ヤマビル対策をするための20の方法

2016/05/25 更新

ヤマビル対策の方法20をご紹介します。塩やヤマビルファイターなど王道の対処方法から驚きの忌避剤まで大公開!地域によっては高密度で生息しているので注意が必要です。関東では身近な「丹沢」などの山にも現れるので、しっかりと知識を身に着けて対処法を実践しましょう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ヤマビル対策のためにヤマビルを知ろう

ヤマビル
撮影:西海太介
ヤマビルは、直射日光や乾燥を嫌い、湿気を好むミミズの仲間です。特に梅雨の時期などは湿度が高く活発になるほか、9~10月は仔ヒルも生まれ、一年で最も数が多くなります。2~3cmの大きさですが伸び縮みをし、伸びると8cmほどまで伸びます。人や動物の熱や二酸化炭素、振動などを感知して近づいてきます。

ヤマビル対策20の方法

ヤマビル対策 下準備編

1.塩を靴に塗る/食塩水を足元にスプレーする
ヤマビル対策をしている様子 ヤマビルに効果を示すのは濃度20%以上の食塩水です。塩分なので金属はさびてしまう可能性があります。登山後はしっかり洗いましょう。

2.靴下を塩漬けにしておいて履く
塩漬けにした靴下
出典:PIXTA
ヤマビルは靴の中に入ってきて吸血することもあります。靴下を塩水につけて乾燥させてから履くことで、予防することができます。

3.塩漬けにしたタオルを首からかける
塩漬けにしたタオルを首に巻く女性
出典:PIXTA
草木などにいたものや、足元から這い上がり続けてきたヤマビルが、首元から侵入することを防ぐ方法です。日本のヤマビルの場合、上から飛んできたりして吸血されることは基本的にありませんが、靴下と同様に、予防策の一つとして活用できます。

4.分厚い靴下を履く
ヤマビル対策の分厚い靴下
撮影:YAMA HACK編集部
靴下が薄かったり、目が粗かったりすると、靴下越しでも血を吸われることがあります。気づいたら靴下が血だらけだった・・という経験談もありますので、分厚い靴下なら、なおベターでしょう。

5.長そで・長ズボン!靴下の中にズボンを入れる
ヤマビル対策の長ズボン
出典:PIXTA
基本となりますが、侵入経路をなるべくなくすために靴下の中にズボンを入れることも大切です。

6.ストッキングを履く
ヤマビル対策のストッキング
出典:PIXTA
男性は少々戸惑う人もいるかもしれませんが、女性用のストッキングを着用することで、ヤマビルの吸血を防ぐことも期待できます。

ヤマビル対策 持っていこう編

1.ヒル下がりのジョニー
ヤマビル対策には忌避効果の高いヒル除けスプレーがおすすめ。定期的にかけると、なお効果的でしょう。
ITEM
ヒル下がりのジョニー

2.ヤマビルファイター
衣類にスプレーするだけでヤマビルは寄ってきません。塗料のように衣類にしっかりつくため水に流されにくく、雨でも効果が長く持続します。
ITEM
ヤマビルファイター

3.ヒルノックエコ
天然成分で環境に優しく、ヤマビルに効果的なヒル対策スプレーです。朝に吹きかけたら効果は夕方まで持続します。
4.木酢液
原液のままを足元に吹きかけておくと、ヤマビルに対して一定の忌避効果はあるようです。ただし、雨などで流れやすく、持続性には欠けます。
ITEM
木酢液
匂いがきついですが、原液のままを足元に吹きかけると、足元からヤマビルは上がってこないです。

初めての木酢液なので比較は出来ませんが、押しただけ出てくる容器なので使いやすいです。焚き火のような懐かしい匂いがして癒されます。


5.お酢
実はお酢にも忌避効果があります。身近にあるもので使いやすいですが、色や匂いが気になる方にはあまりおすすめできません。持続性も欠け、雨が降るとすぐに流されます。

6.虫除けスプレー
虫除けスプレーも効果的です。子供も使用できるイカリジン系の虫除けスプレーがおすすめ。
ITEM
フマキラー 天使のスキンベープ プレミアム

7.食塩水
水8に対し塩を2入れた濃度20%以上の食塩水をスプレーしましょう。ヤマビル対策に効果的ですが、塩分なので服や靴などのアフターケアが大事です。

ヤマビル対策 咬まれたら編

1.持ち物編で紹介したいずれかの液体をかける
10616091_842609585816262_3458506470954280118_n 上記の液体を100均で買えるスプレーボトルのようなものに入れてヤマビルにかけましょう。虫よけスプレーなどでも、効果が期待できるものがあります。

2.塩で埋める
ヤマビル対策の塩
出典:PIXTA
塩水でなくても、塩そのものをヤマビルにかけても、ナメクジ同様に効果があります。埋めるほどかけなくても、指で一つまみしたものを押し当てるくらいで大丈夫です。ヤマビルがいるエリアに行くときは、塩をもっていくことをお勧めします。

3.タバコなどの火をあてる
cigarette-666937_1920
出典:pixabay
ヤマビル自体を火であぶってしまう方法です。確実に効果はありますが、やけどの恐れがあるので、十分に注意が必要です。

※ 咬みついたヤマビルを剥がすために塩などをあてると、吸血した血を吐くことがあります。そのため、他人の応急処置を行うときは、血が付かないようにビニール袋や手袋を使用するようにした方が良いでしょう。

快適な登山のためにもヤマビル対策を!

ヤマビル
撮影:西海太介
快適な登山をする上で、ヤマビル対策は欠かせない一つの手段です。活動期は4月から11月までの間ですが、特に注意したいのは6月から10月の雨天時やその翌日は活動が活発になっています。今回紹介したヤマビル対策をしっかりして、ヤマビル情報をチェックしてから登山へ出かけましょう!


監修:セルズ環境教育デザイン研究所 西海太介氏

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ヤマビル
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
hiromasa
hiromasa

神奈川生まれ、神奈川育ち、神奈川在住の駆け出しライター、hiromasaです。フィッシング、アウトドア、兎に角自然が大好きなプチメタボ!今年は「山」と真剣に向き合って行きたいです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!