カバキコマチグモ|【治療・対策法まとめ】

カバキコマチグモの情報をまとめました。治療の仕方はもちろん、対策のために生息地、毒性などの情報も掲載しています。日常で出会う可能性のある危険生物の中でも、カバキコマチグモの毒はかなり強い部類ですので、十分に注意をしましょう!


アイキャッチ画像出典:treefrog.ru

巣を張らないクモ!?

カバキコマチグモの巣
出典:大小迫 つむぎの家
イネ、ススキなどの大型のイネ科植物の葉、もしくは広葉樹でこんな状態になっているものを見たことはありますか?
巣の中にいるカバキコマチグモ
出典:昆虫エクスプローラ
実はこれが「カバキコマチグモの巣」なのです!いわゆる「クモの巣」は張らず、夜間草むらを徘徊して昆虫などを捕食します。国内の咬傷事例が多いのもこの種だったりします。
上から見たカバキコマチグモ
出典:フクロウの森
◆カバキコマチグモの生態◆
分布:沖縄県を除く日本全国に広く生息
発生時期:6月~9月(成体)
サイズ:【オス】体調約1.0cm~1.3cm/【メス】:体調約1.2cm~1.5cm
毒性:非常に強い。毒の強さだけで言えば日本最強(!)
特徴:メスのカバキコマチグモは強烈な母性愛の持ち主で、卵が孵化し最初の脱皮を迎えるまで、懸命に外敵から守り続けます。ところが、孵化した幼体は母親の身体を餌として食べてしまいます。


対策・治療法は?

カバキコマチグモがいる場所
出典:農業生物資源研究所
クモはあまり攻撃的な性格ではないので、不用意な刺激をしないことが第一です。カバキコマチグモに噛まれる原因は、不用意に巣を壊してしまうことが殆どです。イネ科の植物の刈り取りをする場合は素肌を出さず、注意して行いましょう。
カバキコマチグモに噛まれた人
出典:Rush University Medical Center
強い毒性のため、かまれると激しい痛みに襲われます。噛まれた箇所は赤くなり腫れ、水ぶくれや腫瘍になることも。腫れは2~3日で引きますが、痛みやしびれは2週間程続く場合もあり、重症例では、頭痛、発熱、悪心、嘔吐、ショック症状などを起こす場合もあります。
カバキコマチグモに噛まれていく病院
出典:ウィキペディア
注入される毒は微量で、重症化することはほぼありませんが、噛まれたら医療機関を受診しましょう。ただし、小児、高齢者、心臓に障害のある方は死に至る可能性もありますので、注意が必要です。

怒らせると怖い!カバキコマチグモ

獲物を噛むカバキコマチグモ
出典:フォト蔵
見るからに噛まれたら痛そう!カバキコマチグモが最も攻撃的になるのは、恋の季節の6月〜産卵期の8月。恋の季節にはオスがメスを探しに民家に入ってきた例もありますし、産卵期には巣の卵を守るメスが神経を尖らせています。巣が見つけづらいので、意図せず刺激してしまうことも。茂みに入る際は必ず肌を隠しましょう!

Be careful for a nest of Cheiracanthium japonicum!
カバキコマチグモの巣に気をつけよう!

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

カバキコマチグモ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!