大天井岳|北アルプスの大パノラマを見ながら縦走!登山コースと山小屋情報

2018/10/15 更新

山に慣れてきたらそろそろ挑戦してみたい縦走登山。初心者のステップアップにもおすすめなのが、大天井岳です。大天井岳は北アルプスの中でも有数のビュースポット!周辺はライチョウの生息地としても有名で高山植物も豊富です。人気の燕岳と一緒に登るコースや、槍ヶ岳の眺めが素晴らしい常念岳を縦走するコースをご紹介。各山小屋の情報やアクセス方法まで。


アイキャッチ画像撮影:nao

大天井岳(おてんしょうだけ)とはどんな山?

大天井岳
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系最高気温(6月-8月)最低気温(6月-8月)
2,922m長野県大町市・安曇野市・松本市飛騨山脈13.2℃4.4℃
参考:ヤマレコ
飛騨山脈のうち常念山脈につながる分岐にある山で、常念山脈の最高峰。山頂部が広いためあまりピークが目立ちませんが、高いところには神様がいるという「御天所」、高いところという「大天井」から名付けられたとされる日本二百名山のひとつです。「オテンショウダケ」、または「オオテンジョウダケ」と呼ばれています。

北アルプス有数のビュースポット

大天井岳から望む槍ヶ岳
出典:PIXTA(大天井岳から望む槍ヶ岳)
大天井岳から見えるのは北アルプスの大パノラマ!槍・穂高をはじめ、燕岳からの表銀座縦走路、鷲羽岳や烏帽子岳の裏銀座縦走路まで一望できます。山小屋から10分で山頂に行けるので、朝日や夕日に染まる北アルプスを堪能できるのもポイント!

高山植物が豊富!ライチョウにも出会える

大天井岳 ライチョウ
出典:PIXTA
大天井岳の周辺の砂礫地や岩稜地では様々な高山植物がみられます。中でも美しいのが高山植物の女王コマクサ。その他にも、イワヒゲやクモマスミレ、キバナシャクナゲなどが自生しています。山頂部のハイマツ帯はライチョウの生息地となっているため、ライチョウに出会える確率も多いのです。

大天井岳の天気

大天井岳に行く前に現地の天気をこちらでCHECK!

大天井岳の天気を調べる

地図も必ずチェック!山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地

ITEM
山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地
発行元:昭文社

定番の縦走コース!燕岳~大天井岳

まずは北アルプスの入門コースとして知られる燕岳に登り、そこから大天井岳を往復するコース。健脚者なら1日目に大天井岳まで行くことが可能ですが、1日登ってきて疲労のある足では標準のコースタイムより時間がかかってしまう可能性も。2泊3日の計画がおすすめです。

①燕岳登山口(中房温泉)から大天井岳への縦走コース

燕岳登山口~大天井岳登山コース
出典:ヤマプラ(画像クリックで拡大地図が開きます)
距離コースタイム標高差日程難易度
約18.9㎞約15時間45分約1,468m2泊3日★★★☆☆
参考:ヤマプラ

【1日目】燕岳登山口~燕山荘(5時間15分)

燕岳登山口(90分)→第二ベンチ(80分)→合戦小屋(90分)→燕山荘(30分)→燕岳(25分)→燕山荘(1泊)

燕岳登山口
出典:PIXTA(燕岳登山口)
中房温泉横の登山口からスタートです。登山口には、登山相談所と登山届箱、トイレがあります。

燕岳 登山道
撮影:nao(登山道中の第二ベンチ)
三大急登と言われる合戦尾根を登ります。急登ですが整備されているので歩きやすく、合戦小屋まで約50分ごとにベンチが設置されているので休憩しながら登りましょう。

合戦小屋
出典:PIXTA(合戦小屋のスイカ)
合戦小屋の夏限定の名物がスイカ。急登のあとのスイカは格別なおいしさです。合戦小屋までは樹林帯ですが、ここを過ぎると開けて風が強いこともしばしば。防風対策の準備をして出発しましょう。

 燕岳
出典:PIXTA(燕岳)
今日は燕山荘に泊まります。荷物を置いたら燕岳へ!ハイマツと砂礫の道で、周辺はライチョウをよく見かける場所。イルカ岩やメガネ岩などの奇岩も見どころです。山頂は見晴らしがよく、槍ヶ岳の姿を遠くにとらえることができます。

【2日目】燕山荘~大天荘(3時間40分)

燕山荘(60分)→大下りノ頭(120分)→喜作レリーフ(40分)→大天荘(10分)→大天井岳(10分)→大天荘(1泊)

コマクサ
出典:PIXTA(燕岳のコマクサ)
燕岳周辺はコマクサの王国と言っていいほどたくさんのコマクサが咲いています。見ごろは7月中旬から8月中旬で、時間をとってゆっくり眺めたいポイント。燕山荘をスタートして、大天井岳に向かう道にもたくさん咲いています。

表銀座縦走路
撮影:nao(表銀座縦走路)
燕岳から歩くのは表銀座縦走路。遠くに見えている槍ヶ岳がだんだん近づいてくる、素晴らしい眺めの縦走路です。アップダウンがあまりないので、景色を楽しみながら歩くことができます。

 

切通岩
提供:ヤマレコ/yamanone(切通岩)
このコース唯一の難所が切通岩。鎖と梯子がありますが、難所と言っても傾斜は緩いので慌てず歩けば大丈夫。大天井川の岩肌には表銀座縦走路を開設した小林喜作の「喜作レリーフ」があるので探してみましょう。

大天井岳 登山道
撮影:nao(大天井岳への登り)
表銀座コースとの分岐から大天荘への登山道は正念場。大天井岳の東斜面をトラバースしながらつづら折りに登っていきます。大天荘まで100mごとにある道標が目標になります。

 大天井岳
出典:PIXTA(大天井岳山頂)
大天荘に着いたら、裏手が大天井岳に続く登山道になっています。山頂からは槍・穂高をはじめ北アルプスの大パノラマ!山頂までは小屋から10分なので、夕日に染まる山々やご来光の時間もぜひ堪能して。

【3日目】大天荘~燕岳登山口(6時間30分)

大天荘(20分)→喜作レリーフ( 120分)→大下りノ頭(80分)→燕山荘(50分)→合戦小屋(60分)→第二ベンチ(60分)→燕岳登山口

大天井岳 登山道
撮影:nao(大天井岳から燕岳方面)
下山は来た道を戻ります。大天井岳の下りでは、これから歩く表銀座縦走路が続く雄大な眺めが広がっています。谷の向こうには、裏銀座の山々も。疲れたら燕山荘の喫茶サンルームでひとやすみして下山するのもおすすめ。

ロングコースに挑戦しよう!燕岳~大天井岳~常念岳

燕岳、大天井岳、日本百名山の常念岳を縦走するコースです。このコースの魅力は、ずっと尾根上を歩けるため眺めが良いこと。とくに西側は展望が良く、槍ヶ岳を眺めながら歩くことができます。通る小屋はテント場もあるので2泊3日のテン泊デビューにもおすすめです。

 ②燕岳~大天井岳~常念岳縦走コース

燕岳~大天井岳~常念岳縦走コース
出典:ヤマプラ(画像クリックで拡大地図が開きます)
距離コースタイム標高差日程難易度
約21.7㎞約17時間25分約1,592m2泊3日★★★☆☆
参考:ヤマプラ

【1日目】燕岳登山口~燕山荘(5時間15分)

燕岳登山口(90分)→第二ベンチ(80分)→合戦小屋(90分)→燕山荘(30分)→燕岳(25分)→燕山荘(1泊)

燕山荘
出典:PIXTA(燕岳と燕山荘)
初日は①と同じコースで、燕山荘に宿泊します。夏の土日はテント場が満杯になることも。その際は合戦小屋のテント場にお知らせが出るので、合戦小屋に張ることになります。

【2日目】燕山荘~常念小屋(7時間)

燕山荘(60分)→大下りノ頭(120分)→喜作レリーフ(40分)→大天荘(10分)→大天井岳(10分)→大天荘(90分)→東天井岳(90分)→常念小屋(1泊)

大天井岳
出典:PIXTA(大天井岳と大天荘)
大天井岳までは①と同じコースで歩きます。

大天井岳 登山道
撮影:nao
大天井岳から東大天井岳、横通岳を経て常念小屋に向かいます。起伏が少ない稜線のルートで、とくに東大天井岳は槍ヶ岳の絶景ポイント。まるで空中散歩のような景色が続きます。

常念乗越
出典:PIXTA(常念乗越)
横通岳を下り、常念岳との鞍部、常念乗越にある常念小屋に宿泊です。広い鞍部で、平たんな場所に整地されたテント場。目の前には常念岳、対岸には槍ヶ岳の絶景を満喫できます。

【3日目】常念小屋~一ノ沢登山口(5時間10分)

常念小屋(70分)→常念岳(50分)→常念乗越(40分)→水場(20分)→胸突八丁(80分)→王滝ベンチ(50分)→一ノ沢登山口

常念岳への登り
出典:PIXTA
常念岳へはガレ場をジグザグに登ります。急登で足場も不安定なので荷物を軽くして出かけるのがおすすめです。浮石が多く、とくに下りは要注意。

常念岳山頂
出典:PIXTA
山頂は360度の大展望。歩いてきた燕岳から大天井岳はもちろん、槍ヶ岳から大キレット、穂高連峰など北アルプスの主稜線を眺めることができます。山頂には常念坊の祠と方位盤が設置されています。

一ノ沢登山口
出典:PIXTA
常念小屋まで戻り、一ノ沢登山口へ向けて下山。バスはないので、タクシーの予約は常念小屋などでする必要があります。沢沿いの登山道は道幅が狭いところもあるので足元に注意して下山しましょう。

大天井岳登山で利用できる山小屋

大天井岳登山で利用できる山小屋情報です。テント場やグルメ、グッズなどもご紹介します。

燕山荘

燕岳
出典:PIXTA
「泊まって良かった山小屋」として評判の燕山荘。ロケーションは抜群で、接客、清潔さ、ご飯のおいしさどれも山小屋とは思えないほどのレベル。宿泊しなくても利用できる喫茶サンルームでは、富士山や八ヶ岳を見ながらケーキセットや生ビールを楽しめます。

燕山荘グッズ
撮影:nao
燕山荘で販売しているオリジナルグッズはおしゃれで高機能。可愛いものも多くお土産にも自分用にも行くたびに集めたくなります。

所在地:長野県安曇野市穂高有明中房国有林内 燕岳標高2,712m
電話番号:090-1420-0008
営業期間:2018年4月25日〜11月25日、年末年始
収容人数:650人
テント設営数:約30張
料金
1泊2食10,000円
お弁当1,100円
テント800円/1人
燕山荘のHPを見る

大天荘

大天荘
出典:PIXTA
大天井岳から10分のところに建つ、人気の燕山荘と同じグループの山小屋。こちらも綺麗で快適、部屋は8人程度の相部屋が多く過ごしやすいと好評です。稜線上にある大天荘は窓からの景色も抜群。

大天荘テン場
出典:PIXTA
テント場は槍ヶ岳の西側、燕岳方面の東側にあって絶景の中テントを張ることができます。昼食のカレーの種類を選べるインディアンランチが人気です。ハンバーグかサバの味噌煮込みなど、肉か魚か選べる夕食も美味。

所在地:長野県安曇野市穂高有明中房国有林内 大天井岳 標高2,870m
電話番号:090-8729-0797
営業期間:2018年6月23日~11月3日
収容人数:200名
テント設営数:約50張
料金
1泊2食10,000円
お弁当1,000円
テント1,000円/1人
大天荘のHPを見る

常念小屋

常念小屋
出典:PIXTA
常念岳と横通岳の鞍部に建つ山小屋で、常念岳登山の他、燕岳方面、蝶ヶ岳からの縦走する登山客でにぎわいます。副菜の野菜が嬉しい夕食が好評で、窓からは絵画のように槍ヶ岳が見えています。

常念小屋 テン場
出典:PIXTA
小屋のすぐ横に整地された広いテント場があるので張りやすく、テント泊初心者にもおすすめ。目の前に常念岳がそびえる雄大な景色の中過ごすことができます。

所在地:常念乗越. 標高2,450m
電話番号:090-1430-3328
営業期間:4月29日~11月3日
収容人数:200名
テント設営数:50
料金
1泊2食9,800円
お弁当団体のみ
テント1,000円/1人
常念小屋のHPを見る

登山口へのアクセス・駐車場情報

大天井岳に直接登れる登山口はありません。燕岳方面か常念方面からの登山口をご紹介します。縦走に便利なマイカー回送サービスもあります。

燕岳登山口(中塞温泉)へのアクセス

【車の場合】
長野自動車道 安曇野I.C→(車75分)安曇野市営駐車場→(徒歩15分)燕岳登山口

<駐車場>
安曇野市営駐車場(全3か所)
駐車可能台数:計120台
料金:無料
トイレ:あり


無料駐車場の情報を調べる

【電車・バスの場合】
JR大糸線 松本駅→(電車27分)穂高駅 →(定期バス50分 or タクシー40分)中房温泉→(徒歩すぐ)燕岳登山口

定期バスの時刻表・運賃を調べる(南安タクシー)

【直通バスの場合】
まいにちアルペン号(要予約)
竹橋→(バス6.5~7時間)燕岳登山口
まいにちアルペン号の詳細を見る(まいたびHP)

一ノ沢登山口へのアクセス

【車の場合】
安曇野IC-県道57号線-県道495号線-一ノ沢駐車場(約17km)

<駐車場>
一ノ沢駐車場(第1、第2の2か所)
駐車可能台数:計60台
料金:無料
トイレ:あり


【電車・バスの場合】
バスはないのでタクシーを利用してください。
南安タクシー 登山口までの運賃を調べる

■マイカーの陸送サービス
南安タクシーのマイカー回送サービス

安曇野観光タクシーのマイカー陸送サービス

登山前後に利用できる温泉・宿泊施設

家と登山口の往復ではもったいない!せっかくなら周辺地域も含めて楽しみましょう。ここでは大天井岳で利用できる温泉施設をご紹介します。宿泊できる温泉も多く、前泊後泊に便利です。

中房温泉

中房温泉 中房温泉は燕岳登山口にある旅館で、日帰り専用の露天風呂があります。内湯はなく洗い場も外ですが、開放感があって気持ちよく入浴できますよ。テント場は地熱で地面が温かく快適。

住所:長野県安曇野市穂高有明 7226
電話番号:0263-77-1488
営業時間:9時半~16時
日帰り入浴料金:700円

有明荘

有明荘 燕岳登山口から徒歩13分ほどのところにある国民宿舎で、燕山荘グループが運営をしています。日帰り利用もできる大露天風呂は広くて気持ちが良く、山賊焼き定食やソースかつ丼などの昼食も人気です。

住所:長野県安曇野市穂高有明中房 標高1,380m
電話番号:0263-84-6511
営業時間:10時~17時
休館日:火曜日(お問い合わせください)
日帰り入浴料金:大人(中学生以上)620円、小人(小学生)310円

ほりでーゆ~

ほりでーゆ~ 一ノ沢登山口から車で30分ほどのところにある温泉施設。常念岳を臨める露天風呂の他、サウナやジャグジー、打たせ湯もあり登山の疲れを癒してくれます。宿泊施設もあり、地元の山菜などを使った四季折々の料理が評判です。

住所:長野県安曇野市堀金烏川11-1
電話番号:0263-73-8500
営業時間:10時~21時30分(受付終了21時)
日帰り入浴料金:530円

安曇野 しゃくなげの湯

安曇野 しゃくなげの湯 燕岳登山口、一ノ沢登山口ともに車で30分ほどのところにある温泉施設。中房渓谷から引湯された天然温泉で、露天風呂ではあつ湯とぬる湯のお好みの温度で温泉を楽しめます。地元の食材を使用したレストランやお休みどころ、別料金で家族風呂もあり。

住所:長野県安曇野市穂高有明7726-4
電話番号:0263-88-4126
営業時間:9時30分~21時30分(受付終了20時30分)
休館日:毎月第1水曜日
日帰り入浴料金:大人(中学生以上)700円、小人(小学生)400円

大天井岳を縦走登山で楽しもう!

大天井岳
出典:PIXTA
大天井岳は直接登れる登山口がないので縦走することになりますが、いったん稜線に出てしまえば起伏が少なく絶景続きの登山が楽しめます。小屋もテント場も使いやすくテント泊初心者の方にもおすすめです。ぜひ大天井岳の縦走登山を楽しんでください!

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

大天井岳
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!