憧れの山遊び!「登って下る」のその先へ、縦走の魅力とは?

登山にハマり、ステップアップしていくごとに耳にする機会の多い「縦走」という言葉。今回は多くの登山者のロマンと憧れ・縦走の魅力について解説していきます。読み終わるころには、あなたも「いつかは行ってみたい!」そんな気持ちになっているかも。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

縦走ってなんだ?

表銀座縦走コースを歩く人
出典:PIXTA
すでに何回か山へ登り、高山と言われる山もそこそこ登った経験があるような山慣れし始めた人は、「縦走」という言葉をよく耳にしたことがあるのではないでしょうか? よく耳にするけどいまいちよく分からない! そんな人のために、縦走の魅力について紹介します。「縦走」とはいったい、どういうものなのでしょうか?

一般的な山のイメージ

富士山
出典:PIXTA
一般的に「山」といえばこの形をイメージしますよね。イラストで山を描くときも、山といえばコレ。この形の山は「独立峰」といい、どの山地にも属していない単独の高い山の場合もあれば、周囲の山地と繋がってはいるものの主な山々からは離れて単独で高く聳え立っている場合もあります。日本一高い山・富士山は典型的な独立峰ですね。

でもこういうのも、山!

富山から立山連峰を望む
出典:PIXTA
一方、写真のように連なっている山もたくさんあり、山と山を繋ぐ道(山の峰と峰を結んで1番高く連なる所)を稜線といいます。

表銀座縦走コース
出典:PIXTA
この稜線伝いに歩いて山から山へ向かう山行スタイルのことを「縦走」といいます。また、登頂したら下山せずに単に次の山へ向かうことも縦走といいます。他にも、ルートによっては山頂を目指さずに稜線を歩いて登山を楽しむことも縦走と呼びます。

縦走の2つの魅力

縦走の定義についてみてきましたが、ではその魅力とはどういったものがあるのでしょうか?

①何といっても展望サイコー!

表銀座縦走コース
出典:PIXTA
縦走の魅力でまず挙げられるのは、何といっても眺めの良さ! 稜線は左右に展望が開けているので、雄大な景色を見渡しながら歩くことができます。

②ピークをいくつも踏める

大天井の頂上看板
出典:PIXTA
また、独立峰登山の場合は一度山頂へ到達したら後は下るだけですが、縦走では一度に複数の山を登るのでピークをいくつも踏めるという魅力があります。これは独立峰登山では味わえない楽しさですよ!

でも縦走って、上級者向けだよね…

縦走とは何か、そしてその縦走の魅力について分かったところで「でも縦走って上級者向けで難しいんでしょ?」と思ってはいませんか?次は縦走ができる登山レベルについて見ていきましょう。

ちょっとハードル高いんですけど?

山道具
出典:PIXTA
縦走は、確かに初心者がいきなりするものではなく、ある程度中~上級者のイメージが強いのが一般的です。日帰りでできるものも中にはありますが、基本的には1泊2日以上で宿泊は必須。そのために必要な装備も多くなります。また、ある程度の体力や知識、技術も必要となることが推測できますよね。では具体的にどの段階に達していれば縦走は可能なのでしょうか?

段階ってある?

大天井の頂上看板
出典:PIXTA
多くの登山者の方は、
『日帰り→小屋泊→テント泊』
とステップアップするにつれ、徐々に山にいる時間が長くなってきていると思います。つまり、

・山で泊まることに抵抗がない
・長時間行動できる体力がつく
・長時間山にいて大丈夫な水、食料、装備がある(それを背負って歩ける)
・長時間山にいるので、急な天気の変化などで計画を自分で変更できたり、自分でたてたりできる

これらの条件をクリアしていることが理想的。
つまり、頂上を目指す一般的な登山を毎回問題なくこなせていれば、いよいよ次は山をもっと楽しむ縦走チャレンジのチャンスです!

いつかは行ってみたい!憧れの縦走路9選

それではいよいよ縦走に挑戦してみようと決意が固まったところで、具体的な縦走コースについて紹介します。すでに単独の山としては登ったことがある山もあるかもしれません。でも縦走で歩くとまた違った表情が発見できますよ!

<ステップアップの最初の1歩におすすめのルート>

丹沢表尾根縦走

丹沢表尾根・三ノ塔から見る富士山と多く尾根・南アルプス遠望
出典:PIXTA
神奈川県秦野市にあるヤビツ峠から出発し、塔ノ岳(1491m)へと続く尾根をおよそ5時間かけて歩くコースです。秦野市街や湘南の海、丹沢の山々の絶景を見渡せ、天候が良ければ富士山までも眺めることができます。コースは整備されているところも多くありますが、急登や鎖場もあり、歩く距離も10kmを超えるので歩きごたえはばっちり!塔ノ岳から大倉尾根を下り大倉まで約2時間半。健脚者なら日帰りで縦走が可能です。宿泊施設もコース上に多くあるので、余裕を持たせた日程も組めます。

立山三山縦走

立山連峰の雪渓と黒部湖
出典:PIXTA
立山三山とは、浄土山、立山、別山の3つの山のことをいいます。ルートは、室堂を出発し、立山カルデラの展望が良い浄土山(2831m)から立山三峰(3003m/3015m/2999m)、真砂岳(2861m)、別山(2874m)へとピークを踏んでいくコースとなります。道中、後立山連峰や剱岳の大展望、氷河の御前沢雪渓や黒部湖といった素晴らしい眺めを楽しめます。日帰りでの縦走が可能ですが、宿泊を挟んで頂上からのご来光を楽しむプランもおすすめです!

鳳凰三山縦走

南アルプス・鳳凰三山薬師岳のダケカンバの黄葉と富士山
出典:PIXTA
難易度は比較的易しいにもかかわらず、南アルプスの山々の絶景を堪能できることから、南アルプスの縦走入門コースとして親しまれています。3つのピークは2時間程度で駆け抜けることができるほど近く、総歩行距離も縦走にしては短めとなっています。条件が整えば、雲海に浮かぶ富士山の姿も眺められますよ!甲府盆地に近いので、アクセスも良好です。日程は、道中の山小屋で宿泊を挟む1泊2日が標準的。

<こんな絶景いつかは見たい!登山者の憧れ縦走ルート>

表銀座縦走コース

表銀座縦走コース
出典:PIXTA
長野県安曇野市の中房温泉を起点に、燕岳から大天井岳、東鎌尾根、槍ヶ岳へと展望抜群の稜線を歩きます。槍ヶ岳や穂高連峰を眺めながら気持ちの良い稜線歩きができることから、登山者に人気の高い縦走路です。北アルプス三大急登といわれる登りや長いハシゴ・鎖場が続くポイント、総歩行距離40kmのロングトレイルである点など、技術・体力共にしっかりしたものが必要です。日程は2泊3日~3泊4日。前夜泊や下山後宿泊を入れると5~6日の日数が必要です。槍ヶ岳を登った後は新穂高温泉へ下り、温泉に浸かって疲れをとりましょう。(上高地へ下るコース取りも可能です。)

裏銀座縦走コース

鷲羽岳から見る水晶岳と裏銀座縦走路
出典:PIXTA
大町市の高瀬ダムを起点に、烏帽子岳、野口五郎岳、鷲羽岳、双六岳、西鎌尾根を通って槍ヶ岳を目指します。槍ヶ岳まで30km超、下山する上高地までだと50kmにもなる超長距離縦走コースです。北アルプスの中央部標高2500m以上の、樹林帯がほとんどなく吹き曝しの稜線を歩くため、ダイナミックな北アルプスの山々の姿をこれでもかというほど堪能できます。その反面、雷雨など悪天候に対する適切な判断力や対応力が求められます。健脚者で2泊3日、基本は3泊4日~4泊5日の日程となります。

槍・穂高縦走

北アルプス・南岳から見る朝の北穂高岳と滝雲越す大キレット
出典:PIXTA
穂高岳には複数の峰があるので、槍・穂高縦走と一口に言っても実に様々なコースがあります。特に多くの登山者が憧れを抱くのが、上高地から前、奥、北穂高岳、大キレット、槍ヶ岳へと繋ぐコースです。縦走をする場合は、上高地から川沿いに横尾へ行き、槍沢ロッヂを経由して槍ヶ岳へ。そして、槍ヶ岳から大キレットを超えて穂高へと向かう逆コースが多く利用されます。足元の悪いガレ場や鎖場、ハシゴが各所にあり、大キレットのような急激に切れ落ちた稜線もあって難易度は非常に高いコースです。しかし、その分槍ヶ岳や穂高岳からの眺めは抜群で、感動すること間違いなし!日程は3泊以上必要となります。

白馬三山縦走

白馬三山・白馬鑓ヶ岳頂上からの景色
出典:PIXTA
大雪渓や北アルプス随一の高山植物の宝庫で知られる白馬岳。猿倉を起点に白馬岳、杓子岳、鑓ヶ岳の3山を縦走するコースとなります。スケールの大きさに圧倒される大雪渓を登り、チングルマをはじめとするお花畑の姿も目にできます。どの山頂からも360度の大パノラマが堪能でき、北アルプスの雄大な山並みに目を奪われます。1泊2日の行程で縦走できますが、温泉のある白馬鑓温泉小屋でもう1泊するのもGOOD!

白峰三山縦走

北岳頂上の風景
出典:PIXTA
南アルプス北部にあり、日本第2位の高峰である北岳を筆頭に、中白根山、間ノ岳、西農鳥岳、農鳥岳と3000m級の山のピークを踏破していくコースです。南アルプスの雄大な景色が堪能でき、天気が良ければ遠くに富士山や八ヶ岳、北アルプスの山々を望むことも可能です。また、北岳をはじめこの辺りは高山植物の宝庫でもあり、たくさんの固有種を目にすることができますよ。総距離約25km、2泊3日の日程となります。特筆するような危険箇所はないもののエスケープルートはないため、しっかりした体力が必要です。

栂海新道縦走コース

栂海新道から日本海を望む
出典:PIXTA
日本海に面する新潟県糸魚川市親不知から朝日岳へと続く稜線を歩くコースです。北アルプス最北端の全長27km・標高差2000m超のロングトレイルで、縦走にも慣れてきた登山上級者なら一度は憧れを抱く縦走ルート。主に蓮華温泉を起点に朝日岳から日本海へ向かって下って行く人が多く、中には白馬三山縦走とセットで歩く強者も!見晴らしの良い稜線歩きをはじめ、アヤメ平のお花畑や黒岩平の草原帯、湿原に架けられた木道をのんびり歩いたりと、様々な風景が楽しめます。日程は2泊3日~3泊4日。

「縦走」の世界へ!

表銀座縦走コースを歩く人
出典:PIXTA
ダイナミックな山の姿をたっぷり味わえるのが縦走の醍醐味。山登りにも慣れてきて、中上級レベルの実力があるのなら、縦走の世界へ踏み出さない理由がありません!これまで培ってきた登山スキルを基に、是非山の魅力たっぷりの縦走にトライしてみて下さい!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

縦走する登山者
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!