黒斑山|浅間山と佐久平を一望!日帰り登山やスノーシューも人気

「黒斑山」は長野県小諸市と群馬県嬬恋村の間に位置する山で、花の百名山に選ばれています。浅間山と佐久平を一望できる絶景が魅力。秋の紅葉や冬のスノーシューハイキングを楽しみに訪れる人が多いのも特徴。今回は年間を通して人気がある「黒斑山」について、その魅力や登山ルート、アクセス、駐車場、温泉情報もあわせてご紹介します。

2018年8月30日、浅間山の噴火警戒レベルが1に引き下げられました。注意事項に関しては、気象庁・小諸市のHPをご確認ください。(2018年8月31日現在)
気象庁 噴火警報・予報情報はこちら
小諸市 浅間山登山の情報はこちら


アイキャッチ画像出典:Wikimedia Commons/alpsdake

黒斑山(くろふやま)とは

標高山頂所在地山域最高気温(6月−8月)最低気温(6月−8月)
2,404m長野県小諸市
群馬県嬬恋村
馬蹄形カルデラ外輪山17.2℃3.8℃
「黒斑山」は長野県小諸市と群馬県嬬恋村の間に位置する山で、花の百名山に選ばれています。浅間山と佐久平を一望できる絶景が魅力のこの山は、秋の紅葉や、冬の積雪期にスノーシューハイキングを楽しみに訪れる人が多いのも特徴。今回は年間を通して人気がある「黒斑山」について、その魅力や登山ルート、アクセス、駐車場、温泉情報もあわせてご紹介します。

浅間山の火口と佐久平の絶景を堪能!

浅間山 出典:PIXTA
黒斑山は、絶景を望むビューポイントとしても人気。秋の紅葉シーズンには麓のカラマツ林が鮮やかに色づき、冬は冠雪した浅間山の美しい姿を望めます。さらに、眼下に広がる佐久平の雄大な平地は幻想的な雰囲気。黒斑山からの景色は、一度見た人を虜にする魅力をもっています。

黒斑山は冬も人気!スノーシューで雪山を楽しもう

黒斑山 出典:PIXTA(冬の黒斑山からの景色)
黒斑山は、夏山や紅葉のシーズンにくわえ、冬の積雪期にも人気があります。スノーシューハイキングで樹氷やダイヤモンドダストを巡るツアーも開催され、白銀の世界を楽しみに多くの人が訪れます。

黒斑山の人気登山時期は?

黒斑山に最も人が訪れるのは、美しい紅葉の景色を堪能できる10月。年間を通して多くの登山者が訪れ、特に冬の積雪期も人気。黒斑山はスノーシューハイキングを楽しめる雪山としても有名で、冬の済んだ空気の中で眺める景色は格別です。

黒斑山の天気

事前に週間予報など天気情報をチェック!天候や気温にあわせて服装や持ち物を確認しておきましょう。
てんきとくらすで黒斑山の天気を調べる

黒斑山のオススメ日帰り登山ルート

黒斑山の人気登山ルートをご紹介します。登山ルートの特徴や距離、時間、難易度をチェックしてみましょう。

車坂峠から黒斑山を巡る人気登山ルート

黒斑山登山ルート 出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約5.1km約3時間35分約431m日帰り★★
【行き】車坂峠(1時間40分)→ トーミの頭(20分)→ 黒斑山
【帰り】黒斑山(15分)→ トーミの頭(1時間20分)→ 車坂峠


こちらのルートは、車坂峠から表ルートを通り、合流地点のトーミの頭を経由し黒斑山へ登るルート。標高が高い黒斑山ですが、スタート地点がすでに標高1900m以上にあるため登山標高差や移動距離が少なく、子供から年配の方まで親しまれているルートです。
車坂峠 出典:PIXTA
今回のスタートは車坂峠から。駐車場やバス停もあり、自動販売機やトイレも併設。しっかりと準備を確認して出発しましょう。スタートしてすぐに表コース中コースの分岐点に差し掛かります。どちらでも距離に大きな変化はありませんが、今回は展望が良い表コースへ。
トーミの頭 出典:PIXTA
しばらく進むと佐久平の雄大な景色が眼下に広がり、天気が良い日には富士山も姿を現します。表コースと中コースが合流するトーミの頭から先は、斜面側は切り立った崖になっている部分もあるので滑落しないよう充分に注意して進みましょう。
黒斑山 出典:PIXTA
黒斑山山頂まで樹林帯に出たり入ったりを繰り返しながら登っていきます。徐々に浅間山がくっきりと見えるようになり、トーミの頭から20分ほどで黒斑山山頂に到着。
黒斑山 出典:PIXTA
黒斑山山頂から足を延ばし隣の蛇骨岳まで縦走するコースや、帰りは中ルートを通る周遊ルートも。黒斑山は季節や楽しみ方によって、様々な魅力が発見できます。

山と高原地図

「山と高原地図」シリーズは発売以来40年以上も愛用されている登山・ハイキング用の地図です。水にぬれても破れにくい耐水性紙素材を使用。登山コースには目安となるコースタイムも掲載されています。

山と高原地図 浅間山 軽井沢・長野原の山々

ITEM
山と高原地図 浅間山 軽井沢・長野原の山々
発行元:昭文社

冬はスノーシューハイキングを楽しもう!

スノーシュー 出典:PIXTA
黒斑山は冬のスノーシューハイキングや雪山登山も人気。雪に染まる樹林帯や、幻想的な樹氷、そして美しい雪化粧の浅間山を見ることができ、この時期だけの特別な景色を求め多くの人が訪れます。スノーシューハイキングの場合、通常の登山時期よりも気温が低いため長く休憩すると体温が低下します。休憩は短めに済ませましょう。また、気象状況により、下りの急坂はアイゼンが必要になるケースも。スノーシューツアーやガイド、レンタルを利用すると、より安全で便利に楽しめるのでおすすめです。
浅間・吾妻エコツーリズム協会

黒斑山登山口へのアクセス・駐車場情報

高峰高原ビジターセンター駐車場|東京方面からアクセス

【車利用の場合】
住所: 〒384-0041 長野県小諸市高峰高原704
ルート: 上信越自動車道「小諸IC」より約18km、30分
営業時間:  無休
駐車台数: 合計40台
駐車料金: 無料
トイレ: あり


【電車・バス利用の場合】JRバス関東 高峰高原ホテル前バス停
・北陸新幹線 佐久平駅より高峰高原方面行→高峰高原ホテル前(約60分、料金:1,380円)
JRバス関東 高峰高原方面

黒斑山下山後にもすぐ入れる!周辺の天然温泉情報

温泉 出典:PIXTA

高峰高原ホテル

「高峰高原ホテル」は今回の登山口にあるホテルなので、下山後にすぐ温泉に入れます。風呂からは八ヶ岳や周辺の山並を一望でき、温泉に浸かりながら高原から眺めをゆったりと堪能できるのが魅力。
住所:〒384-0041 長野県小諸市高峰高原704
TEL:0267-25-3000
料金:※スキーハイシーズンに価格変更あり
・4月~11月 大人800円、子供500円
・12月~3月 大人500円、子供300円
営業時間:11:00~18:00(17:30受付終了)
休館日:無休


高峰高原ホテル 日帰り入浴

あぐりの湯こもろ

「あぐりの湯こもろ」は、小諸ICから車で約10分の場所にある日帰り温泉施設。丘の上にあるので、露天風呂から大パノラマを楽しむことができます。地元の特産品が食べれる食事処も人気。
住所:〒384-0071 長野県小諸市大字大久保1145-1
TEL:0267-24-4126
料金:中学生以上500円 小学生300円
営業時間:10時~21時(最終受付20時30分)
休館日:不定休


あぐりの湯こもろ

黒斑山で雄大な自然を楽しもう!

黒斑山 出典:PIXTA(黒斑山からみる冬の浅間山)
「黒斑山」の登山道からは浅間山と佐久平の絶景が堪能できる登山コースが人気。秋の紅葉や冬のスノーシューハイキングも人気があり、年間をとおして多くの人に親しまれています。あなたも黒斑山の雄大な自然の景色を見に訪れてみましょう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

黒斑山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
小林 真先
小林 真先

長野在住のフリーライター、小林真先です。クライミング・ボルダリング・トレッキングが大好き。皆さんのアウトドアライフがもっと楽しくなる情報を届けたいと思います! http://masakiwriting.press/

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!