登山者なら一度は見て欲しい山の絶景~東日本編~(4ページ目)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。
山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。

山頂の広大な湿原は別天地 苗場山

苗場山

出典:PIXTA
標高所在地最高気温(8月)最低気温(8月)
2,145m新潟県南部、長野県北東部20.1℃10.6℃
 参考:ヤマレコ

日本百名山のひとつとして人気の山、苗場山。山頂へのコースはどこから登ろうか迷ってしまうほど豊富。登りは意外に雄々しい苗場山を眺めながら、下りは開けた視界から眺められる広大な景色を楽しみながら、進んでいけるのも人気の秘密。

苗場山 黄金色の湿原

出典:PIXTA

登頂時には、登りに見る苗場山の雄々しい山容からは想像できない景色が待っています。それは、山頂に広がる広大な湿原! 特に、紅葉の時期に現れる黄金色に染まる湿原は、別天地とよぶにふさわしい絶景です。決して穏やかではない姿と山頂の開放感とのギャップが感動を増してくれます。

同時に感じる自然の雄大さと荒々しさ 白山

白山

出典:PIXTA
標高所在地最高気温(8月)最低気温(8月)
2,702m石川県白山市、岐阜県白川村14.3℃7.5℃
参考:ヤマレコ

富士山と立山とともに日本三大霊山のひとつに数えられる白山は、最高峰である御前峰を主峰とする山々の総称。北陸随一の高さを誇り、他の山の雪は消える時期でも解けずに白く見える山として、その名が付いたそう。ハクサンイチゲやハクサンチドリなど、その名を冠する高山植物も多く見られます。

白山 御前峰から

出典:PIXTA

山頂部からの景色は四方どこを見渡しても広がる絶景に感動! 北アルプスや北陸の山々、そして日本海。スケールの広さを実感できる遠方の景色とともに、眼下には火山湖と他の峰々を臨むダイナミックな景色が。大自然の雄大さと荒々しさを同時に楽しめるなんとも贅沢な絶景が広がっています。

奇跡の奇石に神秘を感じる 御在所岳

御在所岳 ロープウェイ

出典:PIXTA
標高所在地最高気温(8月)最低気温(8月)
1,212m三重県菰野町、滋賀県東近江市23.3℃15.0℃
参考:ヤマレコ

鈴鹿山脈の主峰で、日本二百名山のひとつである御在所岳。ロープウェイとリフトで山頂まで行けるため、初心者では難しい冬山の様相も見られるなど四季を問わず楽しめる山として人気があります。また、条件が整えば富士山も見られるほどの眺望のいい見晴台や展望台も整備されています。

御在所岳 地蔵岩

出典:PIXTA

御在所岳は奇岩や巨岩の多い山としても有名。ロープウェイで山頂を目指すのもいいですが、岩を楽しむなら中登山道がおすすめ。岩同士がおんぶしているような「負ばれ岩」など数ある奇岩の中でも必見すべきは「地蔵岩」。二本の岩に挟まれた「絶対に落ちない」サイコロ状の岩に自然の神秘を感じられます。

迫力ある富士を眺められる 越前岳

越前岳 アシタカツツジ

標高所在地最高気温(8月)最低気温(8月)
1,504m静岡県裾野市19.4℃14.6℃
 参考:ヤマレコ

静岡の愛鷹(あしたか)連峰の最高峰で、日本二百名山にも選定されている越前岳。低山ながら迫力ある富士山を眺められる山として名が知られています。また、この地域の固有種「アシタカツツジ」が咲き誇る5月中旬から6月上旬には、この花を一目見ようと多くの登山客がやってきます。

越前岳 富士山

出典:PIXTA

越前岳の魅力は何といっても迫力ある富士山を展望できること。山頂からは富士山とともに南アルプスの山々、そして目を南に向ければ伊豆半島や駿河湾が。海と山を一度に堪能できる大展望が広がっています。また、山頂から20分ほどの「富士見台」からの景色は、かつての紙幣の撮影地になったほどの美しさです。

絶景は大自然からのプレゼント

絶景

出典:PIXTA

山からの絶景を目の前にすると、あまりの壮大さに人間の存在の小ささを改めて感じさせられます。息をのむほどの美しさと大自然の雄大さに感動間違いなし。絶景登山で、日常生活ではまず見ることのできない大自然からのプレゼントを受け取りに行ってみませんか?

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山してください。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんでください。

関連記事

4 / 4ページ