登山初心者が登るおすすめの山とは?

【山登りの始め方講座】第1回:登山初心者におすすめの山とは?

春から初夏にかけては、登山を始めるのに絶好のチャンス!でも、登山を始めたいと思っても一体どこの山から登ればいいのだろうか?と思う人も多いはず。そんな登山初心者や初心者を連れて行く人のために、山の選び方やおすすめの山をご紹介します。登山入門に欠かせない、服装や装備についても確認しましょう!

目次

アイキャッチ画像出典:pixta

登山初心者はまずこんな山に行こう!山の選び方とは?

登山を始めたいけど、最初はどんな山に行くべきか迷いますよね? 初心者がまず行くべき山の条件とは何かをご紹介します。以下のめやすを参考に、山を選んでみてください。

①標高のめやす

■まずは1000m以下の山に登ってみよう!陣馬山

撮影:Maiko.W

よく初登山が富士山!という人もいますが、いきなり日本一高い富士山に登るのは無謀です。一般的に、標高2500m以上を「高所」と呼び、高山病の可能性が出てくる標高です。人によっては、標高1500mでも高山病を発症する場合もあるので、登山初心者は、まず1000m以下の山から登ってみましょう。

②歩行時間のめやす

■まずは2~4時間の歩行時間で!歩行時間のめやすとは?

撮影:Maiko.W

だいたい日帰りだと、初心者は歩行時間が4時間以内が無難です。「山と高原地図」やガイドブックには、歩行時間のめやすが書いてありますが、注意したいのが、休憩時間が含まれていないこと。歩行時間+休憩時間を算出して全体の行動時間をイメージしてみましょう。

③初心者向きの山の特徴

■まずはロープウェイがある山を!ロープウェイがある山がおすすめ

撮影:Maiko.W

東京だと高尾山、御岳山など、まずはロープウェイがある山から始めると安心です。基礎体力がある人は、ロープウェイを使わずに下から歩いたり、疲れたから帰りはロープウェイを使うなどいろいろアレンジができるのも利点です。

■トイレがある山を!トイレがある山もおすすめ

撮影:Maiko.W

登山初心者の悩みで多いのが、山でのトイレ。特に女性は、心配ごとのひとつです。人気の低山だと、登山口や山頂にトイレが完備されていることも多いので安心です。

■指導票がしっかりある山を!
指導票がある山を選ぼう

撮影:Maiko.W

人気の低山だと、登山口や分岐にしっかり指導票があるので、道迷いの心配が少なく安心して登山が楽しめます。

注意:低山だから大丈夫は危険!
初心者だから近くにある低山を歩こう!と思っていても、その山の登山道がしっかり整備されているかは別問題。低山は作業道があったり、地元の人が歩いた道があったりと意外と迷いやすいもの。初心者は、まずは、きちんと整備・管理されている低山を選びましょう。

1 / 3ページ