西海太介

一社)セルズ環境教育デザイン研究所

西海太介

神奈川県横浜市生まれ。『危険生物対策』や『アカデミックな自然教育』を専門とする生物学習指導者。 昆虫学を玉川大学農学部で学んだ後、高尾ビジターセンターや横須賀2公園での自然解説員経験を経て、2015年「セルズ環境教育デザイン研究所」を創業。 現在、危険生物のリスクマネジメントをはじめとした指導者養成、小中学生向けの「生物学研究コース」などの専門講座を開講するほか、メディア出演や執筆・監修、中華人民共和国内の自然学校の指導者養成を行うなど幅広く携わる。 監修書籍に『すごく危険な毒せいぶつ図鑑』(世界文化社)。 著書に、『身近にあふれる危険な生き物が3時間でわかる本』(明日香出版社)など。

監修担当した記事