【専門家監修】吸いついたら離れない!『ヤマビル』の正しい対策&対処法

2020/09/02 更新

本州から沖縄まで幅広く生息する吸血ヒル『ヤマビル』。雨の日や雨が降った次の日に活発に活動するので、梅雨や秋雨シーズンは注意が必要。皮膚に噛みついて血を吸う上に、引き剥がすことが困難なので、遭遇したらとても厄介。今回は、専門家監修のもと、ヤマビルの生態や対策、咬まれた時の対処法&応急処置の方法を一挙にご紹介。しっかり身につけて、安全に山歩きを楽しみましょう!


出典:PIXTA

雨の時期は要注意!吸血種『ヤマビル』とは?

ヤマビル
提供:西海太介
ヤマビルとは、陸に生息する吸血性ヒルの代表種。日本では秋田や岩手から沖縄まで幅広く生息しており、関東では神奈川県の丹沢などで多くの被害が報告されています。
登山でも多くの人が被害を受けているヤマビル。どんな場所に多く生息し、どう対策・対処すればいいのか、など事前にしっかり把握しておきたいですね。

今回は専門家の方に、このヤマビルについて詳しく教えていただきます。

今回教えていただくのはこの方

ウミ先生
提供:西海太介
一社)セルズ環境教育デザイン研究所|西海太介氏
神奈川県横浜市生まれ。 『危険生物対策』や『アカデミックな自然教育』を専門とする生物学習指導者。昆虫学を玉川大学農学部で学んだ後、高尾ビジターセンターや横須賀2公園での自然解説員経験を経て、2015年「セルズ環境教育デザイン研究所」を創業。 現在、危険生物のリスクマネジメントをはじめとした指導者養成、小中学生向けの「生物学研究コース」などの専門講座を開講するほか、メディア出演や執筆・監修、中華人民共和国内の自然学校の指導者養成を行うなど幅広く携わる。 監修書籍に『すごく危険な毒せいぶつ図鑑』(世界文化社)。 著書に、『身近にあふれる危険な生き物が3時間でわかる本』(明日香出版社)など。

静かに忍び寄り、皮膚を削って血を飲む…

編集:kimi
ヤマビルは足元から静かに忍び寄り、皮膚の柔らかいところを3つのアゴで削るようにして傷つけます。そして出てきた血を飲み、吸血後はぷっくりと膨れるのが特徴です。
「刺して血を吸う」蚊やマダニなどとは吸血の仕組みが異なるため、感染症の心配も基本的にはありません。ただし、吸血時に麻酔効果、血液を固まらせない効果がある「ヒルジン」という物質を出すため、皮膚感覚が鈍くなり、気づかないうちに血だらけ…ということも。

引っ張っても剥がれない強者!

ヒルの伸縮性
提供:西海太介
通常2cm程度の体長ですが、伸縮性に富んでいるため8cmくらいまで伸びることもあります。さらに、弾力性もあり、引っ張ってもちぎれないのもヤマビルの特徴。

ヤマビルに咬まれると、どんな症状がでるの?

ヒルに噛まれたあと
提供:西海太介
咬まれた時の痛みは感じないものの、ヒルジンの影響で出血が止まりにくくなります。不安になってしまいますが、死に至るようなことはないので安心しましょう。
時間がたってから腫れやかゆみが出てきますが、かゆみを出来るだけ軽くするためには、ヒルジンを良く洗い流すことが重要。後半で応急処置の方法も紹介しているので、そちらも確認してみてくださいね!

梅雨時期だけではなく、秋も注意が必要

活動時期は、4月~11月。雨の日や雨が降った次の日には活発に活動するので、梅雨の時期や秋雨の時期などは特に注意が必要です。また、9月~10月にかけては仔ヒルが産まれるシーズンなので、紅葉時期の山歩きにも気を付けましょう。
⇨次ページ
ヤマビルを引き寄せるのは「3つ」の原因が・・・!

ヤマビルを引き寄せるのは『熱・二酸化炭素・振動』

編集:kimi
ヤマビルは哺乳動物の血を吸うため、振動・呼気(二酸化炭素)・熱を敏感に察知して私たちに近づいてきます。
そのため、私たちがそこにいるだけで、彼らを引き寄せてしまうのです。
ヤマビルが生息しているエリアへ出かける際は、正しい知識や対処法を身につけて、対策を万全にして行くことが大切。

出典:PIXTA(登山道のイメージ)
ヤマビルは、草や石の下、落ち葉の下など、湿気の多いところに潜んでいます。登山道を歩くときには、特に日陰になりやすい山側の足元に注意しましょう。

ヤマビルに咬まれないための対策は?【忌避剤編】

登山の前に忌避剤を吹きかけておくことでヤマビル対策をすることができます。咬まれてしまった際、皮膚から剥がすためにも有効なアイテムなので、事前に準備しておきましょう!

① ヤマビル専用のスプレー

ヤマビル専用のスプレー。自然界で分解される材料のみで合成されているので、安心して使用することができます。
ITEM
ヒル下がりのジョニー
内容量:140mⅼ
ITEM
ヒル下がりのジョニー 50mⅼ
内容量:50mⅼ

② 食塩水スプレー

出典:PIXTA
自宅にある食塩でヒル除けスプレーを簡単に作ることもできます。水8:塩2(重量比)の割合で溶かし、濃度20%以上の食塩水を作りましょう。塩は飽和状態で35%くらいなので、水に溶け残りが出るまで塩を入れると重量を計らなくても簡単に作れます。
100円ショップなどに売っているスプレーボトルに入れて持ち歩けば、ヤマビル対策にも◎。

ただし、ザックやウェアにスプレーしたまま長時間放置してしまうと傷みの原因になるので、帰宅後のケアはしっかり行いましょう。

③フマキラー 天使のスキンベープ プレミアム

子供も使用できるイカリジン配合の虫よけスプレー、「天使のスキンベープ プレミアム」もおすすめ!普段使いもできるので、一本持っておくと便利です。
※ヤマビルに対しても効果があると厚労省でも確認され、2020年6月から製造している製品より「『効能・効果』:蚊成虫、ブユ、アブ、マダニ、イエダニ、トコジラミの忌避」にヤマビルの忌避が追加されています(フマキラー株式会社 確認済)。
ITEM
フマキラー 天使のスキンベープ
内容量:200mⅼ

④お酢

家庭で料理に使う「お酢」も、ヒルは嫌がる傾向があります。ただし、ここまでで紹介したものと比較すると効果は低めでニオイもきついため、ほかに用意できるものがないときの代替品として考えておくと良いでしょう。

ヤマビルにかまれないための対策は?【服装編】

次は、ヒル対策のための服装をご紹介します。ズボンや上着の裾、襟元など、肌が露出している場所が侵入しやすいポイント!取り入れやすい方法を試してみてくださいね。

① 長袖・長ズボンを着用する

出典:PIXTA
ヒルが生息するエリアの山を歩く際は、長袖・長ズボンを着用しましょう。日本のヒルの場合、上から落ちてきて被害にあうことは少ないので、足元の対策をしっかりととることが、一番の予防策となります。
また、上着の裾をズボンに入れるなど、出来るだけ侵入を防ぐように心がけることが大切です。

② ズボンの裾を靴下の中に入れる

出典:PIXTA
靴下の中にズボンの裾をインすれば、安全度UP!靴下の素材は薄手のものや生地の目が荒いものよりも、目の細かい厚手のものの方が予防にはつながります。あらかじめ靴下にも忌避剤をスプレーしておくのがオススメです。

③ スパッツをはく

スパッツ
撮影:YAMA HACK編集部
登山用スパッツを付けるのも効果的。靴下にズボンの裾をいれ、登山用スパッツを着用し、その上から忌避剤をつければ、大きな予防効果が期待できます。

④ 首や足首に忌避剤を付けたタオルをまく

出典:PIXTA
首や足首などの要注意ゾーンには、忌避剤を付けたタオルやハンカチなどを巻いておくのも対策のひとつ。
⇨次ページ
ヤマビルに咬まれないための「行動」や、咬まれてしまったときの対処法について紹介します!

ヤマビルにかまれないための対策は?【行動編】

山歩きや休憩の際、ちょっとした行動に気を配ることでヒル対策をすることができます。山に入る前に確認しておきましょう!

① こまめに吸血されていないか確認する

出典:PIXTA
足元や腕、首元などにヒルが付いていないか、こまめに確認しましょう。背中などの見えにくい部分に付いていることもあるので、仲間と一緒に登山する場合は、お互いにチェックし合うのがオススメ。

② 休憩する際は、足踏みや息を吹きかけてヒルがいないか確認する

出典:PIXTA
休憩する際には、あえて足踏みをしたり、地面に息を吹きかけたりして、ヒルが近くにいないか確認しましょう。ヒルがいる場合は、シャクトリムシのように移動しながら寄ってきます。日当たりが良いところや乾燥したところ、草むらから外れたところで休むのがおすすめです。

③ ザックなどの持ち物を地面に直接置かない

出典:PIXTA
持ち物にヒルがつくこともあるので、安易に地面に置かないように気を付けましょう。ザックを背負う時には、ヒルが付いていないかチェックしておくと安心です。

④ 地面に直接座ったり、手を付いたりしない

出典:PIXTA
座って手や腰をつくと、袖元から服に入り込んだり、首についたりなど、上半身の吸血被害にあう可能性があります。ヤマビルが多い湿ったエリアで腰掛けるのは、避けた方がよいでしょう。

咬まれてしまったらどうする?【取り除く方法】

“対策はしたけど、咬まれてしまった!”という時に備えて、取り除く際の方法を確認しておきましょう。

① 忌避剤や塩水をかける

出典:PIXTA
対策で紹介した忌避剤をヒルにかけることで剥がすことができます。火であぶる処置なども知られますが、火傷の危険があるため、イカリジン系虫よけスプレーなどを使用するのがおすすめです。

② 塩をかける

出典:PIXTA
食塩スプレーではなく、食塩そのものをかける方法もあります。ひとつまみ程度の塩でも効果があるので、小さなジッパーやタレビンなどに塩を入れて持参しておくと安心。

③ たばこやライターで火を当てる

出典:PIXTA
たばこやライターでヒルに直接火を当てるのも効果的。ただし、火傷には十分気を付けて行いましょう。

ヒルの吐血に注意!

出典:PIXTA
ヒルを取り除くために塩や火を当てると、ヒルが吸血した血を吐き出すことがあります。仲間同士で応急処置をするときには、ビニール袋や手袋を使用するなどして、安全に配慮して行うようにしましょう。

咬まれてしまったらどうする?【傷口の手当て】

出典:PIXTA
ヒルジンの影響で血はすぐに止まらないので、血の量に慌てず、落ち着いて対処しましょう。
まずは、傷口を流水で洗浄します。この時、ヒルジンを絞り出すイメージで傷口を絞りながら洗い流すのがポイント。しっかり洗うことで、その後のかゆみが軽減します。洗浄後には、抗ヒスタミン剤を塗るとかゆみが抑えられるので、万が一の時に備えて持参しておくと安心。
※血が止まらない場合は、ガーゼや絆創膏で出血部位を押さえて止血しましょう。

ヤマビル対策をマスターして安全に登山を楽しもう!

出典:PIXTA
ヤマビルの活動期間は長いので、入山前にヒルの生息するエリアかどうかをチェックしておくことをオススメします。見た目が結構グロテスクなので、遭遇してしまうとこわいですが、対策をしっかり行って安全に山歩きを楽しみましょう。万が一、咬まれてしまった時の対処法や応急処置の方法を仲間と共有しておくと安心ですよ!

西海先生の動画も要チェック

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


紹介されたアイテム

ヒル下がりのジョニー
ヒル下がりのジョニー 50mⅼ
フマキラー 天使のスキンベープ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ヒル
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
kimi
kimi

雪国生まれでウィンタースポーツを楽しんでいるうちに山の魅力、自然の魅力に引き込まれ、最近では登山やキャンプも楽しむようになりました。自然の壮大さ、美しさにどっぷりハマって、外遊びを極めていこうと思っております。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!