谷川岳登山おすすめ天神尾根からの往復コース

谷川岳の登山は、都内からのアクセスもよく山頂からは大展望が広がるため人気があります。日本百名山のひとつでもあり、谷川岳ロープウェイを利用すると日帰りでも谷川岳登山ができるため初心者にもおすすめです。今回は、ロープウェイで天神平駅まで行き谷川岳をめざす登山コースを紹介します。


アイキャッチ画像出典:Hotel200

谷川岳ロープウェイを利用して天神尾根から谷川岳に登ろう!

今回は、ロープウェイを利用し天神尾根から谷川岳を目指す日帰りの人気ルートをご紹介します。ロープウェイを利用するため、高度を一気にかせぐことができます。谷川岳の山頂部は二峰あり、トマノ耳とオキノ耳があるので両方のピークに登ってみましょう。

【コース概要】
●コースタイム合計=約5時間(休憩時間含まず)
●コースタイム詳細
土合口駅(谷川岳ロープウェイで10分)→天神平駅(0.50)→熊穴沢避難小屋(0.30)→天狗のとまり場(0.30)→天神のザンゲ岩(0.20)→肩の小屋(0.10)→トマノ耳(0.15)→オキノ耳(1.40)→熊穴沢非難小屋(0.40)→天神平駅
※コースタイムは登山経験や体力、天候などによって変わります。ご自身の体力にあわせた無理ない計画をたて、登山を楽しみましょう。
●地図=上信越谷川岳/ヤマケイオンライン  山と高原地図16谷川岳/昭文社
●登山適期=6月下旬~10月初旬(※例年10月中旬から下旬頃に初雪)
谷川岳マップ谷川岳ロープウェー株式会社出典:谷川岳/谷川岳ロープウェイ


【お役立ち情報リンク】
●交通アクセス情報はこちら
●駐車場はロープウェイの土合口駅にあるベースプラザ立体駐車場で約1000台、屋外駐車場に約500台。土合口駅から徒歩約5分下に無料の駐車場あり。

●谷川岳の天気情報はこちら
●谷川岳ロープウェイ情報はこちら
※土日祝は、始発7:00 下り最終は17:00)
●谷川岳肩ノ小屋はこちら
●登山の服装情報はこちら
基本的な服装=足首まである登山靴、厚手の靴下、速乾性で伸縮性のあるズボン、速乾性の下着、速乾性の長袖シャツ、ダウンやフリースなど防寒具、雨具上下、30ℓくらいのザック、帽子(
※そのほか水約1.5~2ℓとおやつ・食料を忘れずに!)
●下山後の温泉情報はこちら
●谷川岳登山お問い合わせ先

群馬県谷川岳登山指導センター
℡:0278-72-3688

【コース紹介】
●土合口駅
土合口駅からロープウェイに乗り、いっきに1319mの天神平駅へ。
土合駅_済連休や登山シーズン中は込み合うため、ロープウェイは並ぶことも多い
出典:土合口駅/谷川岳ロープウェイ

●天神平駅
天神平駅からさらにリフトに乗って天神峠まで行って登山を開始することもできますが、リフトに乗らないで、天神平駅から登山を開始することもできます。準備体操をして出発!
天神平駅_済標高1319mの天神平駅。降り立つと空気はひんやりします
出典:天神平駅/谷川岳ロープウェイ

●天神尾根
登山路は、ロープウェイの天神平駅からのルートとリフトを降りた天神峠展望台からのルートと途中で合流します。
天神平_済天神峠(手前)から谷川岳へ続く天神尾根の登山路
出典:ググっとぐんま写真館

●熊穴沢避難小屋
熊穴沢避難小屋(人は常駐していなく中にはベンチがあるのみ)から約1時間半ほど本格的な登りが続くので、ここでゆっくり休みましょう。また、天候や体調など様子を確認して不安な場合は熊穴沢避難小屋か天狗のとまり場で引き返しましょう
谷川岳熊穴沢避難小屋_済/谷川岳ロープウェー株式会社休憩にも利用できる熊穴沢避難小屋
出典:谷川岳ロープウェイ
%e8%b0%b7%e5%b7%9d%e5%b2%b3%e3%80%80%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%80%80%e9%8e%96%e5%a0%b4ところどころ出てくる岩場の登山路。混雑時のすれ違いに注意

●肩ノ小屋
肩ノ小屋では、宿泊や休憩ができます。ここから山頂まではなだらかな登りで、あと一息で登頂です!
肩ノ小屋_済4月下旬から11月上旬まで営業している肩ノ小屋
出典:谷川岳/観光情報まるごとみなかみ

次のページでは、谷川岳のピーク写真と登山動画をご紹介!



●トマノ耳
双耳峰のうち、始めのピークはトマノ耳、その奥にオキノ耳があります。両ピークからは360度の大展望が広がります。
オキノ耳から見たトマノ耳オキノ耳から見たトマノ耳
出典:ウィキペディア

●オキノ耳
山頂に到達し休憩したら、往路を下山しましょう。疲れが出る下山では、転倒が多いので十分気をつけて降りましょう。
トマノ耳から見たオキノ耳_済640px-Okinomimi
トマノ耳から見たオキノ耳。奥は一ノ倉岳
出典:ウィキペディア

【注意事項】
●初心者は、登山経験者やガイドと同行の上、しっかりとした登山装備で登山を行って下さい。
●今回紹介したルートは日帰りですので、13時半ころまでに山頂に到達できない場合は引き返すなどデッドラインを決めて行動して下さい。
●もしもの場合の山岳保険の加入、登山届の提出を忘れずにしましょう。

●本ウェブサイトの利用・閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承下さい。


谷川岳天神尾根登山コースの動画

登山コースのイメージをつかむためにも動画は有効的。ぜひ天神尾根の登山コースを事前に確認してみてください。(※動画は、天神平駅からリフトを利用し天神峠まで行ってからの登山コースを紹介しています。)


出典:「山は晴天なり」1/4 ICI石井スポーツ

出典:「山は晴天なり!」2/4 ICI石井スポーツ

出典:「山は晴天なり!」3/4 ICI石井スポーツ

出典:「山は晴天なり!」4/4 ICI石井スポーツ

最後に、谷川岳の魅力をまとめました!


谷川岳の魅力とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA秋の谷川岳一ノ倉沢。多くのロッククライマーが挑む迫力ある大岩壁
出典:ググっとぐんま写真館
【近くていい山!】
日本百名山のひとつで、群馬県と新潟県の県境にある谷川岳。都心からのアクセスもよく、谷川岳ロープウェイもあることから、経験者と同行すれば初心者にもおすすめです。

【ダイナミックな山容】
標高は、1977mと2000mに満たない山ですが、一ノ倉沢の岩壁は、穂高や剣岳とともに日本三代岩場と言われていて、迫力ある景観は見る者を圧倒します。一ノ倉沢の岩場では多くのロッククライマーが魅了され昭和の初め頃から盛んに登られていますが、一方で、多くのクライマーが命を落とし、”魔の山”としても知られています。

【360度の大展望】
谷川岳の山頂は、双耳峰(そうじほう)で、ピークが二つあります。両ピークとも360度の大展望が広がり、朝日岳から榛名山、赤城山など雄大な山々がのぞめます。

魅力たっぷりの谷川岳へぜひ登ってみてはいかがでしょう!

Enjoy Trekking!

楽しい登山を!

【登山コース関連記事はこちら】

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

谷川岳
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!