足元に咲く小さなかわいいピンク色。梅雨が明けたら「コイワカガミ」を見つけに行こう!

2022/01/17 更新

岩の間や樹林帯、気が付くと足元に、横向きや下向きに咲く変わった形のピンクの花を見かけたことはありませんか。その小さな花はコイワカガミではないでしょうか。高山植物の名前が分かると登山の楽しさが倍増します。地上から10センチ程の高さに広がる可憐な世界。早速覗いてみましょう!

制作者

ライター

KaoA

神奈川県在住。登山歴は十数年。 夏は登って冬は滑って…まだまだ山の楽しみは尽きません。 忙しくても山には行きたい!日帰りでも充実の山遊びを日々計画しています。 好きなエリアは八ヶ岳。トレーニングは丹沢大倉尾根。冬は白馬や群馬に遠征します。

KaoAのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:PIXTA

見たことあるかも!コイワカガミはこんな花

コイワカガミ
出典:PIXTA(コイワカガミの群生)
高山の岩場や樹林帯に群生し、中部地方と奈良県の高山に分布しているコイワカガミ。
高山植物と聞くと、珍しく貴重で、見つけるのは大変なのかな…と思うこともありますが、コイワカガミは八ヶ岳や日本アルプス周辺を登山していると目にする機会が多い植物。
かわいい花だな~と、名前は意識せずに写真に収めていたこともあるのではないでしょうか。

小さい花、コイワカガミ
出典:PIXTA(小さくてかわいいコイワカガミ)
コイワカガミは、イワウメ科イワガミ属、常緑の多年草。茎の高さは5~10センチ程、横向きや下向きに1~5輪の花を咲かせます。
花の時期は6月~8月で、夏山登山の季節にピンク色の小さな花が見られます。

地面に向かって咲く独特な花びら

コイワカガミ 花
出典:PIXTA(コイワカガミの花)
コイワカガミの花はとても変わった形。
鐘状の花の大きさは10~15ミリ程と小さく、花冠の先は細かくフリルのように裂けています。

コイワカガミ
出典:PIXTA(下向きに咲くコイワカガミの花)
また、花が横向きや下向きに咲くのも特徴的。上から見るのと、目線を下げて見るのとでは印象が変わります。
見つけたときはしゃがんで観察したいですね。

ツヤツヤなコイワカガミの葉

コイワカガミ 葉
出典:PIXTA(艶のあるコイワカガミの葉)
花だけでなく葉にも特徴が。コイワカガミの葉には強い光沢があり、直径は1~4センチの円形~広卵形。
縁には鋸歯が見られますが、個体差がありはっきりとギザギザしているものと、不明瞭なものもあるようです。
コイワカガミ
出典:PIXTA(色づくコイワカガミの葉)
そして秋になると、艶を保ったまま紅葉します。この特徴的な光沢のある葉が、コイワカガミの名前の由来になっているのです。

コイワカガミは漢字で書くと「小岩鏡」

コイワカガミ 岩場
出典:PIXTA(岩の間に咲くコイワカガミ)
岩場に咲き、葉の光沢が鏡のように見えることからこの名前が付きました。
鏡といっても、現代のミラーではなくアンティークな雰囲気の鏡ですね。
アンティークな鏡
出典:PIXTA
このような鏡のイメージでしょうか。

ところで、イワカガミとは違う花?

イワカガミ
出典:PIXTA(イワカガミの花)
コイワカガミとよく似た花に、イワカガミがあります。漢字で書くと、「小岩鏡」と「岩鏡」。
名前の通りイワカガミのほうが大きく、、イワカガミよりも小さいものがコ(小)イワカガミです。
ぱっと見はほとんど同じ花なのですが、イワカガミは低山でも見られ、高さは20センチ程に成長、葉の鋸歯が明瞭なのも特徴。
イワカガミ
出典:PIXTA(群生するイワカガミ)
ただ、イワカガミとコイワカガミはどちらも環境により個体差があり、明確な違いが認められているわけではありません。
専門家でも分類は難しいと言われていて、大きさや咲く場所でどちらなのか判断されているようです。

忠実な花。コイワカガミ

コイワカガミ
出典:PIXTA(コイワカガミの花)
コイワカガミの花言葉は「忠実」。まじめで実直な花言葉が付けられていました。下向きに、遠慮がちに咲いているイメージでしょうか。
岩の間や樹林の下、山が登山者で賑わう時期に、静かにつつましく愛らしい花を咲かせています。

コイワカガミが見られる場所は?出かけたことがあるところも!

コイワカガミは、信州の山域では広く生息。登山道の足元にも咲いていたりと、探さなくても目にすることが多い植物です。
ここでは代表的な生息地を紹介します。

八ヶ岳 北横岳坪庭

北横岳 坪庭
出典:PIXTA(北横岳 坪庭)
北八ヶ岳ロープウェイで手軽に楽しめる坪庭。散策コースも高低差があり、ごつごつした溶岩台地に低木や高山植物が群生しています。
北横岳の登山口でもありますが、坪庭をゆっくり散策するだけでも高山気分を味わえます。


千畳敷カール

千畳敷カール
出典:PIXTA(千畳敷カール)
駒ヶ岳ロープウェイで、こちらも気軽に登れる高山。木曽駒ケ岳の入り口なので、登山の始めと終わりはカールの中を歩きます。
紅葉の季節はもちろん、四季折々の絶景が楽しめる千畳敷カール。花の季節は足元にも目を向け、高山植物観察を楽しみたいですね。


乗鞍 畳平

乗鞍
出典:PIXTA(乗鞍 畳平)
乗鞍へはシャトルバスで向かいます。バスを降り、建物の後ろの階段を降りるとそこはお花畑。
7月~8月の花の季節は、木道を歩きながら植物観察が楽しめます。


次は名前が分かる!コイワカガミを見つけに行こう!

コイワカガミ
出典:PIXTA(群生するコイワカガミ)
コイワカガミは見た目に特徴があり、見つけたときにこれはコイワカガミ!とすぐに判断できます。
咲いている花の名前が分かるとなんだか嬉しく、初めて登る山でもちょっと親しくなれた気分になりませんか?
花の名前を憶えて、登山のたのしさをもっと広げていきましょう!

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」