谷川岳|鎖場あり!絶景あり!ロープウェイ利用でチャレンジできる初級向け登山コース

2020/09/18 更新

初級から上級まで楽しめる豊富な登山コースと、首都圏からは日帰りできることでも人気の谷川岳。今回はロープウェイを利用した初級コースのご紹介です。が、岩場、鎖場もある、しっかりとした山行です。頑張って登れば、キレイなお花や絶景が待っていますよ。初級からのステップアップに、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋の営業状況をはじめ、交通状況・施設情報に変更が生じている可能性があります。 休業や人数制限により「宿泊できない」場合もあるため、計画時の事前確認が重要となります。エリアごとに山小屋の公式サイト(SNS含む)のリンクをまとめましたので、登山計画の時に必ずご確認ください。山小屋のないエリアでの登山でも、最新の情報を調べてから山を楽しむようにしましょう。 【2020年】地図でわかりやすい!山小屋の営業情報


アイキャッチ画像撮影:YAMAHACK編集部
【ロープウェイ利用の注意】(2020年9月15日追記)
現在2020年9月9日の豪雨の影響で、送電線が流出したため9月10日~ロープウェイが運休しています。早期復旧を見込めない為、10月31日までの運休が決定しております。再開につきましては11月以降となります。
詳細情報は谷川岳ロープウェイが発表している最新の情報(下記リンクボタン)を確認してください。
谷川岳ロープウェイ|運休について(2020/9/11)

日本百名山、谷川岳(たにがわだけ)ってどんな山?

谷川岳
出典:PIXTA
標高所在地最高気温(6-8月)最低気温(6-8月)
1,977m群馬県利根郡みなかみ町
新潟県南魚沼郡湯沢町
15℃5.4℃
参考:ヤマレコ
群馬県と新潟県をまたぐ上信越国立公園。その東部に位置する谷川連峰の主峰「谷川岳」。日本百名山の一座で、トマノ耳(標高1,963m)とオキノ耳(標高1,977m)と呼ばれる2つの頂きをもつ双耳峰です。
初級者から上級者まで楽しめる豊富な登山コースと、首都圏からは日帰りでも行ける手軽さで、登山者やクライマーに人気の山です。

豊富な高山植物が魅力

谷川岳のお花畑
出典:PIXTA
気象の厳しさでも知られる谷川岳。通常は標高2,500~3,000m付近にある森林限界が、1,500mと低くにあるのも特徴です。
そのため、比較的低い場所でも、ウスユキソウ、ジョウシュウアズマギク、ジョウシュウオニアザミなど、珍しい高山植物を見ることが可能。特に天神平と、トマノ耳~オキノ耳にかけては、初夏には見事なお花畑になることで知られています。

360度の大パノラマを2度も楽しめる!

谷川岳山頂よりの眺め
出典:PIXTA
双耳峰である谷川岳からは、トマノ耳・オキノ耳、どちらの頂きからも360度の大パノラマを楽しめます。晴れていれば北からぐるりと、越後駒ヶ岳や尾瀬の山々、赤城山、草津白根山、浅間山、苗場山と、絶景を拝むことができますよ。
また、歩いて来た稜線や周囲の荒々しい岩壁なども見渡せます。2つの峰に登ることで、1日に2度もこの感動を味わうことができる、とってもお得な山なのです。

気軽にあがれるからこそ、気を付けて!

谷川岳 岩場
撮影:YAMAHACK編集部
谷川岳は剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つにも数えられるほど険しい山。ロープウェイが利用できるため、「初級者向けコース」と紹介されることも多いコースですが、途中にある岩場には注意が必要です。

谷川岳 霧
撮影:YAMAHACK編集部(天神平駅)
また、急激に気候が変化することも多いため、時には真っ白なんてことも。初級者向けコースだからといって安心せず、急な天候悪化に備えてしっかり準備をして行きましょう!

”花のきれいな夏”と”紅葉の秋”がおすすめ

谷川岳の紅葉
出典:PIXTA
ロープウェイは通年営業していますが、登山に適しているのは初夏~秋の気候の落ち着いている季節。特に、花がキレイな夏と、紅葉の秋がおススメです!
冬~春は積雪があるため、アイゼン、ピッケルなどの装備が必要に。晩秋には雪にふられることもあるため、しっかり天気予報を確認してから入山しましょう。

ロープウェイで尾根まで楽々コース

谷川岳ロープウエー株式会社提供イラストMAP
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コース距離:約6.6km
コースタイム:約4時間20分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★☆☆
・ハシゴ、くさり場を通過できる身体能力が必要
・地図読み能力が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
 
ルート概要(天神平駅からの往復)
土合口駅 (ロープウェイ)→天神平駅(45分)→熊穴沢避難小屋(30分)→天狗の留まり場(55分)→オキノ耳(45分)→天狗の留まり場(30分)→熊穴沢避難小屋(40分)→天神平駅(ロープウェイ)→土合口駅
ロープウェイで天神平駅まであがり、そこからスタート。天神尾根を歩いてトマノ耳を経由し、オキノ耳までをピストンするコースです。
初級者でも登れますが、コース途中には滑りやすい岩場や鎖場もあるため少しハード。鎖場が初めての方や苦手な方は、経験者に同行してもらうと安心ですよ。


コース詳細

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
スタートは谷川岳ベースプラザの中にある谷川岳ロープウェイ・土合駅から。ゴンドラは約3分間隔で発車しているので、乗車もスイスイです。トイレや自販機もあるので、登山前の準備もバッチリ!


撮影:YAMAHACK編集部
土合駅から谷川岳ロープウェイで約15分、天神平駅に到着です。天神平駅より、いよいよスタートです!まずは天神尾根へあがりましょう。
※リフトを利用した天神峠駅からのルートは、現在利用が難しい状況です。リフトは利用せず、天神平駅より天神尾根へ上がるようにしましょう。


撮影:YAMAHACK編集部
天神平は初夏から夏にかけてお花畑に。イワカガミやハクサンコザクラなどのお花を見ることができますよ。準備運動もかねて、お花を観察しながらゆっくり上がって行きましょう。

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
ルート前半にはきれいに整備された木道も。雨が降った後などは滑りやすいので注意しましょう。


撮影:YAMAHACK編集部
熊穴沢避難小屋に到着。無人の避難小屋です。
この後いよいよ本格的な登りになるので、ここで再度準備を整えましょう。


撮影:YAMAHACK編集部
熊穴沢避難小屋を過ぎると、岩場、鎖場が出てきます。
天神尾根は玄武岩類と蛇紋岩でできていますが、蛇紋岩はとても滑りやすい岩なので注意が必要です。雨あがりなどで濡れている場合は特に気をつけましょう。


撮影:YAMAHACK編集部
避難小屋から45分ほど歩くと、天狗の留まり場に到着。多くの人が一息ついているスポットです。
少し奥に行くと見晴らしも良く、夏には近くでヒメシャジンの花もいっぱい見ることができますが、くれぐれも滑落には十分注意してくださいね。

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
天狗の留まり場を過ぎてしばらく歩くと、右手に天神ザンゲ岩が現れます。この後階段が続くので、ここで少し休憩しながら景色を見るのもおすすめ。

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
天神ザンゲ岩を過ぎるとしばらく階段が続きます。岩場は緊張で疲れも少し忘れ気味ですが、階段はダイレクトに疲れを感じますよね。こんな時こそ足元に注意!息を整えながら、ゆっくり上りましょう。


撮影:YAMAHACK編集部
長い階段を登りきると、やっと肩の小屋に到着です。売店や休憩所、トイレもあるので、ラストスパートに向けてしっかり休憩しましょう。

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
この辺りはガスで視界不良になることが多く、うっかり沢筋に入ってしまうと大変なことに。山岳会の方が設置してくれたというケルンが、もしもの時の小屋への目印になっています。




撮影:YAMAHACK編集部
ケルンを過ぎると稜線がキレイに見えてきます。もう少しで山頂です!

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
トマノ耳の山頂に到着!ぐるっと360度見渡せる絶景、第一弾です。ここからもう一つの頂、オキノ耳へ向かいましょう。


撮影:YAMAHACK編集部
行く先にオキノ耳が見えます。この道は夏には一面お花畑に!エーデルワイスに似た、ホソバヒナウスユキソウを見ることもできますよ。
谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
ついにオキノ耳の山頂に到着!ここからの景色も絶景です。
360度の絶景、第二弾を楽しんだら、余裕のある人はもう少しだけ先に進んでみましょう。


撮影:YAMAHACK編集部
オキノ耳は「谷川富士」とも呼ばれており、谷川富士浅間神社の奥宮があるのです。無事登頂のお礼と、無事下山のお願いをして、来た道を帰りましょう。

登山時に利用できる山小屋

肩の小屋

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
谷川岳連峰縦走の拠点としても利用される、肩の小屋。標高1,900mの小屋から見る夜空は絶景!
5月~11月は有人小屋で宿泊することも可能です。
営業:4月下旬~11月(積雪の状況による)※宿泊には事前予約が必要
予約受付:3月1日より 8:00~16:00
電話:予約先/090-3347-0802(森下様)、営業期間外の問い合わせ先/0278-25-5031(みなかみ町観光商工課)
トイレの使用料:100円

谷川岳ロープウェイ 土合口駅までのアクセス

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
谷川岳登山の拠点として多くの人が利用するロープウェイ。土合口駅のある谷川岳ベースプラザには、食堂やテラス、売店などもあり、登山準備に最適。観光客も多く訪れるスポットです。
■谷川岳ロープウェイ
営業:【4月~11月】平日:8:00~17:00、土日祝:7:00~17:00
【12月~3月】全日:8:30~16:30(3月から土日祝日は7:00~16:30)
トイレ:あり
料金:片道/大人1,250円・子供630円、往復/大人2,100円・子供1,050円
谷川岳ロープウェイ
【ロープウェイ利用の注意】(2020年9月15日追記)
現在2020年9月9日の豪雨の影響で、送電線が流出したため9月10日~ロープウェイが運休しています。早期復旧を見込めない為、10月31日までの運休が決定しております。再開につきましては11月以降となります。
詳細情報は谷川岳ロープウェイが発表している最新の情報(下記リンクボタン)を確認してください。
谷川岳ロープウェイ|運休について(2020/9/11)

クルマの場合

【谷川岳ロープウェイ利用の場合】
関越自動車道「水上」I.C→国道291号線を谷川岳方面へ14㎞(約25分)

■谷川岳ロープウェイ 駐車場
台数:1000台+500台
トイレ:あり
料金:5月1日〜11月30日/大型1,000円・小型500円、12月1日〜4月30日/大型1,000円・小型1,000円

公共交通機関の場合

①上越新幹線「上毛高原駅」下車→「谷川岳ロープウェイ」行きバス(約50分)
②上越線「水上駅」下車→「谷川岳ロープウェイ」行きバス(約25分)
関越交通「谷川岳ロープウェイ」方面 乗り場・時刻表

初級からのステップアップに!

谷川岳
撮影:YAMAHACK編集部
ロープウェイを利用する事でグッと難易度は下がりますが、そうは言っても百名山。距離も短くはありませんし、岩場・鎖場もある本格的な登山です。装備も体調もしっかり準備して挑みましょう。頑張って登れば、ステップアップできること間違いなしです。
※この記事内の情報は特記がない限り公開初出時のものとなります。登山道の状況や交通アクセス、駐車場ならびに関連施設などの情報に関しては、最新情報をご確認のうえお出かけください。

登山には必ず地図も持って行こう!

ITEM
山と高原地図 谷川岳
昭文社

この記事を読んでいる人にはコチラもおすすめ


紹介されたアイテム

山と高原地図 谷川岳
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

トマの耳からオキの耳
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
akko_y

兵庫県在住。ある日ふとテレビに映ったヒマラヤへ行きたくなり、山活をスタート。気付けば登山の魅力にどっぷりはまっておりました。ただいま登山ガイド修行中。まだまだ修行が足りませんが、皆さんと一緒に楽しみながら成長していければ幸いです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!