【脱・日帰り】1回行ったら絶対ハマる!『1泊登山』の魅力7つ

「泊まりはハードルが高くて、いつも日帰り登山になっちゃう…」そんな方も意外といるのでは? 泊まらないなんてもったいない! 山に1泊するだけで、新たな山の魅力を知ることができますよ。ハードルを越えてでも1泊すべき、その魅力を紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

1泊登山がしたい!でも…急に腰が重くなる!?

登山者
出典:PIXTA
まだ日帰りでの登山しか経験がない人の中には、そろそろ泊まりでの登山に挑戦したい!でもその1歩が踏み出せない…という方もいるのでは? すでに経験済みの人にとっても、泊まりとなるとなんだかちょっと腰が重い…。そんなこともありますよね。日帰りと泊まりの間にある“ハードル”とは何なのでしょうか?

1泊登山にはハードルがいっぱい… さぁ、超えられるか!?

登山者
出典:PIXTA
早速、登山者たちが実際に感じている1泊登山のハードルが何なのかを見ていきましょう。「1泊登山はちょっと面倒だな…」と思いがちな7つのことをご紹介します。

①誰と行こう…

悩む人
出典:PIXTA
山で1泊するとなると最低でも丸2日の時間を取らなければなりません。気軽に誘える仲間とお休みの日を合わせられるか? ということがハードルになってきます。ソロで行ってしまう?という選択肢もありますが、初めての山泊となると何かと不安も多いですよね。

②体力は大丈夫かな…

座り込む登山者
出典:PIXTA
1泊登山をするということは、2日間連続で山を歩くということになります。1日目の疲労を引きずったまま2日目を迎えることにもなりかねませんし、2連休で行こうとすると休息の間も無くお仕事…ということもハードルになるかも知れません。

③山行計画考えなきゃ…

登山届 2日間の山行は日帰りに比べて自ずと行程が長くなります。当然食事のタイミングも増えるので、休憩をいつ取るかなど細かい部分で考慮すべき点が増えてきます。登山計画書に記入する項目も増えるので億劫になり、泊まりでの登山は後回しになりがちのようです。

④どこに泊まろう…

山小屋の横のテント場
出典:PIXTA
「山でテント泊なんて憧れるけれど、水場やお手洗いはどうなっているんだろう?」「 繁忙期の山小屋って相部屋になると聞いたことがあるけど大丈夫かな?」「行程中のどこで1泊するのが妥当なんだろう?」など宿泊地の問題を考えるとちょっと面倒になってしまう人も多いようです。

⑤装備は足りるかな…

登山装備 1泊登山には一体何をどのくらい持って行けばいいのかを調べたり、必要な装備を買い足したりするのは、なかなかのハードルと言えます。2日間山で過ごすとなると天候の変化も考慮する必要があります。また、ランチの回数や行動食の量、水場のポイントと水筒のサイズなど、考えることが増えますね。

⑥食事どうしようかな…

悩む人
出典:PIXTA
いつもの日帰りでは考える事のない山での夕・朝食。山小屋でいただくのもありですが、自分で作ろう!となると献立や食材の調達・運搬なども考えなければなりません。ゴミを持ち帰ることも考慮しなければならないので、荷物も必然的に増えてしまいます。そうするとやはり日帰りの方が楽だなと思ってしまうようです。

⑦やっぱりお金かかるよね…

財布を持つ人
出典:PIXTA
ザックひとつ取っても、1泊登山となると荷物も増えるのでいつもの日帰りザックというわけにはいきません。山小屋に泊まるとなると交通費に加えて宿泊費もかかります。テント泊の装備を整えるにもそれなりのお金がかかるというのが、登山者の悩みでもあります。

見てきたように1泊登山にはたくさんのハードルがあります。一方で、「泊まりで登山に行きたい!」「泊まりでの登山が大好き!」という登山者が多いのはなぜなのでしょうか?

デメリットはメリットに変えられる!? 1泊登山の魅力とは?

テント泊している登山者
出典:PIXTA
ここからは1泊登山の魅力を7つご紹介します。一見デメリットのように思える泊まり登山のハードルは、実はメリットでもあるのです! ハードルを上げてしまっているのは、自分自身かも!?

①自分と向き合える、仲間との絆を深められる!

仲間とテントに泊まる女性
出典:PIXTA
仲間と行く方は登山のつらい体験を共有できるので達成感が倍増!ソロで行く方は1人でやり抜く精神力を鍛えられます。仲間とじっくり語り合ったり、自分と向き合う時間が持てるのは静かな山の夜の醍醐味とも言えます。

②必要な体力を知ることができる!

雪山を登山する人々
出典:PIXTA
連日山を歩くと日帰りでは気付かなかった身体の痛みなどが出ることもあり、自分のウィークポイントを把握するのには絶好の機会。ペース配分や休憩の取り方、行動食の効果も実感できるので、後の山行に活かせる事をたくさん見つけられます。

③地図読みやコースに詳しくなる!

地図見る登山者
出典:PIXTA
日帰りでは行けない複雑な行程を経験できるのも泊まり登山の大きな魅力。天候などの影響を考慮してバックアッププランを立てるなど登山計画も綿密に行うことになるので、コース取りや地図を読む力も上がります。自然と山情報にも詳しくなりますよ。

④山小屋やテント泊の魅力を知ることができる!

テントからの絶景
出典:PIXTA
山小屋やテント泊の魅力は、まさに泊まり登山でしか経験できないもの。夜空の星や朝焼けの壮大さは山に泊まらないと絶対に味わえない別世界です。周りにいる人みんなが暗いうちからザックを整えて登山靴を履き、山に入るという一体感はとても独特な感覚です。

⑤泊まり登山にたくさん行くようになる!

泊まりで登山に行くカップル
出典:PIXTA
せっかく買い足した装備を使い倒したいという気持ちもありますが、一度泊まり登山に行ったら日帰りでは満足できなくなる人もたくさんいます。初めてより2回目、2回目よりそれ以降、次に行ったらこうしようという向上心がふつふつと湧き上がってくるものです。

⑥山ごはんの腕があがり、知恵がつく!

山ごはん
出典:PIXTA
何日か山にいると自炊の回数も増えますね。道具にも慣れてくるので自ずと効率良く作れるようになってきます。前回の自炊を振り返って食材の選択・運搬や調理方法にもどんどん新しい工夫が生まれ、山ごはんの腕が上がります。

⑦日々の節約や貯金をがんばれる!

貯金箱にお金を入れる人
出典:PIXTA
「もっと頻繁に泊まり登山に行きたい!」「もっと軽いギアが欲しい!」「次までに絶対テント買う!」など、一度泊まり登山に行くとやりたいことが増え、欲しいものも増えてきます。もっと泊まり登山を楽しみたいという目標があると節約も楽しめるのではないでしょうか。

とにかく一度行ってみよう!世界が広がる1泊登山へ

登山者
出典:PIXTA
色々とハードルのある泊まり登山ですが、行ってみると出かける前の杞憂など何のことはありません! 宿泊地には登山上級者の方もいるので、見ているととても勉強になりますし、何日か山にいると装備や歩き方など気づくことも多いです。そして何と言っても山の朝晩は別世界! 街を“下界”と言いたくなる不思議な感覚をぜひ味わってみてほしいです!



関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

山と山小屋とテント場
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
hiroko.ozaki
hiroko.ozaki

お酒と音楽と自然が好き。 ワイン屋を営む傍ら、ヒマさえあれば登山ルートを調べ、週末に行く山の天気に一喜一憂する日々。 いつかどこかで偶然お会いしましょ。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!