登山 スマートフォン

スマホで遭難者が見つかった?iPhoneを探すの設定と使い方を画像付きで解説

登山に行く人ほとんどの人がiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)を持って登山に行きます。でも意外と知られていないのが遭難時に『スマホを探す』が役立つということ。これだけで十分というわけではありませんが、このスマホを探すの機能で実際に救助された命があるんです。今回は知っておくと便利な登山前に設定しておきたい「iphoneを探す」の設定方法と使いかたを画像つきで説明します。

目次

アイキャッチ画像撮影:nao

もはやスマホは登山の必需品!

スマートフォン 登山

出典:PIXTA

あなたは登山でスマホを使っていますか?
写真を撮影したり、登山用アプリを入れてGPSや地図として使えたりと、登山でもスマホは本当に便利ですよね。

今や日本の約71%がスマホを所有

スマートフォン 登山

出典:PIXTA

2016年時点で日本の71.3%の世帯が、情報通信機器としてスマホを所有(※)していることがわかりました。 特に20代30代だと、92.1%がスマホを使っており、いかにスマホが浸透しているかがわかります。

この事実に比例して、山でもカメラやGPSとして使っている人を見かけることが増えました。

しかし、多くの人がスマホを持っているにもかかわらず、万が一の時にあなたの命を守るかもしれない機能については、あまり知られていません。実際に、この機能によって助かったケースがあるんです。

命を救ったのはスマホの”あの”機能だった…。

登山 スマホ 遭難

出典:PIXTA

2018年9月、ある男性が埼玉県の山に登った際に、日没を迎え下山が困難になり、そこで一晩ビバークすることになりました。男性は、ビバークしている動画をスマホで撮影し、家族にその動画を送り1日遅れて下山することを伝えました。しかし次の日、下山中に道に迷い滑落。上腕と肩を骨折して、行動不能となってしまったのです。

幸いにも、下山できなくなった時に家族に連絡をしていたため、家族が警察に捜索依頼を出し、ヘリと地上隊で捜索。しかし、残念ながら見つからず民間捜索隊に相談が入りました。
登山 スマホ

出典:PIXTA

事前情報から「スマホとモバイルバッテリーを持っていること」がわかったので、「スマホを探す」という機能を使い、家族に本人のスマホの位置情報を、調べてもらいました。

その結果、マップ上に「○時間前にオフライン」という表示と共に、スマホの位置情報が判明。
この情報を元に、携帯がオフラインになった位置情報を警察へ提供。最終的に、スマホが示した場所より数十メートル離れた斜面で、滑落していた遭難者を発見し救助となったのです。

スマホを持って行くなら「iPhoneを探す」を設定しておこう!

登山 スマートフォン

撮影:nao
本来であれば、道に迷わないように地図やGPSアプリを使ったり、万が一の時に、自分の位置を見つけてもらうために遭難捜索サービスの「ココヘリ」に加入しておくべきです。
ですが、せっかく山にスマホを持っていくのであれば、「iPhoneを探す」について知っておきましょう。お金もかからず、ほんの数分で設定できるので損はありません。

1 / 3ページ