顔周りのフィット感を高め、雨風をシャットアウトできます。どちらのドローコードも簡単に調節できるので、急な雨にも対応OK!

【4】動作を考えたデザインで、ストレスフリーな腕周り

クライムライトジャケット腕上げ
撮影:筆者
運動性を考慮したデザインによって、バックパックを背負った際にも動きやすい腕周りを実現!腕を上げる動作が多い登山中も、突っ張りやストレスを感じずに動けました。

【5】登山中も使いやすい位置のフロントポケット

クライムライトジャケットポケット見せ
撮影:筆者
バックパックのウエストハーネスと干渉しないよう、高めの位置にデザインされたフロントポケット。縦長で大きめのポケットは登山中も使いやすいサイズです。

雨に強いポイントはこんなところにも!

悪天候の中での着用テストでも抜群の防水性を発揮してくれた、クライムライトジャケット。生地だけでなく、細かなパーツにも雨風を防ぐ工夫がたくさんありました。


止水ファスナーとフラップで浸水を防ぐ

クライムライトジャケットファスナー
撮影:筆者
止水ファスナーは開け閉めしづらいものも多いですが、クライムライトジャケットのファスナーはスッと上げ下げができる印象。ファスナー内側のフラップで防水性を高めています。

縫い目からも浸み込ませない!

裏地見せ
撮影:筆者(左/前身頃裏のシームシーリング、右/胸元ロゴ裏)
裏側には丁寧にシームシーリング加工がされているので、縫い目から水が浸み込む心配はありません。ロゴ刺繍部分の加工もバッチリ!

ポケットはフラップとベルクロで浸水防止

ファスナーポケット見せ
撮影:筆者
フロントポケットのファスナーは止水仕様ではなく、フラップとベルクロで水の浸入を防ぎます。ファスナーが見えない分、シンプルな見た目で◎。

ベルクロとゴムでフィット感を高められる袖口

クライムライトジャケット袖口
撮影:筆者
ベルクロとゴムでフィット感を高め、濡れや風の侵入を防ぐ袖口。しっかりとベルクロを閉めていても脱ぎ着しやすくなっています。

袖裏比較
撮影:筆者
袖口の内側にもGORE-TEX生地を使うことで、トレッキングポールを使う際など手の位置が高くなる場合でも水が入りづらい仕様です。

裾のドローコードでバタつかない

ジャケット裾見せ
撮影:筆者(画像右/黄色〇部分にアジャスターあり)
操作しやすいアジャスター付きのドローコードが裾にも入っています。雨風が強いときにもフィット感を高めることで、バタつかず濡れや冷えを防いでくれます。

ココがちょっと気になる…

さまざまなシーンで使える万能なクライムライトジャケットですが、ちょっと気になる点も…。

襟元の内側の肌当たり

クライムライトジャケット首元
撮影:筆者(黄色〇部分の内側の肌当たりが気になる)
ファスナーの内側にフラップが付いているので、直接肌に金具が当たらないようになっています。ただ、ファスナーを全部閉めてフードをかぶると、アゴに当たる部分が少し気になることも。肌当たりが気になる方は、襟元内側に手ぬぐいなどを巻いておくと安心です。

グローブ装着時はポケットのベルクロ要注意!

クライムライトジャケットファスナーくっつく
撮影:筆者
ポケット部のベルクロは防水性を高めるために、しっかりめの素材になっています。グローブ装着時にはベルクロがくっつかないように注意が必要!ベルクロがついていないポケット上部や下部から開けるようにすると、くっつきを防ぐことができます。

どんな山で着るのに向いてる?

クライムライトジャケット着用
撮影:筆者
高い防水透湿性・耐久性・運動性をもつクライムライトジャケットは、こんな季節や山行におすすめ!
■気温差が大きい春と秋
保温着だけでは肌寒い登山時の防寒着として
■春~秋の悪天候時
雨の日の登山のレインウェアとして
■長時間の縦走登山
荒天時の備えや雨天時のレインウェア、稜線や休憩中の防風・防寒着として
■強風にさらされやすい稜線歩き
稜線上での防風・防寒着として

『クライムライトジャケット』は、バックパックに必ず入れておきたい一着!

クライムライト歩行時
撮影:筆者
晴れていても、低山でも必ず持って行きたいレインウェア。いろいろな場面で着られるクライムライトジャケットは、すぐれた機能がバランスよく備わっているので、はじめて選ぶ雨具としてもおすすめの一着です。

しっかりと体を守ることのできるクライムライトジャケットで、安全・快適な登山を楽しみましょう!

今回のレビューアイテムはこちら

ジャケットと同素材を使ったクライムライトジップパンツと合わせて、セットアップのレインウェアとして着用可能。どちらもメンズ、レディースの展開があります。

クライムライトジャケット(Men’s/Women’s)

ITEM
<THE NORTH FACE>クライムライトジャケット (メンズ)
素材:20D GORE-TEX Micro Grid Backer(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏:ナイロン100%)
重さ:270g(Lサイズ)
サイズ:S、M、L、XL、XXL
カラー:ファンファーレグリーン×ブラック、ブラック2、ケルプタン、TNFレモン×ブラック、ポンペイアンレッド、シェイディーブルー×アーバンネイビー


THE NORTH FACE|クライムライトジャケット(メンズ)

ITEM
<THE NORTH FACE>クライムライトジャケット(レディース)
素材: GORE−TEX® Micro Grid Backer(3層)(表/ナイロン 100%、中間層/ePTFE、裏/ナイロン 100%)
重さ: 260g(Mサイズ)
サイズ:S、M、L、XL
カラー:バーントオリーブ、ブラック、ミスターピンク×ブラック、シェイディーブルー×アーバンネイビー、ティングレー2、TNFレモン


THE NORTH FACE|クライムライトジャケット(レディース)

クライムライトジップパンツ(Men’s/Women’s)

クライムライトジップパンツ前開き
出典:THE NORTH FACE(左/Men’s、右/Women’s
前開き部分はベルクロ付きなので、ファスナー部からの浸水も防げます。ウエストはゴム入りで、ヒモによってサイズ感の調節が可能。

パンツ裾見せ
出典(左):THE NORTH FACE、撮影(右):筆者
裾からヒザあたりまで開くファスナーで、登山靴を履いたままでも脱ぎ着がしやすい仕様。裾部分には、強風時のバタつきも抑えられるアジャスター付き。
ITEM
<THE NORTH FACE>クライムライトジップパンツ (メンズ)
素材: 20D GORE-TEX Micro Grid Backer(3層)(表/ナイロン 100%、中間層/ePTFE、裏/ナイロン 100%)
重量: 240 g
カラー:ブラック
サイズ:S、M、L、XL、BM、BL、TS、TM
仕様:テイパードシルエット/裾ファスナー仕様(47cm/Lサイズ)/フロント前開き仕様/ウエストスピンドル仕様


THE NORTH FACE|クライムライトジップパンツ(メンズ)

ITEM
<THE NORTH FACE>クライムライトジップパンツ (レディース)
素材: 20D GORE-TEX Micro Grid Backer(3層)(表/ナイロン 100%、中間層/ePTFE、裏/ナイロン 100%)
重量: 200 g(サイズ M)
カラー:ブラック
サイズ:RL、RM、RS、S、M、L、XL
仕様:テイパードシルエット/裾ファスナー仕様(60cm)/フロント前開き仕様/ウエストスピンドル仕様


THE NORTH FACE|クライムライトジップパンツ(レディース)


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

クライムライトジャケットロゴ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SISUKO
SISUKO

運動は苦手だけど山は好き。キノコを探しながら歩けば疲れ知らず! アウトドアグッズを見るだけでワクワクしちゃう人間です。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!