初心者だったら知らなきゃまずい!富士登山のための5つのポイント

毎年日本中、世界中から多くの登山客が訪れる世界遺産の山、富士山。今年こそ富士山に登ろう!と思っている方へ、初心者だからこそ知らなきゃまずい、5つのポイントをまとめました。事前に情報をきちんとチェックして登頂を成功させよう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

今年こそ富士山に登るぞ!初心者のよくある疑問を解決!

富士山を登る人
出典:PIXTA
登山家もそうでない人も、日本最高峰の富士山には特別な思い入れや憧れがあるものではないでしょうか?登山初心者だけど富士山に登ってみたいと考えている人もいることでしょう。

実は、しっかりと準備をすれば、富士山は初心者でも登ることができる山なんですよ。でも具体的には何を準備すればよいのか、富士山はどこからどう登るのか、分からないことだらけですよね。ここでは、富士登山について初心者によくある疑問を紹介し、解決に導きます!

①初心者はどのルートから富士山に登るのがおすすめ?

富士山全景
出典:PIXTA
富士山には、山梨県側の吉田ルートの他、静岡県側の富士宮ルート須走ルート御殿場ルートの計4つのルートがあります。ルートによって、難易度や登り下りの総歩行距離、総時間、混雑具合などが違ってきますが、しっかりと準備をすれば、どのルートからでも登ることができます。

富士山に登るのが初めての人は「吉田ルート」がおすすめ

富士山を登る人
出典:PIXTA
富士山に初めて登る人に特におすすめなのが、「吉田ルート」。
その理由は、

①登山口となる五合目の施設がとても充実している
②ルート上に山小屋がたくさんある上、救護所も3ヶ所あり、他ルートよりも安心して登れる
③標高差が比較的小さく、歩行距離も他ルートに比べ少なめ
④麓から登山バスが出たり、新宿から五合目直通バスも出ているなど、公共交通機関でのアクセスも良い
⑤山頂まで辿り着かなくても、ルート上からご来光が見られる

などが挙げられます。

②初心者が確保したほうがいい日程はどのくらい?時間はどのぐらいかかるの?

富士山を登る人
出典:PIXTA
初心者におすすめの登山ルートについてわかったところで、ここでは、実際には登山にどのくらいの時間がかかるのかや、スケジュールはどんな風に立てるのが良いのかを見ていきましょう。

富士登山は1泊2日のスケジュールが一般的

富士山ご来光
出典:PIXTA
長時間になる富士登山では、多くの人が山小屋で1泊して山頂へ向かっています。イメージとしては、1日目のお昼に登山口を出発し、夕方までに山小屋入り。ご来光を山頂から望む場合は、夜半に山小屋出発、夜明けに登頂を果たし、下山は昼前。また、特に山頂からのご来光を考えない場合は、夜明け前に山小屋出発、午前に登頂、下山は昼過ぎ、といった感じのスケジュールになります。以下により具体的なタイムスケジュール例を紹介するので参考にしてみてください。

【一般的なタイムスケジュール】※八合目の山小屋に泊まる場合
午前中~12:00 五合目に到着(1時間ほど高地順応の時間を取る)
12:00~13:00 五合目出発
16:00頃 山小屋到着
深夜0:00頃 山小屋から山頂へ向けて出発
5:00頃 山頂到着
7:00頃 下山開始
11:00頃 五合目到着

歩行時間はトータル12時間ほど

富士山を登る人
出典:PIXTA
登山口から八合目まで、八合目~山頂まで、山頂から五合目までの下山は、それぞれ4時間ほど見ておくのがベスト。歩行時間のトータルは、12時間前後となります。高山病にならないために、体力がある人でもゆっくりと時間をかけて体を慣らしながら登ることが大切です。

弾丸登山はダメ!

夜の富士登山
出典:PIXTA
登山前に十分な休息を挟まずに一晩かけて山頂を目指し、山頂でご来光を見るといった、いわゆる「弾丸登山」は、高山病になる可能性が高いため、初心者にかかわらず自粛が求められています。例えば、金曜の夜、仕事終わりから富士山へ向かい、夜通し登って土曜の朝のご来光を見ようとするのは無謀極まりないので絶対やめましょう。

初心者は日帰りもやめましょう!

富士山の山小屋
出典:PIXTA
また、早朝から登り始める場合でも、日帰りだと日没までに下山できるかどうかギリギリといったスケジュールとなるため、初心者には日帰り登山はお勧めできません。基本的に日没前に下山を終える行程で計画を立てるのが登山の常識とされています。

先ほど説明したように、富士登山の総歩行時間は12時間前後となる上、初心者の場合はコースタイム通りに歩けない場合もあるので、山小屋に1泊する余裕を持った計画を立てることをお勧めします。余裕があってこそ、美しい景色や山頂に辿り着いたときの喜びを味わえますよ!

③初心者が用意しなきゃいけない富士登山装備は何?

登山用品レンタルショップ Lamont さて、富士登山の計画を立てたら、登山に必要なものを用意しなければなりませんね。でも、「装備」と一口に言っても、用意しないといけないものとは何でしょうか。ここでは、初心者がよくしてしまいがちな間違いを紹介しながら、必ず必要な装備について説明していきます。

初心者だからこそしっかりとした装備を

富士登山装備リスト
上記の表が必要な装備の一覧となります。登山をしない初心者の方は、「こんなに持って行くの!?」と驚くかもしれません。ですが、必須装備にある持ち物は全て必要です!

本格的なものを初めからあれこれ揃えるのはちょっと・・・と躊躇ってしまう気持ちも分かりますが、山での危険を避け、登山を安全に楽しむためには、初心者だからこそしっかりとした装備が必要なのです。

よくある間違い①晴れ予報だから雨具はいらないでしょ!

雨の日の富士登山
出典:PIXTA
よくある間違いの1つとして、天気予報で「晴れ」と出ているから雨具は持っていかなくてもよいと思ってしまうことが挙げられます。
TVなどで見る天気予報は平地を対象としたもので、麓と山頂の天気は全く違います。また、山の天気は変わりやすく、雨になることが多いのが特徴です。

雨にぬれると低体温症になり命の危険もあるため、必ず上下にわかれた雨具を用意しましょう。コンビニに売っているようなポンチョ型のカッパだと、雨がしみこんできたり汗が蒸れたりするので、雨具は必ず登山用のものを用意!

よくある間違い②夏だし長い時間歩くから暑いよね!

半袖登山者
出典:PIXTA
次によく誤解されがちなのが、夏でも防寒着が必要であるという点が挙げられます。7月や8月の夏本番のシーズンで、長い時間歩くから汗も掻くし、上着などいらないと思ってしまう初心者が多いですが、防寒着は必ず必要です。

基本的に100m標高が上がると気温は約0.6℃ずつ低くなり、0mの平地で30℃と暑くても、単純計算で富士山の山頂では7℃程度。8月でも日の出前は山頂だと2℃や3℃の時があります。防寒着は忘れず用意しましょう。

よくある間違い③登山道は整備されてるっていうから、いつものスニーカーでいいでしょ!

スニーカー
出典:PIXTA
登山道は整備されていると聞くから、いつも履くスニーカーでいいや、と思ってはいませんか?その考えで登山をすると怪我につながる恐れがあります。

富士登山ではトータル12時間前後歩きます。しかも、登ったり下ったりで12時間です。普段の生活とは比べ物にならないほど長時間歩く上、岩場や滑りやすい砂の道もあることなどから、必ずしっかりと足をサポートしてくれる登山靴を履きましょう。

装備を揃えるのが大変ならレンタルがおすすめ

登山用品 一度に装備を揃えるのが大変な方はレンタルもおすすめです。セットメニューもあり、お店の側で富士登山に必要な装備を一式揃えてくれているので安心感があります。また、料金も、全ての装備を自分で買い揃えるよりも大幅に安く上げられ、いきなり高額の装備を用意するのに抵抗がある人にもおすすめです。ネットで簡単に予約でき、気軽にレンタルできるところも魅力です。


④富士山に登るまでに体力をつけられるおすすめのトレーニングは?

スクワットレディ
出典:PIXTA
富士山はそれほど難易度が高い山ではないといわれていますが、総歩行時間12時間超、1000m以上の標高差を上り下りするわけですから、初心者にとっては中々ハード。では、富士登山までにどのようなトレーニングをして準備しておけばよいのでしょうか?

山に行くのが一番のトレーニング!

高尾山六合目を登る人
出典:PIXTA
吉田ルートでおよそ15km歩きます。そこで、日頃からウォーキングをしてどれぐらいの距離を歩くのか感覚で知っておくのも良いでしょう。 しかし、登山では大腿部の筋肉や膝に大きく負荷がかかります。また、荷物を背負って登るので上半身の筋肉も必要です。登山に必要な筋力をつけるのにウォーキングだけでは全く足りないので、スクワットをして足腰を鍛えるのもおすすめです。

ただやっぱり実際に山に行って山道を歩くことに勝るトレーニングはなく、例えば高尾山のような比較的登りやすい低山から実際に登って経験を積み重ねていくことが大事です。

⑤初心者は富士登山ツアーに参加したほうがいいの?

観光バス 富士山が初めてで不安がある人はツアーに参加するのがおすすめです。
その理由は、

・乗り物や宿泊施設の手配、時間や費用の管理などの負担が軽減される
・待ち時間を減らすことができ、トータルの費用も安く上げられる
・ガイドが同行するツアーでは、現地でのガイドや登山時のアドバイスが受けられる
・ほかの参加者も自分と同じ初心者も多く、登山仲間を得られるかもしれない
・ツアーの締めに温泉やおいしい食事処に連れていってもらえるツアーもある

などが挙げられます。

特に以下のような人には、富士山ツアー登山に参加することをおすすめします。

こんな人におすすめ①登山に慣れていない

グループ登山
出典:PIXTA
山登り自体が初めてという人や登山経験が浅く登山に慣れていない人には特におすすめです。専門のガイドが同行するツアーでは、まず第一に安全面に対する安心感があり、合わせて富士山や登山に関する様々な知識も得られるというメリットがあります。

こんな人におすすめ②富士山に1人でチャレンジしたい

ソロ登山
出典:PIXTA
初心者だけど1人で富士山に登りたいと考えている人も実はツアーを利用するのがおすすめ。同行者のいない1人での登山で、何かトラブルがあったときや体調不良など予期しないことに直面した時、どう対処していいか分からず途方に暮れてしまうかもしれません。万が一のことがあったときに心配な面も多いので、そうした心配をせず安心して登れるツアーの利用はおすすめです。

こんな人におすすめ③子供と富士山に登りたい

子連れ登山
出典:PIXTA
子供と一緒に富士山に登りたいと考えている人にも、ツアーを利用しての富士登山はおすすめです。少人数で登るツアーやファミリーで参加するツアーもあり、そういったツアーでは子供のペースに合わせて登山ができます。子供は体力面など大人とは違う部分も多いため、大人が平気なところでも体調を崩したりする可能性があります。ガイドがいることで、いざというときにすぐに対処できて安心です。

初心者でも富士山登頂は夢じゃない!

富士山山頂からの眺め
出典:PIXTA
富士登山の前に知っておきたいポイントを紹介しました。事前にしっかりと準備をしておくことで、初心者でも富士山登頂は成功させることができるんです。入念な下調べと万全の装備で、思い出に残る富士登山にしてくださいね!

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

富士登山に関する関連記事はこちら


この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

富士山に登る初心者
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!