【時間がないアナタへ】日常生活でこれだけやろう!5つのこっそりトレーニング

「登山シーズンに向けて、体を鍛え直さないとなぁ…」そんな事を思っていても、“わざわざ”トレーニングの時間を作ることが難しい! そんな方、少なくないのではないでしょうか? 仕事や家事が忙しく、なかなかトレーニングせずに先延ばしになってしまっている…。そんな方は、日常生活の小さな動作1つを意識してみるのがおすすめですよ! 今回は、明日からすぐに取り入れられる小さな日常生活トレーニングを紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

家でわざわざトレーニング、は続きません…!

トレーニングする女性
出典:PIXTA
巷にあふれるトレーニング本や情報サイトを見ると、まず『家でゆっくり時間をかけて行う』ことが前提のものが多く見受けられます。しかし、正直なところ多くの方がこんな気持ちなのでは。
「そんな時間取れないし、続かないよ~!」

疲労困憊の男性
出典:PIXTA
確かに、仕事で疲れて帰ってからわざわざトレーニングの時間を取る…現実的にはちょっと厳しいかもしれません。お風呂に入ったらすぐにベッドにダイブしたいのが、人間の本能というもの。「甘い!」と言われればそれまでですが、よほどストイックな強い気持ちを持たない限り、難しいものです。

塵も積もれば山となる! 日常生活で出来る5つのこっそりトレーニング

時計とカレンダー
出典:PIXTA
急にハードルの高いことをやろうとしても続かないのが関の山。まずは、日常生活のちょっとした動作を意識するところから始めてみませんか? 小さなことばかりですが、馬鹿にせずに毎日続けると時間が経ってきっと効果を実感するはずです。早速明日から実行できることを紹介していきます!

①朝、立ったまま靴下を履く

立ったまま靴下を履く
撮影:YAMA HACK編集部
朝、仕事へ行く前に靴下を履く方がほとんどだと思います。この時座って履くのではなく、立ったまま履いてみましょう。最初はかなりフラつくと思いますが、諦めずにトライしてみて! 片足で立つことにより体がバランスを取ろうとするので、体幹が鍛えられます。『片足靴下履き』がブレずに余裕で出来るようになったら、かなり体幹が進化している証拠です。

②靴を履く時も、片方の手は使わない!

片手で靴を履く
撮影:YAMA HACK編集部
靴を履く時も同様です。シューズボックス、壁などに手を付かず、片足を上げてバランスを取りながらかかとに指を入れて靴を履きましょう。もしくは、かがまずに片足をあげて靴紐を結んでも◎。フラつかなくなってきたら、バランス感覚が良くなっている証拠です。

③足を前へ前へ出し、大股で歩く

大股で歩く
出典:PIXTA
一般的に普通の歩き方に比べて、大股歩きの方がカロリー消費量が大きいと言われています。また、姿勢良く骨盤を立てて大股で歩くことによって腸腰筋や腸骨筋といった骨盤周りのインナーマッスルを動かすことに繋がり、普段動かしにくい筋肉を刺激できますよ。
この時、前へ出す足ではなく後ろの足の蹴り出しを意識することがポイント。そうでないと、太ももの前側ばかりを使ってしまうことになるためです。

④積極的に階段を使う

階段を上るビジネスマン
出典:PIXTA
駅や会社などにある階段も、少し意識を変えると良いトレーニングになります。まず、階段の上り下りはベタ足ではなくつま先で行ってみましょう。意識すべきは、1段上に置いたつま先の足を伸ばして立ち上がる意識をすること。これは、補助を付けた片足スクワットと同義と考えてください。

階段を下りるビジネスマン
出典:PIXTA
また、実は下りがかなり重要です。階段を下る時、太ももの前面の筋肉を伸ばして体をストップさせています。制動が働かないと、下りでそのまま止まれず落ちていってしまうのはイメージできますよね。上りは筋肉を収縮させており、実は下りはこの収縮よりも大きな力を使っているのです。上りより楽に感じるため、まずはこの下りだけでも始めてみるのも手です。

⑤電車の中で揺れに耐える

電車のつり革
出典:PIXTA
電車の制動に耐えられるかどうかは、体幹が物を言います。急停車や大きな揺れに体丸ごと持っていかれてしまうのは、体幹が働いていない証拠。つり革を持っていても構いません。「どんな揺れであってもなるべく今の位置をキープする」ことを意識すれば、自ずと体幹トレーニングになりますよ。そのうち、手を離しても腹筋の奥のコアが働いているのを意識できてブレなくなれば、成長を感じてニヤニヤしてしまうかも。

小さなことからコツコツと!

階段で談笑するビジネスマン
出典:PIXTA
今回ご紹介した動作は、日常生活で必ずといって良いほど直面するシーンでした。今まで何気なく過ごしていた時間が、ちょっとした意識1つでトレーニングの時間に変わる可能性を秘めているのです。そう思うと、無駄に過ごしていたことを後悔したくなるかも…!? もちろん、来る登山シーズンに向けて少しずつ山へ足を運んで慣らしていくことも大事ですが、日常の隙間でトレーニングを行う“自分ルール”を作ると、毎日がちょっと楽しくなるかもしれませんね。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

階段を駆け上がるビジネスマン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!