桜の名所は紅葉もすごい!吉野山の絶景スポットと観光・アクセス情報

桜の名所として有名な奈良県の吉野山。秋になると山々は紅く染まり、素晴らしい紅葉が広がります。吉野は古くから山岳信仰の対象で、修験の聖地として栄えました。紅葉と一緒に、寺社・仏閣巡りも楽しむことが出来るのが最大の魅力です。
今回は吉野山の絶景スポットやコースを紹介します。観光情報や駐車場情報もまとめていますので、合わせてチェックしてください。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

桜と紅葉の名所|吉野山

吉野山 紅葉
出典:PIXTA
吉野山は、奈良県の吉野町に位置する標高350mの山で、吉野川から大峯山脈へと続く約8kmの尾根一帯のことを指します。古来より山岳信仰の場とされ、現在でも歴史が息づく神聖なスポット。日本らしい風情を満喫できる吉野の散策は、海外からの観光客にも人気です。

桜の名所は紅葉の名所でもある

吉野山
出典:PIXTA
日本一の「桜の名所」として有名な吉野山。春には、山全体が淡い桜色に彩られ、その壮大さは「一目に千本見えるほど」ということから「一目千本」とも称されています。そして秋になると、その木々の葉は燃えるような赤や橙、黄に様変わり。例年、11月上旬~下旬にかけてライトアップが行われます。夜の闇に照らし出された紅葉はとても神秘的です。


2018年の見頃

作成:YAMA HACK編集部
吉野山の紅葉の見頃は、例年10月下旬から12月上旬。ピークは11月の中旬頃!最新の情報は、Twitterにて随時更新されます。ピークを逃さないように、こまめにチェック!

吉野山最新情報をチェック

混雑予想

吉野山 紅葉 混雑
出典:PIXTA
シーズン中、吉野駅から近い下千本から中千本にかけて大変混雑します。ピーク時の11月中旬~下旬の土日祝日は、自由に身動きが取れないほどになることも。時間に余裕のあるスケジュールを立て、柔軟に対応しましょう。

【エリア別】世界遺産と絶景スポット

吉野山は、高野山や熊野参詣道と並んで、山全体が世界遺産に認定されています。エリアは4つ。麓から順に、「下千本」「中千本」「上千本」「奥千本」と続きます。それぞれ周辺には、歴史・文化的価値の高い社寺や遺跡が点在。世界遺産に登録された建造物を巡ることもできます。谷や尾根を埋め尽くす壮大な紅葉と歴史散策を堪能しましょう。

七曲がり坂【下千本】

七曲り坂
出典:PIXTA
吉野山の入り口にあたる「七曲がり坂」。ロープウェイやバスを利用しない場合は、こちらの遊歩道を歩いて登っていきます。日本三大鳥居のひとつである「銅の鳥居」までは約25分です。

金峯山寺蔵王堂【中千本】

蔵王堂
出典:PIXTA
吉野山のシンボル、修験道の総本山で世界遺産に登録されている「金峯山寺」。檜皮葺きの大屋根は、高さ34m、四方36mにもおよびます。木造古建築では日本最大。蔵王堂と仁王門は、国宝にも指定されています。

拝観料:500円
拝観時間:8:30~16:30(受付は16:00まで)※年中無休

吉水神社【中千本】

吉水神社
出典:PIXTA
豊臣秀吉が花見の本陣としたとされる逸話が残る、世界遺産「吉水神社」。知る人ぞ知る、パワースポットでもあります。境内からの眺めは、中千本と上千本の紅葉を一望できる絶景スポット。

拝観料:9:00~17:00
拝観時間:400円

吉野水分神社【上千本】

吉野水分神社
出典:PIXTA
子授けの神としての信仰を集める「吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)」。世界遺産のひとつで、境内には桃山時代に再建された歴史ある社殿が建ち並んでいます。山頂に近いため色づき早く、見頃は11月上旬~中旬。

拝観料:無料
拝観時間:8:00~16:00

花矢倉展望台【上千本】

花矢倉展望台
出典:PIXTA
吉野水分神社から歩いてすぐのところにある展望台。吉野山の中でも、抜群に眺めが良いスポットです。眼下に広がる市街地や社寺と、山全体を覆う赤や黄の紅葉を見下ろすことができます。周辺には食事処もあるので、休憩の際に立ち寄ってみるのも◎。

高城山遊歩道【奥千本】

高城山遊歩道
出典:PIXTA
山頂に近い奥千本エリアは下千本に比べると人が少なめなので、静かに紅葉の中を散策したい人にはおすすめ。荘厳さを感じさせる真っ赤な紅葉の絨毯が高城山展望台まで続きます。展望台には、4台ほど駐車スペースありますが、すぐに埋まるので早朝がねらい目です。

金峯神社【奥千本】

金峯神社
出典:PIXTA
かつては修験道の場として、菅原道真も祈願したとされる由緒正しき神社。世界遺産にも認定されています。境内から5分ほどの場所には、「義経が弁慶らと迫りくる追っ手から逃れるために隠れた」とされる「義経隠れ塔」があります。

拝観料:無料(義経隠れ塔 300円)
拝観時間:自由参拝(義経隠れ塔・不定休)

移動手段別の巡り方

吉野エリアは広いので、あらかじめ行きたいスポットを絞ってスケジュールを立てておくとスムーズです。車でアクセスする人は、まず駐車場の確保。駐車場の位置や観光スポットまでの距離などを事前に良く調べておくと◎。

紅葉をとことん満喫!ハイキングコース

コース図
出典:ヤマプラ
コース距離標高差コースタイム難易度
11km約500m3時間30分
参考:ヤマプラ
吉野駅(80分)→吉野水分神社(40分)→奥千本口(30分)→吉野水分神社(60分)→吉野駅

上記はコースタイムなので、観光や食事、休憩などの時間も加味して計画を立てましょう。また、散策の際には坂道や石段、人混みなどで足元が不安定になる可能性も。動きやすい服装、歩きやすい靴がベストです。

【注意】ロープウェイと路線バス運休情報

吉野 ロープウェイ
現在、千本口駅から吉野山駅に伸びるロープウェイと、吉野山をめぐる路線バスは運休しています。最新情報はホームページをご確認ください。
ロープウェイ:運行休止(再開未定)
奥千本行バス・ケーブル代行バス:運行休止(平成30年9月18日~平成30年10月24日)

吉野大峯ケーブル最新情報

好きなエリアを巡りたい!車の場合

各エリアに駐車場が完備されています。駅に近い下千本エリアほど混雑するので、車で巡る場合は山頂側の奥千本エリアから回るのがおすすめ。しかし、奥のエリアに行くほど駐車台数は限られるので、早めの行動で駐車場を確保しましょう。駐車場情報は次ページでチェック!

グルメ・温泉情報

吉野山の観光エリアのメイン通りには、多くの老舗飲食店や旅館が建ち並んでいます。散策の際には、ぜひ立ち寄ってみるのがおすすめ。吉野の歴史や風情を感じることができますよ。

くずきり柿の葉寿司
撮影:Y.Matsuzaki
吉野の名物といえば「葛(くず)」。美しく透き通った葛餅や葛切りは絶品です。他にも、鯖や鮭を使った「柿の葉寿司」も人気。臭みがなく肉厚です!

吉野山の飲食店を探す

300年の歴史!吉野温泉元湯

吉野温泉 約300年もの古い歴史をもつ「吉野温泉」。修験者や全国各地の文人にも愛されてきました。鉄を含んで赤みを帯びた湯は、神経痛や筋肉痛、健康増進にも効果あり。日帰り入浴の利用には予約が必要です

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山902-2
電話番号:0746-32-3061
営業時間:11:00~15:00(最終受付14:30)
※4月~5月のGW期間中は、日帰り入浴不可。
入浴料金:700円(大人、小人同料金) ※フェイスタオル無料貸し出し

吉野温泉元湯

露天風呂が絶景!湯元 宝の家

宝の家 吽の湯 吉野の山一帯に広がる紅葉を眺めながら入浴することができる「絶景の露天風呂」が人気の宿。日帰り入浴の際は予約不要ですが、混雑時は入場制限がかかることもあります。不定休なので事前に問い合わせておくと安心です。

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山中千本公園
電話番号:0746-32-5121
営業時間:14:30~19:00、4月のみ11:30~15:00 不定休
入浴料金:1,000円(大人、小人同料金)、タオル付湯元 宝の家

アクセス・駐車場情報

京都・大阪、名古屋から特急電車も運行しているため、アクセスしやすい吉野山。しかし、ベストシーズンは大変混雑します。事前に詳しいアクセス方法や駐車場情報を確認して、早朝から行動を始めるのが上手に回るコツです。

詳しいアクセス方法

吉野山観光駐車場

吉野山の玄関口に位置する駐車場。金峯山寺・蔵王堂までは、徒歩15分です。周辺には、食事処や売店、トイレや休憩所などもあり。混雑時は、お昼~夕方にかけて満車状態になることがほとんどなので、早朝を狙いましょう。観桜期以外は、奥千本(山頂)方面へ有料のマイクロバスも運行。(※平成30年の紅葉シーズンは土日祝のみ1000円かかります

エリア:下千本
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山24-1
駐車台数:400台

如意輪寺駐車場

吉野の中心からやや外れた静かなエリアに佇む如意輪寺の駐車場。金峯山寺までは徒歩40分、吉水神社までは徒歩35分の距離です。吉野観光駐車場に比べて収容台数が少ないので、こちらに駐車したい場合も早めの到着を心がけましょう。

エリア:中千本
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山24-1
駐車台数:200台

紅葉に染まる「世界遺産・吉野山」で日本の秋を感じよう!

吉野 秋
出典:PIXTA
今もなお、歴史が息づく神聖な山、吉野。古くから山岳信仰の聖地として、多くの人々が祈りを捧げてきました。淡い桜色に染まる季節も人気ですが、紅葉で色とりどりに染まる秋の吉野も魅力的。日本の秋を肌で感じることができますよ。歴史情緒を感じさせる街並みや社寺、温泉、グルメ、何をとっても完璧。この秋は、ぜひ「世界遺産・吉野山」に足を運んでみませんか?


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

紅葉の吉野山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
kimi
kimi

雪国生まれでウィンタースポーツを楽しんでいるうちに山の魅力、自然の魅力に引き込まれ、最近では登山やキャンプも楽しむようになりました。自然の壮大さ、美しさにどっぷりハマって、外遊びを極めていこうと思っております。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!