オシャレだけじゃなく山に欲しかった機能が満載!「モンベルの登山用ヘッドバンド」で暑さ・汗対策を

2021/09/19 更新

汗が目に入るのを防いだり、風でなびく髪の毛をおしゃれにまとめてくれたりと帽子とは違った役割を果たしてくれる便利アイテム<ヘッドバンド>の紹介です。登山メーカー【モンベル】が作るヘッドバンドだからこそ、山で使える機能が備わっていました。


アイキャッチ画像撮影:筆者

ヘッドバンドは、実は山の便利グッズ

ヘッドバンドしている女性
出典:pixta
頭周りのあるあるな悩みとして、
  1. ①顔の汗が目に入る、汗が首筋に流れてわずらわしい
    ②風で髪がバラバラになり視界が悪くなる
    ③森歩きが暑くて帽子をかぶっていられない
    ④ヘルメットをかぶる時、帽子が邪魔でかぶりにくい
こんな経験をされた方いませんか?

登山での”被り物”として定番なのが、キャップやハットなどの帽子。山の強い日差しから頭皮を守ってくれるアイテムですが、今回紹介したいのが、「ヘッドバンド」です。

じつはちょっとした煩わしさを解消してくれる、かゆいところに手が届くアイテムなんです。

登山用に開発されたモンベルのヘッドバンドがすごかった

ヘッドバンド
撮影:筆者
今回は、そんなヘッドバンドの中でも「モンベルのヘッドバンド」を紹介します!
”登山者のため”の”登山用”のヘッドバンド、ということで、見えないところに嬉しい機能がたくさん詰まっています。

2種類の素材

モンベルのヘッドバンドには、クールダウン機能やUVカットの機能がついた化繊の素材と、つけ心地や模様が素敵なコットン素材の2種類から選ぶことができます。

①ウィックロン®︎クール[ポリエステル]素材ウイックロン®クール[ポリエステル]
撮影:筆者
クールダウン効果、光触媒効果で消臭防止効果、UVカット効果が高いウィックロン®︎クール。肌面がサラサラでベタつきはなく、爽やかにつけられる生地です。
登山中にあると嬉しい効果が、たくさん搭載されています。

②コットン素材
モンベルヘッドバンド コットン素材
撮影:筆者
一方、肌なじみの良いコットン素材は、手ぬぐい仕様とグアテマラ綿の手織り仕様で柄や色が豊富なのが特徴です。

ヘッドバンドからビーニーへ変身の2WAY仕様


モンベルのヘッドバンドは、ワンアクションでビーニーに変身します。
ヘルメットが必要になる登山では、下に帽子をかぶるとムレたりかさばったりすることもありますが、このヘッドバンドだと涼しく、ヘルメットの下もスッキリ!

それでは、数あるモンベルのヘッドバンドの中から、筆者がオススメするヘッドバンド3つを厳選して紹介します!

爽快さが抜群!W.I.Cクールヘッドバンド



W.I.Cクールヘッドバンド
撮影:筆者
ウィックロン®︎クール[ポリエステル]素材(W.I.C)を100%使用したW.I.Cクールヘッドバンドは、涼しくサラサラとした手触りが特徴。

頭皮の日焼けを防いでくれるUV機能はもちろん、ムレによる暑さが軽減されるクールダウン効果で、ビーニーにしてヘルメットをかぶっても快適なヘッドギアです!

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーション
出典:モンベル
フレッシュグリーン(FRGN)、ガンメタル(GM)、ネイビー(NV)、ターコイズブルー(TQB)から選べ、自分のウェアやザックと合わせて選ぶことができます。落ち着いた色なら街使用でも使えそうですね。

着用イメージ


育てる手ぬぐいヘッドバンド

手ぬぐいヘッドバンド
撮影:筆者
手ぬぐいヘッドバンドは、コットン素材の手ぬぐい生地。使えば使うほど風味がでてくる【育てるヘッドギア】なので、どんどん愛着が湧いてくる一品です。
薄い手ぬぐい生地のため、洗いやすく乾きやすいのも特徴。こちらもUVカット機能が搭載されており、頭皮を紫外線から守ってくれます。

柄と色は2種類・2色から選べる

つるはしカラビナ柄
撮影:筆者
カラビナやハーケン、つるはしなど手ぬぐいらしいレトロな登山道具柄がとてもおしゃれです。
色もライトグレイ(LTGY)、ガーネット(GARN)と雰囲気が違い、男女ともに自分の装備に合わせて選べます。

・カヤック柄
カヤック柄
撮影:筆者
川や海の水面をイメージした柄にカヤックとオールが描かれてます。
色はブラウン(BN)、ダークマラード(DKMA)と色が落ち着いている装備類にも合わせやすいです。

着用イメージ


柄と色は一点もの!肌なじみが良いグアテマラヘッドバンド

グアテマラ
撮影:筆者
グアテマラコットン素材を手織りで仕上げているグアテマラヘッドバンド。
コットン素材のためW.I.Cと比べ速乾性に欠けますが、肌なじみが他と比べると抜群なのが大きな特徴です。
ただ、この商品のみUVカット機能が無いので注意が必要です。

柄と色は1点もの!お気に入りを見つけられます

グアテマラビーニー
撮影:筆者
手作りのため、一つ一つ表にでる色が違います。自分だけの”一点物”のヘッドバンドを見つけることが出来ます。
ネットでは事前に選ぶことが出来ないので、届くまでのお楽しみというのもいいですね。

着用イメージ


3モデル比較!自分にあったヘッドバンドは?

今回紹介した3つのモデルを比較してみました。どれが気になりましたか?
W.I.Cクール
ヘッドバンド
手ぬぐい
ヘッドバンド
グアテマラ
ヘッドバンド
W.I.Cクールヘッドバンド
手ぬぐいヘッドバンド
グアテマラ
1,650円(税込)1,540円(税込)1,676円(税込)
ウイックロン®クールコットンコットン
フリーサイズ
(54~60cm)
フリーサイズ
(54~60cm)
フリーサイズ
(54~60cm)
UVカットありUVカットありUVカットなし

モンベルのヘッドバンドは登山者のために開発された嬉しいギアでした

撮影:筆者
汗を抑えたり、風の強い日に髪の毛をまとめてくれたりと、何かと使い勝手の良いヘッドバンド。
ヘルメット装着時にはビーニーに変身するなど、さまざまな場面で活躍してくれるため、キャップやハット以外にも1本は持っておきたいアイテムです。

モンベルのヘッドバンドは、柄も色も豊富でジェンダーレスにおしゃれに楽しめるため、友人や両親・子どもへのプレゼントにもぴったり。
ぜひ、それぞれの山行スタイルにあったヘッドバンドを見つけ、快適な登山を!

今回紹介したヘッドバンド

モンベル WIC.クール ヘッドバンド
手ぬぐいヘッドバンドモンベル 手ぬぐいヘッドバンドストライプギアモンベル 手ぬぐいヘッドバンド カヤック
モンベル グアテマラヘッドバンド

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

モンベル ヘッドバンド
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
hayashiyuki

登山をこよなく愛する30代前半の人。日本山岳会に属しながらもゆるゆるULハイカー風。ただ、本当はULハイカーではなく、軽くなった分、焼き肉の鉄板とステーキと生米を入れて歩く、中身の詰まったULハイカー。 登山情報とたまの山めし情報を発信中。 https://www.instagram.com/mt.yuki_f/

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」