メスティン レシピ サバトマトカレーピラフ

目指せメスティンマニア!@mestin_maniaの絶品レシピ#150【サバトマトカレーピラフ】

登山者に人気の山ごはんギア『メスティン』。そんなメスティンでありとあらゆる料理を作る、インスタグラムで人気の@mestinmaniaさんに、とっておきレシピを教えてもらいました!
今回は、乾燥野菜で時短メシ!サバトマトカレーピラフレシピの紹介です。

アイキャッチ画像提供:@mestinmania

登山者に人気の山ごはんギア、トランギアの『メスティン』。インスタグラムでそんなメスティンを使用した、とっても美味しそうな料理の写真が大人気の@mestin_maniaさんに、とっておきのレシピを教えてもらいました。

今回は、乾燥野菜で時短メシ!「サバトマトカレーピラフ」レシピの紹介です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

メスティンマニア(@mestin_mania)がシェアした投稿

材料(すべて適量)

お米 1合
さば缶(水煮) 1缶
しめじ 20g
にんにく 1かけ
乾燥玉ねぎ 15g
カレー粉 小さじ2
トマトパウダー 大さじ1
野菜ブイヨン 1袋
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
塩 少々
こしょう 少々
バター 10g
イタリアンパセリ お好み
※事前にしめじの食べやすい大きさにほぐす。にんにくはみじん切りにする。

作り方

①ご飯1合を研ぐ。研いだお米は浸水する。

②研いで浸水したお米に鯖缶の汁、酒、しょうゆを入れてからリベット(メスティン側面の2つの丸部分)の丸ポチ半分くらいまでに水を入れて液量を合わせた後、さば缶の具、しめじ、乾燥玉ねぎ、にんにく、カレー粉、トマトパウダー、野菜ブイヨン、塩を入れて、かき混ぜ蓋をする。

③固形燃料1個(25g)で炊飯する。25gの固形燃料で1合が丁度美味しく炊けます。
(寒い時期や外で炊飯する場合は必ずウインドスクリーンを使う!寒い日や強風時はOD缶での炊飯がおすすめです)

④固形燃料が消えたらタオルやメスティンケースなどで10〜15分保温して、最後にバター、こしょうを入れ混ぜて、イタリアンパセリのせたら出来上がり。


@mestinmania
お好みの野菜(にんじんなど)を入れても美味しいです。

時短食材を使ってお米と一緒に火にかけるだけのお手軽本格カレー。食材の腐敗の心配もないので、山での調理にもオススメです♪

プロフィール

メスティンマニアさん@mestin_mania(メスティンマニア)
キャンプやアウトドア、登山などする方にはお馴染みのトランギア製のメスティンを使った料理を紹介!
旬の食材を使った絶品レシピを数多く提案しています。
@mestin_mania Instagram

その他のメスティンレシピはコチラも確認

”メスティンさん直伝” 基本のご飯の炊き方はこちらをチェック!

「メスティンを使ったことない!」そんな方はまずコチラ

メスティン料理に欠かせない道具をチェック

メスティン 関連商品

トランギア メスティンTR-210


トランギア メスティン メッシュトレイ

重量約35g
サイズ15.8×8.8×1.2㎝

メスティンラージ 関連商品

トランギア メスティンラージ

重量270g
サイズ20.7×13.5×7cm
容量1350mℓ

トランギア メスティンラージ メッシュトレイ

重量約55g
サイズ19.5×12.3×1.2㎝

困ったときはセット

メスティン 4点セット

□セット内容
メスティン
メスティン用網
ポケットストーブ
メスティン用ポーチ

【他にもこんな記事が読まれています】