レインウェアの寿命が縮まる!?ついやりがちな5つのNG行動と《機能が長持ちする》正しいメンテナンス法とは

2021/10/19 更新

レインウェアを使い終わった後、しっかりとメンテナンスをしていますか?正しい方法で行わないと、防水や透湿の機能が落ち、買い替えが必要になってしまう可能性も。今回は意外とやりがちな5つのNG行為と正しい洗濯や保管の仕方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

制作者

登山ガイド

山下 晶子

兵庫県在住。登山ガイド。 あと一歩を踏み出せない初心者の方、もう今までみたいに歩けないと山歩きを諦めようとしているシニアの方などのサポートに力を入れております。 その人、その人にあった、それぞれの楽しみ方をご提案しています。

山下 晶子のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:pixta

レインウェアが長持ちしないのには原因があった!

レインウェア
出典:PIXTA
登山中、雨が降ってきてレインウェアを着ても「中が濡れてしまった」「雨をはじかなくなった 」なんてこと、ありませんか?

レインウェアは通常5年ほど使用できるといわれています。ただメンテナンスや保管方法を誤ってしまうと、シームテープが剥がれたり、生地そのものの機能が低下したりと、早くに寿命をむかえてしまうことも。

いくつ当てはまる?レインウェアのNG取扱い例5つ

ついついやってしまいがちな《レインウェアの寿命》を短くしている行為!以下に記載している5つのポイントに1つでも当てはまる人がいたら要注意です。
★あなたは大丈夫?レインウェアのNG取扱い例
①洗濯しないで着続ける
②キッチリと畳み、スタッフバッグで保管
③撥水処理をついさぼってしまう
④高温多湿な場所に置いておく
⑤直射日光が当たるところに放置
それぞれのNG例とともに、正しいメンテナンス法について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

NG①|洗濯しないで着続ける

img_7247
撮影:YAMA HACK編集部
頻繁に洗うと、生地の撥水機能が低下しそうと考えている人が多いのではないでしょうか。

ただそれは間違い!メーカーでも、使う度に洗濯することを推奨しています。見た目はキレイでも、汗や皮脂、ほこりなど意外と汚れがたまっている場合があるのです。

汚れによって生地の劣化が進み、防水透湿性(雨や雪などの外部の水をはじき、汗やムレを放出する生地の性質)が機能しなくなってしまいます。

【これで解決】洗濯表示を見て、定期的に洗おう

レインウェアは洗濯機で洗おう
撮影:YAMA HACK編集部
レインウェアはクリーニングに出さずとも、自宅の洗濯機で洗えます。ただ、「脱水はしないこと」や「すすぎを通常よりしっかりする」といった注意点も。はじめての方は、以下の記事を参考にしながら洗ってみましょう。

▼洗濯方法を詳しく知りたい人はこちらをチェック

NG②|キッチリと畳み、スタッフバッグで保管

保存用バッグにレインウェアを入れっぱなしにするのはNG
撮影:YAMA HACK編集部
付属のスタッフバッグ、実は保管用ではありません。レインウェアをギュッとバッグに入れたまま収納している方、結構いるのではないでしょうか?、圧がかかっている状態が続くと、生地の折り目や湿気がこもる場所から劣化が進みます。

【これで解決】レインウェアはふんわり保管

レインウェアはつるしておこう
撮影:YAMA HACK
レインウェアはつるして保管しましょう。つるす場所が無い場合は、ふんわりと畳んで、風通しのいいカゴなどに入れるのがオススメです。

NG③|撥水処理をしていない

レインウェアは、洗濯後必ず防水スプレーを!
撮影:YAMA HACK
洗濯した後にさぼりがちなのが撥水処理です。買った当初は水をコロコロと弾きますが、使い続けていると撥水の機能が落ちてきます。また、この状態で使うと、表面に水の膜ができ、汗やムレを内側から放出する透湿性も低下してしまいます。

【これで解決】洗濯したら必ず撥水処理をしよう

レインエア 撥水処理
撮影:akko_y
撥水処理をすると、防水性や透湿性がUPするだけではなく、生地がコーティングされるので汚れも付きにくくなります。防水スプレーも効果ありですが、撥水剤を使ってしっかり処理する方法もあります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

▼撥水処理の仕方を詳しく知りたい人はこちらをチェック

NG④|高温多湿な場所に置いておく


車 トランク
出典:PIXTA
登山道具を車のトランクや屋外倉庫に収納している人は要注意。

高温多湿な場所でレインウェアを保管すると、熱や湿気の影響でシームテープが剥がれるなど生地の劣化につながります。

【これで解決】風通しのいいところで保管しましょう

レインウェア 保管
出典:PIXTA
高温多湿になる場所を避け、風通しのいい場所で保管しましょう。クローゼットなどに長期間保管する場合は、時々出して陰干しするなど、湿気がこもらないように気を付けてください。

NG⑤|直射日光が当たるところに放置

レインウェアは直射日光に当たるところもNG
撮影:YAMA HACK
風通しのいい場所でも、直射日光が当たっていてはNGです! 強い紫外線は、生地にダメージを与えます。また、色あせの原因にも。

【これで解決】直射日光は避けて保管しましょう

クローゼット
出典:PIXTA
直射日光の当たらない場所で保管しましょう。屋内であっても、窓からの光が差し込む場所は、紫外線の影響を受けやすいので避けるのがオススメです。

正しい使い方でレインウェアを長持ちさせよう!

レインウェア
出典:PIXTA
やってしまいがちなレインウェアのNG行為、思い当たることはありませんでしたか?毎回のメンテナンスをしっかりと行なっていれば、いつでも快適に着られますよ。

さらに機能も長続き。大切なウェアだからこそ、大切に長く使っていきたいですね。

レインウェアの洗濯にオススメの洗剤はこちら

ITEM
グランジャーズ パフォーマンスウォッシュコンセントレート
ウェア専用クリーナー
容量: 300 ml
使用量: ウェア1着に対してキャップ1/2杯(25ml)(レインウェア上下の場合は2着分)

ITEM
グランジャーズ クロージング リペル
容量:300ml
使用量:ウェア1着に対してキャップ2杯(100ml)(レインウェア上下の場合は2着分)
主成分:アクリルポリマー

ITEM
ニクワックス 181・251ツインパック
■容量:300ml

ITEM
コロニル ナノプロ
容量:300ml
主要成分:フッ化炭素樹脂・シリコン樹脂
原産国:ドイツ
対象製品:靴、バッグ、ウェア、小物など
対象素材:スムースレザー、起毛皮革(スウェード・ヌバック・ベロア)、テキスタイル、防水透湿素材

ITEM
O.D.メンテナンス S.R.ウォッシュイン
【容量】300mL(一般的なアウトドアウエア9着分)

この記事を読んだ人はこちらもチェック


紹介されたアイテム

グランジャーズ パフォーマンスウォッシュ…
グランジャーズ クロージング リペル
ニクワックス 181・251ツインパック
コロニル ナノプロ
O.D.メンテナンス S.R.ウォッシュ…

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

レインウェアNG集
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」